←戻る
【流石1249】やる夫たちの普通村 ~「ありがとう弟鯖、お役目ご苦労さん…」~[722番地]
[GM]僕はおいしくないよ やる実GM
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
やっほー
 (シルク(仮))
[狂人]
(死亡)
やれやれ キョン子
 (小林◆ND.kA0DuGY)
[村人]
(死亡)
  やらない子
 (フラーフラー◆WljlDmfz9g)
[人狼]
(死亡)
働かないよ 何言ってんの アオミドロ
 (蘭蔓香料◆BAKA/GMHpc)
[共有者]
(生存中)
マッガーレ♪ 古泉一姫
 (ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
[霊能者]
(死亡)
大食いCO A5牛○ 双葉
 (サラセニア◆OqnaMJ629Q)
[人狼]
(死亡)
この素人が! 南倍南
 (purannt◆F4HHt9k4m6)
[共有者]
(生存中)
スリーナイン アブドゥル
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[狩人]
(死亡)
焼き焦がし尽す者 シリウス
 (十六時野緋色)
[村人]
(生存中)
やるったらやるお! やる夫
 (ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
[村人]
(死亡)
だわだわ 真紅
 (とりあたま◆RLQFB9g9qw)
[妖狐]
(死亡)
誰も僕を責めることはできない デニム
 (アンダードッグ◆vaxPIb7J4c)
[人狼]
(死亡)
俺は戦闘の玄人だぜ(キリッ 剣鉄也
 (グリモル)
[村人]
(死亡)
より取り見取り シーマ・ガラハウ
 (あいす)
[占い師]
(死亡)
常識的に考えろよ、無理だろ できない夫
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[村人]
(生存中)
うぇっへっへ~ さ~て、どんな罰ゲームにしようかねぇ~ 園崎魅音
 (リコ◆RengelsnNs)
[村人]
(生存中)
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
やる実GM(dummy_boy)
「さて、お仕事開始だおー。」
やる実GM(dummy_boy)
「ふむ、初手は3-1のスタンダード進行かお。」
やる実GM(dummy_boy)
「…やる兄、完ステしてないかお?
大丈夫かお…」
やる実GM(dummy_boy)
「あ、いるかお。
ちょっとびっくりしたお。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
やる実GM(dummy_boy)
「ほいやる兄おつかれだおー。
見慣れんCNだお。初めてさんかお?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「ちょいメモ帳探してたお。こんがらがるんだお。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「あれ!?いきなり死んだのかお!?マジびびるお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「今日初めてで、今日三回目だお。」
やる実GM(dummy_boy)
「んー、メモ帳かお。
こんがらがるならツールつかった方がいいお。
これ、しってるかお?

http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga.html
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「デニムさんに投票したやる夫の勘パネェおw」
やる実GM(dummy_boy)
「おー今日デビューかお。
ならまずは何回もしてなれることと、こういう機会になんでも
聞いてくれるといいお。霊界から見るのも勉強だおー。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「一応使ってるお。ただ、死因とかをウインドウ操作で探したりするよりも手元の紙見て判別するのが好きなんだお」
やる実GM(dummy_boy)
「ちなみに今日はグレラン進行というやつなので
ホントは占いに投票するとそれだけで生き残ると明日いわれちまうんだお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「発言から見分けるのに使ってるお。」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
やる実GM(dummy_boy)
「なるほど。
んー・・・初日は結構適当に喋って生き残ってもいいんだお!
