←戻る
【流石1249】やる夫たちの普通村 ~「ありがとう弟鯖、お役目ご苦労さん…」~[722番地]
[GM]僕はおいしくないよ やる実GM
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
やっほー
 (シルク(仮))
[狂人]
(死亡)
やれやれ キョン子
 (小林◆ND.kA0DuGY)
[村人]
(死亡)
  やらない子
 (フラーフラー◆WljlDmfz9g)
[人狼]
(死亡)
働かないよ 何言ってんの アオミドロ
 (蘭蔓香料◆BAKA/GMHpc)
[共有者]
(生存中)
マッガーレ♪ 古泉一姫
 (ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
[霊能者]
(死亡)
大食いCO A5牛○ 双葉
 (サラセニア◆OqnaMJ629Q)
[人狼]
(死亡)
この素人が! 南倍南
 (purannt◆F4HHt9k4m6)
[共有者]
(生存中)
スリーナイン アブドゥル
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[狩人]
(死亡)
焼き焦がし尽す者 シリウス
 (十六時野緋色)
[村人]
(生存中)
やるったらやるお! やる夫
 (ししくろ◆4ZvEOwCmqs)
[村人]
(死亡)
だわだわ 真紅
 (とりあたま◆RLQFB9g9qw)
[妖狐]
(死亡)
誰も僕を責めることはできない デニム
 (アンダードッグ◆vaxPIb7J4c)
[人狼]
(死亡)
俺は戦闘の玄人だぜ(キリッ 剣鉄也
 (グリモル)
[村人]
(死亡)
より取り見取り シーマ・ガラハウ
 (あいす)
[占い師]
(死亡)
常識的に考えろよ、無理だろ できない夫
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[村人]
(生存中)
うぇっへっへ~ さ~て、どんな罰ゲームにしようかねぇ~ 園崎魅音
 (リコ◆RengelsnNs)
[村人]
(生存中)
やる実GM
「           , -一 /´ ̄ ̄``ヾ ̄``ヽ、
          /.: . :/. : . : . : . . : . :ヾ : . : . .\     ♪
            /. : : : :,.'. : : : :.;: : : : : ; : : : ; : : : : : .丶   '
         /.: : : :/. : : : : /.: : :/``゙`'"´ヽ、: : : : : ヽ  。☆
         /.;. : : :,': : : : :/.: :/         \: : : : l
          i: : : :,小: : : :.i: ://⌒ヽ     '⌒ヽ i : : : |  ってことでこのあとは弟鯖最終ゲームになるはずだお。
          |: !: :/:.|: : : : :レ' _、-=‐、,     ,=、, |: : :|.:l   個人的に、弟鯖、最近は特殊しかしなかったからこそ
        !:!: : : :| : : ::i:.|/ }_心.      心 ∨: : i/   最後に普通をしておきたかったお。GMとしてはすごく
         iレ': : : !: : : ;八´ゝ丿     {'ソ ノレ: :/    人狼らしいゲームになって楽しかったし、満足してるお!
         〉: : :ハ.: : : : (ごつ´    丶゙こ)l.:/
       /ィ: : :ヘヽ: : i          ′ ハ     やる兄は陣営初勝利おめでとう!だお!これからももっと楽しんでほしいお!
            厶イ;i.:ヽ\:ハ、    ー ‐' /i/ヽ
           j:ハ;ハ{          /
              ,'      `7 ー '          そして気は早いけど、弟鯖、お疲れ様だお!今日は参加してくれてありがとだお!
            ∠ -─ <::::::ヽ.            以上、本日の進行はやる実がお送りしたんだお♪
           /!      `ヽ::::`、
             / _      \ヽ
          〈 r'":::::::::``丶、    ヽ
        / } }::::::::::::::::::::::::::\   ヽ`、
        !/ { !::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽヽ
       ! i! !|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 、゙,:::\
        / ! !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i! !:::::::`ヽ、
       〈  |i |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |::::::::::::::::\
        | ヽ|N|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |:::::::::::::::::::::ヽ」
やる実GM
「おつかれさんだお。
まぁ、またみんなで楽しめればそれでいいおー。」
アオミドロ
「なるへそー>GM
さて僕も落ちるかー なんかツイッター消さなきゃよかったと後悔してみたり お疲れ様でしたー」
デニム
「ま、落ちるとしよう。皆お疲れ。仲間達は諦めてすまなかった
GMは村立てありがとう」
デニム
「そもそもほぼ完グレに残ったのが想定外
もっと早く狂からの囲いか、真からの●が来ると思っていたがまあそりゃ真と狂の趣味か」
やる実GM
「小鳥だとGMだけどだおw
でもそこそこPLで潜伏してるし見つけたら
なぐってもいーんじゃねーかおw>ミドロ
久しぶりにみたからなんかうれしいおー。」
デニム
「んー、ログ読み完了
初手真GJで狩人吊れない、抜けないのはそりゃ無理だ
結局もっと狩人探す目を付けろってことかね」
アオミドロ
「あー成程ー 今度小鳥鯖行ってみるかー 情報ありがとー 見つけたら言われなくても殴っておくさ>GM」
できない夫

     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |        |  |   ま、占-狩ラインがきっちり出来てた村だったな
.   |      ___´__ノ
    |      ∩ ノ ⊃  勝たせてもらってサンキューと言わざる得ない。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │  それじゃあ俺もお疲れさん
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
やる実GM
「あの人最近小鳥鯖に篭ってるお。
どーもPLとしてはわかめて比率高いみたいだけど。
ま、ぼちぼちやってるから見つけたら殴っとくといいお>ミドロ」
キョン子
「喧嘩するにしても一方的に殴らなくても…
うう信用してたのに…」
やる実GM
「で、やる兄はおめでとうだお!
初めて勝てた感想をきいていいかお?」
アオミドロ
「ID:OLさんと同じ村になってないけどね、最近は全然>GM」
キョン子
「やめてください…!>みおん」
やる実GM
「ミドロとトリップで一発でわかったおw
いいからID:OL殴っとくといいおw>ミドロ」
南倍南
「さて、俺も落ちるとするか
大して何もしてないが勝ててよかった
御疲れさん」
シリウス
「報告終了お疲れ様
それじゃ僕もこれで
皆様お疲れ様でした」
「姉と弟は基本的に喧嘩する仲だから……」
剣鉄也
「この辺で失礼するぜ、みんなお疲れ様だぜ
GMは村建てありがとな。
弟者鯖での普通村がこれで最後だと思うと名残おしいぜ…」
南倍南
「(…よく考えたら蒼星石と共有初めてかも)」
園崎魅音
「キョン子の着替えも終わったし
写真も撮ったし
おじさんも落ちるかな、お疲れさんだよー」
やる実GM
「ほーこく終了だおー!
みんなきてくれてありがとだおー!
GMは謎の美少女やる実がお送りしたお!オンセール!」
やらない子
「>剣鉄也
シーマを噛めなかったことがそこ狩人で初手◯もらったから護衛しようって思ってしまったからね。」
アブドゥル
「では落ちるかな
最終村でまた会える事を願うw
まずは席取りに勝たなきゃいかんけどww

おつかれー」
園崎魅音
「ざぁーんねん!吊られた以上着てもらうよ!(はぎとりはぎとり」
キョン子
「絶対きません!>みおん
というかハルヒコのせいで…(ぼそ」
やる夫
「おつかれさまでしたおー。」
「みなさんありがとうございました
過去ログがうまくよめない……」
やらない子
「という訳でお疲れ様ー。
村建てありがとね。」
剣鉄也
「狩人候補で噛まれたのが多分今回が初めてだったから少し嬉しい
と言っても真の○だから噛まれた感じだが」
真紅
「やはり占いと狩人が頑張ると村が勝つと。いいゲームだったのだわ。
では私も落ちるのだわ。お疲れ様なのだわ。
GMは村建てありがとうなのだわ。」
キョン子
「まあ、RP的に弟に信用してもらえなかったのはショックかな…」
デニム
「弟からの噛みきり路線もありだったかなー」
園崎魅音
「キョン子は可愛いねぇ~
さあ~て、おじさん秘蔵のバニースーツでも着ようか~」
やらない子
「それじゃ今まで狩人を抜けずに負けた、勝ったゲームにこのログも加えておこ。
読み返せればGJでた人の傾向わかるかも知んないし」
キョン子
「な……>やらない子」
キョン子
「おまっ…!>古泉」
デニム
「まー、シーマ抜けてもラン勝負になってたとして僕LWがほぼ規定路線。果たして勝てたか
まずそこまでもっていかんと話にならんわけだが」
やる夫
「いってらっしゃいお~」
剣鉄也
「悲しい事に大半の村は何もしてないぜ
でも泣かないロボットだしマシーンだからなダッダダーン>できない夫」
シリウス
「報告いってら」
真紅
「正直初日銃殺じゃなくてよかったのだわ・・・w」
古泉一姫
「では、私はこれにて。
キョン子さんフォルダを整理しないとそろそろ容量がまずい系の仕事があるので!

村建て感謝、いつかまた宜しくお願いしますね♪」
アオミドロ
「パソコン壊れてトリップ失くしたからトリップとHN変えたのにバレてる 不思議>GM」
やる夫
「自分は何かする前にしんだお。>できない夫」
やる実GM
「んじゃ報告いってくるおー。」
園崎魅音
「狼は噛まずに狐を処理できたのはよかったけど……
んー、なんだろうね」
アブドゥル
「真紅狐とか 初日銃殺もあったかもw」
やる実GM
「役職が仕事すれば人外は勝てない。
それでも狐●うちや囲いした狼狂もがんばったゲームだと思うお!
虚飾のない、スマートなゲームができたことを感謝するお!」
やらない子
「ん。キョン子は結構つんつんしたAAが多いように見えたけど其れかわいいね>キョン子」
デニム
「アブ抜けなかったのが結局な。狩人探す目が無かったということ」
できない夫

    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ○)(○)
 . |  U    | |   何もしてねえ
   |     __´___|
 .  | ι   `ー'´}
 .  ヽ     u  }
    ヽ     ノ
    /    く  \
    |     \   \
     |    |ヽ、二⌒)、」
キョン子
「だから真紅は占うべきっていったじゃないですかー!」
やる夫
「別鯖での普通村はあるお?」
双葉
「アブは気になってたけど初日○じゃなかったらやっぱりかめなかったかなあ」
やる実GM
「ちなみにミドロはミドロでいいんだお?
違うといってもトリップは嘘はつかないお(チラッ」
やらない子
「>双葉
それまた参加しますってことよね
またよろしくね」
剣鉄也
「お疲れ様だぜ、アブドゥルにはプロの占い師と認めてやるぜ(キリッ」
キョン子
「            ,... -_´`゙^ー、
          ,.- ´:.:.:.:.:.:. ̄:.: ̄:.`ヽ
        ./:.:.::,,...........   ............,::.:.丶
      /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ
     / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./',:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',
.    /  i:.:.:.:.:.:.:/:., ' ,. ',:.:.、i_i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:ト、
.      |:.:.:.:.:./-一´  ',:.:i. `fi、:.:.:i:.:.:.:.:.:l ヽ
       l:.:.:.:/ ,... _-   ',.i  ', ',i:.:.:.:.:.:i
.      /i:.:.:.|.〈 i,,;:心   r‐ ュ 、ii.i:.:.:.:.:l
.      ヾ:.:.:.i  `゙゚'´    弋__.ノ/ ii i:.:.:.:.:l    お疲れ様
       |:.:.:.!  """  .     ./llノl:.:.:ll:.:',
       l:.:.:.l丶   ` 一 """/´i:.:.i:.:. il i',',
       l:.l:.:l  ,-, _. -.‐ ´:.:.i:.:.i:.:i:.:/:.ii. ',',
     <~ヾ',:.',‐/ rl ,-、 l、 ヽ,:-~~i:./-;,:ヽ ',',
     /:::ヽヾ.`ヽ l/,-. \l    //´/ヽヽ',',
.    i:::::::::ヽ ',',. ヽi/  \l     i//::::::i:.:.l. ',l
    l:::::::::::::', ',',.  l    /  .//::::::::::::l:.:.:l l
シーマ・ガラハウ
「いやはや
こんな稚拙な占いを信じてくれてありがとうね」
「やらない子が真だろうなーと思ってたし
シーマは狼だろうなーと思ってたし
ダメすぎるorz」
園崎魅音
「わた、真紅さんは狐が似合うわぁ」
シリウス
「アブドゥル超スゲー」
デニム
「いや、結局こっちも判断が甘かったよ。すまない仲間達>やらない子」
真紅
「最後だからって狐をよこすPHPは自重するのだわw」
双葉
「お疲れさま
人狼引退します
次に参加するまで」
やる夫
「アブドゥルさん二回GJとかすごいですお!」
やる実GM
「ほいお疲れ様だお!
次は弟最終ゲーム。普通村は実質これで最後だお。」
やらない子
「お疲れ様。
ごめんねー。ミスがあるとしたら剣鉄也、アブドゥルを両噛みしなかったことか」
園崎魅音
「蒼星会員のpuranntさんがアオミドロと毎晩二人っきり!?」
アブドゥル
「                __,...,
            r‐冂 l lユ7ヽ
         ┌vヘl‐l r‐.k/7 /¨l みんな お疲れ
         <ヽ」 冂 l l‐┐冂ノ!   七__ l,. | _」..、ヾヽ/ _.ニ、
         }ヽ、`¨厂l‐!_.」 ,ィ彡{  (乂 ) ´ノ /、/  (_  ノ
           ゙ト、 >、ノ__,.ィニ三ヨ  (メルシーボークー)
          _Lx< i ̄フ二ィノl∧
           lハ ヒtッテ  irェオフ レノ
          ヽi', r' l l 〉 、  l/⌒ハ
         /⌒'v' 弋フ'  ゙ヽ∧._ヲノ
         ト、._∧ ー==ブ ,ソ ,'¨ヽヽ
        _i´`l /l\`  ̄ /  i.  リ |、
  '´ ̄ヽ-‐'"´入ノ i ! `ーイ /  ,.ゝ‐< lトヽ
  / // i  | l ヽ\ f´ i /    j./l
 /  /// .ヽ-< l、_.ノ  l ノ _」_  _ノ イ
   ///l  l ,.、,.-、!   / /  `i  l.リ」
シリウス
「やっぱ真紅狐だったぜ!!」
できない夫
「お疲れさん。」
やる夫
「おつかれさまだおー」
古泉一姫
「お疲れ様ですよー♪」
南倍南
「御疲れさん」
「文句なくアブドゥルさんMVPで
ちくせうw」
アオミドロ
「御疲れ様ー」
シーマ・ガラハウ
「あ、狩人ありがとうね」
真紅
「だわだわ・・・お疲れ様なのだわ」
古泉一姫
「無理やり護衛引っ張って
真占い抜かれたの確認したら そこの○に容赦なく●撃って吊らせ
死ぬのがいい狂人ですね☆」
シリウス
「お疲れ様」
デニム
「シーマかめてる以上そこは真であって
そしてシーマは現在生存者全員ケアしている>狐」
            ゲームマスター:おめーらやる実が早噛み許可出してる時点で察しろお?
園崎魅音
「はい、お疲れさんだよ」
            ゲーム終了時間:2010年7月25日19時37分
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
デニム さんの遺言
素村COだ
            ゲームマスター:おめーらやる実が早噛み許可出してる時点で察しろお?
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            デニム は投票の結果処刑されました
8 日目 ( 1 回目)
アオミドロ0 票投票先 1 票 → デニム
南倍南1 票投票先 1 票 → デニム
シリウス0 票投票先 1 票 → デニム
デニム5 票投票先 1 票 → 南倍南
できない夫0 票投票先 1 票 → デニム
園崎魅音0 票投票先 1 票 → デニム
            南倍南 は デニム に処刑投票しました
できない夫
「ま、お疲れさん。投票したぞ」
南倍南
「狐生存の可能性はねえよな?
一応」
園崎魅音
「お疲れ様」
            シリウス は デニム に処刑投票しました
            園崎魅音 は デニム に処刑投票しました
できない夫
「……何やってんだ、夜ふざけるつもりだったのに出遅れた…」
できない夫
「あ・う・あ・う・あ☆」
            アオミドロ は デニム に処刑投票しました
デニム
「んじゃお疲れさん」
            できない夫 は デニム に処刑投票しました
            デニム は 南倍南 に処刑投票しました
            < < 朝日が昇り 8 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シーマ・ガラハウ さんの遺言
占いCO シリウス●○