正直最初は考えてうまいこという必要ないお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「そうなのかお?>占いに投票=翌日生存」
やる実GM(dummy_boy)
「と、GJでたおー。
狩人が真占いかっちりまもってるおね。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「今度からそうしてみるお!>しゃべる」
やる実GM(dummy_boy)
「んー、グレランって今までのゲームの中であったかお?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「いきなりGJかお!?アブドゥルさんスゲ-お!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「あったおー。ただ、初心者初心者丸出しだったから見逃された感じだったお。」
やる実GM(dummy_boy)
「ちなみに占い3択。
発言でみきったおかね。このあたり微妙なとこだお。」
やる実GM(dummy_boy)
「ふむ。
グレランの説明はきいてるかもしれないけど。
「役職、占いの出した○(暫定○)を除いた村の中で投票」だお。
だから、今回役職のデニムは対象外だお。

ちなみに、役職でなく、暫定○でない部分にいる人たちを「グレー」というお。
そこで投票ランするから「グレラン」だお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「二回目は狐で占い騙ったら村全滅だったお…(汗」
やる実GM(dummy_boy)
「役職、というよりも役職COした人は対象外だおね。」
やる実GM(dummy_boy)
「あ、さっき占い4COの村の狐やる兄かお。
もしかするとアル夫リプレイ読んだかお?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「まとめサイトのリプレイは全部読んできたお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「占い3COだったお?」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
やる実GM(dummy_boy)
「……狐騙り今日2回あったんかお……すげーおそれも。」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「お疲れ様。真紅狐かよwwwwwwwwww」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれさまだお~」
やる実GM(dummy_boy)
「ほいキョン子おつかれだおー。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「??デニムと真紅のCO発言がみつからないお?」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「今回のGMからしっかり話を吸収するといいぞ>やる夫」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「了解だお。質問してもいいかお?」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「おい古泉!お前は何をする気だ!」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「私が答えられる範囲ならすべて(GMが)答えるさ」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「デニム、真紅の騙り、または役職って言ってたけど、役職について二人はいってねーお。どうなってるんだお?」
やる実GM(dummy_boy)
「あ、ごめんだお。
デニムなんか占いCOしてた気になってたおー。
それはやる実のお茶目だおw許しておw>やる兄」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「古泉には何を言っても無駄だと思うお」
やる実GM(dummy_boy)
「こっちがCO先間違えてたら世話ねぇお。
ごめんだお、やる兄。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「わかったおー」
やる実GM(dummy_boy)
「狼ならやらない子が今回グレランからははずれるおー。」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「私にも…守りたいものくらい……ある>やる夫」
剣鉄也(グリモル)
「朝だな占いはCOしやがれダッダーン」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「プロお疲れ様」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「やらない子は占い師だからだおね!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれさまだおー」
やる実GM(dummy_boy)
「ほいプロおつかれだおー。」
剣鉄也(グリモル)
「お疲れ様だぜ、遺言誤爆は恥ずかしいぜダッダーン」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「狼が狐に●出したか
こりゃ狼勝ちだろうなぁ」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「キョン子さんキョン子さん、あーた弟から投票されてるのにこの遺言ですかお?」
やる実GM(dummy_boy)
「そういうことだお。
今回でいうとグレランからはずれるのは占いCOの
弟、やらない子、シーマ、霊脳に共有2人、
そしてそれぞれの占いが出した○だお>やる兄。」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「弟を信じずに誰を信じるというのだ>やる夫
占いから一人切ることになったら真っ先に切ってるけど」
剣鉄也(グリモル)
「ちょっと村がやばい感じだぜ」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「それで「囲い」ができるわけかお!」
やる実GM(dummy_boy)
「ない子が狐潰しの●、んで、弟がデニム囲いかお。」
やる実GM(dummy_boy)
「んー・・・これ銃殺がでんお。
ない子吊られて弟とシーマの決め打ち…弟つれると思うがどうかお・・・」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「表だけ見てると訳がわからないお…。裏の各自の発言も見ないと完全には理解できないお」
やる実GM(dummy_boy)
「そういうことだお。
狂人が囲いを作ったことになるおね。
そして、狼からは真狂が完全に確定することになるお。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「銃殺なし、強靱狼残りの占い師は信頼勝負でどうなるか…。あとは、どっかで霊能噛みが入って信頼勝負になりそうな気がするお。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「明日の噛み次第だね