確定○作り続行っと、まさか占い3でやるとはw
私のグレーは3+古泉ぶっちゃけ信頼勝負しか狼さんはないと思うんだよなぁ

霊噛みの後の私の○に●だろうなぁよって霊噛み銃殺出てもいいようにこっちっと
さんの遺言
占い師CO できない夫○ シリウス○ デニム○ 双葉● アヴドゥル?
騙り:やらない子、シーマ・ガラハウ
            シーマ・ガラハウ は無残な姿で発見されました
            (シーマ・ガラハウ は狼の餌食になったようです)
            シーマ・ガラハウ は できない夫 を占います
            デニム たち人狼は シーマ・ガラハウ に狙いをつけました
シリウスの独り言
「折角だから俺は紅いMSのシーマ様に踏まれ隊に入隊するぜ(クリムゾンフラグ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            弟 は投票の結果処刑されました
7 日目 ( 1 回目)
4 票投票先 1 票 → シーマ・ガラハウ
アオミドロ0 票投票先 1 票 → デニム
南倍南0 票投票先 1 票 →
シリウス0 票投票先 1 票 →
デニム2 票投票先 1 票 → シーマ・ガラハウ
シーマ・ガラハウ2 票投票先 1 票 →
できない夫0 票投票先 1 票 → デニム
園崎魅音0 票投票先 1 票 →
            シリウス は 弟 に処刑投票しました
シーマ・ガラハウ
「弟が狐で負けたらおねーさん泣いちゃうよぉ」
「投票しました」
デニム
「結局シーマ挑戦二回失敗してる時点でまあアレなんだが」
シリウス
「あいよ>弟、デニム」
            園崎魅音 は 弟 に処刑投票しました
アオミドロ
「投了見て気が付いたらデニム投票してた
なんかごめん おはよう」
園崎魅音
「ま、さくさく検討会行こうか
弟からだね」
シーマ・ガラハウ
「最後まで●引けなかったなぁ」
            南倍南 は 弟 に処刑投票しました
            弟 は シーマ・ガラハウ に処刑投票しました
できない夫
「あ、うっかりデニム入れちった☆
弟>デニムでよろしくー」
南倍南
「んじゃ弟デニムか」
            デニム は シーマ・ガラハウ に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は 弟 に処刑投票しました
デニム
「んじゃシーマあわせで>弟」
シーマ・ガラハウ
「ンじゃ弟>デニムで」
「一応ご主人様と投票先合わせる」
園崎魅音
「んー、どちらかというと狂人も狼も●出すの遅いって感じだったけどね
○被りも無かったし」
シリウス
「クソ、クソ、ネタ発言が速噛みで飛んだΣΣΣ」
            できない夫 は デニム に処刑投票しました
デニム
「確定○のアブが狩人COするとどうあがいても無理」
「すいませんでした、おいす」
できない夫
「あー、まあそこ順当に狼なのか。
仮に弟真でもケア出来る吊り方だったが」
シーマ・ガラハウ
「サンキューサンキュー
さて対抗の内訳推理を聞いて終わろうか

アブドゥル●で私たちを狼コンビとして戦ってくると思ってた」
            アオミドロ は デニム に処刑投票しました
シーマ・ガラハウ
「デニム●」
デニム
「狂人と仲間達にはスマンかった」
園崎魅音
「おはよーさん」
デニム
「投了」
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双葉 さんの遺言
村人CO

真紅!真紅!真紅!真紅ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!真紅真紅真紅ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!真紅たんの金色の髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
トイレで落ち着くの真紅たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
第一回人気投票1位良かったね真紅たん!あぁあああああ!かわいい!真紅たん!かわいい!あっああぁああ!
ヤングジャンプでも連載再開されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…SSもアニメもよく考えたら…
し ん く ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!Nのフィールドォオオオオ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の真紅ちゃんが僕を見てる?
表紙絵の真紅ちゃんが僕を見てるぞ!真紅ちゃんが僕を見てるぞ!挿絵の真紅ちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメの真紅ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には真紅ちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックの真紅ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんジャンクゥ!!ヒナイチゴォォォォォ!!マジプリティカナァァァァ!!!ラプラスの魔ぁあああ!!
ううっうぅうう!!私の想いよ真紅へ届け!!Nのフィールドの真紅へ届け!
アブドゥル さんの遺言
魔術師の狩人CO

初日
占い師は3人でるだろう
占い師を志す若造どもよ

私が見ててやる

二日目 護衛シーマ 護衛成功
やや遅めのシーマ君に決めた
シーマ・ガラハウ霊能噛みなら噛みでいいよ
これは狼 狂人にはいえんだろう

三日目 護衛:シーマ
鉄板か 霊に移るか
そこが重要
まずシーマ囲いなしは確定
ならばここ狂人だとしたらできない夫は確定○

四日目 護衛:シーマ 護衛成功
狩人狙い&確定○狙いの噛みと判断
やらない子がここで●

つまり真なら噛まれる 放置
狂人なら狼は霊より占いを噛む ゆえにシーマ護衛

五日目 護衛:シーマ
シーマ真でよかろう
鉄板
狼は 弟<ない子> デニム シリウス 双葉だ
弟を最後に吊り切りでOK
            アブドゥル は無残な姿で発見されました
            (アブドゥル は狼の餌食になったようです)
            デニム たち人狼は アブドゥル に狙いをつけました
アブドゥルの独り言
「                               ,ィ,ニ>'フ⌒ヽ  ノ
                              し' h〈_ノニ>'⌒|
                       /\        └'} l 〈ノ⌒}  焼き殺して
                    /   \    r‐┬'  `ヽ.  |   くれるッ
                      {/i⌒ヽ  ',   `ー'¨ヽ-‐---|
                     l:::::::ハ ∧            |.  『   マ ジ シ ャ ン ズ レ ッ ド
                      〉:::::::',  ヽ         l     床末 彳上ニ |コT ,┬、  二|二    /
.      ,-、              l::::::::::ハ  トヽ          |    ノ 鬼  .| 小亅lコ巾 V ノ ノノ亅ヽ 』 ・
    ,ィう_ノ ,イフ             }::::::::::::|r‐ミ-\      〈
    〈`{ー|/‐/ .r┐         .ト、.___ノ::::::::::_>、 l\、\__,.-、  )
    ノ‐っノ-く ,ノ、}.        l ヽ--一'"´ _,.」 l } ト-r'⌒¨/`ヽ
.   〈 '´,/l/! /           ヽ__,,.-‐-、_r:r:f::「:l┐ノ \/ /  \__
    ∨´ 、l  l                  く::<__l_:|::l:/7!、  /        ヽ  _
      \   _,. /           ,.--、/ <ヽ_:〉「:フノノ、::入_,.-rっ     ノ'⌒´  `V
      }¨´  |     ,.< ̄ー-- \ }三ニィ'´,ィァ l〈 }´ ̄
       l   l     / /         ヽヽ.tゥ、弋´ ト())-、__
      ;    │  _ノ _     r「fコ   __ハ´}__リ _ヽl (ツ) \\ー' ̄ ̄i^「|.n
     /     ハ/´ '´ \   |.l | |-n< l l\E彡'/ (サ)   ヽ \  「l.l│!| ト、
    /  l /   ', /   /ヽ__r| l l V、!  \l {`ー'  (※) |   ヽ | lj‐!‐!‐} 〉_
.   ,'   l     }   // {   {. | \  \__   __(川) リ     └、_,、_,、ノ)
   l  |   i    リ   //  ヽ     !  ヽ  \`Y´♀)´ ./\    |ヽ三彡'}」
できない夫の独り言
「あ、ログ撮り忘れた」
            ゲームマスター:了解。
降参なら早噛み許可するお。
デニム(人狼)
「なんでOKなら早噛み許可くれ。仲間達には悪いが、正直これは無理だ」
アブドゥルの独り言
「 :::::ll:::::::::::!l:::::l:::::::::::l、_:l:::::::::/:::::7
 __,.!l::::::::::l l:::::l::::::::::lーl:::::::/:::::/
 ト、_ヽ--クハ ハ、__lY L__ハ、 _ヘ
 に._¨ニ - ..,,_ト---イ _ =-‐'イ、)
 ,. -─--==-->、<´ィニ二ヽワ
 ム-‐..ニ --─‐==、_丶、`¨ニ)
 _,.ィ¨ニー-...,,__     `>.、ヽ!  狼の 願いは
 ファrェ、---、--¨コ〕jノ,ィk--、/   まったくきかないこと…
  _ヽ_ヒzク_,.ィ/  !  ド'-‐リ
      rr‐'.l.   i  lヽ i    魔術師の赤は狼はゆるさん
    fr¨   ヽ、,.-='7ァ'((. l
    〃     `'<レ' ヽソ     -/─ヽヽ l__/   -/─ヽヽ__l ,. ┐
   lj      ,.. 、__,. 、. V     / 二   (乂¨) / 二  /|´ rノ、
   fl    _,.ィ_ ,. --zェ_ノ /
  lj    i'´  `  ̄  _)i¨゙ヽ.
  ̄¨ヽ    `フ''¨´ ゙̄ヽ !   ハ
    ∧          l   i
.     i.           i    ノ
     リ `   ` ー=ヲ >'´ ̄ ¨゙ヽ.
      /ヽ`>--‐イi. ,'       ハ」
アオミドロ(共有者)
「もう何処吊っても同じだよねー らっくちーん」
の独り言
「シーマで鉄板されていたのか……
うむ……すまない」
シリウスの独り言
「まぁ、ただやらない子狼ならいきなり双葉囲ってんだよな
けっこうリスキーな事してるぜ」
南倍南(共有者)
「さて・・・」
の独り言
「ぎゃあああああああああああああああっす!!」
デニム(人狼)
「GM、投了する。魅音ならともかくそこから出られると勝ち目がない」
            アブドゥル は シーマ・ガラハウ の護衛に付きました
            シーマ・ガラハウ は デニム を占います
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            双葉 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
2 票投票先 1 票 → 園崎魅音
アオミドロ0 票投票先 1 票 →
双葉7 票投票先 1 票 →
南倍南0 票投票先 1 票 → 双葉
アブドゥル0 票投票先 1 票 → 双葉
シリウス0 票投票先 1 票 → 双葉
デニム0 票投票先 1 票 → 双葉
シーマ・ガラハウ0 票投票先 1 票 → 双葉
できない夫0 票投票先 1 票 → 双葉
園崎魅音1 票投票先 1 票 → 双葉
            南倍南 は 双葉 に処刑投票しました
            アオミドロ は 弟 に処刑投票しました
            弟 は 園崎魅音 に処刑投票しました
            園崎魅音 は 双葉 に処刑投票しました
            アブドゥル は 双葉 に処刑投票しました
            ゲームマスター:さっさと投票するお。凸した奴は問答無用で妄想村に叩き込むお。
            シリウス は 双葉 に処刑投票しました
            双葉 は 弟 に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は 双葉 に処刑投票しました
            できない夫 は 双葉 に処刑投票しました
            デニム は 双葉 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双葉
「アブはもう真でしょ
シーマの○で対抗もなし
日記にも不審な点はない」
アブドゥル
「私がいるから明日の結果はでる」
シリウス
「僕は逆にやらない子狼っぽい気がしたけどね>南」
デニム
「流石に真狼狐-真とかの潜伏狂は考えなくてもいいと思うがなあ」
「シーマ狂人or狐だったのか」
シーマ・ガラハウ
「フタバ吊ってでにむ占って
そこの結果次第っと」
園崎魅音
「どこ占うか仲間に言ってない場合もあるからそれは断言できないよ>南」
アブドゥル
「あとは吊り順であろう」
双葉
「古泉真ならない子狼で残り2W
ない子狂で3Wだね」
アオミドロ
「アブドゥルは真かー 確定○どんどんできてたもんねー めんどくさいねー
さー何処から吊るか、狼しかいない気がしてきた」
できない夫
「ま、いねえだろ
そこ真でいいんじゃね。
その上で仮にやらない子が狼だとしても双葉吊り>デニム占い>弟吊りでなんとかなる」
シリウス
「まぁ、一応な>デニム
占い狐混じりで狂抜きでアッブドゥル狂人ってどんだけレアケなんだよ、って話だが」
南倍南
「んー・・・やらない子が狼ってのも考えにきいんだよな
3日目から対抗占うのはメタだが注意する存在がいなかったと思う」
シーマ・ガラハウ
「いま2Wいるってことだよね
古泉真だろうし」
園崎魅音
「霊能いない以上どっちが真かは分からない
だけど、初手ベーぐるは確定
ふむー」
デニム
「よってアブ真でいい」
デニム
「アブドゥルはやらない子破綻してる以上確定○だよ>シリウス」
アブドゥル
「むーない子狼の場合 それもある、か>シーマ」
双葉
「詰んでるなら私吊りでいいよ
狐いないかいてもデニムでしょ?」
「双葉、みおん、ガラハウを吊りきれば基本的に勝ち
吊り順の問題はあるけど」
シーマ・ガラハウ
「って、霊能●0か
ンじゃそれでいいかな_」
デニム
「あー、そっから狩人出るか」
シリウス
「狩人に対抗は?」
アオミドロ
「狩人CO、日記は出た、真はシーマだと主張
そんで対抗がいなければ真と見れる。」
シーマ・ガラハウ
「双葉狼 でにむ狐が怖い>アブドゥル」
園崎魅音
「これ、弟が狂人じゃないかい?
狼だったら自滅もんだよ?」
シリウス
「正直古泉狼のレアケが消えたんだ、灰と占い吊り切りでいいぐらいだが
問題は占い吊り切るなら灰吊りは慎重に選ぶ必要がある」
できない夫
「んー。そこ狩人ねえ。
対抗は?」
双葉
「あ~ 私としては弟先に吊りたいんだけど」
アブドゥル
「双葉→デニム 弟で終了だ」
園崎魅音
「弟視点、おじさんは人外でOKかな?
で、シーマ視点デニム?」
シーマ・ガラハウ
「私真決め打って、弟吊ってくれたら 明日片方占って終わり」
アブドゥル
「初日
占い師は3人でるだろう
占い師を志す若造どもよ

私が見ててやる

二日目 護衛シーマ 護衛成功
やや遅めのシーマ君に決めた
シーマ・ガラハウ霊能噛みなら噛みでいいよ
これは狼 狂人にはいえんだろう

三日目 護衛:シーマ
鉄板か 霊に移るか
そこが重要
まずシーマ囲いなしは確定
ならばここ狂人だとしたらできない夫は確定○

四日目 護衛:シーマ 護衛成功
狩人狙い&確定○狙いの噛みと判断
やらない子がここで●

つまり真なら噛まれる 放置
狂人なら狼は霊より占いを噛む ゆえにシーマ護衛

五日目 護衛:シーマ
シーマ真でよかろう
鉄板
狼は 弟<ない子> デニム シリウス 双葉だ
弟を最後に吊り切りでOK」
デニム
「弟の方は?」
できない夫
「双葉にCO聞くところだわな
シーマ視点グレーでもある>共有」
アブドゥル
「魔術師の狩人CO」
双葉
「○多すぎない?
詰んでる?」
シーマ・ガラハウ
「でにむ ふたば 対抗」
双葉
「霊噛みか
ここで隠す意味はなんだろうね」
アブドゥル
「デニム 双葉つりでいいな」
シリウス
「そりゃ、双葉吊りの伏線だろ>ここで霊能抜く」
デニム
「んー、二人のグレー状況はどうなっていた?」
南倍南
「ふむ、ここで霊能が抜かれるのか…
今日は双葉で異論はねえよな?」
            ゲームマスター:能力発動きおつけておー。
夜は警告しかできんし。やる実はいちゃいちゃに忙しいお!
園崎魅音
「アブドゥル、シリウスも確定○扱いでほぼよし
なんだいこれ?」
シーマ・ガラハウ
「でにむと対抗と双葉っと」
アブドゥル
「ほー ここで霊脳噛みか」
デニム
「やらない子の結果見せたくなかった……?」
できない夫
「ってあぶねえあぶねえ。夜早めにな
…と、ここで霊能噛まれるねえ」
シーマ・ガラハウ
「んー」
シリウス
「あいよ、僕がこれで確定白な」
アオミドロ
「そこで霊能噛むんだ めんどくさいなー
おはようもうめんどくさい推理頑張れー」
デニム
「……ん?ここで霊能抜き?」
園崎魅音
「霊能噛みかー」
双葉
「ない子が狼なら割と楽になるだろうけどどうかなあ
というか真狂狼なら私視点真はシーマしかいないね
ここ真なら○残りすぎだけどどうもGJ連打で狼が自滅しているようにしかみえないからやっぱり真かなあ?」
シーマ・ガラハウ
「確定○作り続行っと、まさか占い3でやるとはw
私のグレーは3+古泉ぶっちゃけ信頼勝負しか狼さんはないと思うんだよなぁ