霊能噛むかシーマ噛むか、がターニングポイントとみる」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「狂人、だお。間違えたお…」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「銃殺されてよwwww(お疲れさま)>真紅」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ」
やる実GM(dummy_boy)
「占い最後残しもあるかお。
霊脳抜き、どうするかおねー。
あ、不人気おつかれだお。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれだおー」
剣鉄也(グリモル)
「俺は霊能噛みに挑戦しそうだな。
アブドゥルはバランス含めて鉄板占い護衛の予感、霊界目線だけど」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「噛まれてないけど狐なのだわw>シリウス」
剣鉄也(グリモル)
「んで真紅お疲れ様だぜ」
やる実GM(dummy_boy)
「発言でいけば・・・そうだおね。
やる実なら弟真はきるかお。ない子とシーマで真狼とはみたいおー。」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「ふむ、狩人は真護衛鉄板か
さすがいい眼をしている」
やる実GM(dummy_boy)
「流石DSさん、3人いるといううわさのDSさん。」
剣鉄也(グリモル)
「DSさん流石だぜ…流石のプロもこいつには驚くぜ」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「なんだかやたらといい目をしている方と一緒になることがおおいおw」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「DSさん・・・大人気の私も驚くくらいの人気っぷりなのだわ」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「さっきも秀吉の中の人が狼の作戦全部当てたし(村負けたけど」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「狩人兆GJだおwww」
剣鉄也(グリモル)
「弟やっちまったな…」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「真GJ、と
これはすごいとしか言えんなあ。私なら霊能護衛にひよる」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「そしてここで誤爆か…」
やる実GM(dummy_boy)
「ログでいいからそういううまい人のプレイをみるのも勉強だおね。
ただ、マネする必要はないと思うお。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「弟が双葉に当てましたか。んー…」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「上手い人の参考になる部分だけを参考にしたらいいと思うよ
全部真似することはできないしw」
やる実GM(dummy_boy)
「んー、誤爆。
これはデニムどうみられるかおねー。
正直誤爆ありえるところだけに。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「双葉吊りだとえウィン王で●、そこから弟への信頼が上がって、できない子は倒れるけど最後の信頼勝負で勝てる?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「霊能で●、ね。どうやったらあんな誤字ができるのか自分でも疑問だお。」
やる実GM(dummy_boy)
「10>8>6>4かお。
占い決めうたねーとかてねーお?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「最終的に占いローラーになると思う夫。そうなると狼は無理ゲーかお?」
剣鉄也(グリモル)
「自分も誤字多いけど最近は訂正するのが面倒だから
ノリで押し切る事にしたぜダッダダーン」
やる実GM(dummy_boy)
「多分信用になるおね。
ただ、弟の発言をみんながどうとるかだお。共有の判断が
問われるとこだおね。」
やる実GM(dummy_boy)
「んー・・・でも狩人がGJ情報をもっている。
それはもうシーマ真を示してるよーなもんだし…どうかお?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「外から見てると考えが浮かんでくるおw」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
剣鉄也(グリモル)
「信用勝負になるな。双葉切り捨てのデニム次第ってとこかな」
やる実GM(dummy_boy)
「流石戦闘のプロはいうことが違うお(キリッ」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「お疲れ様」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ」
やる実GM(dummy_boy)
「おー流石に占いきったおか。」
剣鉄也(グリモル)
「やらない子お疲れ様だったぜ」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれだおー」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「やらない子狼見えるなら残り真狂だからバランスで●吊り…かな?
どっちにしろ狼は不味い」
やらない子(フラーフラー◆WljlDmfz9g)
「お疲れ様」
やる実GM(dummy_boy)
「おつかれさまだおー。」
剣鉄也(グリモル)
「弟は今日は霊能結果確認してから占い結果だしたほうが良かったかもな」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「次は●吊って占いローラー行きそうだお」
やらない子(フラーフラー◆WljlDmfz9g)
「3吊りねー。」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「占いは残り真狂だからロラしないよ
とりあえず双葉つってどうするか、かな」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「んー。弟がアブドゥルさんに●だせば、真占い固定。だけど、デニムさんを見つけられるかどうかがわかんねーお。」
やる実GM(dummy_boy)
「ん発言てすと。」
やる実GM(dummy_boy)
「あ、できたお。あせったお。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「アブドゥルさんは発言が相当シーマさんよりだから狼も警戒してると思うお。アブドゥルさんがkまれると村も困るかお?」
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
やらない子(フラーフラー◆WljlDmfz9g)
「時間大丈夫」