霊噛みの後の私の○に●だろうなぁよって霊噛み銃殺出てもいいようにこっちっと」
「昨日、熱心に対抗処刑を希望していたアヴドゥルを調べる
もう占われそうだと思った狐なのではなかろうか……?」
アブドゥル
「くくく・・・・おはよう
占い師を志す若造どもよ」
デニム
「おはよう。じゃあ会議を進めるとしようか」
シーマ・ガラハウ
「占いCO シリウス○」
できない夫
「おはようさん、CO頼む」
「占い師CO アブドゥル○」
園崎魅音
「おっはよー!さ、COしてほしいねぇ」
シリウス
「んで、能力者達は表示どうなってる?」
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古泉一姫 さんの遺言
霊能CO、マッガーレ♪
やる夫さん○ キョン子さん○ 真紅さん○
やらない子さん●○

キョン子さん投票者吊りきりで行きましょう
その方々に 人権など存在しません
やらない子 さんの遺言
ごめんね
            古泉一姫 は無残な姿で発見されました
            (古泉一姫 は狼の餌食になったようです)
            デニム たち人狼は 古泉一姫 に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
南倍南(共有者)
「たぶん双葉の結果は見れると思うが・・・
狩人噛み→霊能噛みだと見れなくなるんだよね」
双葉(人狼)
「弟抜き成功すればデニムが弟真でいけるかも 初日弟GJ 昨日は霊GJで
シーマはもうかまずに偽にするしかない」
デニム(人狼)
「弟抜きか……正直シーマで2回死体なし出してる以上それでも厳しい」
園崎魅音の独り言
「でも、狐対策にやっぱり占いチャレンジの自分吊りに動かすよねぇ」
の独り言
「占い師CO できない夫○ シリウス○ デニム○ 双葉● アヴドゥル?
騙り:やらない子、シーマ・ガラハウ
            アブドゥル は シーマ・ガラハウ の護衛に付きました
            シーマ・ガラハウ は シリウス を占います
アブドゥルの独り言
「双葉は狐疑いでいい」
園崎魅音の独り言
「やらない子狂人だったら占いチャレンジ
やらない子狼だったら霊能チャレンジって所?」
シリウスの独り言
「後、やらない子は多分狼じゃないか?」
双葉(人狼)
「弟抜く?」
アオミドロ(共有者)
「偶数で狂っぽいのをさっさと吊るのは僕にはめんどくさい気がするんだけどねー
んまー明日双葉吊りだろうねー」
デニム(人狼)
「ん、それは分かってるよ。どういう日記がいいかな、と」
古泉一姫の独り言
「……残り5吊り……
あー、双葉さん先吊ってみてもよかったんですけどね
そこ狩人ならアレですけど」
シリウスの独り言
「んー
しっかし魅音はシーマにつっかかりすぎだよな
なんか引っ掛かる感じだ」
園崎魅音の独り言
「んー」
双葉(人狼)
「これシーマ真にしかできないんだよね
=詰みだからなあ
狩人日記は破棄」
デニム(人狼)
「シーマと弟の●候補吊るだけで終わる」
古泉一姫の独り言
「んー、色見ますかね」
シリウスの独り言
「死体無しが霊能&狐噛みで占いの真贋ついてない場合は三択だけど超頑張れ」
双葉(人狼)
「双葉の大食い狩人日記

初日 ~~
2日目 護衛:ない子 噛み:GJ
3日目 護衛:ない子 噛み:剣
4日目 護衛:古泉 噛み:GJ
5日目 護衛:シーマ 噛み:
6日目



2日目 まあバランス護衛かな
ない子護衛してみる
シーマはテンプレがうんぬん
弟は全体的な印象でちょっと信用できないし

3日目 GJが出た
ここは真噛みと見て鉄板でいかせてもらうね
狩人探しで○2のない夫とかかまれるかな?
いや 占いはずしてそこ守るくらいならまだ霊守りかなあ

4日目 ここは確実に霊結果を見たい
3グレーまで狼がのこってるかどうかは微妙だし
シーマは狼かなあ? たたきっぷりが異常

ない子狂人だったかね
じゃあシーマ真かな
弟は私に●だし」
双葉(人狼)
「弟はデニム○だから狂だよ」
南倍南(共有者)
「うーん・・・まあ確かに破綻吊りたいのはわかるんだが・・・」
デニム(人狼)
「ほぼ詰んでる気がせんでもないんだがなあ。残り4吊りか」
の独り言
「せめーて、狂信者ならなあ……」
アブドゥルの独り言
「狼は 弟<ない子> デニム シリウスだろう」
双葉(人狼)
「見通しが甘かったか
今日は霊抜くしかない
シーマ真しかないからここ抜いてももう○が多すぎる

日記は無理
ない子破綻で弟から●
シーマからも●もらうだろうしどうしようもない・・・」
できない夫の独り言
「   / ̄ ̄\
 /   ー'  \
 |    ( ●)(●)
. | U      |  |      仮にも狩人あったらどうする>共有
  |     ___´___l
.  |    /__ }       安定手でいいんだよこんなの
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |」
アオミドロ(共有者)
「んー村が完全にそっち行ったか
共有残されたりして」
シリウスの独り言
「よし、狩人超頑張れ。スッゲー頑張れ」
園崎魅音の独り言
「奇数かー」
デニム(人狼)
「わぉー」
アブドゥルの独り言
「さて・・・ばれたかね」
の独り言
「Nooooooooooooooooooo!!」
デニム(人狼)
「とりあえず、シーマと弟で真狂、を前提として」
の独り言
「壮絶にやっちまったくさい」
の独り言
「やっべ……」
デニム(人狼)
「さて、どうしたものか」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            やらない子 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
0 票投票先 1 票 → 双葉
やらない子7 票投票先 1 票 → 古泉一姫
アオミドロ0 票投票先 1 票 → 双葉
古泉一姫1 票投票先 1 票 → やらない子
双葉4 票投票先 1 票 → やらない子
南倍南0 票投票先 1 票 → 双葉
アブドゥル0 票投票先 1 票 → やらない子
シリウス0 票投票先 1 票 → 双葉
デニム0 票投票先 1 票 → やらない子
シーマ・ガラハウ0 票投票先 1 票 → やらない子
できない夫0 票投票先 1 票 → やらない子
園崎魅音0 票投票先 1 票 → やらない子
            デニム は やらない子 に処刑投票しました
            南倍南 は 双葉 に処刑投票しました
            弟 は 双葉 に処刑投票しました
            アオミドロ は 双葉 に処刑投票しました
            やらない子 は 古泉一姫 に処刑投票しました
            園崎魅音 は やらない子 に処刑投票しました
            双葉 は やらない子 に処刑投票しました
            古泉一姫 は やらない子 に処刑投票しました
            できない夫 は やらない子 に処刑投票しました
            シリウス は 双葉 に処刑投票しました
            アブドゥル は やらない子 に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は やらない子 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
園崎魅音
「やらない子狼じゃなければ真贋ついてるよ
っていうか、これでついてなかったら真占い(笑)かもね」
古泉一姫
「残してる余裕があるかどうかですね
今回の場合 ぶっちゃけると『無い』です。
破綻が狂人でも 残り5吊りの最大5人外ですんで」
シーマ・ガラハウ
「COしたいみたいだし破綻で」
やらない子
「あ、狼さん
デニムとかアブドゥルとか噛んだほうがいいと思うよ」
アブドゥル
「ふむ チャレンジの部分か
では明日答える 時間ない」
双葉
「あの~・・・」
シーマ・ガラハウ
「古泉偽を推してくる準備をさせるかどうかかなぁ>共有
古泉はまぁ真でいいんじゃないかい?」
園崎魅音
「おじさんが突っかかってるのあんたの○なんだけど……>シーマ」
「残り日数的に狼確実なところ吊っておくのが一番だと思うんだけどね」
デニム
「ん?これで真贋見えた?今までに既に真贋付いてる可能性はどうなんだ?>シリウス」
古泉一姫
「もしやらない子さんが狼なら その●は吊っていい●
狂人だったら、考える必要のある●になるんで。
ま、狼視点の真鴈 ほぼついてると見ていいでしょう」
南倍南
「破綻はいつでも吊れないか?」
園崎魅音
「それは分かってるよ>アブドゥル
濃厚なのは占いGJ>>暫定○噛んだら狐>霊能
これくらいの差はあるってね
だけど、おじさんが言ってるのは「なおさらチャレンジ」の部分だって言ってるだろ?」
シーマ・ガラハウ
「一日準備させてあげて―」
南倍南
「いや、霊能結果見たかっただけなんだがね
破錠占いはいつでもつれるだろうし」
双葉
「共有>方針早く決めて」
シーマ・ガラハウ
「おねーさんが真ってことだよ(キラ

まぁ冗談はともかく私の○に妖しい人はいないだろ?>みおん」
アオミドロ
「確定○ができたのと、後相方はそこ指定ねー
僕は大歓迎だけど。色々と。
真偽つけば楽だよ? 多分。
というか、双葉さりげなく吊られたくなさそうな感じが見えるし
なんかそういう奴吊りたいんだよ」
シリウス
「で、狼視点これで真贋見えた筈だ>占い
かといって霊能結果は公開されたくない
今夜はまず二択だろうな>占い師と霊能」
アブドゥル
「おい 破綻を吊らない理由を言ってみるがいい」
できない夫
「え、マジでそっち吊るん?
仮にも狩人あるかもしれんならやらない子先じゃねえの?」
古泉一姫
「んー、まあそっちでもいいと言えばいいんですが。
吊り数的に 後1回死体無し出ないとノーミスなんですけれど……
確定破綻吊って 色見てからにしたいんですが」
南倍南
「あーそうか
狩人生存はほぼ確定だしな・・・」
デニム
「んー、双葉吊りか。まあありといえばありとも感じなくもないが……
ここでやらない子残してどうするんだ?」
アブドゥル
「霊結果○が出てるので
まずそれを踏まえるべきだ
その場合 グレー狐と占いGJ 濃厚なのは占いGJのほうだ>みおん」
双葉
「ん?私吊るの?」
シリウス
「ん、先そっちか?アグレッシブだな
狩人にまたまた期待するしかねー」
園崎魅音
「双葉吊り?
んー、おじさんは破綻した占いを残したく無いね」
双葉
「まあない子真はないから先に色みたいとかで私吊るってのもなくはないだろうけど
ここは吊りも増えた以上は確実に人外を吊っておくべき」
古泉一姫
「ない子さん狂人臭いと言えば臭いですがね
狩人とか考えた場合、今日はない子さん吊らせていただきたいです。
残り2人の内訳も見たいので。吊り余裕的に 確定破綻は狂人盲信でないと残せませんけども」
シーマ・ガラハウ
「フタバ占わない方がいいよねえ
そこでパンダになってっていうのもちょっと狼は悲しいかい?」
できない夫
「それにしても俺完全に弁当だなおい
…ま、今日は少なくともやらない子吊りじゃね?」
園崎魅音
「シーマが騙りならできない夫に●投げない理由が無いんだけどね
どういう事だろ」
南倍南
「双葉吊りでいいかね
占い吊りより霊能結果みたい」
デニム
「まあ、このタイミングで弟から●が出ているわけだが……
これならば、やらない子吊りか」
アオミドロ
「霊能○ねー、霊能が真ならやらない子破綻だねー
占い全員信用したくないしどうでもいいやー
んで弟が●出し、そこを吊るか破綻占い吊るか、さっさと占いの真偽を見るか破綻占いは忘れないうちに吊るか」
「共有はやらない子処刑か双葉処刑かの決断お願い
んー、双葉が一番いいとは思うけれども」
アブドゥル
「できない夫は確定○となったわけだ
ある意味三人目の共有」
園崎魅音
「あー、アブドゥル
占いチャレンジはいつだってありえる
だけど、あんたは自分でこう言ったろ?初日に○が吊れたのならなおさら占いチャレンジだって
おじさんが言いたいのはなおさらチャレンジなのは初日●吊りだった場合じゃないかい?」
シリウス
「やらない子吊りだな
後、死体抜きの次の日の黒出しだから真紅狐が冗談やジンクス抜きでありえるのがな」
双葉
「あ~ なんか私に●出てるけど今日は霊真で見てない子吊りでいいよね?」
古泉一姫
「で、できない夫さん確定○。
シーマさん真なら圧殺気味ですねコレ」
シーマ・ガラハウ
「いってやったいってやった」
アブドゥル
「死体再びなし 霊結果は○
やらない子吊りでよかろう」
やらない子
「死体なし
んで、霊○
っほー。」
できない夫
「あー、ふむ、死体なし。
どうかねえ、GJか狐噛みか。」
デニム
「そしてやらない子破綻?」
シーマ・ガラハウ
「私の○がより取り見取り」
古泉一姫
「はい、やらない子さん偽が確定です
そしてこのタイミングでの死体無しは まずGJでしょう」
園崎魅音
「ん、死体なし
GJ濃厚だね」
やらない子
「私が一番狼と思った対抗での◯
ここは占っておかないツリ回避できなさそうなので占い」
双葉
「おはよう
霊の色みたいな
噛まれてないといいけど」
アブドゥル
「くくく・・・・おはよう」
デニム
「再度死体なしか。ふむ」
アオミドロ
「んーまた死体無し? めんどくさいだるい
おはよう、お腹すいたから誰かご飯作ってー人参は入れないでー」
南倍南
「さて・・・
また死体なしねえ」
園崎魅音
「おっはよー!さ、COしてほしいねぇ」
やらない子
「占いCO シリウス◯」
古泉一姫
「霊能CO、真紅さん○でした!
今日抜かれた占いの方がいたなら そこ真前提で考えてよさそうですかね?
結果次第とも言えますが」
シーマ・ガラハウ
「霊噛みしてきてここで銃殺出たらさ
私真確定だろ?
ここ噛みあわされても霊能が生きてるってことだからさぁw
ま、狩人とかだったらすまないねw
狼ではありませんよーにってねえ」
できない夫
「ま、ひとまず霊能結果次第と
油断が許されんのは相変わらず。
時期としてはそろそろロラも考えていく時期か?
ぶっちゃけ占いに信用が置けねえっつーのが本音。
銃殺でも出てねえ限りそろそろロラ掛けていきてえ」
「◆双葉 「ん~?
なんかシーマもない子もうさんくさいなあ
弟もなんか信用ないけど」
だったらいったい誰を信用するの?

◆双葉 「でもさ 昨日正直一番吊られるのはキョン子っぽかったしあまり当てにならないと思うけどね」
霊能結果からキョン子投票者を怪しむのは普通だと思うけれどね
シリウス
「占い結果と霊能結果はどうなってる?」
デニム
「おはよう。じゃあ会議を進めるとしようか」
シーマ・ガラハウ
「占いCO できない夫○」
「占い師CO 双葉●」
できない夫
「おはようさん、CO頼む」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅 さんの遺言
だいにんきむらびと

やらない子が偽なら
弟・シーマのどっちかが真
どっちも微妙・・・

やらない子が狼っぽい気がするのよね
昨日の誘導の余裕のなさから、
それに私に●というのもね。
            やらない子 たち人狼は シーマ・ガラハウ に狙いをつけました
            シーマ・ガラハウ は できない夫 を占います
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アオミドロ(共有者)
「うっかりなら仲間に言うだろうねー
まぁ自分で何も言わず○とか出してる……というのもあるけど
まぁ普通占い先は告げるよねー どこら辺行く位は
やらない子が狼じゃないのは僕も思う」
できない夫の独り言

      / ̄ ̄\
     /      \
     |    -‐'  へ l
     | u(● )(● )|    ま、そりゃねえか…
      |      | u |
      | .U  __´___   }    残り5手、これをどう使うか
     ヽ        !
      ヽ       ノ     霊能結果的に3W1Fはほぼ確実
      /      く
      /        ヽ」
アブドゥルの独り言
「すまんな 霊脳 
ここで噛まれるならやらない子は連れるはず」
デニム(人狼)
「そういうことになるな>狩人CO合戦」
の独り言
「占い師CO 双葉○
占い師CO 双葉●
双葉(人狼)
「無理か
ここでシーマに●もらって出るのはきついな
COなしで吊られるかな

対抗○占いならデニムを二重囲いしてもいい
できない夫もしばらく抜けない位置だし二重○なら吊りを遅らせられるはず」
デニム(人狼)
「んー、鉄也狩人に賭けるのも、まあ細い可能性なわけだが」
            アブドゥル は シーマ・ガラハウ の護衛に付きました
できない夫の独り言

    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ○)(○)
 . |  U    | |         占 い に 真 い る の か こ れ
   |     __´___|
 .  | ι   `ー'´}         初日占いで狂狼狐とかねえ?
 .  ヽ     u  }
    ヽ     ノ          それくらい信用出来ねえぞこれ
    /    く  \
    |     \   \
     |    |ヽ、二⌒)、」
やらない子(人狼)
「んじゃま、そこ銃殺対応しておくよ。
もしシーマ抜きで駄目だったら狩人CO合戦ね。」
アブドゥルの独り言
「四日目 護衛:シーマ
狩人狙い&確定○狙いの噛みと判断
やらない子がここで●

つまり真なら噛まれる 放置
狂人なら狼は霊より占いを噛む ゆえにシーマ護衛」
シリウスの独り言
「そんで黒出され、ってのが前日言ってた通りのパターンでありえるのがなぁ
狩人はできれば古泉護衛してもらいたいもんだ」
南倍南(共有者)
「強いて言うならできない子は狼ではなさそうかね
狼なら対抗の○は占わないだろ」
アオミドロ(共有者)
「いっその事占い初日だったりしてねー
それはそれで霊能真だけど
もう人外が一気に死ねばいいのにー めんどくさいだるいー」
双葉(人狼)
「途中

双葉の大食い狩人日記

初日 ~~
2日目 護衛:ない子 噛み:GJ
3日目 護衛:ない子 噛み
4日目
5日目
6日目



2日目 まあバランス護衛かな
ない子護衛してみる
シーマはテンプレがうんぬん
弟は全体的な印象でちょっと信用できないし

3日目 GJが出た
ここは真噛みと見て鉄板でいかせてもらうね
狩人探しで○2のない夫とかかまれるかな?
いや 占いはずしてそこ守るくらいならまだ霊守りかなあ

4日目 」
古泉一姫の独り言
「シーマさん真なら 割と圧殺気味だしなあ……」
デニム(人狼)
「できない夫かシリウスかね。狐ありうるのは」
双葉(人狼)
「●もらいで狩人COは・・・できないよなあ」
シリウスの独り言
「いや、正直さ
真紅狐じゃね?<噛まれた、さ」
デニム(人狼)
「まあ、弟は狂だろ。狐を考えるのは後でいい
鉄也の遺言がないのがな」
やらない子(人狼)
「狐が死んでる気はしないでもないが。」
古泉一姫の独り言
「まあ……明日抜かれた占いがいたら そこが真と言うところですか。
私を抜かれるのが 村視点だと辛いですね」
双葉(人狼)
「シーマ噛みでデニムLW路線かな
GJされたらどうしようか」
南倍南(共有者)
「占い全員うさんくせえなあ」
アブドゥルの独り言
「ふむ・・・」
双葉(人狼)
「こりゃ明日私●もらうね」
やらない子(人狼)
「シーマだね。」
やらない子(人狼)
「ふーん。」
双葉(人狼)
「霊噛みorシーマ噛み

シーマ狐とかミラクルがない限りここはまず真(弟狂だし)」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            真紅 は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
0 票投票先 1 票 → 真紅
やらない子1 票投票先 1 票 → 真紅
アオミドロ0 票投票先 1 票 → 真紅
古泉一姫0 票投票先 1 票 → 真紅
双葉0 票投票先 1 票 → 真紅
南倍南0 票投票先 1 票 → 真紅
アブドゥル0 票投票先 1 票 → 真紅
シリウス0 票投票先 1 票 → 真紅
真紅12 票投票先 1 票 → やらない子
デニム0 票投票先 1 票 → 真紅
シーマ・ガラハウ0 票投票先 1 票 → 真紅
できない夫0 票投票先 1 票 → 真紅
園崎魅音0 票投票先 1 票 → 真紅
            双葉 は 真紅 に処刑投票しました
            ゲームマスター:さーさっさと投票するおー。
            やらない子 は 真紅 に処刑投票しました
            デニム は 真紅 に処刑投票しました
            弟 は 真紅 に処刑投票しました
            できない夫 は 真紅 に処刑投票しました
            シリウス は 真紅 に処刑投票しました
            古泉一姫 は 真紅 に処刑投票しました
            アオミドロ は 真紅 に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は 真紅 に処刑投票しました
            アブドゥル は 真紅 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アオミドロ
「さーさくさく真紅吊り。
明日の結果が色々と気になるよ」
双葉
「ああ 身内票なし前提ね
でもさ 昨日正直一番吊られるのはキョン子っぽかったしあまり当てにならないと思うけどね」
やらない子
「んで、弟が昨日積極的にキョン子誘導してたことからも見える」
アブドゥル
「暫定○を噛む ここから読めることは・・・」
シーマ・ガラハウ
「ま、がんばんなよwみんなw」
            真紅 は やらない子 に処刑投票しました
「狐ー、手を上げてくれー
占うから」
やらない子
「やる夫とか吊り候補見てるあなたなら感じてくれると思ったけど。」
双葉
「ん~?
なんかシーマもない子もうさんくさいなあ
弟もなんか信用ないけど」
園崎魅音
「おばさんを顧問に持った記憶はおじさんもないねぇw」
「襲撃が対抗の○なんだよなあ
余裕かましてきてるなあ……」
シリウス
「まぁ、狩人は多分生存してるだろう
今日の護衛に期待すればいい」
やらない子
「弟 0 票 投票先→ キョン子
シーマ・ガラハウ 0 票 投票先→ 真紅
>双葉」
シーマ・ガラハウ
「いいじゃないかwちょっとは接待しておくれよw」
デニム
「ああ、昨日段階で占い騙りが身内切りする可能性は低い、ということか」
アオミドロ
「グレーは全部なくなった。さーてめんどくさいなー
狼一気に全滅しちゃえばいいのに めんどくさいしだるいし
完グレは無くなったから誰か囲ってるとみていいかなーめんどくさいなー
占いの○を噛んでくるっていうのはそいつを真と見せたいかそこでGJ出て○噛んでいくしかないか
GJ出たところの○を噛むっていうのはなんていうかなー……
あーもーめんどくさい」
古泉一姫
「初手から占いかぶりが1回も存在せず
役職全員灰から出ましたからね>魅音さん

ああ、狩人の方は遺言関連考えておいてくださいね
どこでどんな死体無しが発生したのかは捉えておかないといけないので」
やらない子
「ちなみに言わせてもらうとあんまり私が完全ラスグレに遅れて●出す意味が無い
そこら辺も含めて判断してもらいたいわね」
アブドゥル
「誰が部下かね なったつもりはないね」
真紅
「私が死んでも狩人は鉄也じゃない限り生きてる可能性大ですし」
シーマ・ガラハウ
「ん?私が真紅投票してるからだろ?>双葉」
南倍南
「さて、カングレはいなくなったしな
当たり前だが対抗の○占い許可だ」
デニム
「正直ここで占いGJだとかどうとか堂々と口にするのはなんか誘導したいのか狩人探したいのかと思ってしまうのだがなあ
まあいいか」
真紅
「やらない子偽だと弟かシーマが真なんだけど、
正直どっちも微妙なのよねw
どちらかと言うと弟かなって感じだけど、勘レベル
これは狩人のみぞ知る、でいいじゃないのかしら」
できない夫
「残り6手、と。
まだ余裕があるな。んじゃ、真紅は吊られてくれ。」
シリウス
「交換占いしかないわな、もはや」
シーマ・ガラハウ
「ま、私の部下(○)はまだ二人いるし
なんとかなるかねえ」
双葉
「◆やらない子 「ここに1Wか
シーマが狂のほうっと」

??? シーマが狂と確定する事項があなた視点であった?」
アブドゥル
「3-1の霊 よほどの事がない限り真であろうな>アオミドロ」
            南倍南 は 真紅 に処刑投票しました
園崎魅音
「で、完グレはいなくなったわけかい
なんか、グレーがすごい勢いで減った村だね」
古泉一姫
「CO無し了解、では吊って色を見せてもらいますかね
残り6吊り、ここまではミスがギリギリ許されますかね」
南倍南
「COも無し、
んじゃ吊ろうか」
シーマ・ガラハウ
「フタバが狼かなぁ
あ、適当に占うよ」
シリウス
「まぁ、そこ吊って霊能結果が白でした、とか霊能がそも噛まれたら大分アレなんだが」
やらない子
「グレー抜きから昨日は占いGJと見るよ
ささ、そこから人外見つけていこう」
できない夫
「●出たしCOなければ吊りでいいんじゃないか?
ただ、本当占いがどいつもこいつも信用ならないのはどういうこった」
アブドゥル
「●吊って霊判断というところだね」
デニム
「ん、COがない、というならさようならだ」
「処刑はあとだいたい6回か
真紅はグレーだしなにもなければ
もし人間だとしても吊ってもなんとか大丈夫」
双葉
「昨日の時点で
【グレー】
真紅 デニム 園崎魅音

だね

真紅COある?」
古泉一姫
「完グレ3で 綺麗にそれぞれがそれぞれに別の場所を……」
シーマ・ガラハウ
「まぁーあの出方だと噛めるかもって思うだろうさ
狩人GJなのだろうね」
デニム
「で、真紅に●、と。残り6吊り。吊る余裕が無いわけでもまあないんだが」
            園崎魅音 は 真紅 に処刑投票しました
シリウス
「おめでとう古泉 一姫 君の願いは叶えられた<キョン子投票者の真紅吊り、だろうな」
アオミドロ
「●が出たねー そこか…… めんどくさいなー
んまー霊能いるし、吊ってみるしかないんだろうねー
霊能が偽だったらものすごく面倒だけど、結果出して噛まれておけばいいのに」
アブドゥル
「園崎のは何を言ってるんだ?
占いチャレンジはいつでもあることなのだよ」
双葉
「ん~? ○抜きってことは昨日は占いGJっぽいかな」
真紅
「COなし 吊りなさい」
園崎魅音
「噛みはシーマの○と
で●が出たね、今日はそこ吊りでいいんじゃないかい?」
やらない子
「ここに1Wか
シーマが狂のほうっと」
南倍南
「まあ真紅吊りだな」
デニム
「んで君ら、完グレ3なのにそろいも揃って完グレ占いかい」
シーマ・ガラハウ
「カングレというか●出てるね>真紅」
できない夫
「んーそこで暫定○噛みな、ふむ
んで完グレがなくなると」
古泉一姫
「暫定○抜かれ、でそこはシーマさんの○ですか?
んじゃ●吊ってみましょうか。
これはシーマさんGJかなんか出たのでしょうかね?」
園崎魅音
「んぅー
やっぱり、アブドゥルのは気になるね
占いチャレンジするなら●が吊れた時じゃないかい?
残りの潜伏が見つかったらまずいのは狼だろ?」
真紅
「完グレ私だけかしら?」
双葉
「朝だね
噛みで昨日の死体なしの傾向がわかるけどどうかな」
やらない子
「指定を望む動き、
村ゲーといきなりいう場面、
これらを考えるに彼女は余裕を持っていると見せかける人外だと思うのよね」
シーマ・ガラハウ
「んー」
アブドゥル
「ほう 暫定○を噛んでくるか」
アオミドロ
「んーそこ噛みねー おはよう、もうめんどくさいし僕寝たいよ」
南倍南
「朝だな
占いはCO頼む」
デニム
「ここでそこが抜かれる、と」
やらない子
「占いCO 真紅●」
シーマ・ガラハウ
「真紅かみおん
真紅は私への突っ込みと指定求める感じもあるのだけどちっと露骨すぎる感じがするんだよね

よってここは私へのー突っ込みなしで存在してるみおんかなぁ
いや、村ひいても別にいいからさぁおねーさん
狼臭いの占いたくないのよ よってみおん先ね」
「デニムはたぶん人間だと思うんだけど、ソロ狐は人間っぽい発言が容易なので占っておく。呪殺出せれば最高だけれど……」
古泉一姫
「霊能CO!キョン子さん○です!
キョン子さん投票者ランで行きましょう
キョン子さんに投票する者に 人権など存在しませんから」
できない夫
「◆園崎魅音(86)  「ん?どこがどんな感じに?>できない夫
楽勝ムードになりそうって事かい?」
把握漏れ、雰囲気の弛緩。
油断しすぎて負ける雰囲気っつってんだよ

◆やらない子(88)  「>できない夫
落ち着いてるわよ。」
落ち着いてたら暫定○忘れて占わねえよ」
真紅
「おはようなのだわ。
JUM紅茶を入れて頂戴。」
アブドゥル
「おはよう
今日の噛みはどこかね
まずはそれをみて占い結果をしろう」
シーマ・ガラハウ
「占いCO みおん○」
シリウス
「おはよう、占い結果はどうなってるかな?」
できない夫
「おはようさん、それぞれCO頼む。」
「占い師CO デニム○」
デニム
「おはよう。じゃあ会議を進めるとしようか」
園崎魅音
「おっはよー!さ、COしてほしいねぇ」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョン子 さんの遺言
弟が無事でありますように
            剣鉄也 は無残な姿で発見されました
            (剣鉄也 は狼の餌食になったようです)
            やらない子 たち人狼は 剣鉄也 に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
剣鉄也の独り言
「と言っても占いはどこキレルレベルではない」
やらない子(人狼)
「デニムを助けなきゃ」
古泉一姫の独り言
「……やっぱ駄目ですね!
人間として 超えてはならない場所があります!」
アオミドロ(共有者)
「そこまで出ないんじゃ囲ってる可能性が高いとみてもおかしくないかもね」
の独り言
「占い師CO デニム○」
やらない子(人狼)
「魅音に●投げるよ」
剣鉄也の独り言
「信用信用言う占いは臭い感じ
ない子は真目ダウンかな」
古泉一姫の独り言
「……」
            シーマ・ガラハウ は 園崎魅音 を占います
古泉一姫の独り言
「……いや、でも
これは『死体』じゃなく『キョン子さんの死体』で……」
できない夫の独り言

      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ●)(●)
.     |      │ │
     |     ___´___ノ    にしても空気が緩みすぎだ
      ,|        }
    / ヽ       }     こいつは意外とまずい
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く       サクっともってかれかねんぞ
     ヽ、      |
        |     .|」
南倍南(共有者)
「そろそろ動きがあると思うがな・・・
流石に明日は●が出るだろう」
双葉(人狼)
「OK」
            アブドゥル は シーマ・ガラハウ の護衛に付きました
双葉(人狼)
「【グレー】
真紅 デニム 園崎魅音」
やらない子(人狼)
「それじゃあ今日はシーマの◯である剣鉄也抜き
200で噛むので各自狩人日記の準備を。」
古泉一姫の独り言
「……なわけがありませんよ!
いくら私でも死体に興奮したりとか……」
デニム(人狼)
「一応今から作成はしとくけどまあ噛みちょっと考えておいて
やらない子のやりたいほうで」
双葉(人狼)
「用意してないなあ
まあ 書けばいいからOK」
アオミドロ(共有者)
「WOの危険があるならさっさと投票した方がいいと思うよー
んで、そこが吊れると、狩人吊れてなければいいけど
何か動きでもなければグレラン続行か」
古泉一姫の独り言
「……いや、逆にこれは……
キョン子さんに合法的に【禁則事項】するチャンス……」
剣鉄也の独り言
「やらない子ーできない夫で2w切るか」
真紅(妖狐)
「そもそも占いGJなら無理ゲーですしね
狩人COの準備だけしておきましょう」
デニム(人狼)
「そして僕は不味いことに日記用意してない」
やらない子(人狼)
「鉄八だ
やっぱりそこが◯出されたのでそこ護衛しようとかの方がある」
南倍南(共有者)
「WOしてた…
どうにも重いな
俺だけか?」
の独り言
「やっちまった感が」
双葉(人狼)
「信用路線なら霊噛み

○で気になるのは狩人ブラフくさいアブとシリウス
GJ出た以上ここで噛みきりは結構きついかも
弟が狂臭全開になってきた感じ

連噛み? どうかな~?」
デニム(人狼)
「霊能抜いての、僕か双葉で狩人COしての信頼勝負という手もあるが
それは銃殺対応できるのが前提」
アブドゥルの独り言
「       n「i「「hnゥ
       /ヘ(Z_n久     ヽ   i
     _,.rl(Tトtrァハl〉    `¨ヽ ¨す¨ ヽ
  ,r=''"¨7(x).{  ̄lL!      ノ  L ..ノ
 /'" /T/l (o).、 'ヲ´     まずは成功ののようだな
  / \\ (x)-¨\        狼のとの駆け引きといったところか
 / /  \\\ヽソ、
 i ./     \丶`__i、iニfト、
  .i       ,.フ'´  `ヽY
  l      /      l.l
  . l     i       ノl」
やらない子(人狼)
「鉄男だよね」
古泉一姫の独り言
「嗚呼……キョン子さん……

キョン子さんのいない村に未来なんて……」
剣鉄也の独り言
「キョン子の死体への言及が最高に臭かったダッダーン」
真紅(妖狐)
「これは駄目ねw GJGJ言いまくったり指定してもいいのよって感じで
狩人っぽくふるまってみたけど、その先がないw」
できない夫の独り言

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ー)( ー)  |
       |  |        |    まあそこだろう、一番村狼目
       l___`___    .|
       {          .|    っつーより狩人がなさそうな位置
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
シリウスの独り言
「クソ、何で解った>ゲシって蹴られたし>弟

良い勘してやがる」
デニム(人狼)
「やはり狩人候補は、鉄也辺りじゃあるんだが」
デニム(人狼)
「不味いなこれは」
やらない子(人狼)
「さて。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            キョン子 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
0 票投票先 1 票 → キョン子
キョン子5 票投票先 1 票 → 園崎魅音
やらない子0 票投票先 1 票 → 真紅
アオミドロ0 票投票先 1 票 → 真紅
古泉一姫0 票投票先 1 票 → 園崎魅音
双葉0 票投票先 1 票 → キョン子
南倍南0 票投票先 1 票 → 真紅
アブドゥル0 票投票先 1 票 → デニム
シリウス0 票投票先 1 票 → 園崎魅音
真紅4 票投票先 1 票 → キョン子
デニム2 票投票先 1 票 → 園崎魅音
剣鉄也0 票投票先 1 票 → キョン子
シーマ・ガラハウ0 票投票先 1 票 → 真紅
できない夫0 票投票先 1 票 → キョン子
園崎魅音4 票投票先 1 票 → デニム
            キョン子 は 園崎魅音 に処刑投票しました
            双葉 は キョン子 に処刑投票しました
            古泉一姫 は 園崎魅音 に処刑投票しました
            ゲームマスター:おっと、投票きっちりやっとくお。
延長するけどあとで晒しモンにするお!
            南倍南 は 真紅 に処刑投票しました
            デニム は 園崎魅音 に処刑投票しました
            真紅 は キョン子 に処刑投票しました
            できない夫 は キョン子 に処刑投票しました
            やらない子 は 真紅 に処刑投票しました
            剣鉄也 は キョン子 に処刑投票しました
            アオミドロ は 真紅 に処刑投票しました
            シリウス は 園崎魅音 に処刑投票しました
            アブドゥル は デニム に処刑投票しました
            園崎魅音 は デニム に処刑投票しました
            弟 は キョン子 に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は 真紅 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
古泉一姫
「嗚呼、キョン子さん。
つまりそれは 私と【禁則事項】したいと>RP」
真紅
「まぁ確かに大人気だし、まだ慌てる必要もないわね
GJなら村ゲーの可能性もあるし」
デニム
「……死体なしで、人外を狙ってつるのか?吊りも増えてるのに?>双葉」
やらない子
「>できない夫
落ち着いてるわよ。」
シリウス
「個人的には霊能抜いておくか→狩人「占い信用できそうなのいねーしな、霊能いくか」でGJが一番ありそうだとは思う>断定はできないが」
園崎魅音
「ん?どこがどんな感じに?>できない夫
楽勝ムードになりそうって事かい?」
アブドゥル
「霊脳結果のことだ ここが●なら霊即噛みもありえるだろう>デニム 」
キョン子
「おま……弟よ……なぜ私を信用してくれない……」
シーマ・ガラハウ
「いやいやw普通に余裕はないよw出遅れでもあるしねw」
双葉
「占いの真贋はまあまだおいておいていいかと
幸い吊りが増えてほぼ役職も全生存
人外を狙って吊りにいくことを先に考えるべき」
キョン子
「んー、初日はともかくもうRPが減ってるかなあ…
みんなリラックスしようぜ?気張ったって+にゃならんよ」
古泉一姫
「まあ役職臭いというか 隠してませんしね」
「◆シリウス 「ハハハ、警戒しなくていいんだよ>弟

げし(きっく)」
できない夫
「お前らちょっと落ち着けよ
なんかこの空気はまずい気がせんでもないんだが」
デニム
「まあ、GJであるとすりゃそりゃ占いか霊能だろうが……
結果○ならとは?>アブドゥル」
園崎魅音
「へぇ、占い噛み想定ね
霊能GJの可能性は?>あぶどぅる」
真紅
「何だか占いが微妙ね・・・
役職情報は狩人にでも任せておいた方がよさそうね」
剣鉄也
「まぁせっかく2充○ができたからそれを有効に使いたいぜ
そこ占って確定○もありかもな。ただかみ合わせで抜かれる可能生もあるが」
やらない子
「というわけでちゃちゃっとグレランしよう
ここで●見つけれたらよかったんだけどね

死体なしのときに●が発見できたらうなぎのぼりだったのに」
古泉一姫
「霊能把握してないってのはちょっとどころじゃなくまあ印象ダウンですかね
CO見てる余裕ない人外という可能性が高めですかね」
アオミドロ
「なんか占いが信用できないのばかりな気がするよ
すごくめんどくさいー まぁさくさくグレランしようかー
めんどくさいなめんどくさいなー だるいなー」
「真紅とデニム……少なくともいまは吊る必要性感じないかな
やっぱりおねえちゃん投票したい」
シリウス
「了解>グレラン」
シーマ・ガラハウ
「そりゃ役職臭いわwwwwいやーおねーさん恥ずかしいwww」
アブドゥル
「ここの死体なし
グレーをカムとは思えんな
私の経験上 占いか霊脳噛み 結果○なら
占い噛み濃厚であるといえる」
シリウス
「ハハハ、警戒しなくていいんだよ>弟
ホォ~ラこっちにおいで~」
デニム
「シーマ、そこ霊能だぞ。流石にそれはどうなんだ
単なる把握ミスとは思うんだが……」
できない夫
「やらない子と弟がフリーダムだなー。」
園崎魅音
「ふーん○見落としか
まあ、それはそれでいいんじゃないかい?
囲いが無いってあんた視点だけど分かったんだろ?」
アオミドロ
「んー、暫定○をこんなにさっさと占うのはどうかと思うけど。
んまぁ今後の動きを見るのがいいだろうねー
理由も言わないんじゃ全然信用できないけどさー」
シーマ・ガラハウ
「おっとwwごめんごめんww」
キョン子
「グレランかな
一番避けたいのはここで狩人が露出することだと思うので指定は避けた方が無難かと」
古泉一姫
「ええ、どうも。霊能です>シーマさん」
デニム
「……普通にミスか>対抗○占い」
シーマ・ガラハウ
「いや、まぁ多弁どころ噛んで狐でしたっていうのも少なからずあるから
銃殺字だけじゃなくて●○でしっかり見極めてくれよ>村」
真紅
「そこ霊能>シーマ」
双葉
「いや 古泉霊能だけど?>シーマ」
古泉一姫
「ない子さんは対抗即占い、まあ 狼にしてはって感じがするので
ここは真狂濃い目でしょうかね?
相談しない狼もまあ ありといえばありですが」
南倍南
「まあ今日もグレランだ
占いはまだ見なくていいだろ、グレーを中心に見ていけ」
剣鉄也
「弟の占い理由は楽しいな、結果だすよう頑張ってくれダッダーン」
やらない子
「あれ、暫定○だったか
これはまずった
普通に人外っぽかったもん」
できない夫
「つーか俺2重○とか既に噛まれる予感しかしねえんだけど
…ま、○進行だし今日もグレランだわ」
真紅
「やらない子は対抗の○だと意識してなかった感じかしら?
それともわかっててやった?」
園崎魅音
「完全グレー噛みは無いと思うから
暫定○かね、狐噛みだとすると」
デニム
「ああ、やらない子は対抗占いしてるのか
一応その意図は聞いてみたいところかな。ここですぐ対抗占いする理由は?」
双葉
「ん?>メタだから言えないけど票が集まったのも見て人外っぽくはなかった>デニム」
「履歴:できない夫○ シリウス○」
シーマ・ガラハウ
「んー純粋に発言多いとこ占うべきだたかね

グレーから指定なら古泉あたりよろしく」
アブドゥル
「○進行 グレランでよかろう」
剣鉄也
「確かにアブドゥルはあの量で取得票1ってのは怖いが
そこは今日グレランで見たいとこだったぜダッダーン」
アオミドロ
「GJ出たか狐噛んだか、今日何処を噛んでくるかで少しは分かりそうな気がする
それはそれでめんどくさい気がするけどね」
キョン子
「やらない子の暫定○占いは別に構わないと思うのだが
そのことについて触れてないのはちと不自然かな」
真紅
「GJと見るなら狩人保護の指定もありね
まぁその辺は共有次第だけれど」
やらない子
「役職噛み(私かな)が7割、狐噛んじゃったなーが3割ぐらいかな」
古泉一姫
「後まあ 弟さんは結果と理由は別に言っておいてください」
シリウス
「まぁ、死体無しはどうとも言える感じだよね今日のは
明日黒出しありそうだけど>狐噛みなら」
双葉
「吊りも増えたね
占いGJだったなら2・3日したら狩人には遺言残しておいて欲しいところ」
南倍南
「多少重いな・・・
○進行、死体無しか」
デニム
「あの発言数じゃ正直村っぽいも何も判断しにくいと思うんだが
何故そう思った?>双葉」
シーマ・ガラハウ
「わり、狼さん」
できない夫
「死体なしな、まぁ順当に見るならGJだろう
…んで、弟はそこ占うのか、吊り位置じゃね?
やらない子は対抗占いとは随分思い切って出たなあおい」
園崎魅音
「で、今日も○進行かー
GJと見て狩人保護に動くのもありかね」
やらない子
「1ツリが増えた
やったねたえちゃん」
アブドゥル
「死体なし GJか狐か
そして私を占ってくる、か」
シーマ・ガラハウ
「んー、死体ないねえ
私噛みかな 私が言うのもなんだけど」
真紅
「あら、死体なしね 吊りが増えたわね
まぁ役職GJが濃いってところかしら?」
シリウス
「っと、僕に暫定白か」
双葉
「お 死体なしか
狐は多分ないかな?」
古泉一姫
「っと、死体無し。狐かGJ、まあタイミング的にはGJでしょうかね?
どちらにせよ 吊りが増えたのはありがたいですよ」
デニム
「まあ、なんにせよ吊りが増えたのはいいことだね
グレラン続行かな」
やらない子
「できない夫(96)  「ま、この状況において霊能はほぼ真であると言っていい。
盲信は後々痛い目見たら嫌だからしたくねえが」
テンプレの発言の中にあるこの発言
こういうので発言を伸ばすのは人外っぽい(霊能を真としていかないと話が続かないから」
剣鉄也
「死体なしとはいい感じだぜ」
「おねえちゃんというのは、弟にとって、永遠の宿敵だから……」
キョン子
「死体無し。GJにしても真紅噛みにしても、吊り数1増えるのは大きいな」
シーマ・ガラハウ
「いやー正直テンプレ発言多いんだけどね
あえて占いに言及せずWOと鉄也に突っ込み入れてるところが気になったかな
あと余裕たっぷりの発言も気になったねえ」
真紅
「おはようなのだわ」
園崎魅音
「おっと、死体なし
吊りと情報が増えたねぇ」
アブドゥル
「くくく・・・・おはよう
占い師を志す若造どもよ

私が見ててやる
さぁ 結果を示せ!!」
シリウス
「占い結果頼む」
アオミドロ
「んー死体無しねー おはよう 僕テレビ見てるから皆がんばれー」
双葉
「朝だね
やる夫はまあ発言薄かったからまあ残せない感じで妥当だったかな
ここは正直村っぽくはあったけど」
やらない子
「占いCO できない夫◯」
デニム
「さて、死体なしか」
剣鉄也
「朝だな占いはCOしやがれダッダーン」
シーマ・ガラハウ
「占いCO アブドゥル○
できない夫
「おはようさん、今日も適当でいい
それぞれCO頼む」
「占い師CO シリウス○ どうも狼アイコンには何か警戒させるものがある」
古泉一姫
「霊能CO、やる夫さんは○でした!」
園崎魅音
「おっはよー!さ、COしてほしいねぇ」
キョン子
「姉ですが、弟から物凄く信用されてません
反抗期ってやつでしょうか」
デニム
「おはよう。じゃあ会議を進めるとしようか」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫 さんの遺言
やる夫は善良な村人だお!信じてほしいお!
            やらない子 たち人狼は シーマ・ガラハウ に狙いをつけました
            シーマ・ガラハウ は アブドゥル を占います
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シリウスの独り言
「んー。どっちだ。どっちもありえそうなんだが」
できない夫の独り言

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   -┘  \ )
 |    ( ー)(ー)
. |      | |    意味もなく楽しげな気分になるもんだ
  |     __´___ノ
.  |       `ー'´}
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |」
双葉(人狼)
「村視点だと護衛はない子か霊だと思う
噛み切ろうか」
やらない子(人狼)
「130」
やらない子(人狼)
「シーマからいくね」
剣鉄也の独り言
「シリウスは霊能伏せはスイッチスタイルだからアリっちゃアリだから
賛成は少しする」
            アブドゥル は シーマ・ガラハウ の護衛に付きました
キョン子の独り言
「          _
        /::.:._`ヽ―、___
       ,. -‐":. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヽ._
.       /:.:.:.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.,、:.:.:.ヽ:.:.:ヽ:ヽ
.     /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ノ/ l:.:.:.:.:l:.:i:.:.ヾ:ヽ
    |:i:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:./;/   l:.,、:.:.l:.:l:.:..ヘヾ
    |:|:.:.:.:.:.:.l:.:./:.:.:.:.:.ノ_, ,'    l'、_ヽ:|: l:.:.:. l   どーしよ
    |:l:.:.:.:.:.:.|:/┳━┳     ┳┳:.:.|ヽ:.:|   グレー精査も手につかない
.    ハ:l:.:.:.:.:.|/ ┃  ┃     ┃┃|/:.:|∨   
    l:.:.゙l:.:.:.:.:.| ┃  ┃     ┃┃ |:.:.|
    /:.:.: レ、:.: | ┗━┛     ┗┛ |:.:l
.  /:.:.:.:.:.:.:.ヽ⊂⊃          ⊂⊃
.   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.メ:ト、   r‐‐-,     ,イ:./
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:./:. | _,>‐、 二 、―、<レ|/
  |:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:.l/;;;ヽ:. ヽ ― |   ト、
  |:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.|;;;\;ヽ: ヽ==l  l;;;;l
デニム(人狼)
「噛み切りも視野に入れてそれでいくか」
やらない子(人狼)
「了解」
シリウスの独り言
「アブドゥルは狼だと思うけど見てて面白いから吊りたくないな……
いや、冗談だけど
ここが村か狼か、で迷ってる」
古泉一姫の独り言
「まあ、そんな感じで行きましょうか。
私が噛まれるか否かで 狼の方針が見えますかね」
双葉(人狼)
「霊は正直私の視点では抜けない気がする
それならばシーマから噛み切り考慮希望」
園崎魅音の独り言
「なんか、自動更新も働かないね
これも鯖問題か」
南倍南(共有者)
「ま、面倒なことはできるだけ避けたいしな
●が出てくれた方が情報も多い」
デニム(人狼)
「まあ、ベグでもいいよ。正直霊能護衛がありそう」
キョン子の独り言
「             _
            /::::::>-――- 、
        イ"´::/::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
      /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,. '::::::::::::::/ィ::/::::::::::::::,</::::::::::::::/::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::,." ィ:/:::::::::::/ /::::::::::::::ム::::::::::::::::::}
.__/:::::::::::/  /::::::/ィチメ.、!::::::::::/ |:::::::::::|:::::l   ちゃんと接してやれなかったことが原因なのか?
::::::::::f^l::::l rv'::::::/ 弋.ソ `\/   |:::::::::/:::/   辛い……
`〈::::.| !/ / /:::::,イ         チぅミ、}:::: /:::/
', 弋」 l_/ /:::::/ .l u    '   弋.ン》/:::::::::j
..〉     イVK 丶、  ,-、       /:::::::::/
`      レ'‐ァ-、ry、  ‐′   ∠:::::::::/
l       イヘ./\` --ァ―‐ " /::::::::/
´ _   /  丶  / ̄| ̄|.ス/)イ:::::>'う
     イ      ̄ ̄ ̄ ̄/ ∠=‐´, <
  <×          .ノ    └――‐-、
/    ×        {      に二  ̄ j
デニム(人狼)
「まあ、弟が狂アピしてる真の可能性もないでもないけど抜くならそっちかね」
やらない子(人狼)
「100までにおねがいね。
其れまでに確認するから」
できない夫の独り言

     // ̄ ̄\
   // /  へ  \
   |/ ̄\ (ー)(ー    ~♪
.   |$ONY.|   / |
    \_/ __´___ノ    吊れたか?どうだかね
   .l^l^ln  `ー'´}
.   ヽ   L     }     期待はしてねえよ
    ゝ  ノ   ノ
   /   /   \        ♪
  /   /      \    ヾ    ♪
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ        / ̄ ̄ ̄ ̄」
剣鉄也の独り言
「やる実が噛まれてやる夫吊りって酷くない>GM」
            ゲームマスター:延長あるけどできるだけ200以内には投票するんだおー。
やる実は全能だけどできることとできないことがあるんだおー。
双葉(人狼)
「占いどっちもうさんくさいなあ
私狩人なら霊守るくらい

それでもどっちが真かと言われればシーマかなあ」
アブドゥルの独り言
「          _   _
      ┌lニ「└冂 7^>┐
     ,rくV冂ー厂Y^ト/´/7
     )‐二ニ=-=二三ニ二(
      YこjW{;二=-‐<二〈
        ヒp}  トニpブ ̄`!ニヽ  さて護衛せねばならん
      |フ|  | ド、~  } 'Fリ
.      |゙=_'_'゙  ヽ / rく
       |〈.-―ヽ  V /´交ヽ
.       |`⌒`  ,//ヽ立ソ^ヽ
       /'ァ---‐''" /.交ヽ/  ,ハー、
      r「//__ /'交ヾ立ソ  /  /  \
   _,ィイ//4O) ヾ立ゾ/ / ノ     ̄`ー、_
  // / |卩 lフノ-‐''"  '" /       /   \
     / />rr<‐'´__,,.. ‐'''"
      |〃ル厂フ」
デニム(人狼)
「1.狩人探し
2.霊能抜きで信頼路線
3.即ベグ」
やらない子(人狼)
「占いを抜くならシーマね」
真紅(妖狐)
「占いぬくのだわ!」
アオミドロ(共有者)
「そこ吊れるよねー普通に
ここから適当に占いの●出しとかあればいいのに」
キョン子の独り言

        _/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:: :.ヽ.
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : : : : : : : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ: : :\
       / ,: : : :〃: : :/: : : : i!: : : : : : :: : : : :.i!: : : : :ヽ: : : :}
.      / / : : /: : : : i!.: ! : : |! : : : : :|: :!: : : : :|: : : : : .}: : : :i
      / イ : : : l: |: : : |: :j : : : : .: : : : :l: :ト、: : : :!: : : : : |: : : :|
      l/ | : : : |: l: : __L:ム、: :.!: : :.: :.ハ. j ヽ: :.|: : : : : |: : : :|
       │: : l|: :| :.ハ/  ヽ:ハ: : :/ ´ ̄` リ:.|: : : : : !: : : :|
       │: : |i  V. ,xテ云;   j:./ イテ云ト!:.l:.: : : :.i:: : : :.|   弟に投票されました
        ヽ: : |   ハ` Vf:::::i}   '"   Vf:::::i} }:i!: : : : :|: : : :.|   え?なにこれ?
         ヽ |: : !:il  ゝー'      `ー'' .}: : :i!: ./: : : : |
            l: : : :ム      '       /.: : :iレ': : : : : :|
.             |: : : : |ヘ、     -ー-     ィ': : : : |: : : : : : :i
.           |.: : : :l ">,、      イ!i: : : : :.|: : : : : : :|
             |: : : : !  .厶|>ー <{゛  i!: : : : :.|: : : : : : :|
           |: : : : | , '´/ノ      L、 _|.: : : : :.|: : : : : :ハ!
              !ハ.: :|'   | ___._    |. |: : .ハノ: : : : :/
.           _..-‐'´jノ   |´  _` ー<|. j/  `ー、: :/

園崎魅音の独り言
「さて、どうなるかねぇ
占い即抜きチャレンジかな」
の独り言
「 てすと」
古泉一姫の独り言
「ふむふむ……弟さんは狂人アピでしょうか?
関連無しの場所占い・理由同時貼り……
御本人の発言的には ない子さんの印象がよかったですけれど」
剣鉄也の独り言
「アブドゥルは絡んでくれたから村で良いや(キリッ」
真紅(妖狐)
「反応の仕方をミスった気がするのだわw
いきなり図星つかれたのだわw」
双葉(人狼)
「妥当なところがつれたね」
デニム(人狼)
「狩人っぽいのは軽く見てみたが、ちょっとあまり見つからん
しいて言うなら鉄也あたりか?が、はっきりとはいえないな」
やらない子(人狼)
「銃殺対応をする
方針をどうぞ」
園崎魅音の独り言
「ふむ」
南倍南(共有者)
「ま、無難だな」
デニム(人狼)
「占いがどれも胡散臭いな」
剣鉄也の独り言
「投票遅れゴメンな>GM」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            やる夫 は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
0 票投票先 1 票 → キョン子
キョン子1 票投票先 1 票 → やる夫
やらない子0 票投票先 1 票 → アブドゥル
アオミドロ0 票投票先 1 票 → やる夫
古泉一姫0 票投票先 1 票 → やる夫
双葉0 票投票先 1 票 → やる夫
南倍南0 票投票先 1 票 → やる夫
アブドゥル1 票投票先 1 票 → シリウス
シリウス3 票投票先 1 票 → できない夫
やる夫9 票投票先 1 票 → デニム
真紅0 票投票先 1 票 → やる夫
デニム1 票投票先 1 票 → やる夫
剣鉄也0 票投票先 1 票 → シリウス
シーマ・ガラハウ0 票投票先 1 票 → やる夫
できない夫1 票投票先 1 票 → シリウス
園崎魅音0 票投票先 1 票 → やる夫
            キョン子 は やる夫 に処刑投票しました
            剣鉄也 は シリウス に処刑投票しました
            できない夫 は シリウス に処刑投票しました
            弟 は キョン子 に処刑投票しました
            双葉 は やる夫 に処刑投票しました
            デニム は やる夫 に処刑投票しました
            古泉一姫 は やる夫 に処刑投票しました
            シリウス は できない夫 に処刑投票しました
            園崎魅音 は やる夫 に処刑投票しました
            真紅 は やる夫 に処刑投票しました
            アブドゥル は シリウス に処刑投票しました
            南倍南 は やる夫 に処刑投票しました
            やる夫 は デニム に処刑投票しました
            アオミドロ は やる夫 に処刑投票しました
            ゲームマスター:投票時間だお!
さっさと投票するがいいお!
            やらない子 は アブドゥル に処刑投票しました
            シーマ・ガラハウ は やる夫 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「まあほんとは対抗吊れればそれがいちばんいいんだけど…」
キョン子
「とまあいいたい事はこれだけか
やべ、雷鳴ってるなぁ…」
やる夫
「ああwジンクスかおw>狐真紅」
園崎魅音
「真紅は大人気だよ、うん
ほら、きっとそうに違いないさ>デニム」
真紅
「何言ってるのだわw>キョン子」
デニム
「僕もなんだか大人気でね。今にも銃に撃たれそうなんだ
姉さん見捨てたのがやっぱ悪かったのかな>真紅」
できない夫
「ま、この状況において霊能はほぼ真であると言っていい。
盲信は後々痛い目見たら嫌だからしたくねえが」
アオミドロ
「はい相方ありがとー 遅れてごめんねー
んじゃだるいけどさくさくグレランしようかー めんどくさいねー」
南倍南
「霊能軸でグレランでいいだろ」
シリウス
「アオミドロも共有確認

それじゃサクサクいこうか」
剣鉄也
「っとアオミドロが共有かちょっとハズカシイ事言ってしまったな
まさにプロの独り言だぜ(キリッ」
「グレランでおけ(テンプレ気味に)
グレー狼ひけなかったのはちょっと運がなかったな

のような発言投げたけど消えた~」
キョン子
「狐である真紅さんを投票で殺すわけないじゃないですか!」
シーマ・ガラハウ
「霊能噛みなら噛みでいいよ」
アブドゥル
「流石プロだな 私の考えについてこれるようだな
私もプロですから」
真紅
「大人気すぎていつも困ってるのだわ>デニム」
園崎魅音
「とか言ってたらFOかい
おじさん、久しぶりに変わった展開かとドキドキしてたのに
ま、FOで○被りも無駄占いも無しと
グレーは最大限狭いね。いい感じだよ」
南倍南
「相方確認
アオミドロであってるぜ」
やる夫
「グレランかお。」
デニム
「ん、ちょっとWOするな。まあ投票は余裕もってやっておこう
共有相方も出たらしい。まあFOで素直な形だね」
シリウス
「正直、占い信用勝負狙いが多いと思うんでね
初日に出ても噛まれるだけってケースが多いから占いは兎も角グレラン抜けてほしいって感じだな>古泉

それで噛まれも占われもしなければ最高って奴だ」
真紅
「あら、そっちもグレーから出るのね
グレー最も狭い形ね
グレランでさくっといきたいわね」
古泉一姫
「ま、深くは言いませんけどね……
ってあら、灰からですか。まあ3-1-2のFO、比較的普通の展開ですね
ってわけでグレランと行きましょうか」
双葉
「三者三葉
このたびAAが一つ増えました!」
剣鉄也
「3-1-1かこのグレーの狭さで共有が1人って事は
プロは察するぜ。」
シーマ・ガラハウ
「とりあえず明日は生きていたいなぁ
発言見ずに力出せずに噛まれるのいあだなぁ」
アブドゥル
「まいったな WOがおきる
みな グレランや指定と時は
やや早めの投票を心がけてくれ」
できない夫
「ま、片方潜る方針なら吊られず噛まれねえようにな
とか言ってたら出たか。3-1-2。通常進行だな」
やる夫
「霊能は疑う要素はないと思うお!」
双葉
「大人気ですね わかります」
「うぎゃあ、発言消えた」
デニム
「まあ、当然のようにグレラン展開だね
君そこまで人気あったのかい……?>真紅」
キョン子
「とまあ漫才してる間に情報は出そろったのでグレラン、と
特に何か言う要素ないな、おい」
園崎魅音
「いいんじゃないかい?片方COでもさ>できない夫
確かに中途半端だけどそこまで突っ込むところかねぇ?」
やらない子
「両潜伏かFOかな、希望は 中途半端はやーよ。>共有
既に出てきたのなら○の中にいてもFOお願い」
アオミドロ
「あー忘れるところだったー 共有CO相方南倍南であってるから確認して」
南倍南
「相方出て構わんぞ
霊能は盲信でいいだろ」
真紅
「グレーから共有が1人でたならばよいでしょう
グレランするしかないのだわ
人気投票と間違われたら死んでしまうのだわ・・・」
古泉一姫
「共有了解です。相方さんは潜伏ですか?
そうであれば、絶対吊られず・できるだけ占われずの動きをお願い致しますよ」
双葉
「とりあえず 真狂狼-真でみておけばいいね
それ以外はちょっと薄いかもだけどそれを考慮するのは展開を見てからでいいね」
できない夫
「片方COしたならFOしろ
そうでないなら両潜伏であるべき。
んでまぁ、ついでにいうなら初日はどうせグレランだよなぁ
それ以外にすることあんの?指定ゲー?冗談だろ」
デニム
「ふむ、3-1-1だね。まあ相方は好きにすればいいんじゃないかな
吊られ占われないなら出る出ないはどうでもいい」
アブドゥル
「ふむ 片方のみなのかね
あえて問うまい
そーゆう事なのだろうからな」
シリウス
「1CO把握>共有
それじゃグレラン大会決行だな」
剣鉄也
「実はおまえさん共有のプロだろ?プロは同族の臭いには敏感だぜ>南倍南」
園崎魅音
「と思ったら随分と遅い共有COと
ま、いいか
それじゃグレラングレラン」
キョン子
「実弟に信用されないってショックでしかないんだが…>やらない子」
古泉一姫
「霊能潜伏ってかなり意味薄いので素直に出ますよ
占われないように動くとかもできるタイプじゃないので私>シリウス」
園崎魅音
「ん、共有が出ないね
釣られない自信があるのかな」
やらない子
「>双葉
うん。なんのキャラだったか分からんかったから占い。
元ネタなんだっけ」
真紅
「じゃあ共有も出てきていいのではないかしら?
潜りたいなら任せるけどもね」
シーマ・ガラハウ
「ま、ま、狼さんは私を噛まないでおくれよ
明日には狐対じしてやるからさぁ、ね」
アオミドロ
「3-1、占いは一人少しだけ遅めと。
まーさっさと真偽がつけば楽だね。
めんどくさいめんどくさい」
アブドゥル
「真狂狼ー真の展開
早くFOしたまえよ」
双葉
「3-1かな
共有は一人は出たらいいと思うよ
今日はグレランだろうけど一応指示役として一人は出てくれないと困る」
できない夫
「そうか、弟は俺が兄さんがいいのか。
嬉しい告白ではあるがな、可愛らしいな、うむ。」
デニム
「あまり気にすることでもないと思うけどね……
弟からすると、姉の存在が重みになること、そういう時期もあるよ>キョン子」
南倍南
「3-1把握だ
共有CO」
剣鉄也
「占いは3みたいだな。定番人数で役かけ考慮ほぼ
しなくて良いからプロも安心だぜ霊能もでてきな
共有はグレー狭いからFO希望だ。吊ったら最悪
占われるのもプロとしては見過ごせないな」
キョン子
「やめろ、妄想でもそんなことするな>古泉
霊能なんだから噛まれて真証明よろしく」
「やらない子もシーマ・ガラハウも
占いたいなとちょっと思ってたところだった
占わずにすんで結果オーライ」
シリウス
「霊能も出たな
それじゃ共有も出てほしい
というか霊能は潜伏でもいいから共有出てほしかった」
やらない子
「>キョン子
弟に愛されなかったら死んじゃうウサギさんかしら。」
真紅
「おっと、3人出てきてるわね
で、霊能も出て3-1と
至って最後とは言え普通ね」
剣鉄也
「おーとシーマは出遅れたな、そしてこのプロを占うとは気に入ったぜ」
南倍南
「占い3だな
早さは特に気にするほどでもないか」
シーマ・ガラハウ
「楽な役職引いたと思ったんだけどねえ」
やる夫
「おはようだおー占い3の霊1かお?」
園崎魅音
「はいはい
3-1だねー
共有お任せだよー」
古泉一姫
「無難に真狂狼の構成でしょう。
共有も出てグレランをお勧めいたしますよ」
双葉
「おおう?
キャラ的に浮いてる私が占われるとは意外」
アブドゥル
「セオリー通りか あとは共有者だ」
アオミドロ
「占い3で一人遅め、霊能は出るならさっさと出てほしいね
めんどくさいし」
できない夫
「占い3COと。
シーマがやや遅れた形だな、霊能共有も出ていいぞ」
キョン子
「…隣にいる弟に占われなかった。死にたい。
お兄ちゃんじゃなくてわるかったな」
デニム
「っと、3人出てきたのか。シーマがちょっと遅れ気味だったけどまあ許容範囲かな
なら霊能と共有も出ていいだろう」
シリウス
「3COか
ある意味順当だな」
シーマ・ガラハウ
「やぁおくれちゃったねえ
これはやばい」
アブドゥル
「占い師は3人と聞いている
霊能者は1人でな たまに2-2になる」
真紅
「占いは2といったところかしらね?
霊能の数を見て判断したいところね」
園崎魅音
「少し遅れて占い3COと
んじゃ、○進行だし霊能共有お任せー」
古泉一姫
「3COのようですね、霊能COです」
やらない子
「対抗2
霊共はご自由に」
剣鉄也
「占い2COなら霊能頼む」
シーマ・ガラハウ
「戦闘のプロだって!?私にかなうのかい坊や
その力私に見せてみな!
決しておばさんといったから占ったわけじゃないよ!
アブドゥル
「くくく・・・・おはよう
占い師を志す若造どもよ

私が見ててやる
さぁ 結果を示せ!!」
デニム
「ん?占いは2COかい?」
古泉一姫
「おはようございます♪
占い師の方はCOを宜しくお願いしますね♪

無念……私は占い師に……なれませんでした……
嗚呼、キョン子さんとの【禁則事項】で【禁則事項】な【禁則事項】の一時が……」
南倍南
「朝だな
COはさっさと頼むぜ」
アオミドロ
「おはよう 僕寝てる 皆頑張れー」
シーマ・ガラハウ
「占いCO 剣鉄也○」
やらない子
「上下左右に占いたい人もいない、やる実は死んじゃうらしい
だったら適当に占いするよ
なんのキャラだったか唯一思い出せない双葉を占いするわよ」
キョン子
「おはよう 弟よ、歯をみがくぞ」
園崎魅音
「おはよー!さあCOしてほしいね!」
双葉
「朝だよ~ ご飯まだ?」
真紅
「おはようなのだわ」
シリウス
「おはよう、COを頼む」
できない夫
「おはようさん、適当にCOしてくれ。
何も期待しちゃいねえよ、潜伏もいらん。
3-1-2の綺麗にFOといこうか」
やらない子
「占いCO 双葉○」
「占い師CO できない夫○ おにーちゃんが欲しかったなあ」
デニム
「おはよう。じゃあ会議を進めるとしようか」
剣鉄也
「朝だな、占いはCOしな。この戦闘のプロが聞いてやるぜ
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            やる実GM は無残な姿で発見されました
            (やる実GM は狼の餌食になったようです)
            やらない子 たち人狼は やる実GM に狙いをつけました
            ゲームマスター:遺言について注意:AAは他鯖と違って「ほぼ消える」お。だから情報残したいならがっちり文にすることをオススメするお。あと、投票延長できるけど基本能力発動と投票は超過130までにお願いするお!遅くでも2分!
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子の独り言
「.              ,.. ´: : : : : : : : : : : `ー- 、
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : : : :ヾ ̄丶
        /: :/: : : : : : : : : : | : : ヽ : : : : |: : : : : : : : :i: : : : ヽ
       / /: :/: : : : : : : :iヽ: :i: : : : :iヽ: : : i: : : : : : : : :i: : : : : :!
       ! i/ /: : : : : : : : ii ', iヽ : : i ,ゝ-‐}- 、 : : : : l: : : : : : i
        i λ: : : : i i : iキ ',{ ヽ: i´   ヽiヽ: : : : : : :|: : : : : : i
.        ii i: : : : i |ヽ|-‐     ヾ  __  l: : : : : :/: : : : : : :l   遺言でAAが使えないのはきついな
        i ヽ : : ヾ ,.____    ,..-zァ ‐-.l : : : iヾ : : : : : : /
           ゝ : :'., ic ;爿`    ゙ー亠 l: : : :iノ: : : : : : /
            i: : :',  ̄           .i: : :/: : : : : : : /
.            i : : : ',   `      u /: :/: : : : : : : :i
            i : : i i ゝ.    ‐-   ,. ´/: :/ i: : : : : : : :i
            i: : :/ii   `゙ ー‐ ´  i: :/ ゙̄. .: : : : : :i
.             i :/  !  // i    i / ´  丶: : : : :i
.            i/  ,. -´/    / {{      ヽ: : : i
            | , l |   ,´-―- /          `ー,:ヽ
            /l i l  l-一 、/         // /: :ヽ
シリウスの独り言
「まぁ、村人なんで普通にプレイするけど
昼変態にはならないけど」
双葉(人狼)
「OK 囲ってね
ただし囲うおうがグレーだろうが4・5日目くらいには吊られるタイプなので信用勝負はきついかもです
ようするに怪しい動きらしい」
シーマ・ガラハウの独り言
「楽しんで勝とうね みんな」
古泉一姫の独り言
「キョン子さんが今何を考えて何をしてるのかと思うと……


嗚呼……たまりませんね……」
アオミドロ(共有者)
「ういうい把握、んじゃ頑張ってねー 僕寝てる」
アブドゥルの独り言
「            _,....,__
         ,.ヘ'´:l:::::l::::::i::/¨>、
         入:::V:l-:ト-:K:::/:::/
         >''ニ=‐,、ニ`ーム/_7
        }彡イ''"i^`>ミ、\ )
        フ/ =ミ.! f´,z=、ヽミ{
        コ.i ノ └-'´ヽ  ilノ 1000回目は30人鍋狙ってるのさー
        ハl lノ /ニニこ! フ .!l'ハ
        Vl l l:;.-r‐ 、:l レ ハ i
      /⌒l/i ト!_  ,リ イ lイ、
       i  lヽi.ヽ、二フ//,レi  i
     ,. ー-',l. ハ `ー-.' /イ >-<
.     i  ハ ト、 ヽ ..._// /  .ハ
  ,. ィ´ヽ.__ノヽ、.\   _,.ィ.l   人__
 ̄--─、 i  `ヽ‐-、`¨´  ノ>'⌒ヽi/ ̄/
¨゙ヽ \  人.__ソ‐-、  イ __i   ノ  /
  .ハ ',    i   l-─f´ `ヽ‐'  /」
園崎魅音の独り言
「それなら仕方ないねー」
やらない子(人狼)
「あと噛みは130までには行う
それまで準備お願いね」
できない夫の独り言

    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |       暇だ、GMなんかしてくれないか?
  |     __´___ノ       出来れば面白いことがいい
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \」
デニム(人狼)
「ん、真紅そっちで対応か。じゃあ鉄也と南は対応する」
シリウスの独り言
「弟、双葉、アオミドロ辺りかな
え、女の子が混じってる?気のせいだよ、脳内で変換すれば男の娘に変換できるさ」
キョン子の独り言

                             ,...--..、
                           /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ,...-:.:.':.: ̄:.:`.:.':.:-:.:.、.:_:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
                ,...:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.ヘ
             /:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:ヘ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヘ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.l
          ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.l:.:.ハ:l',:.:.:.:.:.:.:.:.l ヽ:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:ハ:',
          ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'l:.l'  l:lヘ:.:.:.:.:.:.:.l  ヽ\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:l;.',
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:/  l, ヽ:.:.:.:.:.:l   'l ヽ:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l::l
         /:.:.:.:.:.:.`' -、_l;'   l ヘ:.:.:.:.:l  __;l,,, -、‐'l´:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:!
        /:.:.:.:.:.:.:.:l.::;'   ̄    l ヽ:.:.:.l    l  ヘ:.:ヘ:.:.:l:.:.:.:.:.:l:.:l
        ハ:.:.:.:.:.:.:ハ:l,ニニ===,_    ヘ:.:.l._____. ト:.:.l:.:.l:.:.:.:.:,':.:.l
        / l:.:.:.:.:.:.l:.:.イ ´ノ:::::::l     ヽl'7'''テ:::::Tミ;l:';.ハ.:.l:.:.:./:.:.:.:l   平平凡凡だが、村の基軸でもある。悪い気はせんな
         ';.:.:.:.:.l:.:.:.l l::::::::::::l       l::::::::::::::::l /l:.:ハ:,':.:./:.:.:.:.:l   あと弟も村陣営でありますように
          ヽ:.:.:ハ:.:.l ゝ;::::::ノ       ヘ:::::::::::/  l:./:.:l/:/::.:.:.:.:.:.l
           ヽ:l:.l:.:.l.   ̄         `¨¨´ u.l:/:.:.:V;.:.:.:.:.:.:.:.:l    古泉?あいつはある意味狼だ
            ',i .j:.:l、    ,            l':.:.:.:/ l..:.:.:.:.:.:.:.:l
              ';.:.:ト、    r - 、      _,.<:.:./.│:.:.:.:.:.:.:.:.l
              ';.ヘ. >-、_ ゙   `' _,, /  ,ノ∨.  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 ヽ',.i   `'' -ニエ,>'  ./   ヘ   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
               / '-,、_         .llヽ   \l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
               /   i `         l:::ハ    \:.:.:.:.:.:.l
            /     /ヽ、        l/::::ヘ     \:.:./
          /        .ヽ,        /:::::::::::ヘ     ,/\
        /',ヘ        ヽ、   _,...<:::::::::::::::ノ:::ヘ  .// ハヽ
         }:ヘ\' ,      l イ-::'::´::::::::::::::::::::::/:::::::::ソ///:::::::lソ
         l:::::\ \     l \::::_::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::∨ /:::::::::::::l
        /::::::::::\ \     l  ヽ:::::::‐-::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::ヘ
古泉一姫の独り言
「システムメッセージが2重になるようですね?
そんなバグありましたっけ?」
デニム(人狼)
「僕は初日は必要ないと思う。双葉の方はどうかな?」
双葉(人狼)
「あ 真紅銃殺次だけ占いに出ますね
それ以外は潜伏します」
やる夫の独り言
「かっこつけんなおーw!>やる実」
            シーマ・ガラハウ は 剣鉄也 を占います
            ゲームマスター:今回のGMは謎の美少女GMやる実がお送りするお。あ、シスメ二重表示はどうも
鯖の影響みたいだからきにすんなお。ゆえにやる実もあんましゃべらんお。
やらない子(人狼)
「おまかせなら双葉囲うよ」
アブドゥルの独り言
「       n「i「「hnゥ
       /ヘ(Z_n久     ヽ   i
     _,.rl(Tトtrァハl〉    `¨ヽ ¨す¨ ヽ
  ,r=''"¨7(x).{  ̄lL!      ノ  L ..ノ
 /'" /T/l (o).、 'ヲ´     いよいよ開始のようだな
  / \\ (x)-¨\       私もこの村が999回目 なのだよ
 / /  \\\ヽソ、
 i ./     \丶`__i、iニfト、
  .i       ,.フ'´  `ヽY
  l      /      l.l
  . l     i       ノl」
の独り言
「占い師CO やる実GM○
占い師CO 弟○
占い師CO キョン子○
占い師CO やらない子○
占い師CO アオミドロ○

占い師CO 古泉一姫○
占い師CO 双葉○
占い師CO 南倍南○
占い師CO アブドゥル○
占い師CO シリウス○

占い師CO やる夫○
占い師CO 真紅○
占い師CO デニム○
占い師CO 剣鉄也○
占い師CO シーマ・ガラハウ○
占い師CO できない夫○

占い師CO 園崎魅音○」
デニム(人狼)
「とりあえず両隣の対応だけは作っておく」
南倍南(共有者)
「2-2なら霊能ローラー
吊り先が決まってて○もらわなければFOでいいな?」
やらない子(人狼)
「囲いの有無とかは」
園崎魅音の独り言
「シスメが二重表示だぁー!?」
デニム(人狼)
「わかった。頼もう>やらない子」
双葉(人狼)
「お任せで」
剣鉄也の独り言
「こんばんは>GM」
アオミドロ(共有者)
「2-2はローラーでいいよ、霊能いない方が僕好きだから
それでFOで把握」
やらない子(人狼)
「グダるのもあれだから私が騙る」
真紅(妖狐)
「これは銃殺されてしまうのだわ・・・」
デニム(人狼)
「双葉は大丈夫かい?」
双葉(人狼)
「おk」
シリウスの独り言
「ちなみに狼に当たっていたら占いCOでアブドゥル特攻やショタ喰いだヒャッハーしようと思ってたCO」
真紅(妖狐)
「弟者鯖最後だからPHPが気を利かせたの?w」
デニム(人狼)
「まあ、潜伏は初日2日目は抜けれると思う
騙りもしていい」
やらない子(人狼)
「双葉大丈夫?」
南倍南(共有者)
「基本FOでいいか?
2-2ならローラーが好みだが」
アブドゥルの独り言
「   ̄二三、\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ、     /  こいつは
  二二二ニ_丶\.二二二 ̄ ̄ ̄¨ヽ}   ,'  二ニ / ニニ, レ l/^}. -|‐、ヾ
 _:::::<,_ ̄ l  }  ̄`丶二ニニ、‐  ̄>   i   ─- ´│   _ノ (_   ,ノ / 、ノ
  モtット、:::i { i ハ__/  \¨ ̄__ ̄  〉  |   二ニ / ニニ, l -‐
 ー`ニ´__ソヽソノ,.ィ::ニ::ニ二二::ヽl:::: ̄了  .|   ─- ´│   _ノ レ 、__
    ノオ /'¨`Yく. く 弋ヒ夕'ヽ;j:::::/¨}  │   -l‐ 、 ,Z、 -l‐ 、  /
   ,l「 { i   l  ト、  ̄`二´ l::/ ノ|│   .!   / r_ト  rノ / r_ト ・
   〃 } l   / .j 》    ノ  レ,イ | l |   \
  /  i ノ´¨゙i イ  \ /  ./__ノ lノ/      ̄ ̄フ-─-------------
 /   \_ ノ.-┘   リ   /{_//
     ヽ:::::::/    》  /L,. <^ヽ
  ─-ミヽ--- 、     〈 / //〉 ヽ \
  、   `===-ミ>    V i L、{:::|   /\  .
   `>‐--   -‐'    '/  { l ヽV! /  /|
            /   ヽ`二イ /   ノ\_
            ./   / ̄ ヽ./  / /  ̄」
            ゲームマスター:こほん。さて、皆様ようこそ流石弟最後(多分)の17人村へだお。
キョン子の独り言

.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   ..... ヽ:´:.:.:.:.:ヽ
.     ,,/:.:.:.:.:.:....::.::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l:.:.:.:.:.:.:l
.    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..-/‐. ヽ:.:.:.:.:.i,:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.i. !:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/   ヽ:.:.:.:.l.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.
    l:.:.:.:.:.:.:.:.!i:.:i .l:.:.:.:.:.:.:.i斗',テ==弋:.:.i l:.:.:.::l:.:.,:.:,、:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.
    l:.:.:.:.:.:.:.:!斗ェミヘ:l、:.:.:i. i:クイO:::::l::lヽ:イ.l:.:.:.:.l:.:.i´ ヽ:.:.:l:.:!:.:.:.
    l:.:.:.:.:.:.:イ!。::i::i,゙ヽヽ:.:i '  i::!:::::''N ヽ l:.:.:.::l:.:.i/ヽ. !:.:/:.:.!:.:.:   村人か…
    l:.:.:.:.:.:.:.l.弋:::ト'   ヽi   弋_::::;;リ   l:.:.:.:.l:.:i'  ' .!:/:.:.:.'!:.:.:
.    !:.:.:.:.:.:.i  .少'             l:.:.:.:.:.:.i,、 _ //:.:.:.:.:l:.:.:
.    i:!.:.:.:.:.:.!     、           l:.:.:.:.:.:.iノ,ノ;イ:.:.:.:.:.:.:.:.
     i.!:.:.:.:.:.:!                .l:.:.:.:.:.:/:´:/ .l:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ヽ:.:.:.:.ヽ               l:.:.:.:.:.//  l:.:.:.:.:.:.:..:.:
.      ヽ:.:.:.:.ト,     '´ ̄`       .i:.:.:.:.:/   .i:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      ヽ:.:.:.:iヽ、           , イ:.:.:.:イ    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       ヽ:.:.:!  ヽ、       ,...::'´  i:.:.:./.l    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.        ヽ:、!   ヽ   ,....::'´::::   l:,:/ l    l:.:.:.イ:.:.:.:.:.:
         ヽヽ    `゙_´_'i::::::::    i'i/  l    l:.:.:/l:.:.:.:.:.:.
          ヽ   ,ノ 、 ./::         .!´\ l:.:/ l:.:.:.:.:..:!
           ,〟 '´.  ヽ'          ヽl  \:/ l:.:.:.:.:.:!
     ,_,, r ' ´      .ヽ           i    `く;_:.:.:.:i
   /:´::i, ヽ: :ヽ        ヽ         .i     /:::,勹ト
園崎魅音の独り言
「なんか、二重に表示されてるね?
GMはどうだい?」
アオミドロ(共有者)
「共有か、めんどくさいな
とりあえず全部頼んだ よろしく、吊り先が決まるような破綻とか●出しとか無い限りFO?」
やらない子(人狼)
「索は特に無し。」
剣鉄也の独り言
「最後は素村で飾るぜダッダーン」
やる夫の独り言
「おー。村人かおー…無難なところだおね。」
シーマ・ガラハウの独り言
「さぁ!楽しんでいこうか!」
古泉一姫の独り言
「霊能者、ですか……
何と言いますか。グレラン死がないだけでも緊張感下がりますね」
の独り言
「あたまがぱっぱらぱー」
アブドゥルの独り言
「む・・・狩人か
占い師を希望したかったが」
真紅(妖狐)
「えーw」
園崎魅音の独り言
「            村人7 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者0) (権力者0)
            ゲーム開始時間:2010年7月25日18時33分
            村人7 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者0) (権力者0)
            ゲーム開始時間:2010年7月25日18時33分 」
やらない子(人狼)
「んで、誰が語りましょうか

私 騙り おk
グレラン ある程度は。」
できない夫の独り言

           / ̄ ̄\
          /  「   へ\
          |  ( ー)(●) |
.          |      |    |        Smoke on the water ~♪
          |    ___´__   |
.          |    `ー'´  }        っておい、素村かよ
.          ヽ       }
           _ ゝ     ノ
         /        `ヽ
        /  /  ̄\      \
      /   /    `ー‐´ ̄`>ヽ
      |ゝ、  \∩ノ^)ミ:::::::::(´__\__________,ヘ,,t,,t、
      | []\_,,__ノ ミ三三三三三三ゞヽゝ三三三三三三三≒≒≒|〕
      |    廾  廾 ::::::::::::::(´ ̄ ̄ ̄\___ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ソ''r''r''
       ', ゚。゚。゚    ,─、___,>
        \___/」
シリウスの独り言
「さて、それじゃよろしくお願いするよGM」
デニム(人狼)
「騙りたい、やりたい策があるなら早めに」
園崎魅音の独り言
「あん?」
シーマ・ガラハウの独り言
「んー?なんかシスメが二重になっちまうねー」
園崎魅音の独り言
「ん、素村だねー」
南倍南(共有者)
「ふむ、よろしく頼むぜ」
の独り言
「ちょまwww」
デニム(人狼)
「狼か……よろしく」
            村人7 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者0) (権力者0)
            ゲーム開始時間:2010年7月25日18時33分
園崎魅音
「なるほどねー
シーマは夜食か……」
「よし!これで家族だけでサッカーも野球もできる!」
「家族計画あと1人つくろう」
できない夫
「>デニム
            / ̄ ̄\
          / 「  へ \
          |  (t:ク)(t:ク) |
.          |    |    |
           |   __´___  |
.   r─一'´ ̄`<ヽ  `ー'´   }
    `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
      ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ)
.   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
   (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
     / // / /         . . \_\_)、_)
     ー' {_/ノ              ."´」
シーマ・ガラハウ
「ああ、むずかしいねえ」
「家族計画あと2人つくろう」
シーマ・ガラハウ
「くそ!私に降ってくるかい!

WOとときまして私の食生活ととく

その心は?

どちらも夜が一番重い」
やる夫
「できない夫とやらない夫を一緒にするなおw>剣」
「家族計画あと3人つくろう」
「家族計画あと4人つくろう」
シリウス
「ホワイトアウトとききまして、ブラックアウトとときます
その心は?

最近のプリキュア。最近のプリキュア(白黒じゃなくなったそうで)」
「んじゃかうんと
家族計画あと5人つくろう」
デニム
「……僕はこういうとき何を言えばいいんだ>できない夫」
剣鉄也
「やらない夫とできれない夫見間違えたぜダッダダーン」
アブドゥル
「よし カウントしたまえ」
やる実GM
「WOに関してはGM側で延長かけれる場合は延長かけるお。
無理ば場合は…まぁそれも弟鯖とあきらめるおー>ALL」
「ふたばー、とうひょう、とうひょう」
園崎魅音
「ま、妹者鯖が動くようになったら少しはマシになるんじゃないかな」
できない夫

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( t:ク)( t:ク)  |
       |  |        |
       l___`___    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
双葉
「あ 時間か」
やる夫
「了解だおー>ホワイトアウト」
デニム
「しかし、できない夫に全力でこっち見んなというべきか否か」
剣鉄也
「やるやらコンビも来たか、こいつは燃え上がるぜ」
園崎魅音
「ごめん、かけましてだ」
南倍南
「仮で入らなきゃならねえローゼン村なんかはこっちじゃねえとできねえしな
まあそのローゼン村もずいぶん前おわっちまったが」
園崎魅音
「WOとときまして?>シーマ」
「投票まだ:ふたば、やるお、弟(あんか)」
アブドゥル
「やる夫 双葉 園崎は投票だ」
園崎魅音
「うーし
おじさんも準備完了だよー」
シーマ・ガラハウ
「やる夫 「wo?」

これに対してオオギリを始めるのが上級村人」
園崎魅音
「プロフィールを変更しました」
「うい、アンカーやるよー」
古泉一姫
「重さとWOさえなければ
アイコン変えられたりで便利なんですけれどね」
「アンカーいらない気がしてきたんだけど投票しちゃっていいのかな?
それともアンカーする?」
園崎魅音
「かりーにんは園崎魅音に名前を変更しました」
やる実GM
「投票こちらからはわからんお。
なので弟アンカたのむお。
投票開始!以下離席は控えてほしいお!」
園崎魅音
「アイコンを変更しました」
やらない子
「ホワイトアウト。>やる夫」
シリウス
「ホワイトアウト
織田雄二主演の映画だね」
デニム
「ホワイトアウト。要するに鯖落ち>やる夫」
やる夫
「wo?」
「人数調整用弟は弟に名前を変更しました」
デニム
「どうしても重さとWOが怖かったからね、弟鯖は」
やる実GM
「17人!以下の入村はキック対象!
基本なにがかわるってーわけじゃないお!
アイコン変更でき次第開始するお!」
できない夫

      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
    .|    |   |
     |   __´___  ノ
     |   `ー'´  }
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |」
キョン子
「弟よ…変な名前になるのはよせ…
というか壮絶な譲り合いになるのは耐えれん」
やらない子
「んじゃ投票ね。」
シーマ・ガラハウ
「いいこと言うねぇやる実
後でジュースをおごってやろう」
できない夫
「プロフィールを変更しました」
剣鉄也
「弟鯖はwoが怖いから最近は敬遠気味だったからなぁ
最後だから楽しむぜ」
できない夫
「かりりはできない夫に名前を変更しました」
デニム
「まあ、こっちであんまりやってなくても普通村なんだ
遠慮することはない。最近稼動が少なかったしね」
シリウス
「まぁ、感傷的過ぎるのは僕の悪いくせでね
良い年した大人なのに今田に『K』を聴く度泪が流れてさ」
できない夫
「アイコンを変更しました」
「標準人数にはなったね~」
やる実GM
「てーか!弟鯖も翠も同じ「やる夫村」だお!
遠慮もヘチマもいらねーお!だからこの面子でやるんだお!」
アブドゥル
「この鯖初COなぞしても誰もわからん
私がCOしても構わないと言うことにもなる」
シーマ・ガラハウ
「いや、お前の上の男死んでるような気がするんだが
気のせいだよね。うん」
キョン子
「ズサ狙いよりはよっぽど健康的だろう>シリウス」
やる夫
「美少女っておまえが言うなおw>やる実」
やる実GM
「えっと、あんまりきにしないでほしいお。
記念村でもなんでもないからお。」
南倍南
「実は俺も弟者の方にはあまり来てないんだよな・・・」
真紅
「私もここでそんなにやったことないし、気にしなくていいのではないかしら?」
やる夫
「まあ、全然気にしないでいくお!楽しんだもん勝ちだお!」
シリウス
「成程、そういう考え方もあるのか>キョン子」
シーマ・ガラハウ
「なんだいみんな一斉に初心者騙りかい
別に初めてこの鯖でやってもいいだろう」
園崎魅音
「セーフ」
デニム
「うん、これにしよう」
剣鉄也
「あぁ俺様はどんな戦場も倉庫に篭りきり乗り越えたぜ>シーマ」
            かりーにん さんが村の集会場にやってきました
キョン子
「記念村じゃあないさ>シリウス
あくまで通過点の一部dqからな」
デニム
「プロフィールを変更しました」
「弟は人数調整用弟に名前を変更しました」
やる実GM
「@1!@1だお!
美少女やる実と戯れたい愚民はさっさと入村するお!」
双葉
「 「◆やる夫 「あれー。あんまりここでやったことないやる夫は遠慮したほうがよかったかお?」
……ボクもだなあ」
うん? 私のことかな?」
シリウス
「そんな事はないだろ>やる夫
僕は感傷的な人間なんだ、ジャイロ ツッペリぐらい」
シーマ・ガラハウ
「おば。。。。少しは口に気をつけ方がいいよぼっちゃん
あんたも多少は死線を乗り越えてきたようだけどねぇ・・・

乗り越え・・・あれ?」
デニム
「かりかりはデニムに名前を変更しました」
真紅
「GMがぼいんですって・・・?どうやら私の敵のようね。」
「◆やる夫 「あれー。あんまりここでやったことないやる夫は遠慮したほうがよかったかお?」
……ボクもだなあ」
デニム
「アイコンを変更しました」
シリウス
「シーマ様は美熟女(キリッ」
やる夫
「あれー。あんまりここでやったことないやる夫は遠慮したほうがよかったかお?」
剣鉄也
「プロは知ってるぜ。そういう事思うと逆に引くって事を>弟君」
            かりり さんが村の集会場にやってきました
双葉
「おなかすいたなあ」
アブドゥル
「プロとそのおっかけのおばさんか」
「あれ、ゲームマスターがぼいんになった」
シリウス
「いや、記念村なんでね
僕よりかは思い入れのある人間に遊んでほしいと思ったんだよ>キョン子」
やる実GM
「よし、なんとか人数的に格好はつきそうだおね。
よかったおー。」
シーマ・ガラハウ
「おばさんとはひどいじゃないかぁ
狼になったらいち早く噛んであげるよぉ」
「ひきたくない役職が若干あるなあ……
回ってきませんように
なむなむ」
やる夫
「プロフィールを変更しました」
シーマ・ガラハウ
「よろしくだよぉ」
やる夫
「プロフィールを変更しました」
やる実GM
「残り3人!残り3人だお。!コーション!コーション!
17人超えても入村できるけど18人目以降は「キック」するお!
これはやる実が美少女すぎるからしちゃったお茶目だお!」
剣鉄也
「なんか怖そうなおばさんが来てプロ怖い
でも歓迎するぜ」
キョン子
「遠征がダメなんて理由はないさ。ゆっくり楽しんでいってね>シリウス
もっとも、そういうメタは鳴るヴぇくいわないに限るが」
シリウス
「ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

仕方ない。お前のマジシャンズ レッド。思った以上にパワーがあるので接近戦はしたくなかったが
今ここで始末する!先に始末すべきは承太郎ではなくお前の方だった!!」
            シーマ・ガラハウ さんが村の集会場にやってきました
剣鉄也
「こちら鉄也だよろしく頼むぜ」
「呪殺出した占い師と狂人が両方とも食われて
霊能アブドゥルの対抗……という展開だった可能性も一応あり」
アブドゥル
「プロフィールを変更しました」
やる実GM
「ってーことでアイコン変更するお。」
            剣鉄也 さんが村の集会場にやってきました
やる実GM
「身代わり君はやる実GMに名前を変更しました」
デニム
「よろー。んじゃアイコン探してくる」
            かりかり さんが村の集会場にやってきました
やる実GM
「アイコンを変更しました」
アブドゥル
「職業占い師の私に変装は通じない!」
シリウス
「まぁ、そういう訳で支援で入ったけど18人目来たら僕の方を蹴るといいよ」
シリウス
「くそ、なんで解った!?モハメド アヴドゥル 貴様占い師だな」
真紅
「だわだわ・・・よろしくなのだわ。」
            真紅 さんが村の集会場にやってきました
シリウス
「遠征民なんでね、最後はホームの人間が入るべきかと思っていたんだけど」
アブドゥル
「私の→は狼だ 間違いない!」
            やる夫 さんが村の集会場にやってきました
            シリウス さんが村の集会場にやってきました
やらない子
「狐をマジシャンズレッドで燃やすんですねわかります>アブドゥル」
やる実GM
「@8人で〆切ます。
希望者様子見の前に入村して!お願い!ズサしたらキックの可能性あるよ!」
アブドゥル
「私に占いをよこしなさい
無双してあげよう」
やらない子
「システムメッセージが二重になったら一人はいるごとに二人入ったの?って一瞬思ってしまうわね。」
キョン子
「深く考えると泥沼なんだ シンプルに考えればいいんじゃないかな>かりない夫」
アブドゥル
「かりない夫はアブドゥルに名前を変更しました」
アブドゥル
「アイコンを変更しました」
双葉
「プロフィールを変更しました」
双葉

         ,r:=::=:::::-....、
      ,r::'::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      .フ::::::::::::;::::::::、:::::::::::::':,
     ./:::::i:\:::ヘ::ヘ:::\:::::;::::',
     /|::::|:|::l、!\i\ゞ=;ゞ::|、::|
      ヾ:';:::!     仍:il:::lノ::|
   r=、、 ヾ:ゝ⌒  _`¨´|::i:::::i        いつまでもAAが一つしかないと思ったら
   /ゝソr' .ノ:';:>:、ゝ ノ,r.:'i:ノ、::ゝ
  rト三彡、 ̄ニr'"::::i==ヲ::ヽ、`        君は間違っているぞ
  ヘ    ト'´ ゞ、:::i、::/:::/\
   ∨     /  |::¨:|´ i  \
    ゝ=--='/   ,':::: |   !、   〉
       /   /:::::: |  |´  ./
        /   /::::::::::|  | /
       〉、_  \;;/   !´
      ./::::/`ーr=--r==-ト、
      `ヾ、:::::: |:::::::::|::::::::ヾ::>
       | `ヾ;|_:_:_:_:_:;;ムイ´
       |    |  |   .|
       |    !  |    !
       |   .|  .|   !
       ト---|  .ト---.|
       |   .|   !    |
       .!   |   |    l
       .ト===i   ト====!
        ゞ=イ   ゞ==イ
アブドゥル
「んんー流石弟最後の普通 なににするかねー」
双葉
「カリーリンは双葉に名前を変更しました」
双葉
「アイコンを変更しました」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
            やる夫 さんは席をあけわたし、村から去りました
            南倍南 は やる夫 にKICK投票しました
            やらない子 は やる夫 にKICK投票しました
「あれ、そうなのか。すまなかった」
            かりない夫 さんが村の集会場にやってきました
キョン子
「ふっとべ!>やる夫」
やる実GM
「GMキックできないよ?」
            弟 は やる夫 にKICK投票しました
            古泉一姫 は やる夫 にKICK投票しました
            キョン子 は やる夫 にKICK投票しました
やる実GM
「やる夫君にキックおねがいしますね。
ここは自殺がないので。」
南倍南
「よろしく頼むぜ」
「身代わり君なら一発キックができたような……」
やる夫
「身代わり君~蹴って下さいおー」
            南倍南 さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「これ自分にキックできないんだっけっかお?」
やる夫
「ごめんんあさいだお!ちょっと用事ができてしまったので抜けさせてもらいますお!すいませんだお!」
キョン子
「了解、と」
やる実GM
「お知らせ。
30人となってますが17で切り上げます。
18人目以降はキック対象とさせていただきます。申し訳ない。
…つまり、入村抑制しても仕方ないですよー。」
            ゲームマスター:ん、なら17の時点で切り上げます。
これは申し訳ないけど、廃村はしないので。
やる夫
「ただいまだおー。その間に来た人達はよろしくだおー」
キョン子
「やめろ近づくな顔がちかい>古泉」
キョン子
「そういやGM、30人村になってるがそれでいいのか?」
古泉一姫
「ああ……キョン子さん、今日も素敵ですね……
私が占い師になった暁には【禁則事項】とか【禁則事項】とかして
しっとりねっとり調べ上げてあげますね♪」
            カリーリン さんが村の集会場にやってきました
キョン子
「げ、古泉」
やらない子
「かかりかりはやらない子に名前を変更しました」
キョン子
「プロフィールを変更しました」
やらない子
「アイコンを変更しました」
古泉一姫
「ふふ、宜しくお願いしますね♪」
古泉一姫
「プロフィールを変更しました」
やる実GM
「えー、この後の弟最終ゲームはおそらく大人数鍋になります。
流石弟での最後の普通村を楽しみたい方は是非ご参加を。」
古泉一姫
「正体不明は古泉一姫に名前を変更しました」
古泉一姫
「アイコンを変更しました」
キョン子
「弟よ、なぜこんな村にいるのだ。早く帰るぞ」
アオミドロ
「アイコン変更完了。
働かない、よろしく」
アオミドロ
「プロフィールを変更しました」
アオミドロ
「かりみどろはアオミドロに名前を変更しました」
アオミドロ
「アイコンを変更しました」
「あー!ねーちゃん……」
            正体不明 さんが村の集会場にやってきました
キョン子
「というわけでよろしく頼むぞ」
キョン子
「かりにはキョン子に名前を変更しました」
キョン子
「アイコンを変更しました」
「ダブルで食べられたりダブルで溶けたりするのだろうか
かっちょええ」
アオミドロ
「アイコン探してきます」
やる実GM
「はいいらっしゃい。
シスメについてはきにしないでね。」
            かりみどろ さんが村の集会場にやってきました
やらない子
「こんにちは。」
            かかりかり さんが村の集会場にやってきました
「鯖が熱で不調になってたりしてないか?」
やる夫
「よろしくだおー。ちょい離籍するお~」
キョン子
「システムメッセージがなんかおかしいかな?こんにちわ」
「……ってなんかメッセージがダブルになってるんだが」
            かりに さんが村の集会場にやってきました
            やる夫 さんが村の集会場にやってきました
「やっほー」
            弟 さんが村の集会場にやってきました
            ゲームマスター:入村は適当にどうぞ。
やる実GM
「17人5:3普通村。
1830開始予定。アイコン、CN、プロフは入村してからでも
変更できます。」
やる実GM
「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます 」