やる実GM(dummy_boy)
「まーLWまで確定。
あとは対抗ケアするかどうかだお。」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「ああ、誤爆なんですね」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「お疲れ様
んー、霊能噛むか」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれさまだおー。」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「あ、狩人確定○」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「アブドゥルさん・シリウスさん確定○……
そろそろ、圧殺になりませんかねコレ」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「アブドゥルがほぼ確定狩人に昇格
これはおいしい」
剣鉄也(グリモル)
「確定○が狩人COだと…」
やる実GM(dummy_boy)
「ん、シーマ真決め打ちなら詰みだおー。」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「真狩人 確定……これは狼辛い」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「ここまで来ると狼に勝ち目はないかお?w」
剣鉄也(グリモル)
「っとシーマでGJだしてるからこれは良いてだな」
やる実GM(dummy_boy)
「ん、今日双葉つっても残り3吊り。
デニムはケア対象になるからそこ吊りで終わるお。
・・・そういうことだおね?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「アブ道ルさんの洞察力がほんっとに怖いw」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「シーマさんが完全に圧殺してますねコレ」
やらない子(フラーフラー◆WljlDmfz9g)
「アブドゥルが○になったのだからそっち噛んでからシーマいけばよかったかなー。」
剣鉄也(グリモル)
「今回狩人と占いが仕事しすぎだぜ」
やる実GM(dummy_boy)
「まーこうなると狼泣いていいお。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「自分が参加した村で発の人間勝ちになりそうだお。」
やる実GM(dummy_boy)
「お疲れ様だおー。
狼はないていいお。」
剣鉄也(グリモル)
「双葉お疲れ様だぜ」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「はい、お疲れ様」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「最悪、最終日占いの対決でいいや!になったら
終わりますね」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ」
やらない子(フラーフラー◆WljlDmfz9g)
「お疲れ様」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「お疲れ様です」
やる実GM(dummy_boy)
「陣営側勝利は始めてかお?やる兄は?」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「アブドゥル噛んでデニム吊られて終わりかお、こりゃ。」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「そうだおー!」
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
双葉(サラセニア◆OqnaMJ629Q)
「お疲れさま~」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「あの遺言何なのだわ・・・」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「アブドゥル噛まれ・魅音とデニム吊り切って
最悪最終日占いの対決、になる可能性大
まあ……詰んでますね」
やる実GM(dummy_boy)
「お、それはめでたいお。
勝ちはなによりもうれしいもんだお!」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「あ、狩人お疲れ様なのだわ」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「お疲れ様です♪」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれさまだお!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「もう、ね。あそこから狼逆転とか無理としか…」
キョン子(小林◆ND.kA0DuGY)
「お疲れ様」
剣鉄也(グリモル)
「やる夫おめでとうだぜ。今度は狼陣営や狐陣営で勝利を掴んで欲しいぜ」
やる実GM(dummy_boy)
「ん、役職が仕事すると狼は勝てない。
普通村らしい終わり方だおね!」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「アブドゥルさんがGJすぎますおw」
双葉(サラセニア◆OqnaMJ629Q)
「何もできなかったなあ
もう思考がおいつかないや」
アブドゥル(DS◆IaSoTYoBkw)
「職業占い師は後継者みつけた その名はおばさん!」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            < < 朝日が昇り 8 日目の朝がやってきました > >
(シルク(仮))
「いろいろすまなかった」
やる実GM(dummy_boy)
「まつお下界ー。
サレンダーしてる狼にGM許可までだしてんだからそれはねーお。」
シーマ・ガラハウ(あいす)
「ぎゃん」
古泉一姫(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「お疲れ様です」
やる実GM(dummy_boy)
「よーしゃねーお村…」
(シルク(仮))
「吊られない真占い師が鉄板護衛され続けると
狂人にはどう仕様も無い」
シーマ・ガラハウ(あいす)
「あら真紅狐かぁ
ゴメンねえ占わなくって」
双葉(サラセニア◆OqnaMJ629Q)
「初日の真紅銃殺対応完璧だったのに・・・
占ってよ(´・ω・`)」
やる夫(ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
「おつかれさまでしたお~」
真紅(とりあたま◆RLQFB9g9qw)
「占わなくていいわよw>シーマ
銃殺されなきゃもう何かそれでいい気分なのだわw」
(シルク(仮))
「高速で結果投下してたんだが
途中までは狼の騙りだとでも思われたか……?」
シーマ・ガラハウ(あいす)
「私をおばさんと言ったやつに文句を言うんだねえ>狼」
やる実GM(dummy_boy)
「ふむ…いい村だと思うお!」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >