←戻る
【番外】やる夫達のシークレットゲーム村 ~CN指定なし 第2部は8月14日を予定してます。~[720番地]
のヮの ののワさん
 (dummy_boy)
[占い師]
[GM]

(死亡)
弔毘八仙、無情に服す。 ――さぁ、殺し合おうか 七夜志貴
 (灰人◆GBxcsWGkcg)
[村人]
(生存中)
すけーぷごーとむら? チルノ
 (りれい◆Z3FXWxWjas)
[村人]
(死亡)
(o・ェ・o)ノサトコデシテヨ (o・ェ・o)ノユウハンハヨウイシテナイデシテヨ 北条沙都子
 (イーライ◆ZeKqziOQso)
[村人]
(死亡)
分の悪い賭けは嫌いじゃない キョウスケ
 (はきの)
[村人]
(死亡)
坊ちゃまのため…婦長様のために! ファビオラ
 (いぬふく◆YixbbUXD7E)
[狂信者]
(死亡)
サム隊長は俺を応援してくれるはず Zプラスサム
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[霊能者]
(死亡)
  長門有希
 (ヨット)
[人狼]
(生存中)
幼 あちゃくら
 (まるるん。◆piyo2xng9M)
[共有者]
(死亡)
ボク以外のみんなが死ねばいいんだろ? 蒼星石
 (YDL◆XbcGTBXCTs)
[狩人]
(死亡)
ルームサービスを頼んだ覚えはないぜ コブラ
 (深緑◆clRN6IXacg)
[人狼]
(生存中)
何について調べますか? イルカ
 (KRO◆ksrAnkingc)
[妖狐]
(死亡)
マンドクセ・・・ ドクオ
 (◆h/OSAKA/gc)
[共有者]
(生存中)
焼き焦がし尽す者 シリウス
 (十六時野緋色)
[村人]
(死亡)
七夜志貴
「狐の時に吊りのがれには使ったけどな>あちゃくら

結局そんときは狼全吊りで終わったが」
七夜志貴
「それじゃ、俺も消えるとするか
本日はご来場いただき誠にありがとうございました。
これにて閉幕 役者は去ろう・・・」
あちゃくら
「蒼星石さんの指摘は、「6人からLWCO指定つり=狐残りなら共有負けるだろ?」というもの。
だから、それを考えて指定外さなかったのは、自分の推理を信じて狼と思って指定したとしたら、堅実な勝利を目指してないじゃないかという指摘なのよ。

ただ、この村だと狐はおろか、全員が吊られ逃れにLWCOする可能性あるという部分は抜けてるかしら。
短時間で判断するには難しい話だけど、LWCOをLWCOと信じるかどうかもまた別で、LWじゃなく2W残りだったら吊らないと負けだし。
なので、「LWCOされたのに指定変えないのは自ら負けを選んだに等しい」というのは、ちょっと同意しかねるかしら。
ただ、狩人COは自分の勝ちがないからできないというのは納得。
⑤は条件が他の誰よりも厳しすぎるのよね……」
イルカ
「まだ村が立つのか?許せる!
それじゃあお疲れ様

ノシ」
ドクオ
「('A`)y-~それじゃ俺も落ちるか・・・お疲れ様だ・・・・練炭カッテコヨ・・・・」
長門有希
「あちゃくらは掛け合いに乗ってくれたありがとう
お疲れ様」
ドクオ
「>七夜さん
俺が『捨てる』っていう単語に過剰反応しすぎなだけだ、問題ねぇ
手放す、とか失う、って意味ならその通りだかしな」
七夜志貴
「予定調和 つくづく愉快だな>あちゃくら」
ドクオ
「('A`)y-~蒼星石は別にLWじゃなくてもいいんだよ、
とりあえず1/4で狩人以外を指定するのが第一ハードル、そのハードルにいきなり蹴躓いたってことだ」
あちゃくら

                  ,.-‐_'''",ニ、ー,.-、,...、
                 / / ` ´      .、 ヽ
                 /  / ,. /  l ∧∧, ハ  ハ
              /   |  |. |  | |  .| | | |  |
              }--ー|  斗ヒ'T.l  テニト' / リ
              ト、.__ ト、__|`` ̄    `/r-'" _
        ,..-ィヽ、  |`ヽ、,|  |.====  .===| | / /l_,.-.、___
 __,..-‐'"   |  `゙7  λ|  |        | |'"¬'"´       ̄`゙'¬,ォ
ト、._       〈    |  | ゙|  |   弋'ッ  .ノ |            / |
ヘ   `゙''-.、_.,ィ'ー-゙、   /  ./ ヘ,..-'゙'',ニ''_、ス¨「´  |   _   __,.../  /
 |     /  ,ィ'" | ./   /  / /L.l  ヽ-'ー''"'"´ ̄  7´       ./
 ヘ    ∨/ L___| ̄ ̄ ̄/. /´ ̄ |  _,|         /       ,〈
   >、   \ヽ、_    ,ノ_,ノ     ¨´         /      / ,〉
  〈 ヽ、   `゙''ー`="'"´                 /    ̄ ̄ / ヘ
   〕                          _,. 〈      /   |
  /  `                   ---- ニ´   〉          |
  l                           `   |        ,/
  `゙''ー-=、_____                    |     ,..-'"
                ̄ ̄`゙'¬ー---===、.._____|_,.-‐'''"´

それじゃ落ちますね。
ののワGM運営ありがとう、みんなはおつかれさま。
ええ、沙都子さんと蒼星石さんにはごめんなさい。
でもだって、つながってるように見えたんだもの……
コブラさんを視界外に置いたのは大失敗。ファビオラさん⑦なら、
当然⑥1匹は残すように動く=居ないと言ってる場所にこそ⑥いるんじゃって疑ったんだけど、だって⑦じゃないらしいって話になってたから~~~~
あれ、なんだったのかしら。ねぇ。
というか、自分でちゃんと確認してないのはごめんなさいねー。

ドクオさんは……自分だけ助かる道あったのに、道連れにしてしまってごめんなさいね?
というか、④きついのよ~~~~~~~~両生存村勝利って①+③の条件なの~~~~
①+③=④ってなんだ合ってるわねって腹立つわ~~~~
で、4日目に④相方告発なんかしたって、賞金稼ぎ方法が浸透した今じゃ、
賞金稼ぎたい組が吊るわけないから……
4日目までに自然に噛まれるか、吊られるか狙い? きついのよー……

BETしてくれたみんなにはごめんなさいね。
本当はもっと早死にすると思ってたんですけど。
素直に長門さん狙いでよかったかしら? それだと予定通りに早死にしてたわね。

ああ、キョンくんにお土産を持って帰れなかった……

……あれ?
これって、私がネタふりした初期設定どおりに、本当に長門さんが私をダシに
小遣い稼いでいっただけってこと……?」
七夜志貴
「ふむ・・・ 勝ちを信じて指定はしてみたものの
結果としてそれは勝ちを捨てる指定だったってことかね
しかしドクオ視点狩人は何処かわからんしな」
チルノ
「よっし、じゃあまああたいは村にでも行ってくるわね
それじゃあみんな、おつかれさま!ののワさんはいつもありがとー!」
ドクオ
「('A`)y-~なら言葉の解釈の問題かね、
別に勝負は捨ててなんかないさ、勝負に行って、指定先が駄目だっただけからな」
チルノ
「視点をどこに置いたかってことよね
ただ、蒼星石LWとして、コブラ-長門を完全に村で見れたかどうかがポイントな気がするわ。
まあ何にしても共有的には推理と心中した形になったけど、こんなこともあるんじゃないかしらね?」
七夜志貴
「俺吊りの場合次の噛みを防げれば即CO ドクオは狼を指定
それなら蒼星石噛まれても共有勝利と狩人勝利が入る
狼吊りならわからんね」
七夜志貴
「指定をミスっちまったってことらしいぜ?>ドクオ
あそこは蒼星石以外ならまだ芽があった。狩人勝利の芽がな。
が、指定された以上狩人COでもまず噛まれる GJ出したくないしな。
そうなると、指定された時点で共有は自分の勝ちも潰すってことに
なる。 」
長門有希
「それではお疲れ様」
ドクオ
「('A`)y-~・・・自分でゲーム捨てたって意味がイマイチよくわからんが蒼星石さんがいないしな」
七夜志貴
「①はとにかく出た役職吊ってけばいいんだよ
あんまり狼は騙らないしな 手っ取り早いのは5人で飽和狐勝利だと
思うが」
七夜志貴
「正直キョウスケは・・・
前におんなじことしたのがいぬふくさんだったから
いぬふくさんかと思った」
あちゃくら
「①は、⑥つりじゃーと思いっきり言って、⑥じゃないとこをひたすら疑ってれば生き残れますから勝ちやすいですよ。
ソースは私」
チルノ
「4連続共有だってある…あるのよ……」
イルカ
「2回目だけど①と⑧だよ」
あちゃくら
「……のはずよね?
①→④→④→④→④のはずだもの
七夜志貴
「狩人はまだない。狐はある 占いはある あぁ、霊能無かったなそういや」
長門有希
「灰人さんはtuyさんいないと勝ってる印象がある」
七夜志貴
「①ばっかって辛いんだよ・・・ 50%がいつもそっちだ」
あちゃくら
「④以外って、①を1回やっただけなの……」
長門有希
「狩人もまだなかった」
七夜志貴
「俺はほとんど村だが? 勝ちにく過ぎだ>あちゃくら」
長門有希
「あちゃくらはご愁傷さま
私は共有と霊能はまだなったことない」
チルノ
「4回くらいでがたがた言うんじゃないの
あたい5回やってるわよ!」
長門有希
「相方お疲れ」
あちゃくら
「というかね、④もう4回目なんだけど……」
シリウス
「では僕もこれでお疲れ様でした」
コブラ
「ま、俺も落ちるぜ
お疲れさん。賞金はレディとのリゾート旅行にでも使うかね」
七夜志貴
「消しとくべきかもな>ののワ
ま、浪漫ならアリだけどさ 俺は相方殺すし」
チルノ
「んー……個人的には微妙。
そうじゃなくても共有には楽な勝ち方があるんだし、とは思わないでもないわね>ののワさん」
あちゃくら
「ああ、そういう意味じゃ、私は自分の推理を妄信してますが、それだけに頼って確実に勝てるとは欠片も思ってないからーw

疑わしいとこを全部吊りきって、終わらなきゃ次。
そういう方針だから、まず気にしたところは全部吊ります。
そんなグレラン村の戦法そのまんまでやったのは失敗ね……

でも、残ってるので狐っぽくみえたとこってありましたっけ……?」
長門有希
「難しいところだと思う>GM
残した方がらしいとは思うけど最近展開も固まってきたし何か新しいものも必要かもしれない」
ののワさん
「うん、ちょっとくらいは共存の道残しておくべきだよね。
参考にしておくよ!落ちた人はおつかれさまー。」
ドクオ
「('A`)y-~一番怖かったのが③⑤以外全員一丸となって俺がCOした時点での俺吊り圧迫だったからな
③⑤両生存なら怖いよ、というところまで匂わせて、とか考えててまあ色々と見えてなかった
個人的には売れる相方売らずに負けたんだ・・・どうしようもねぇ」
コブラ
「「共有」ということであれば互いに生きてでも重畳だろうさ
俺は構わんと思うがね」
イルカ
「難しくはなりますよね…
共有と狼のPPが有ってもいいと思うんだ>ののワさん」
七夜志貴
「乗り遅れたらしいな ま、そんな時もあるさ」
蒼星石
「ま、狩人はどうせ毛ほどの勝つ可能性が低いから最初からあきらめ気分ではあったんだけどね。


共有の策にのってGJ出したのに、自分の手でとどめを刺した共有に、思わず黒い笑いしか出てこないのさ。
今の精神状態的にもね。

ま、これ以上やるとあれだから落ちるよ。お疲れ様。」
コブラ
「「やりやすいからこそ」という逆説も組めるからそこらは
調節具合も難しいな」
ののワさん
「ちょーと、両生存の『村人勝利』っていう部分は消しておくべきかなー?どう思うかなー?」
あちゃくら
「後はまぁ、⑥狙わないという方針は、ただの賞金狙いかもしれないけど
噛まれなくても辻褄合わせやすいアピールだから、⑥もしやすいと思うんですよねー。
なんとなく」
コブラ
「キョウスケは賭けたのさ、自分の勝利条件の中にそれがあることにな
とぉころが運命の女神ってのはやっぱ残酷らしいね、いけないカワイコちゃんだ」
イルカ
「知らなかった…」
長門有希
「それにしてもあちゃくらがまるるん。さんだとは
プロフも合わせてきて絡むしかなかった
そういえばtuyさんがいないとは思わなかった」
七夜志貴
「指定はよかったが、方向がまずかったな>ドクオ
狂信の勝利条件考えたらむしろ下段にもいるって考えるべきだった
ま、俺も忘れてたけどね」
シリウス
「キョウスケはだから吊られた、という訳さ」
蒼星石
「>あちゃくら
残念ながらそこまで頭はまわらなかったのが1つ。

あと、沙都子狼と思ってるなら、なんで僕指定したのかがいまだにわからないのが1つ。

勝利条件間違えてたのなら知らんが。
なんであんたら自分で狼吊った!そことつながってそうな奴吊る!て狐ケアしないの、て思ったしね。

そういう意味では、むしろLW候補にされるかと期待してたんだよ。」
ドクオ
「('A`)y-~そういうこったなw>七夜さん」
ののワさん
「⑤GONZOについて
  GMがランダムに選出した村人1名は初日に吊られた場合、その時点でゲームクリアとなります。」
七夜志貴
「あぁ、①だけの特権だ>イルカ
②日目昼に吊られた奴がGONZOだった場合ソイツは勝利だ」
長門有希
「私は勝利優先だから従いはするかな」
コブラ
「いやはや俺も賭けられてないと来たもんだ、まいったねこりゃ
ちょっと寂しい気持ちが出てくるもんだ」
イルカ
「ごめんなさい…
むしろゴンゾーって何?」
七夜志貴
「俺吊ってたらどの道村勝利は無いね」
ドクオ
「('A`)y-~高額賞金狙いなら①含め③⑤以外が俺の指定に従うとは限らねぇんだよ・・・>蒼星石」
あちゃくら
「ああ、そういうことなら納得。
でもそれならいっそ、②COして適当なところに●2つ打って、自分吊ったら村負け=共有負けるぞって脅した方がよくなかった?」
蒼星石
「共有として2人生存して勝利することだけしか考えてないから、他の役職、村人がどう考えてるか考慮してないから、吊り負けてるのさ。

そういうこと>共有2人」
七夜志貴
「⑤COして殺す為に生き残るっていうのはあったけどな
ま、使わずにはすんだ」
長門有希
「っく、あちゃくらに読まれていたというのか。
RPが絡む相手と勝利条件が異なるのは怖い。」
コブラ
「利用しつくして潰す心算だったらしい>あちゃくら」
ののワさん
「計算めんどいからなしでねー。」
七夜志貴
「いやぁ、むしろ潰す気だったんじゃないか?>あちゃくら」
コブラ
「女の子ってのは実に複雑さ
気持ちも山の天気やサイコロの出目のようにころころと変わっちゃって
よくまぁ、あそこまで廻るめく想いでいられるもんだ
初心忘れてもまた初心に帰るってのはむしろ、羨ましいかもしれんねぇ

しかし、ドクオの性癖COが思わぬ波紋を呼んだ
おかげで年齢の低いかわいこちゃんも大慌てさ。
全く、華は咲いてこそ映えるものだとそうは思わないか? 

さて次回、
『なるか、黒タイツチルノの報復』
でまた逢おう

ちなみにこれが遺言だ
ちょっとネタに力入れたんだがそういうときに限って死なないもんだ」
ドクオ
「('A`)y-~蒼星石が⑤COしても、自分が噛まれりゃ蒼星石は負けだからな
バッドラックと踊っちまったのさ・・・」
蒼星石
「>あちゃくら
なんで⑤COする?

⑤COしたって狩人は勝利ないんだよ?
それははっきり言おう。


【自分の勝利だけしか見てないから負けたのさ】」
七夜志貴
「3人で19億9998万円 2円はそこの二人にやるよ。>ののワ
そう言うのはありか?」
あちゃくら
「あと、長門さんは私が食べられないから、沙都子さん-蒼星石さんラインが違うなら⑥だろうなーとは思ってましたw」
コブラ
「ま、狩人殺しを見るなら村臭さしかない志貴より
役持ち臭いあちゃくら噛みが有効だと思ったのさ
結果はこれだがね
落ちる人はお疲れさん」
蒼星石
「ファビオラ吊ったのは、護衛先選定にノイズが入るから。

あと、ファビオラ狂信者信じるならそこから強烈に吊り誘導くらったボクが狼目?ないな。
切り捨ての方の1Wと見るなら沙都子の前にボク吊りだよ
>ドクオ」
Zプラスサム
「じゃ、落ち
おつかれー」
ののワさん
「ちょーとGMおなかすいて力でないんだよねー。」
シリウス
「お疲れ様」
あちゃくら
「蒼星石さんは⑤なら⑤COすると思ったんですもん……。
ファビオラさんを⑦の騙りと見ちゃったのは失敗。」
七夜志貴
「つまりは、俺を殺していれば狼2人だけの勝利だね」
キョウスケ
「では、俺は落ちよう
お疲れ様だ」
長門有希
「ところでBETがあちゃくら3で私0ってどういうこと?
私的にいろいろ複雑」
コブラ
「地味に普通村で敵にしたくない共有面子だな、おいw」
チルノ
「そうじゃなくて噛まれず、吊り逃れでかつGJ出さないと狩人視点で勝ちがない>長門」
北条沙都子
「共有は仲間売るべきよ!
醜く生き残るのよ⑤日目まで」
シリウス
「とりあえず狂人を恨むしかないなぁ。あの発言で噛まれたし」
蒼星石
「>長門
狐ケアじゃなくて。「噛まれない」「吊り逃れ」だね。」
ドクオ
「勝利条件:①お互いが生存した状態で『村人勝利』でゲームを終了させる」
七夜志貴
「俺じゃないか? 多分 ののワが言うなら」
コブラ
「共有の意思ぶらしにするには時間が短かったな」
ファビオラ
「ふむ…最初にヘイトもらっても問題はないんですよね。
私は結局1W生存環境さえあればいいんですから。」
ドクオ
「('A`)y-~別に推理が間違ってことについて後悔なんていしないぜ?」
イルカ
「違うらしいですよ
両方生存でなおかつ村勝ちらしいです>あちゃくら」
チルノ
「>あちゃくら
負けよ、共有は村で勝たなければならない」
長門有希
「そういうことか>蒼星石
狐ケア目的なら納得」
蒼星石
「だから。


今回の共有負けはあちゃくらが敗因だよ。
ボクを吊ってなければ、まだ吊りが増えて勝つチャンスはあったのにね」
Zプラスサム
「生きてたら長門狼最後にしてコブラななや吊りねw>ファビオラ 」
あちゃくら
「……あ、そういえば条件は村人勝利だったw」
コブラ
「④共有者
勝利条件:①お互いが生存した状態で村人勝利でゲームを終了させる」
チルノ
「LWCOで傾くに賭けるしかないのよあの場面だと>長門」
シリウス
「正直、自分がゴンゾーだと思った
が、後悔はない。キョウスケの賭けに乗って」
あちゃくら
「>コブラ
七夜さん噛みなら、④も両生存だから私たちも勝ちだったのに……」
北条沙都子
「>ファビオラさん
私は狼の味方なんで⑥じゃなければなんでもいいです^^」
蒼星石
「なんで?て

噛まれたら自分の勝ちはない。
ならLWCOで共有の意識を狐ケアに移して吊り逃れするしかない。

あそこで狩人COしても噛まれて、どっちにしても勝ちはないよ。」
ののワさん
「おつかれさまー。
【七夜志貴】【長門有希】【コブラ】の3人が今回の勝利者だよ。

賞金額はー……3人だと中途半端だね。6億6666万円だねー。」
イルカ
「お疲れ様ですよ。」
七夜志貴
「満足だ ナイフを突き立てたところはみんな死んだ
おまけに生存のボーナス付きだ こんなにもらっていいのかね? ホント。」
チルノ
「RPも含めて全部やりたいのよ(キリッ>沙都子」
ファビオラ
「情報少しずつ出していって長門さん吊り殺す予定だったんですけどね。」
シリウス
「お疲れ様」
北条沙都子
「>チルノ
RPだけで私は楽しいからなw
ついでに勝ちたいw」
コブラ
「どっちでも負けだろうw
勝ち分こっちが多くなるだけだぞ>あちゃくら」
長門有希
「というか蒼星石が狩?
なんで?」
ファビオラ
「お疲れ様です。
私吊りとか本来ありえませんよ。1W残すための公算なんですから。」
七夜志貴
「いいね、 いい終わり方だったよ
ま、嘘だよな 1匹は残さないと行けないし・・・なぁ?」
チルノ
「おつかれさま。」
コブラ
「ま、お疲れ様さ」
あちゃくら
「七夜さん噛んでぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!」
ドクオ
「('A`)y-~お疲れ様だ」
北条沙都子
「お疲れ様」
チルノ
「ベターだけど、それだけじゃ面白くないのよ、と私は思うけどね
ま、真っ先に死んだあたいが言うのはあれだけど>沙都子」
長門有希
「勝った
相方ありがとう」
蒼星石
「ドクオは自分でゲームを捨てたんだ。
そこは後悔してもらうさ。」
キョウスケ

コブラ
「ヒューッ
吊ってやがったぜ、相棒!」
ドクオ
「('A`)y-~くっ・・・・」
Zプラスサム
「おつかれだ」
キョウスケ
「おつかれさまでした、と」
あちゃくら
「噛まれたぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」
            ゲーム終了時間:2010年7月25日2時15分
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石 さんの遺言
僕の最愛の人へ。


今までありがとう。今も、ボクの気持ちは変わらない。
大好きだよ。愛してる。

そしてさようなら。

大丈夫。ボクなんかがいなくなっても、世界は進んでいく。
君の周りには、君を大切に思ってる人がいっぱいいるのだから。
どうか、相棒やその人たちを大切に、離さないようにしてほしい。
あちゃくら さんの遺言
キョンくん……
またキョンくんを置いて先に逝ってしまうのね私……

……というか、長門さんに殺されたようなものよねこれ……
            あちゃくら は無残な姿で発見されました
            (あちゃくら は狼の餌食になったようです)
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            コブラ たち人狼は あちゃくら に狙いをつけました
あちゃくら(共有者)
「ああ、私が噛まれないってことは、長門さんなのかなぁw」
長門有希(人狼)
「私は噛まない、お願いする」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~勿論ファビオラの壮絶なブラフってこともあり得る」
コブラ(人狼)
「ふっ、任せた時点で俺が決めたのとなんら変わらないぜ
同じことさ」
七夜志貴の独り言
「ま、⑥のご機嫌がいいことを願うよ」
            ゲームマスター:
お待ちかねっ、結果発表っ!!

今日のエクストラゲームで 蒼星石 は首輪が作動したみたいだよ
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~七夜吊りてぇんだけどな・・・・」
七夜志貴の独り言
「刃を突き立てた奴はみんな殺した 外しちゃいないが・・・
そろそろ出来すぎかね」
あちゃくら(共有者)
「蒼星石さんが⑤なら、⑤COしたはずです。
ということは、⑤いると思うんだけどなー」
長門有希(人狼)
「私はさっき読みを外してしまった
最後頼んでいいか」
コブラ(人狼)
「……勝負するか
あちゃくら噛み行こうぜ」
あちゃくら(共有者)
「コブラさんが噛まれるはず。たぶん。
ドクオさんが、コブラさん⑥で見てないって言ったから……たぶん」
七夜志貴の独り言
「ま、しょうがないよなぁ 殺せて死ねるなら本望か?」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~楽観的だが・・・・死んでたらスマン」
長門有希(人狼)
「私はあちゃくら噛みたい
そっちはどう見る?」
七夜志貴の独り言
「正直蒼星石8じゃないかって思うんだがね? この流れじゃ乗るしか無い
やれやれ、早く終わらせないと行けないのに
殺したいってのが勝っちまった」
あちゃくら(共有者)
「あ、そういう意味じゃ、これ吊りが増えないなら、私も④COしていいのかも。明日は。」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~・・・・まだ⑤がいるなら・・・・俺を護衛しているはずだ・・・・」
コブラ(人狼)
「分からないな、あちゃくらの断言要素はどっちとも取れる」
長門有希(人狼)
「相方生きてる?」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~俺達が生きてりゃ・・・相談して決めようw」
長門有希(人狼)
「わからない、というかこまった」
あちゃくら(共有者)
「さて、明日はどこを狙いましょう?
これ、四人から⑥つれないと、確定負けなんですよね……」
長門有希(人狼)
「狩ありそうなのはあちゃくらか?」
ドクオ(共有者)
「もう吊り理由はでっちあげられねぇ・・・」
七夜志貴の独り言
「まずいね 4人最終日あるか?」
長門有希(人狼)
「共有2と狩人くさいのがきつい」
あちゃくら(共有者)
「蒼星石さんのウソつきぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!」
長門有希(人狼)
「噛めれば勝ちだ
どこだと思う」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~っと」
ドクオ(共有者)
「ま・・・そんなわきゃないわな」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            蒼星石 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
七夜志貴0 票投票先 1 票 → 蒼星石
長門有希0 票投票先 1 票 → 蒼星石
あちゃくら1 票投票先 1 票 → 蒼星石
蒼星石5 票投票先 1 票 → あちゃくら
コブラ0 票投票先 1 票 → 蒼星石
ドクオ0 票投票先 1 票 → 蒼星石
            長門有希 は 蒼星石 に処刑投票しました
            蒼星石 は あちゃくら に処刑投票しました
            七夜志貴 は 蒼星石 に処刑投票しました
            コブラ は 蒼星石 に処刑投票しました
            あちゃくら は 蒼星石 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            ドクオ は 蒼星石 に処刑投票しました
ドクオ
「('A`)y-~ファビオラの言葉を信じるならコブラは狼じゃねぇ
もちろん俺は④だった・・・蒼星石はなんだろうな
そういう意味じゃ、皆に優しい指定だと思うぜ」
蒼星石
「LWCO」
七夜志貴
「あと、さっきの話だが それに乗るのは8も同じじゃないか?>ドクオ
一応の補足だが」
あちゃくら
「>コブラさん
じゃあ、⑥さんがドクオさん「以外」を噛むメリットは?
ドクオさんが⑥の騙りだっていうならともかく。
でも、さすがに⑥がリスクの高そうな④語りはしないと思うんですよ」
コブラ
「『実情がどうなのか』は、それこそ知っている奴しか知らない話でな
ここで断言要素が少しでもあると、疑いたくなっちまうんだよ」
蒼星石
「ドクオ視点、相方は見えてるはず。
で、ドクオ視点なら狩人は生きてるだろ。

残り6人。

ぶっちゃけ、ドクオ視点だと狩人1人決め打ちじゃないか」
長門有希
「あとちょっとのはずだ
とりあえず⑥吊り目指そう」
ドクオ
「('A`)y-~今が3-2-1なら狐噛み、5-1-0なら俺噛みだろうな」
あちゃくら
「そりゃー、JOKERさんが襲われたのかもしれませんけど!
でも、JOKERさん吊ったところで、終わりに近づきませんもん!!」
七夜志貴
「ま、勝ち減らしたいならドクオ吊りだぜ? とは言っとく
そこ吊りで共有なら一気に2減る それに乗るかどうかは知らないね
もっとも、俺はまだゲームを続けたいがね」
コブラ
「あちゃくらは『⑤』が『ドクオ』を護衛して
『GJ』の可能性についてどれだけ考えている?
どうも、発言の視野が見えねぇのがな」
ドクオ
「('A`)y-~④としての指定は蒼星石だ・・・・北条⑥があってればという前提だが」
蒼星石
「>あちゃくら
だから、たとえば君が霊能で沙都子狼が見えてるならその推理には一定の意味があるんだが。
逆に沙都子が「狼」なのか「狼に味方して生存を図ろうとしていた村」なのか判断つかないのになぜ断定するわけかな?」
あちゃくら
「私は⑥吊ったと信じてますよ!
だって、こんな状況ですもん、自分の目を信じなくてなにを信じるんですか!
だから、沙都子とつながってるっぽかった蒼星石さんも⑥で、そこ吊れば終わってくれると信じてます!」
長門有希
「まぁいい、死体がないのは喜ばしいことのはず」
七夜志貴
「さてね?>蒼星石
俺にはわからんさ ⑥あるのは現在⑦を信じりゃそこだけって
話しさ」
ドクオ
「('A`)y-~いないかもしれねぇけどな、だが俺は進むしかない」
コブラ
「ん、ドクオ護衛が言い切れるのか、これ?
そこのところよくわからねぇんだが」
蒼星石
「>七夜
ん?沙都子非狼で見てるの?」
七夜志貴
「あとは沙都子が⑥だったかどうかだが・・・」
長門有希
「ここでドクオを噛むのか?
よくわからない、きつねがまだいるのだろうか」
ドクオ
「('A`)y-~④の勝利条件と合致しているのは①と③」
あちゃくら
「……って、死体無し!?????
まさか本当に、⑤番さんがドクオさん護衛で成功したんですか!????
だとしたらすごいですよこれ!!!」
コブラ
「さて、ここで死体なし、となると色々考えることは増えるな」
七夜志貴
「さて、現在⑥人 見立てが正しいなら2Wが可能性が高い」
ドクオ
「('A`)y-~さあ、今日話をするのは⑤じゃねぇ、①と③だ、いないかもしれんが」
あちゃくら
「おはよう。
やっぱり素直に考えるなら、沙都子さんのフォローにあからさまに入った蒼星石さんが、
沙都子さんと連携とってたと見れるような気はするんですよねー。」
蒼星石
「死体無し。⑤狩人は生存、と見ようか。
昨日、狼吊れたと思う?」
コブラ
「おはようだ
ほぅ、死体がないね」
長門有希
「おはよう、死体なしか」
七夜志貴
「死体なし・・・ねぇ」
ドクオ
「('A`)y-~ブラボー」
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
            長門有希 たち人狼は ドクオ に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
七夜志貴の独り言
「③なら●が吊れたとでも言うかね?」
あちゃくら(共有者)
「救いは……もし、2人そろって最終日なら、100%勝てるってことですね。

……ないわ~~~~~普通ないわ~~~~~~」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~了解、そこ行くか・・・」
長門有希(人狼)
「勝負、ドクオ噛む」
七夜志貴の独り言
「ま、もう俺なら生き残る術をとる そこだけだが」
コブラ(人狼)
「⑤、JOKER、残った奴の正体は
色々可能性としては多いんだよな」
あちゃくら(共有者)
「素直に見るなら、あからさまに沙都子さんのフォローに入っていた蒼星石さん。
やっぱりここが一番怪しいと思います。

あと、ファビオラさん、⑦はないかもしれませんけど、蒼星石さん見つけてた②って可能性はあるかも……
最後の投票、蒼星石さんだったし」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~明日は①や⑤の票合わせはもう期待できねぇ・・・」
長門有希(人狼)
「難しい
グレーで共有噛めれば楽だが…」
七夜志貴の独り言
「出来れば狼は噛まないでくれるとうれしいね」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~ギャンブルってのは・・・そういうもんだ・・・・」
コブラ(人狼)
「ドクオをどうするか。だな。
ドクオのCOの真偽、⑤の判断、色々要素が絡むのが面倒だな」
あちゃくら(共有者)
「ただ……仮にドクオさん噛まれなくても、私が噛まれたら一緒なんですよね……
はぁ……厳しいですよ……」
            ゲームマスター:
お待ちかねっ、結果発表っ!!

昨日の夜に Zプラスサム は誰かに殺されちゃったみたいだね
今日のエクストラゲームで 北条沙都子 は首輪が作動したみたいだよ
長門有希(人狼)
「ドクオはどうする
ハッタリはないと思うけど」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~さて・・・・LW探すぜ?」
あちゃくら(共有者)
「ええ……助けてもらったのは間違いないと思います。
あの、ありがとうございました」
コブラ(人狼)
「結局の所は目立つか否か、なんだろうさ
逃げ場所を確保する意味合いでは北条吊りの方が楽な奴が多いんだろう」
七夜志貴の独り言
「そのためには・・・ここで死ぬのはちょっとまずいよな」
長門有希(人狼)
「というか流れが読めない」
蒼星石の独り言
「さて。吠えなし。
1W吊れたなら悪くはない。
ま、占い生きてて銃殺出されたんじゃ、どうせアウトだけどね。」
あちゃくら(共有者)
「でも、そのチャレンジ精神は見事です。
こうして、沙都子さん吊りになりましたしー」
七夜志貴の独り言
「明日終わらせればいい」
コブラ(人狼)
「急に忙しくなっちゃってぇっ!
ま、後は読みあいの勝負だ」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~まあ許してくれ・・・ほっとくとあちゃくらさん吊りの流れだったろうし」
七夜志貴の独り言
「狼は2いるのはほぼ確定だ。
①―⑦ 共有の言葉を信じるなら下段に⑥はいない
信じるならだけど、な」
長門有希(人狼)
「まさかここまで圧倒的だとは」
あちゃくら(共有者)
「ドクオさん、挑戦者すぎますよ!?????????」
蒼星石の独り言
「素直に噛んでくるかね、ここ。」
七夜志貴の独り言
「問題ないね ドクオ噛みで生き残ればそこを吊るで終わりだ」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~・・・生きてりゃいいな、⑤」
            蒼星石 は ドクオ の護衛に付きました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            北条沙都子 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
七夜志貴0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
北条沙都子6 票投票先 1 票 → ドクオ
長門有希0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
あちゃくら0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
蒼星石0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
コブラ0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
ドクオ1 票投票先 1 票 → 北条沙都子
            七夜志貴 は 北条沙都子 に処刑投票しました
            あちゃくら は 北条沙都子 に処刑投票しました
            コブラ は 北条沙都子 に処刑投票しました
            長門有希 は 北条沙都子 に処刑投票しました
            蒼星石 は 北条沙都子 に処刑投票しました
            北条沙都子 は ドクオ に処刑投票しました
            ゲームマスター:
やあ! みんな待ちくたびれちゃったかな?
ここからはみんなが待ちに待っていた時間の始まりだよ


おったのしみ、エクストラゲーム!!


今残っている自分以外の人の中から一人だけ選んで投票してあげてね
それでね、その中で一番獲得票数の多かった人は首輪が作動しちゃうんだ!

首輪の解除条件を満たしてればその人の首輪を外す事が出来るからよく考えて投票してよね
ただし……その分だけ君達の『賞金』の取り分が減っちゃうけどね……、それじゃがんばってねぇー
            ドクオ は 北条沙都子 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ
「('A`)y-~根拠がなければ指定しちゃ駄目か?それとも北条釣られたら困るか?>長門」
七夜志貴
「ま、的を出してくれるんならそれでもいいぜ?
当てるだけさ」
あちゃくら
「ああ、あと、⑤は延長戦を望むから、④COのドクオさん護衛の可能性もあるんだ。
で、沙都子さんつりは賛成ですよ!
ここと蒼星石さんで⑥コンビじゃないのかなー」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ村ハ共有吊りデシテヨ」
コブラ
「だが、投票から③⑤が判明するかどうかは?
投票メリットはまぁ分かるが」
蒼星石
「沙都子ねぇ。
正直そこ超絶狼目だから吊ると目をつけられそうでやなんだけど」
ドクオ
「('A`)y-~共有指定は北条だ」
長門有希
「北条吊り。なにか根拠はあるの?」
七夜志貴
「狩人ねぇ・・・ 後2回 成功できるか?今から」
ドクオ
「('A`)y-~後は俺の勝利条件だな、
少なくとも③・⑤は俺に投票するメリットはない>コブラ」
蒼星石
「⑤狩人?護衛させたい、てわけか。
それで吊りを増やして、2W1Fに対処ね。」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノアチャクラデ吊リ稼グデシテヨ」
あちゃくら
「え? あ。④騙りという可能性はあるんですか。
この状況で④騙りするメリットがありそうなのは……⑦。
その場合、⑥は1人吊られてるってことになりそう」
七夜志貴
「わざわざそこで⑤? 
護衛して欲しいってことか? だが、出る的は当てたいね」
コブラ
「⑤か。⑤ねぇ……⑤も期待値としてはどうなんだい?」
ドクオ
「('A`)y-~ふむ・・・・北条吊ってみねぇ?」
蒼星石
「というか、共有はなんで出たのさ。
まあ、噛まれ死んでくれるならありがたいんだけど」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ私ハ自分サエヨケレバソレデイイノデシテヨ」
ドクオ
「('A`)y-~③がいるかいないかは兎も角、狙いは⑤だ」
長門有希
「4は残るのならそれもいい
苦難の道を行くのは応援する」
あちゃくら
「えーーーーー?
ドクオさん、④COって本気?????
それ、ドクオさん吊られちゃうだけなんじゃ……???」
ドクオ
「('A`)y-~噛みつけりゃ誰でもいいのか・・・沙都子は、幻滅したぜ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ⑥ニカマレルダケデシテヨ」
コブラ
「ふむ、ここでCOをするあんたの意図
教えてもらいたいな>ドクオ
今はどうも情報は欲しくてね」
七夜志貴
「おいおい 出てくるのかよ? わざわざ、お前が死ねば
それでゲームオーバーだぜ?」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノココデ④COトカアリエナイデシテヨ」
あちゃくら
「おはよう。
沙都子を狙ったところで助けに入った蒼星石さんは、④コンビじゃないですよね。
コンビなら、相方が勝手に吊れそうなら後押しまではしなくても助けに入らないと思いますから。
どちらかというと、⑥コンビかな? ただ、それなら私殺されてそうな気もしますけど……」
蒼星石
「ま、いいか。共有両生存で潜伏してるなら茨だと思うけど。
仲間死んでる方が楽でいいと思うけどなぁ。

あちゃくら吊るか」
七夜志貴
「あと、④は隠れた的ってワケか いいね
それを狙うのも悪くない」
長門有希
「もう占いも霊能も出てこないの?
両方死んでるというのか」
コブラ
「そこのあんたは何かしら想定があったのかい?
俺はどうもそこらへんの機微に疎くてね>志貴」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ順当ニヘラシテイクデシテヨ」
ドクオ
「('A`)y-~そして④をCOだ、GMのアナウンス通り相方は生存している、ただし秘匿させてもらおう」
七夜志貴
「さて 視点的に6はまだ全生存か? 唯一の情報を握るは3だが・・・
どうやらいないようだしね」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ今日アチャクラ吊リデシテヨ」
蒼星石
「おはよう。順調に人が減って何よりだね。
沙都子-あちゃくら共有ラインかと思ったんだけどね。」
ドクオ
「('A`)y-~ ただし学校指定のものに限る」
長門有希
「おはよう」
コブラ
「おはよう
今レディは何してんのかねぇ……
タートル号のメンテを任せっきりてのも俺に問題があるか」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノオハヨーデシテヨ」
七夜志貴
「さて、朝だ 今日で5日目か 意外と長く続くね?
ドクオ
「('A`)y-~ 性癖CO スク水◎」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イルカ さんの遺言
ノーコメント

AAネタが使えないと無理…
            Zプラスサム は無残な姿で発見されました
            (Zプラスサム は狼の餌食になったようです)
            長門有希 たち人狼は Zプラスサム に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
あちゃくら(共有者)
「共有COしたら、どっちか吊られますよ!?」
            ゲームマスター:実はね……、④共有者のPDAを持つ二人は共生の道を取るみたいだよ。
七夜志貴の独り言
「あと、1番下にいないならそこやってけば終わるってことさ 早いね」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~相方生存、誰かは秘匿、だ」
長門有希(人狼)
「了解、Zプラス行く」
あちゃくら(共有者)
「もうこの時点で⑥急いで狙う意味ないですけど!
でも、ここまでその方針で来たなら狙いたい気もしますよ!w」
七夜志貴の独り言
「あぁ、俺が殺られる可能性もあったな
ま、それは結果だね」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~共有COしなよ・・・・」
七夜志貴の独り言
「狩人って言って このまま殺すために生き残る いいね 
それは信用なんざ関係ない」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~賭けに出るか?」
蒼星石の独り言
「ああ、でもファビオラ真狂信だと狼下段にいないんだっけ。」
            ゲームマスター:
ここでみんなにお知らせしておくべきなのかなー?
④共有者達の事なんだけどね
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~そして今日の時点で7人」
蒼星石の独り言
「個人的にはコブラ-Zプラスサムあたり狼かねぇ」
コブラ(人狼)
「こうなったらとことん任せるさ、相棒」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~問題はどこが狼かってことだ・・・」
あちゃくら(共有者)
「沙都子さんが⑥なら、蒼星石さんも⑥かなぁ……」
七夜志貴の独り言
「あとは、狩人か・・・ どうだか 占いも生き残ってるか?
わからんね」
蒼星石の独り言
「まあ、狩人はなぁ。
ボクじゃ無理。」
            ゲームマスター:
お待ちかねっ、結果発表っ!!

昨日の夜に シリウス は誰かに殺されちゃったみたいだね
今日のエクストラゲームで イルカ は首輪が作動したみたいだよ
長門有希(人狼)
「今日の噛みはどうする
Zプラスあたりが気になるが」
あちゃくら(共有者)
「ただ、殺されきってしまっていれば、ドクオさんを気楽にさせてあげられただろうから……
そこはごめんなさい」
            蒼星石 は 北条沙都子 の護衛に付きました
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~まあ後からバレるから先に言っとくと、すげぇ悩んだけどな・・・」
Zプラスサムの独り言
「イルカに対する攻撃に問いかけしてくる
ここはLWと想定し狐っぽいとこ吊ろう」
コブラ(人狼)
「俺もカワイコちゃんの人気者でありたいがね
さぁて、詰める時期か」
七夜志貴の独り言
「明日7人だが・・・ 銃殺起きれば6人
できるか?そんなの」
あちゃくら(共有者)
「いえ、心配してませんよ!
ドクオさんは……最初に私も好みといえなくもないって言ってくれましたから」
長門有希(人狼)
「あちゃくらもそろそろ吊られそうか」
蒼星石の独り言
「あちゃくら-沙都子を共有ラインと仮にする。
どっちかが噛まれそうな気配がするんだけどね」
コブラ(人狼)
「全く人気者だねぇ」
Zプラスサムの独り言
「おそらく長門が狼だろう 」
長門有希(人狼)
「イルカ、圧倒的だった」
Zプラスサムの独り言
「うむ 誘導はここまではよし
七夜志貴の独り言
「いいね 手っ取り早い 」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~心配すんな・・・売らねぇよ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            イルカ は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 2 回目)
七夜志貴1 票投票先 1 票 → イルカ
北条沙都子0 票投票先 1 票 → あちゃくら
Zプラスサム0 票投票先 1 票 → イルカ
長門有希0 票投票先 1 票 → イルカ
あちゃくら2 票投票先 1 票 → イルカ
蒼星石0 票投票先 1 票 → イルカ
コブラ0 票投票先 1 票 → イルカ
イルカ6 票投票先 1 票 → あちゃくら
ドクオ0 票投票先 1 票 → 七夜志貴
4 日目 ( 1 回目)
七夜志貴1 票投票先 1 票 → イルカ
北条沙都子1 票投票先 1 票 → あちゃくら
Zプラスサム0 票投票先 1 票 → イルカ
長門有希0 票投票先 1 票 → ドクオ
あちゃくら3 票投票先 1 票 → 北条沙都子
蒼星石0 票投票先 1 票 → あちゃくら
コブラ0 票投票先 1 票 → イルカ
イルカ3 票投票先 1 票 → あちゃくら
ドクオ1 票投票先 1 票 → 七夜志貴
            北条沙都子 は あちゃくら に処刑投票しました
            長門有希 は イルカ に処刑投票しました
            イルカ は あちゃくら に処刑投票しました
            ゲームマスター:それじゃ、再投票おねがいね?
            ドクオ は 七夜志貴 に処刑投票しました
            蒼星石 は イルカ に処刑投票しました
            Zプラスサム は イルカ に処刑投票しました
            あちゃくら は イルカ に処刑投票しました
            七夜志貴 は イルカ に処刑投票しました
            コブラ は イルカ に処刑投票しました
            再投票になりました( 1 回目)
            ドクオ は 七夜志貴 に処刑投票しました
            イルカ は あちゃくら に処刑投票しました
            コブラ は イルカ に処刑投票しました
            七夜志貴 は イルカ に処刑投票しました
            あちゃくら は 北条沙都子 に処刑投票しました
            北条沙都子 は あちゃくら に処刑投票しました
            ゲームマスター:
やあ! みんな待ちくたびれちゃったかな?
ここからはみんなが待ちに待っていた時間の始まりだよ


おったのしみ、エクストラゲーム!!


今残っている自分以外の人の中から一人だけ選んで投票してあげてね
それでね、その中で一番獲得票数の多かった人は首輪が作動しちゃうんだ!

首輪の解除条件を満たしてればその人の首輪を外す事が出来るからよく考えて投票してよね
ただし……その分だけ君達の『賞金』の取り分が減っちゃうけどね……、それじゃがんばってねぇー
            長門有希 は ドクオ に処刑投票しました
            蒼星石 は あちゃくら に処刑投票しました
            Zプラスサム は イルカ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
イルカ
「殴りやすいねぇ…なるほど」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ私視点邪魔ナアチャクラ殺害デシテヨ」
あちゃくら
「あと、④は告発しても片方だけがここで殺してくれる展開にならなかったらおしまいですから。
たぶん、それがわかってるってことじゃないですか?

というか、⑥ねらいましょうよ!」
蒼星石
「ぶっちゃけあちゃくら吊りたいな。
素村の思考じゃないと思うんだが。

過剰に①村人アピしすぎてない?」
長門有希
「イルカとZプラス、あちゃくらとさとこあたりが共有ありそうか」
七夜志貴
「理由?そんなもんあるわけないだろ>イルカ
ただ単にお前が一番やりやすい位置にいるんだよ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ今日ト明日デデシテヨ」
ドクオ
「('A`)y-~あと問題はあれだな、③ってマジでどこ行ったの??」
蒼星石
「>あちゃくら
ファビオラ投票者に狼がいるとして、それ摘発したいの?
なんで?」
Zプラスサム
「いやなに君の投票が私のセンサーにかかった
それだけさ>イルカ」
コブラ
「④は色々あるとおもうさ
結局、出てきた奴を勝利条件を満たさないように殺したいエゴ
含んでんだろう?」
イルカ
「④が出てこないなら噛まれた?
それとも両方生きてる?」
あちゃくら
「仕方ない、じゃなくて、初日から連続で⑥を始末できれば、①が⑥に殺される機会って1回だけですむんですよ!?
なら、積極的に狙っていくべきじゃないんですか????」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ私ハ両方吊ルデシテヨ>④」
七夜志貴
「一応このまま⑥以外を殺していっても終わるぜ?
それこそ今なら一番てっとり早い」
ドクオ
「('A`)y-~普通に考えりゃ素直に⑦じゃね?ということ
まあ手っ取り早いのは⑥両方吊ればひとまず⑧はほっとこうぜ」
長門有希
「なんだ、やっぱりGMの可能性はあるのか」
蒼星石
「ぶっちゃけ④出てこないと思うよ。
ここで出てきて、仲間売ったら素直に仲間を吊るかという話。
両方生存させられたあげくに片方吊られたら意味ないからね。

出てこないと思うよ」
イルカ
「そこまでして私を吊りたいのですか?
さて何か知っていそうな所ですね>Zプラスサム 」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ協力シテ噛マレナイヨウニシタホウガマシデシテヨ」
Zプラスサム
「④が出てこないならかまれた連中ってことなんだろうな」
あちゃくら
「あ、そういえばそうですね。ファビオラさん⑦なら首輪発動にはならないんでしたっけ。
でも、あそこ⑥はないと思ったんですよ~~~~
少なくともあそこ投票組に、⑥は居ると思いますけど。
ほっといたら⑥のうちの1人は殺されちゃうでしょうから。」
七夜志貴
「いないってんならもう一人か
既にいないかのどっちかだね」
コブラ
「そうかい。>イルカ
「さっき作ったテンプレ」の時点でかなり気になるんだが……
言うだけ野暮か」
ドクオ
「('A`)y-~噛みなら禁止エリアだけど、吊りなら首輪作動ってことだ」
長門有希
「共有は出てくる?
それはそれで面白いことになる」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ①デ⑥ニカマレタラ仕方ナイデシテヨ>アチャクラ」
蒼星石
「ああ。そうなんだ。そりゃごめん。
偽装作動があるんならファビオラ狂信者の目は残るのか。」
七夜志貴
「さて、じゃあ。 出てくる④っていう的はあるか?」
コブラ
「ン、そこのところ俺はよく分かってねぇんだが<首輪
すまねぇが誰か頼めるかい? どうもこういうのは情報が錯綜しがちでね」
イルカ
「ああ、これはさっき作ったテンプレなのでお気になさらず>コブラ」
Zプラスサム
「4日目だな ④が出ないならこのままイルカをつるぜー」
ドクオ
「  【勝敗不明】
  昨日の夜に 名前 は侵入禁止エリアに入っていったみたい
  今日のエクストラゲームで 名前 は首輪が作動したみたいだよ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ生存勝利トカアキラメナサイデシテヨ」
七夜志貴
「噛まれた時は逃げこむらしいが・・・
吊られたときは偽装発動するらしい」
蒼星石
「まあ、なのでファビオラの残した情報とか完全無視でいいよ。
狂信者なら首輪は「まだ」作動しないはず。

んー・・・あれ。そうだっけ?」
あちゃくら
「沙都子さんの、①は⑥吊る必要ないって発言は、じぶんが⑥に殺されることを完全に無視してる気がします。
とすると、それって⑥なんじゃないんですか? JOKERかもしれませんけど。
ということで、疑ってますよ!!!」
長門有希
「いいとこついてる>蒼星石」
イルカ
「首輪作動だから⑦ではない
しかし①だからと言って吊られ二言った?」
ドクオ
「('A`)y-~エクストラゲームでの勝敗不明メッセは下記の通り>蒼星石
今日のエクストラゲームで 名前 は首輪が作動したみたいだよ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ④ハCOスベキデシテヨ」
七夜志貴
「あぁそいつは限らないぜ>蒼星石
吊りの場合はそっちは偽装発動もある。」
Zプラスサム
「作動したということは蒼のいう通りなのか」
コブラ
「ほぅ、イルカは何かCOすることがあるのかい?」
イルカ
「おはようございます。
今日は何についてCOいたしますか?」
長門有希
「おはよう、GMと言っていたが結局どうだったんだろう」
ドクオ
「('A`)y-~もちろん下着はつけてはならない」
北条沙都子
「村5
占い1
狂信者1
霊能1
狼2
狐1
狩人1
共有2」
コブラ
「おはよう
全く寝心地も気にしてられない環境とはいえねぇ
いい寝起きとはいえないもんだ」
蒼星石
「ファビオラ=首輪作動。
つまりnot狂信者。

様子的に①かね。狼吊れたとかあると思う?」
あちゃくら
「おはよう。
ファビオラさんも⑦だって言ってたじゃないですかぁぁぁぁ!!!!!!
②かもしれませんけど⑥はほぼないですからあそこ!!!」
七夜志貴
「さて、朝だね ⑦の言うことがどうとかは知らないが
出るなら俺はそこにナイフを突き立てる それだけさ」
ドクオ
「('A`)y-~ 性癖CO 浴衣○うなじ◎」
Zプラスサム
「おはよう
ファビオラ を急いで吊る必要があっただろうか
いやない そしてそこ投票者をみてみよう

イルカがいる 自分吊られないために投票もしているようだ
そして完ステのシリウスだ」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シリウス さんの遺言
シリウス=天狼星

つまり僕はLWの天狼だったんだ!!
ファビオラ さんの遺言
坊ちゃま…婦長さま。
どうか、私に加護を。
            シリウス は無残な姿で発見されました
            (シリウス は狼の餌食になったようです)
            長門有希 たち人狼は シリウス に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シリウスの独り言
「まぁ、エクセレン恋人な時点でボインボインの方がいいんだろうが」
ドクオ(共有者)
「◆七夜志貴(20)  「さて、この場において現実逃避を続けてる奴が居るようだが・・・
果たしてそんな奴がこの場に必要かい?」
のっかりに見えたけどな」
長門有希(人狼)
「ではシリウス行ってみるか」
コブラ(人狼)
「今の所明確にイメージが掴めないんでね」
あちゃくら(共有者)
「いいですよー。
沙都子さんを疑ってるのは間違いないですし。
今日生き残れば、文字通り一蓮托生。必ず勝ちましょう!!」
シリウスの独り言
「キョウスケ、幼女に囲まれてる気分はどうだ?」
七夜志貴の独り言
「ま、生かして噛ませれば情報が得られる
なんせ、⑦と③、そして⑤は侵入禁止エリアに逃げるしね」
            蒼星石 は あちゃくら の護衛に付きました
あちゃくら(共有者)
「あと、⑥を吊ろうと言ったところで⑥は気にしません。
誰を⑥と疑うかを伴って、それが当たっていたら気にしますけど。」
七夜志貴の独り言
「やれやれ、しかし下手だね。 なにせ⑥じゃない。
誰かの手を借りて殺すなんざ――― 俺の性じゃないんだがね。
ま、文句は言ってられないさ」
コブラ(人狼)
「いや、今日も任せていいか?
どうも、ねぇ。怖いのさ、俺は」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~んじゃ、今日は沙都子に票あわせようか?」
シリウスの独り言
「9 7 5 3
つまり後三回抜ければいいのか」
長門有希(人狼)
「あそこが信じられるならあなたは村になる
下の段噛んでみる?」
あちゃくら(共有者)
「長門さんは正直わかりません。⑥かもしれませんけど。私噛まれてないですから」
蒼星石の独り言
「ファビオラnot狂信者」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~・・・あー」
コブラ(人狼)
「奴がなんだったのかは霊界の特権さ
俺達は臆病者になりながら少しずつ行こうぜ」
あちゃくら(共有者)
「少なくとも⑥薄めには見えたと思ったんですけどー。

沙都子さんの「①は⑥吊る必要ない」発言はその通りですけど、噛まれるリスクが皆無ですよね。」
長門有希(人狼)
「昨日は私が噛んだ
今日はあなたが決める?」
七夜志貴の独り言
「わざわざ出てくるなんてありがたいね。
俺はそこにナイフを突き立てるだけで済む
殺すってのはこういうもんだろ? わざわざ戦う必要もない
的があればそこに当てる 動くなら予測して当てる」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~長門・・・大人しいね・・・」
            ゲームマスター:
お待ちかねっ、結果発表っ!!

昨日の夜に チルノ は誰かに殺されちゃったみたいだね
今日のエクストラゲームで ファビオラ は首輪が作動したみたいだよ
シリウスの独り言
「じゃない、最終日狙いだ」
コブラ(人狼)
「さぁて、どうだろうな」
蒼星石の独り言
「初手チルノな。」
長門有希(人狼)
「フォビオラがGMだとしたら早めに排除できてよかった」
Zプラスサムの独り言
「イルカはなにかもってそうなんだが」
イルカ(妖狐)
「さて役職っぽく見せたが…
狩人日記書いてもな…」
あちゃくら(共有者)
「⑦って言ってたじゃないですかぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~って相方ー??」
蒼星石の独り言
「さて、と。
正直言うと、狂信者は護衛先考えるのにノイズだから排除」
シリウスの独り言
「先に狂人を始末するか
ま、そこはアレだ。最終日の調整狙い。つまり狐噛みかGJ狙いだけだからな」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~あってたけど限りなくどうでもよかったぜ・・・」
Zプラスサムの独り言
「だめ、か」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            ファビオラ は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
七夜志貴0 票投票先 1 票 → ファビオラ
北条沙都子1 票投票先 1 票 → ファビオラ
ファビオラ5 票投票先 1 票 → 蒼星石
Zプラスサム0 票投票先 1 票 → イルカ
長門有希0 票投票先 1 票 → ファビオラ
あちゃくら0 票投票先 1 票 → 北条沙都子
蒼星石1 票投票先 1 票 → ファビオラ
コブラ0 票投票先 1 票 → イルカ
イルカ3 票投票先 1 票 → ファビオラ
ドクオ0 票投票先 1 票 → シリウス
シリウス1 票投票先 1 票 → イルカ
            ドクオ は シリウス に処刑投票しました
            ファビオラ は 蒼星石 に処刑投票しました
            コブラ は イルカ に処刑投票しました
            七夜志貴 は ファビオラ に処刑投票しました
            長門有希 は ファビオラ に処刑投票しました
            蒼星石 は ファビオラ に処刑投票しました
            イルカ は ファビオラ に処刑投票しました
            ゲームマスター:
やあ! みんな待ちくたびれちゃったかな?
ここからはみんなが待ちに待っていた時間の始まりだよ


おったのしみ、エクストラゲーム!!


今残っている自分以外の人の中から一人だけ選んで投票してあげてね
それでね、その中で一番獲得票数の多かった人は首輪が作動しちゃうんだ!

首輪の解除条件を満たしてればその人の首輪を外す事が出来るからよく考えて投票してよね
ただし……その分だけ君達の『賞金』の取り分が減っちゃうけどね……、それじゃがんばってねぇー
            あちゃくら は 北条沙都子 に処刑投票しました
            Zプラスサム は イルカ に処刑投票しました
            シリウス は イルカ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シリウス
「っと、打ち間違えた」
七夜志貴
「さて、この言の葉は真か偽か・・・」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ⑥殺害必須ハ③⑧ダケデシテヨ」
ファビオラ
「で、殺しますか?
私がおめおめ生き残ると、それだけで賞金が増えるかもしれません。」
イルカ
「外道め…」
蒼星石
「⑥吊らなくても【噛まれず生存すれば】①村人は勝てるよ。

だから、言ってるのさ。ファビオラ。
君の言う危機感とはなんだ?
ボクが脱ぐのは、ボクが無害であることのアピールであり、ボクの生存をかけた危機感だ。

安直に吊り先を探す君の危機感とやらはなんだ?」
コブラ
「ほぅ、⑦COかい
で、何か出してくれる情報はあるのかな?」
あちゃくら
「①は⑥をコロス必要はないですよ。
でも、⑥を殺さない場合、①が生き残れる確率なんて、何人中何人?
⑥を連続つりするのが、一番勝ち目が高いのは言うまでもないんです」
ドクオ
「('A`)y-~あーやっぱり持ってたか、とはいえ⑦ね」
Zプラスサム
「>長門有希
完ステを優先した
投票はきょうすけに託すべきところだ」
シリウス
「あ」
ファビオラ
「ヒントを。
最下段に⑥は「いません。」」
七夜志貴
「・・・へぇ、こいつは驚いた。 まさか自分で明かしちまうとはね
ま、それならいいさ 誰にとっても都合がいいね そのまま死んでもいいぜ?」
イルカ
「ほう、ここで⑦をCOしますか…」
ドクオ
「('A`)y-~これはちょっとだが①⑥要素薄めではある、でもあんまり関係ねぇ」
コブラ
「結局、役職だろうがなんだろうが生きていたいのは同じさ
その点で何が出来るか、だろうよ。
とぉころが、これが結構面倒くさい考えだ
まず殺人者の思考読みだとか、これが出来るかって話もある」
あちゃくら
「あと、高額賞金狙いの人っていますか……?
死んじゃったら賞金ももらえないんですよー。最短勝利目指しましょうよ~~~」
Zプラスサム
「完ステだった
そんな存在がいるなんてでもだめだ
まずはイルカであるべきだ」
長門有希
「イルカになにか気になるところがあった?>Zプラス」
ファビオラ
「そして先にいっておきます。
私は⑦です。狼の所在はしっており。
そして⑧は殺せません。」
            北条沙都子 は ファビオラ に処刑投票しました
蒼星石
「自分が生き残ること。
それ以外の何が必要?>ファビオラ」
イルカ
「なん…だと…>シリウス」
七夜志貴
「危機勘・・・ねぇ ならその意図は殺人者に向けられるべきじゃないのかい?
少なくとも アンタがやったのは単なる時間稼ぎさ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ何イッテルンデスカ①ハ⑥ヲツラナクテモイイデシテヨ」
蒼星石
「露骨なアピールするなぁ、ファビオラ。

君のいう危機感というものの申すところにおいて、君は何を目指して、ボクとドクオを吊り候補にあげるのかなー?」
ドクオ
「('A`)y-~ちなみにファビオラは昨日真っ先に25%って言ってたな」
イルカ
「⑥が人柱COは無し
それよりは何故シリウスが完ステだったのか気になるだけ。」
ファビオラ
「あるでしょう。
それならば脱ぐことが危機感と?
あなたはこのゲームの結末になにを望みます?>蒼様」
シリウス
「狙っていたからね>イルカ
正直、GONZOは僕自身だと思った。ただしキョウスケの賭けを邪魔したくなかったんでね」
ドクオ
「('A`)y-~生きたいのは①も⑥も一緒なんだよな」
あちゃくら
「チルノちゃんは役持ちと思われて消されたはず、ですよね?
⑥が賞金ねらいなら、②と⑤は狙いそう」
Zプラスサム
「ファビオラは明日にしよう
ますはイルカsなんだよ お二方」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ誘導ナンテ必要アリマセンデシテヨ」
七夜志貴
「殺しがしたくないってんならおとなしく殺されな。
それが、ここから抜け出すのに手っ取り早いぜ?」
ファビオラ
「いいですが…⑥つり、しなくていいんですね?>北条様」
長門有希
「あちゃくらドンマイ、あそこは狼はないところだったとは本人が望んだことだった
後悔してはいけない」
コブラ
「危機感、ね
俺がこの調子なのはいつものことさ、お嬢さん
ま、そういう奴なんでね。ところが、昨日はキョウスケのCO以外にCOがなかった
情報が少ないさ。その上で君のいう危機感は何を意味しているのか、教えて欲しいね」
蒼星石
「君の言う危機感とやらが、キョウスケ投票なら飛んだお笑い草なんだが
>ファビオラ

君のどこに危機感があるのかな?」
Zプラスサム
「キョウスケは勇気を示した
それを侮辱するかのような投票 俺はイルカを許せない」
ファビオラ
「ドクオさん、蒼さんはどこだろうが不要です。
早くこのゲームを終わらせるのにはそういうところは生贄ですから。」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノファビオラ 吊リデシテヨ」
七夜志貴
「さて、この場において現実逃避を続けてる奴が居るようだが・・・
果たしてそんな奴がこの場に必要かい?」
ドクオ
「('A`)y-~個人的には②より③が出ないほうが不思議だけどな
勝利条件変わってるんだろ?」
イルカ
「むしろ昨日はシリウスが完ステだったので
入れさせていただきました。」
シリウス
「別に狂性じゃないさ>Z
ただ、そこで投票外すのは浮く」
あちゃくら
「おはよう。
キョウスケさん、外れでしたね……って、あそこ⑥なわけないじゃないですか!!!!!!
流れで投票してがくぜんとしちゃったじゃないですかーーーーーー!!!!!」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノオハヨウデシテヨ」
蒼星石
「1つわかってることはキョウスケは①村人
つまり、確定で⑥人狼と④共有者と⑧狐は生存。てとこだね。」
ファビオラ
「さて、おはようございます。
ホンネをいいましょうか。遊んでいることろ、
危機感がないのなら死んでもらえませんか?」
コブラ
「キョウスケの男気は感じたさ
俺達はそれを背負うことも出来る。選択する権利は持っているんだ」
シリウス
「昨日はイルカの票の浮きが気になる所だな」
長門有希
「おはよう、キョウスケナム」
七夜志貴
「やぁ、 どうやらかけは失敗だったようだな。
ま、それもまた一つの結果 俺はどうとも思わないが、」
Zプラスサム
「おい イルカさんよ
あんた何ぜ投票してないんだい」
イルカ
「おはようございます。
今日は何についてCOいたしますか?」
ドクオ
「('A`)y-~カーチャンとか・・・駄目に決まってるだろ」
シリウス
「さて、今日もゲームを始めようか」
コブラ
「おはよう
さぁて、どう動いているものか」
蒼星石
「キョウスケはご愁傷さま。
分の悪い賭け、だったね。まさに。」
ドクオ
「('A`)y-~ 性癖CO 母親×」
Zプラスサム
「おはようさん
マーダーが動きはじめたぜ」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョウスケ さんの遺言
分の悪い賭けは、嫌いじゃない。
チルノ さんの遺言
あたいはあたいが出来ることはした。

これが公開されたって事はきっとあたいはそれに及ばなかったのでしょうね

……やっぱりえんぴつじゃだめ?
            チルノ は無残な姿で発見されました
            (チルノ は狼の餌食になったようです)
            長門有希 たち人狼は チルノ に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノの独り言
「あーあたいっぽい」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~即ちファビオラ村役職目」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~潜在的には、自分が①⑥意外ならまだ25%のほうが先にでやすい下地がある」
あちゃくら(共有者)
「とりあえず、私が噛まれるなら長門さんも⑥はないかな……たぶん」
シリウスの独り言
「とりあえずキョウスケへは惜しみない拍手を」
ファビオラの独り言
「さて、②の生存はありうると。
正直⑧を始末、そのあとは⑥の告発をして終わらせたいのですが。」
            ゲームマスター:
GONZOの人はどうも自覚あったみたいだねー。
キミ、すっごく鋭いよー!
長門有希(人狼)
「チルノ行く」
コブラ(人狼)
「任せるさ」
チルノの独り言
「一番まずいのは噛まれでの敗北。
……おいしくないしね。」
七夜志貴の独り言
「となると、俺か? それなら大外れも大外れだね
俺は残って殺したい」
コブラ(人狼)
「どういうことかねぇ……
投票は正直とは言うが、俺にはその思惑まではわからんねぇ」
あちゃくら(共有者)
「キョウスケさんは①。
そして今回は、②も⑦も出てきてない展開……うーんうーん」
蒼星石の独り言
「まあ、GJなんか出せるわけないよね、この村」
イルカ(妖狐)
「ごめん…GM
むしろGONZOって何?」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~ののワ①だと思うなら20%が先によぎってもおかしくない」
チルノの独り言
「ののワさん誤爆の予感ね。」
長門有希(人狼)
「そう、じゃぁ噛みはどうする?」
Zプラスサムの独り言
「   /\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   >               \
  /                \/ ̄ ̄\
/                   < ̄ ̄\
|                       \   \
|      // ∧ 人      )   \
|    / ////  ) /| /|∧| | ̄\|
\   |人=====/ /==/ |
 /\ |  |   //  /=|   //| |
 \     .|__//_/   \// 」
 <\_         σ   |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |\          /   < GONZOは俺だ! なんつって
    /\ \    ⌒ /      \___________
  /\  \ \__/|\
     \  .| ̄\  / ̄|\
       \ |  く| ̄|つ |
         |_/ ̄\_|」
七夜志貴の独り言
「やれやれ、賭けは失敗 哀れ男は藻屑となりましたとさ―――」
イルカ(妖狐)
「違うのか…南無」
チルノの独り言
「さあ、明日以降がどうなるかね
……蒼星石の提案に乗ること自体は悪くない。
悪くないけど……流石に恥ずかしすぎるわよ、これ」
あちゃくら(共有者)
「④で、ののワさんが相方の場合だけ、①が5人居るとわかるはず……ですよね。
でもそれはないです。」
コブラ(人狼)
「潜伏臭を嗅ぎ取るってのは慣れてないんでねぇ
ま、それはさておき」
長門有希(人狼)
「ところでBETがあちゃくら3で私0ってどういうこと」
ファビオラの独り言
「――Amen、あなたに神の安らぎが訪れますよう。
鉄の塊にのっていたあなたに、そんなものがくるとも思えませんが。」
コブラ(人狼)
「今の所はないな」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~進入禁止じゃない・・・ってことはまあ①だ、間違いない」
            ゲームマスター:
狙いとしてはよかったけどねー。
でも残念。キミはGONZOじゃないんでよ?
蒼星石の独り言
「変態を護衛する…っ!
これぞ完全なる真の変態護衛…っ!!」
シリウスの独り言
「後、カンステ成功ですね
ヤダー」
あちゃくら(共有者)
「外したーーーーーーーーーーーー!??????????」
チルノの独り言
「   r─-- 、..,,___      ____     _,,... -‐‐┐
   /::::::::::::::::::::::::::> --‐'´─‐`--<:::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::ゝ'"            ``''ー-‐ァ::|
   |::::::::ヽ/                  く::::7
   !::::::::/    / /  /  ,  / ,   i   ! ヽ!
   `ヽ7    ,'  /   /‐‐/-./ /:|  |‐- /   i
    ,!   i  ,'  /i __」__ | /:::| /」_ /|    ',
    ノ:|   ノ i  ,ア´ ,.-、`レ':::::::レ´,.-、`i::|  i  ,ゝ    残念だったわね
   く__,| ∠___,! /::!  ! l |      |.l | !:| ,ハ i
   く__!    |/i:::::: ヽ-'    ::.  `'´ ::|//レ'      あんたのはギャンブルなんかじゃない
     ,!    | ⊂⊃      _____   ⊂⊃:!
    イ  i  |  |.     /´ ̄`i    ,ハ`ヽ        逃避よ、究極の。
    /  | ハ  ト      !.,____ン   ,.イ:::::i::::::〉
  |\〈  ,.へ,,!ヘハ  |ヽ. `''=ー-r‐ァ<´レi:::/、(         悔いなさい、霊界でね
  |ヽ )ヽ/     ヽノ、 ``'''ー-r' |::::::/  レ'::::::ヽ,
  \ ヽ,i        ';::\/i`ヽ!:::::i     :::::i.
  __\ ノ    ,   ノ::(_ンハ、_)::::ノ       ::|
  \二,ゝ、r、,.-'^ーr':::::::::::/::::!::::::::ゝ、r、/   ,ン
    ∠____,.ヘ.   |:::::::::::::::::::i::::::::`/  `ヽァ'"
       ,.::'" ̄`ヽ、____;;::-─-、/.,______/
      /:::::::::::::::::::i::::::ヽ、:::::::::;:イ´:::::::::::`ヽ.
    /ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::`:::::/::::::::::::::::::::::::::::':,
  rン´   ヽ/\;:ヘ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::∧/ヽ.」
長門有希(人狼)
「外れだった模様」
あちゃくら(共有者)
「言ってましたね。でもののワさんがなに持っていったかなんて、誰にもわからないんじゃ?」
            蒼星石 は ドクオ の護衛に付きました
ファビオラの独り言
「さて、結果は如何。
――全く同じこと、すでにした方がいるのですよ。
キョウスケ・ナンブ様。」
シリウスの独り言
「しかし、だがしかし
男が一度やると決めた事にどうして口出しできようか」
蒼星石の独り言
「さて。

・女の子を噛んでくる
・汚いアイコンを噛んでくる

さあ、どっちだろうな。」
            ゲームマスター:
お待ちかねっ、結果発表っ!!

今日のエクストラゲームで キョウスケ は首輪が作動したみたいだよ
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~まあしゃーないんじゃない?<キョウスケ⑥じゃない」
長門有希(人狼)
「どこか噛みたいところ有る?」
コブラ(人狼)
「どうなるかねぇ?」
イルカ(妖狐)
「これはまずったな…」
シリウスの独り言
「正直、GONZUは僕だった気がする」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~ファビオラ・・・即1/4って言ってたな」
チルノの独り言
「さあ、結果はどうなるのかしらね」
あちゃくら(共有者)
「よく考えたらキョウスケさん⑥なわけないじゃないですかーーーーー!!!!!」
長門有希(人狼)
「さてどうなるか」
Zプラスサムの独り言
「      ,. -─- 、
  ,ヘ./:::::::::::::::::::::::::Y⌒ゝ
  7::::::::::::::::::::::::::::::::::'⌒ヽ
  {:::::::::::;ィz'_,.ィ,ノjハゞ!ハ)`
  ヽ.__.イ frテ Y-fh^/}′
   〈.(ヘヽニ´ノ  tァナ′ばーろー 中身俺だぜ
.   ,.≧-へ,.、_ニィく
   |丗〈:::ヽj__;Ll⊥;ヘ
   ||:::| ヽ:〈仙´|」>'::ノ」
蒼星石の独り言
「ああ。遊び過ぎてログ取り忘れたw」
イルカ(妖狐)
「むしろ完全ステ…」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            キョウスケ は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
七夜志貴0 票投票先 1 票 → キョウスケ
チルノ0 票投票先 1 票 → キョウスケ
北条沙都子0 票投票先 1 票 → キョウスケ
キョウスケ11 票投票先 1 票 → イルカ
ファビオラ0 票投票先 1 票 → キョウスケ
Zプラスサム0 票投票先 1 票 → キョウスケ
長門有希0 票投票先 1 票 → キョウスケ
あちゃくら0 票投票先 1 票 → キョウスケ
蒼星石0 票投票先 1 票 → キョウスケ
コブラ0 票投票先 1 票 → キョウスケ
イルカ1 票投票先 1 票 → シリウス
ドクオ0 票投票先 1 票 → キョウスケ
シリウス1 票投票先 1 票 → キョウスケ
            イルカ は シリウス に処刑投票しました
            七夜志貴 は キョウスケ に処刑投票しました
            蒼星石 は キョウスケ に処刑投票しました
            長門有希 は キョウスケ に処刑投票しました
            キョウスケ は イルカ に処刑投票しました
            あちゃくら は キョウスケ に処刑投票しました
            ドクオ は キョウスケ に処刑投票しました
            北条沙都子 は キョウスケ に処刑投票しました
            コブラ は キョウスケ に処刑投票しました
            ファビオラ は キョウスケ に処刑投票しました
            ゲームマスター:
やあ! みんな待ちくたびれちゃったかな?
ここからはみんなが待ちに待っていた時間の始まりだよ


おったのしみ、エクストラゲーム!!


今残っている自分以外の人の中から一人だけ選んで投票してあげてね
それでね、その中で一番獲得票数の多かった人は首輪が作動しちゃうんだ!

首輪の解除条件を満たしてればその人の首輪を外す事が出来るからよく考えて投票してよね
ただし……その分だけ君達の『賞金』の取り分が減っちゃうけどね……、それじゃがんばってねぇー
            Zプラスサム は キョウスケ に処刑投票しました
            シリウス は キョウスケ に処刑投票しました
            チルノ は キョウスケ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ
「……うー…どうなってんのよまったく…」
キョウスケ
「これが…この賭けこそが、俺の"切り札"だッ!!」
ファビオラ
「では、今日のエキストラはキョウスケ様で。
語武運を。」
Zプラスサム
「あ、あるよ! まず武器をおろす! 
あとは・・・あとはああああああああああ」
ドクオ
「('A`)y-~2-2-1や2-2で終わるとして、
①の生存率って2/10か、GONZO狙いって悪くないのかもな」
あちゃくら
「なっ、長門さんだって平面じゃないですか!!!」
七夜志貴
「それじゃ、やろうか?」
蒼星石
「しょうがないなぁ(しゅるしゅる、ぱさっ)

これで文句はないだろ。」
コブラ
「全く世知辛いねぇ?>蒼星石
ま、事が終わって両方無事ならそのとき頼むさ」
イルカ
「むしろ変形かと…>Zプラスサム 」
あちゃくら
「脱がないでーってそれ服じゃなくて装甲じゃないんですかー!???>Zプラスサム」
長門有希
「プッ、まったいらが何を言ってるの>あちゃくら」
ファビオラ
「――脱ぐ、下劣で、浅ましい!」
チルノ
「あんた脱ぐものないでしょう!?>Zプラスサム」
七夜志貴
「さて、ね 生き残るのは⑥の気分次第
なら純粋な確率でここを試すってのはアリなんだろ
もっとも、俺はそんな賭けはする気はないがね」
コブラ
「今更俺が犯罪云々語る気はしねぇさ
ま、羞恥心もチラッとあるかね」
Zプラスサム
「俺 脱いでも凄いんです!」
キョウスケ
「挑戦するさ。
この賭けこそ、我が活路>長門」
イルカ
「変態は少し黙りましょうね>蒼星石

でも脱いだなら服はください」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ私ハ①デスケド徹底的ニ⑥ニ味方スウルデシテヨ」
ファビオラ
「それで結果がでるのなら…
あなたの勝ち、そうでなければ惨めな屍。とてもいいことですわ。
キョウスケ・ナンブ。」
蒼星石
「>コブラ
貴方が望むならベッドの中でもいいんだけどね。
あいにく、夜の同伴は禁止されてる。」
チルノ
「……て、ていあんじたいはわるくないけど…
………さすがに、こう…ね、はずかしいわよこれ…うわ、かんじがでてこない>そうせいせき」
ドクオ
「('A`)y-~公園でやったら逮捕される、犯罪はよくないよね、うん」
Zプラスサム
「裸になる いいことだ
俺もぬぐ・・よ」
あちゃくら
「いやそれも意味わかんないから!
キョンくん以外に見せる裸なんてないもの!!」
キョウスケ
「俺は俺だ。そいつじゃない。
必ず成功するとは言わん。
だが、成功する可能性は小さくは無い。>ファビオラ

ならば問題はない」
長門有希
「確率は2割か2割半、かなり分の悪い賭け
それでも挑戦するというの?」
ドクオ
「('A`)y-~トキハナツ?>蒼星石」
イルカ
「ここでそんなことを言い出すあたり④では無いようですね>北条沙都子」
コブラ
「ヒュー
ベッド以外で下半身露出ってのはしたくないんだがね>蒼星石」
Zプラスサム
「そうか ののワさんの考えを読んだということだな」
あちゃくら
「長門さんこそ、知ってることあったら言って!
特に⑥2人の居場所がわかってるなら教えて~~~~~
そこ2人吊れば帰れるのーーーーーー」
ドクオ
「('A`)y-~初日が①だとして1/4の確率・・・・確かに最後まで生き延びる確率とどっちがいいんだろうな」
ファビオラ
「…クス?ご存知ですか?
私は聞きました。あなたと同じことを死んで惨めに死んだ方のことを。
それでも貫き、通すなら…私はアナタをエキストラ投票しましょう。」
チルノ
「……こほん、でキョウスケは勝手にすれば?
命知らずはあたいは嫌い。勝手に死ねばいいんじゃない?」
蒼星石
「ところで、ボクの提案に乗る人はいないか?
ボク?脱げと言われたらもちろん、脱いでいいが。」
七夜志貴
「4分の1 それは初日が①なら。いずれにせよ可能性は薄い
いいね、そういう賭けは嫌いじゃないぜ 乗ってやるよ」
キョウスケ
「俺の意図は理解できたはずだ。
そしてお前らと利害も一致している。
俺を、吊れ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノムシロ④告発スルベキデシテヨ」
イルカ
「ああ、GONZOプレイヤー狙いか…
分の悪い賭けは…大好きでしたね」
コブラ
「結構、リスキーだぜ?
まぁ、最後まで立っていられるかどうかもリスキーだけどな
それでも望むって言うなら……よろこびゃしないが、介錯は手伝ってやる」
蒼星石
「キョウスケが①でGONZOならおめでとう。
ボクらは今日の吊り先を確保できて1日の命を確保できる。

悪い話じゃあ、ないね。>キョウスケ」
チルノ
「はだ、はだかぁ!?
いや、いやいやいや!?そーせいせきなにいってんの!?ばかなの?ちるの!?」
Zプラスサム
「まさか自分がGONZOであることに賭けたのか」
あちゃくら
「ああ、GONZOねらいって、それってねらってできることなの~~~~????」
ドクオ
「('A`)y-~性癖じゃないけど、哺乳類の中でも人間がいい>イルカ」
七夜志貴
「・・・なんだよそりゃ どんな命乞いをするかと思ったら・・・
とんだ期待はずれだな」
キョウスケ

分の悪い賭けは――――嫌いじゃない!!
イルカ
「①だからと言って生き延びる方法?」
ファビオラ
「…ギャンブラー…唾棄すべき存在ですわね。
あなたは4分の1にかけるのですね?キョウスケ様」
キョウスケ
「限りなく低い可能性。
しかし、決してゼロではない可能性。」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ極端ナハナシ③以外村勝利必要ナシデシテヨ」
あちゃくら
「え?
キョウスケさん、それってどういうこと?
人柱してメリットのある人っていたかしら……③?」
長門有希
「キョウスケ、あなたGONZOねらい?」
Zプラスサム
「なぜか人柱が出ている
理由は不明だ だが吊るのだろうな」
コブラ
「人柱COねぇ……
するようならまず①ってことだ」
チルノ
「な、なあ!?何言ってんのよあんた!?」
イルカ
「ドクオは②出ないなら黙りましょう」
キョウスケ
「GONZO。
初日に吊られた村人が、無条件で勝利する、唯一の道。」
ドクオ
「('A`)y-~・・・凄く・・・・性癖です・・・・」
七夜志貴
「・・・へぇ、わざわざ死にに出てくる奴が居るとは思わなかった>キョウスケ」
キョウスケ
「俺は①だ。
①だからこそ、一つの勝利条件がある。」
ファビオラ
「さて、いかがいたしましょうか?
賞金がおいりの①の方はでることをおすすめします。
4分の1で賞金はあなたのものですよ。
でないなら・・・生き残りましょう。」
イルカ
「火、人柱COですか?
何故に?」
チルノ
「言ってみなさいよ>蒼星石」
Zプラスサム
「疑心暗鬼 そらはとてもかなしいことだ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ②ハデルベキデシテヨ」
あちゃくら
「ドクオさんは②なの?……って、性癖なんか聞いてないから!!」
長門有希
「あちゃくら、なにかわかることがあるならこっそりおしえなさい」
蒼星石
「武器とかそういう怪しいものを隠してない証明として、全員服を脱いで裸になる、というのはどうだろう。」
コブラ
「全く、幼女に性癖って度し難いねぇ
あぁいうのは育ってからが華だぜ」
キョウスケ
「皆、俺に投票しろ」
七夜志貴
「提案? 言ってみなよ 場合によっては乗ってやってもいいが>蒼星石」
チルノ
「うわあ、すごくドクオ吊りたい」
イルカ
「さて誰が何番のカードを持っているのでしょうか?」
ドクオ
「('A`)y-~
説明しよう、性癖鑑定師とは、一晩ごとに自らの性癖を一つずつ明かしていくのだ!!」
蒼星石
「ボクらはここに集まっているが敵なのか味方なのか、その正体はまったく不明だ。
下手すると疑心暗鬼になりかねない。

そこで、だ。」
Zプラスサム
「性癖COしてる変体がいるぞー
これは逮捕しよう」
キョウスケ
「人柱を、COする」
蒼星石
「ここで1つ提案したいことがあるんだが。」
長門有希
「おはよう」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノオハヨデシテヨ」
チルノ
「おはよう、COするひとはすればいいんじゃない?」
コブラ
「ん……おはよう
全く、面倒くさいことに巻き込まれたモンだ
嫌だねぇ、海賊ギルドが関わっているかどうか
まず見当だけでもつけておくかね」
イルカ
「おはようございます。
何についてCOしますか?」
蒼星石
「おはよう。
殺し合いのゲームの始まり、てわけか。」
ドクオ
「('A`)y-~ 性癖CO 幼女◎」
七夜志貴
「さて、 殺し合いの始まりだ 何か言いたいことがある奴はいるか?
いないならさっさと始めようか」
あちゃくら
「おはよう。
……長門さん、⑥? ねぇ⑥?
⑥なら吊られて。私はとにかく早くキョンくんのところに帰りたいの~~~」
ファビオラ
「おはようございます。
さて、殺すのですか?残すのですか?
……私は残したい。このゲームを、破壊したい。」
Zプラスサム
「おはよう
色んなPDAがばら撒かれた
そんな中俺に配られたのはとあるPDAだ
ジョーカーが1 マーダーが1匹いるらしい」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ののワさん さんの遺言
のヮの<今日はカレーよ。
            ののワさん は無残な姿で発見されました
            (ののワさん は狼の餌食になったようです)
            長門有希 たち人狼は ののワさん に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~なんか俺吊られそうな気もするけどな・・・まあ頑張る」
チルノの独り言
「       ,.-‐- 、,         ,..:::'"´i
      /::::::::::::::::`'::..、    /:::::::::::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::\--/:::::::::::::::::::ヽ.
      |::::::::::::::> '"´ ̄ ̄`"''<:::::::::::::\
      |::::::::/           __\::::::::::::::>
    /::::::/   / ̄`    ´     `ヽ;::::/
   /:::::::::7   /    ,   ,   ,      ∨  
    \:::::::|  |   /|   / ! /|-‐ハ     \
     \::!  ,'  |/ー!-イ__,レ' レァ'ハ|   ! r--`   …GONZOかしらね、直感だけど
    /::7 /   !r ‐ァ'7ハ'    り ノ| /|/\
    `ヽ/ ∠,_!  八 弋__,ノ       ∨∧ ̄     ……でもそんな勝ち方する気ない。
     /   ノイ ヽ.`' ー  , -‐、  人' |
     !     ∧  ト 、.,_ (  _,ノイ ∧/__      何騙ってでも生存して勝ちに行くわ
   |\| ∧  /  \|_, イ\ ̄「\-|/ ´ |/
   | | \ \|/ア´`ヽ\__>rイヽ. \/       そうじゃなきゃ、面白くないじゃない
   ∨ヽ.__>、, /     \::::/ム:::::', __,〉-‐ ァ
    \ /   ヘ   、__ ノ::く__r-、〉:|´ \/
      >---‐>、r'´  \:::::::::::>'´ ̄ ̄__ソ
    <.,____,,.イ 〉\   \/  、,__ン´〉
      / / /:::::::::\  ´   .∧ /
     ∠,_>'/::::::/:::::::::::::`:.、,__/:|::::\ソ」
あちゃくら(共有者)
「さらにいえば、長門さんが⑥だともっとベスト!
じゃなきゃ、私たちの代わりに噛まれて!!」
シリウスの独り言
「んー、遺言は念の為で一応差し替えておくか」
あちゃくら(共有者)
「ええ……なにより私は、無事に帰ってキョンくんに会うのが目的なんだもの。
⑥連続吊りがベストよー!」
蒼星石の独り言
「というわけでどれだけGJ出せるかにしか興味はない」
長門有希(人狼)
「そう、ならそれでいい。」
シリウスの独り言
「しかし……あのイルカ懐かしいな。ウインドウズのアレか」
イルカ(妖狐)
「GONZOプレイヤーってなんだw」
長門有希(人狼)
「蒼星石、チルノ、さとこは残す感じでいい?」
Zプラスサムの独り言
「吊られたらクリアの人だよね」
七夜志貴の独り言
「あぁ、狩人をCOすれば生き残れるか?
長く殺せるって訳だ それもいいね」
あちゃくら(共有者)
「相方バラしたところで、4日目までに殺してくれるはずがないですし。
4日目すぎたら必ず殺されますし。
勝負を早く終わらせるにしても、賞金を多く稼ぐにしても、2人ともバレちゃった④なんて、2人とも勝ち目をなくされるだけなんですよね」
コブラ(人狼)
「特に残したいって相手はいないさ」
            ゲームマスター:
それと最初の殺害だけは超過2分でおねがいね
それ以降は超過即殺でもおっけー
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~片側死亡の条件はお互い噛まれた時ってことで」
ファビオラの独り言
「さて…最終日3ないし4、狐には是非ともご退場を。」
七夜志貴の独り言
「全員蝙蝠 だが、格役職毎に設定されてる勝利ってことさ」
蒼星石の独り言
「特に最近、2W残し飽和勝ち目指す方針な以上、狩人が勝ちに向かう余地がない」
Zプラスサムの独り言
「書いてないし
問題ないか」
コブラ(人狼)
「あまり女性に手出すのは好きじゃないんだがね」
シリウスの独り言
「ああ、そっち側面の方が色濃いですか」
            ゲームマスター:それと今回のGONZOプレイヤーは……うん、キミに決めた!
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~なら話は早い・・・・狼と狐を吊るのみ・・・・」
長門有希(人狼)
「そっちは残したいあいてはいる?」
チルノの独り言
「       ,.-‐- 、,         ,..:::'"´i
      /::::::::::::::::`'::..、    /:::::::::::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::\--/:::::::::::::::::::ヽ.
      |::::::::::::::> '"´ ̄ ̄`"''<:::::::::::::\
      |::::::::/           __\::::::::::::::>
    /::::::/   / ̄`    ´     `ヽ;::::/
   /:::::::::7   /    ,   ,   ,      ∨   
    \:::::::|  |   /|   / ! /|-‐ハ     \
     \::!  ,'  |/ー!-イ__,レ' レァ'ハ|   ! r--`  ふうん、素村…ねえ。
    /::7 /   !r ‐ァ'7ハ'    り ノ| /|/\
    `ヽ/ ∠,_!  八 弋__,ノ       ∨∧ ̄    ……ま、自分が生き残れればそれでいい。
     /   ノイ ヽ.`' ー  , -‐、  人' |
     !     ∧  ト 、.,_ (  _,ノイ ∧/__     シンプルな役職ね
   |\| ∧  /  \|_, イ\ ̄「\-|/ ´ |/
   | | \ \|/ア´`ヽ\__>rイヽ. \/      でもそれ故に凄く脆い。占い師の気分一つで吊られてしまう
   ∨ヽ.__>、, /     \::::/ム:::::', __,〉-‐ ァ
    \ /   ヘ   、__ ノ::く__r-、〉:|´ \/
      >---‐>、r'´  \:::::::::::>'´ ̄ ̄__ソ
    <.,____,,.イ 〉\   \/  、,__ン´〉
      / / /:::::::::\  ´   .∧ /
     ∠,_>'/::::::/:::::::::::::`:.、,__/:|::::\ソ」
蒼星石の独り言
「狩人で勝利とか無理だろ。」
ファビオラの独り言
「長門を残します。
コブラさん切り捨て…基本は村残しを狙う。」
Zプラスサムの独り言
「これは自分の生死どーなんだ」
            ゲームマスター:グレラン村というよりは全員蝙蝠な村みたいな感じだねー。
長門有希(人狼)
「とりあえず私としてはあちゃくらは残してほしい
いると便利と思う」
七夜志貴の独り言
「何かあれば狩人ってことでいい」
蒼星石の独り言
「正直メモしてなかった。
とりあえず死体無しがんがんだせばよかったよね」
シリウスの独り言
「シリウス=天狼星

つまり僕はLWの天狼だったんだ!!


一応これ、ありえないからネタ認識されると思うけど狼COっぽからアウトかな?<GM」
コブラ(人狼)
「ま、頑張るか」
北条沙都子の独り言
「(o・ェ・o)ノ了解デシテヨ」
あちゃくら(共有者)
「あ、4番は相方売ったら勝てないから売りません。」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~そうか・・・・売るのね・・・・」
イルカ(妖狐)
「マジですか…
このRPで狐はきつい」
ファビオラの独り言
「――婦長様、あなたの意思、私が。
坊ちゃま、待っていてください。
ラブレスの再興のためにも、きっと。」
キョウスケの独り言
「問題ない
そして、今後の戦略も問題ない>GM」
あちゃくら(共有者)
「はわわわわわわ!?
えっ、変態? 私にはキョンくんという心に決めた人が!」
長門有希(人狼)
「まず狼になれたのは運がいい」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~あちゃくらさんは俺を売るの?」
シリウスの独り言
「まぁ、グレラン村だと思えばいいか」
Zプラスサムの独り言
「③霊能者
勝利条件:村人陣営の勝利
役職解説:あなたのPDAには首輪が作動した参加者の正体を見破る機能が付与されています。」
七夜志貴の独り言
「あとはどうにかして生き残る
それだけだ 面倒だ、騙る気も起きないね
            ゲームマスター:
みんな自分の勝利条件はわかったかなー?
コブラ(人狼)
「全く狼とは因果だねぇ
業からは逃げられんとでも言いたげだ」
シリウスの独り言
「フム……一番厄介なのが来たな」
ドクオ(共有者)
「('A`)y-~って共有か・・・よろしくっていうのマンドクセ」
蒼星石の独り言
「正直、やる気ない時にこれだ。
ま、いいか。どうせ勝つ気ないしな。」
チルノの独り言
「       iー -  .,           ,,. - - ― ''  ̄!
       |      `i`` ー - .,_,.´ -- ‐ 'i      ,'
     __,,. -―''/`` ヽ!            i     /
     |    ./    i    /ヽ,       !`` ー - .,,__
     !   /     |   ,'  ヽ,   i',   ヽ,     /
     ', ./      |   i    ',  ,' i    ヽ,   /
     /    -!‐/ !  |   ― !/- |     ',   ',
     ,'      / '   ' , |       |      i    i
     i , 7   /-―   ヽ!  ――-- |      |    !
     ! ' ,'   /               !     |、ー‐ ''
      i ,, イ               /      | ヽ,
     /! / 人"          "" /  ,   , !  ',
   ∠..,,_`/  >、/ ̄ ̄ ̄/7    ∠,,.. ' i  / !/ ,、 i   ……さてひなたさんの元で使うのって結構あれなのよね
       i  / /     //        , '| /   ,' ヽ !
       | / /     //` ー - r -‐イ ., !/i   /  `   絶対RP出来てる気がしないから、うん
       ヽ' /__   _//';     /   ヽ ` |  /
       ,. ''ヽ,--,__/ i、 .,,_/´~`` 、.!ー- !/` 、
      ヽ .r/ / ' .,_,,.ノ  /     ノ  く´i 、/
      /r' 'ー;'       ' ー ‐ ''    < ' 、 \
      ` 、,!  '-‐ i /ヽ  /ヽ /` 、  i` 、!  ゝ´
        ',/´`ヽ, '´ ..,,  ヽ/  ;' -、 ヽ/   /
        /   , 'ー' `` 、__/   ;ー-―'' "
        ' ー '        i   /
                   ' ー ''」
あちゃくら(共有者)
「④番……しんどそうなのが来たわー」
キョウスケの独り言
「――――任務、遂行させてもらう。」
Zプラスサムの独り言
「お、霊だ」
七夜志貴の独り言
「村人・・・ね まぁいいさ 長く殺せるってことだね」
ファビオラの独り言
「…⑦、ですか。
これはこれは。」
キョウスケの独り言
「OK、狙い通りの役職だ」
ドクオ(共有者)
「幼女・・・・ある意味幼女・・・」
コブラ(人狼)
「よろしく頼むぜ」
長門有希(人狼)
「狼、よろしく」
            村人5 人狼2 占い師1 霊能者1 狂人0 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者1 (決定者0) (権力者0)
            ゲーム開始時間:2010年7月25日1時16分
七夜志貴
「――さぁ、殺し合おう」
コブラ
「後は始まるのを待つだけさ」
七夜志貴
「1」
ドクオ
「('A`)y-~金より幼女・・・・」
コブラ
「次回、
『シークレットゲーム、0814』
でまた逢おう」
七夜志貴
「2」
イルカ
「コピーを完了しました。
次は何を行いますか?」
七夜志貴
「じゃ、カウントだ 3」
あちゃくら

         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤
         ヽ'_ `T ┬'T´ l ,〉
          ` 'ー┴r'フ´
               ´
ここで大金をゲットして無事帰れば、きっとキョンくんも喜んでくれる……」
ののワさん
「霊能の勝利条件が前回から変わってるよ。
それじゃはじまりはじまりー。」
Zプラスサム
「おkだ」
七夜志貴
「そうだな、霊能の勝利条件が変更されてる 注意しとけよ」
ドクオ
「('A`)y-~準備完了している」
ファビオラ
「いわれずとも。
さて、最高に馬鹿げていて、最高にクソッタレなゲームを始めてください。
――血と硝煙にまみれた肥溜めは、綺麗に清掃しなければ。」
長門有希
「それでは開始しよう
あちゃくらも適当に頑張って」
キョウスケ
「アルトアイゼン…出る!!」
イルカ
「霊能の勝利条件が変わってるんだっけ?」
七夜志貴
「準備は万端 いつでもいける」
チルノ
「おっけー。」
シリウス
「了解だ」
コブラ
「理解したぜ」
ののワさん
「ルールのコピペはちゃんとしといたほうがいいよー。
ちゃんと自分の勝利条件の把握はしといてよね。」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ了解デシテヨ」
七夜志貴
「準備はいいか? いいなら指示があり次第カウントをするぜ
3から行くからな 結構時間がかかってる」
あちゃくら

            Yノ     __
            |´ノ ,. ‐'"´    `゙'''‐.、
            l´ノ'", _       ,  _`ヽ_
            {ノl'''¬--=ニ二 ̄ / /. `´ `´ヽ
     ,.-'"´ ̄`゙''"<ソ、゙'ヽ、 -、  ̄/ /       ハハ
   ,イ,イ ̄/ ̄`7ヽ、 ヾヘ  _>、 `ヽ| /  ,      | .|
  / /   /   |   ヘ l |ヽl´  `>-| |  / 、 l  l  | |
 /  /  /    |   | | トソ |_/,┤ ゙、_/_ ヽ'  l  ハノ
└、-rー-r-=、__|_  | .| ノ、)|、  ( .|   .kュ、,´〉-'ー‐'
   |   /ー-- /  7-'、_Y'l  l `ー' ,>|  ハ(/ /
   |  ハ ,、 /  ハ ̄  |   / .|   | _ |
   | / ヾヽ./ /ー'`/¬`'r‐'「  .|  .ト‐'"
   ゝ'      し'   └‐r-r'  |   |  |
               `´ └r‐rヘ   |
                   `'  ヽ |
                      ヽ'

ちょっと重くなってたの……投票遅れてごめんなさい~~」
キョウスケ
「うむ、理解した」
ののワさん
「【重要な事】
①遺言はネタ遺言だけ、役職COとかは一切禁止
②役職:村人の騙りもここではOK
③役職:村人の中から1名、初日エクストラゲーム対象者が決定」
長門有希
「AA探してたら人が来ていた
よかった」
七夜志貴
「ま、集まったなら始めるとしようか?あちゃくらは投票してくれ」
ファビオラ
「通常のゲームが良いのですから。
これが正常です。
まぁ・・・生きれるかどうかは別ですがね>シリウス様」
シリウス
「いずれにせよ、よろしく」
コブラ
「空気なんて読むモンじゃねぇさ。
どっちだろうと特殊村の領域だしな」
ドクオ
「('A`)y-~狼から逃げるのマンドクセ・・・・先に吊れば安全じゃね?」
ののワさん
「よかったよかった、ありがとねー。」
チルノ
「よめてるわよ>シリウス」
シリウス
「ならいいんだけど
しかし懐かしいイルカだ」
イルカ
「そんなことは無い>シリウス」
チルノ
「ドクオどんまい。」
蒼星石
「いーんじゃない?>シリウス」
シリウス
「こんばんは
あー、空気読めてなかったか」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノデシテヨ」
コブラ
「いい対比だとは思うが別に何もおかしくはねぇな<アイコン」
ファビオラ
「きましたか。
それではあらためて。」
キョウスケ
「助かった
貴君の支援に感謝する>シリウス」
シリウス
「あれ、入らない方が面白そうだったかな?>即興特殊ルール」
七夜志貴
「あぁ、どうやら始めることが出来そうだな」
イルカ
「埋まった埋まった」
Zプラスサム
「 これドクオ狙われてね? アイコン的に」
チルノ
「きたきた。よかったわねー」
七夜志貴
「それならそれで仕方が無いな。 そういう日もあるってことだ
観客のニーズにはそぐわないって事かね」
Zプラスサム
「おっきたね」
コブラ
「よぉ、歓迎するぜ
これで14だ」
            シリウス さんが村の集会場にやってきました
ののワさん
「ただ普通のじゃつまらないから、ちょっと特殊ルール即興でつけてみようかな?」
チルノ
「あーうー。」
コブラ
「今日は人の集まりも悪いしな。
仕方ないさ、こう言う日もある」
ののワさん
「あまり待つのもあれだから5分経って誰も来なかったら普通村にするよー。」
あちゃくら

        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_

うっかりで私利用して生き残るとか言わないで!
というか、うっかりってことは本音だったと認めたわけよね???」
蒼星石
「蹴ってしまうと、また人待ちの時間なんだけどね」
コブラ
「縁があったらまたあおうぜ>さりえり」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
            さりえり さんは席をあけわたし、村から去りました
            蒼星石 は さりえり にKICK投票しました
            北条沙都子 は さりえり にKICK投票しました
            七夜志貴 は さりえり にKICK投票しました
            ファビオラ は さりえり にKICK投票しました
イルカ
「すぐ蹴っちゃうんだね
仕方ないね」
            Zプラスサム は さりえり にKICK投票しました
ファビオラ
「けりますね。」
ののワさん
「それじゃ蹴っちゃってー」
チルノ
「んー仕方ない、かぁ」
あちゃくら
「蹴りましょうかー。
回線の不具合なんかも考えられますし」
長門有希


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|f仡ト  f仡ハ/ノリ/  ついうっかり
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く」
七夜志貴
「蹴るしかないな、悪いが 反応が無いなら仕方がない」
キョウスケ
「どうだろうな
トラブルかもしれん、どちらにしろ、放置は出来んが」
七夜志貴
「いいね、いろいろな思念が渦巻いてる
そういう中で俺は純粋に誰かを殺す 是非を問わずにな
全く、誰かは知らんが この喜劇の脚本家は役者の起用がいい・・・」
コブラ
「反応がねぇな……
こいつは蹴るしかないんじゃないか?」
ファビオラ
「…仕方ないです。そのうえでまつしかないかと。」
蒼星石
「蹴るしかないんじゃない?ここまで来て反応ないのは」
長門有希
「さりえりいる?」
ドクオ
「('A`)y-~えっ?>チルノ」
ののワさん
「さりえりさん挨拶以降の反応が無いんだよねー。
うーん、蹴っちゃうしかないかな?」
あちゃくら

      _ ,. -‐フ^ヽ--/ `ヽ、_  _
    ,.イ   ̄´    ヽ' ,、  ` `´ .ヽ
   //     ,  ,'ヽ,/_ ', l     ヘ
  / /       ,'   | `´  l l   ',  ',
. / l ,'  ,'  __l__ リ    | |_,   ',  ',
,'- | |  ,'   ハ `゙'ト    ,ィ''´L.....__',  ',
  | l_l _, r-,.-‐‐-.、    ,,-‐‐‐、 |`  r-'
  |   ´ l弋   _,ノ   ヽ、......ノ ',‐''´',
ニァ|    |   ̄´            ',  ',
  l |    |      「 ̄ ̄l     ',  l
  ,lヽ    | U     |    |    ,ノ  l
  l l    .l_    |   _|  _,..ィ'     l
  | ',    ',`>‐、-- ̄r‐ヾ´  ',.    l
  |  ',    ',   ヽ'´ `|  \  ',    l

長門さん、本音と建前を逆にしないで……」
チルノ
「えっ?>ドクオ」
コブラ
「さりえりー?」
イルカ
「おーいさりえり生きてるのか?」
Zプラスサム
「さりえり いねーのかい」
ドクオ
「('A`)y-~えっ>チルノ」
ファビオラ
「さりえり様、いらっしゃいますか?」
チルノ
「えっ>ドクオ」
ドクオ
「('A`)y-~雛苺はいないけど・・・チルノ・沙都子・長門、よりどりミドリではある・・・」
長門有希

                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |
     /´ ̄゛`ー‐-、____,ノ l,イ:::|  ∨//,|:::|     ∧
     /               /::;}  //// |:::|     ∧
     {             /:::;/  ~ ~ |:::|       }
     ∨          /:,ィ___,,∧_,}:::}        j
     ヽ,____,.─'"´:://   ̄/゛/::/´        /
      ヽ::::::::::::::::::;__;::-‐'´:::/    /::::{:::{         ,/
あちゃくらを利用して生き残ってやろう
(一緒に協力して頑張ろう)」
イルカ
「それじゃあ始めましょうか」
七夜志貴
「それはいいんだが・・・さりえりが投票してないぜ?>ののワ
それじゃあ始めることはできそうにない」
コブラ
「おいおい、そこの奴は大丈夫か?」
七夜志貴
「ま、殺したくないって言う奴がいるならいいさ、
そういう奴を殺していくだけだしな」
ファビオラ
「用意完了です。
さてはじめましょうか?坊ちゃまと、婦長様のためにも。」
ののワさん
「それじゃアンカーはそろそろおねがいするよー。
ルールのコピペとかも忘れないでね?」
あちゃくら

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

(それに、うまくすればここで長門さんを亡き者にできるかも……

 そうすれば、キョンくんはもう私のもの同然……!)」
イルカ

           , '´l,
       , -─-'- 、i_
      , '´○ _ ○  ヽ、
      i    /  |     ヽ、<そんなことは無理!
       ゝ ├-┤       ',
      〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
       `ー´    ヽi`ヽ iノ
                ! /
              r'´、ヽ
              `´ヽノ 」
コブラ
「ま、気楽にしてたほうが身の為だ>あちゃくら
気負いすぎて、自分の命すり減らしちゃ元も子もないぜ?」
イルカ

| 何について調べますか?
| ┌────────────┐
| | お前を消す方法       |
| |                   |
| └────────────┘
| [ オプション(O) ]   [ 検索(S) ]
|
`──────────┐ ┌───
           , '´l,  ..| ./
       , -─-'- 、i_  |/
    __, '´       ヽ、
   ',ー-- ●       ヽ、
    `"'ゝ、_          ',
      〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
       `ー´    ヽi`ヽ iノ
                ! /
              r'´、ヽ
              `´ヽノ」
ドクオ
「('A`)y-~練炭とかマジおすすめ>蒼星石」
チルノ
「そういえばさりえりさんは生きてるのかしらね
あたいちょっと心配なんだけど。」
七夜志貴
「精々楽しもうじゃないか ゲームをさ、 どうせ、ここでやれることなんて
それだけなんだろ?」
蒼星石
「>ドクオ
他人をいけにえにすればいいんじゃないかな」
Zプラスサム
「いるぜ」
ドクオ
「('A`)y-~生き残るとかどうすりゃいいのか・・・・」
あちゃくら

  /          ,.、    ヘ
 / /     /  /,ヽイ=ハ     | |
./ /  /  / //::::::::::::::::| l  __,,,⊥ |
| /   |  ,⊥、|_|:::::::::::::l:::::Lイ´  | ハ__
lイ.   |   | 「゙lヽ:l::::::::ー"'_,二ニ=-´::::::::/
└、  |_,..,-',ニ=-ー::::::::::::::::::::=-ー¬::::::::/
  /´  |:::::=-‐¬'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  /   |::::l::l::l:l::::   _         /
 /    l:::::::i::i:   F ̄ ー┤      /
. /   /       |    |       ,'
./.  〈       |     _|     |
'     丶、      L'ニ ̄‐┘     |
|     `ヽ、_     ____________,..,イ
|    / /   `>'゙´      `゙|

長門ザーン……

愛するキョンくんの元に帰るには……闘うしかないのね……
ええ、こうなったらやってやるわ……
よく考えたら私、元々は目的のためなら手段選ばない女だったもの……」
ファビオラ
「えぇ、できるならそうしていただければ光栄ですわ。ミスタコブラ
できるなら・・・このクソッタレなゲームをぶっつぶしてくださると
なおありがたいのですけど。」
長門有希
「準備OK」
チルノ
「あたいはあたいのことをするだけ。」
キョウスケ
「問題ない。」
七夜志貴
「いるぜ ここにな」
イルカ
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「さて、誰が俺を呼んだかは知らないが・・・・
いいところに連れてきてくれたみたいだな」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノデシテヨ」
コブラ
「投票で返答させてもらおうか」
チルノ
「            _____
       ----/ヽ------/\
       ----\/───ヽ/         _____
             ̄ ̄ ̄ ̄ _____ --/ヽ------/\_____
     .i\ /i      ==/ヽ------/\ -\/───ヽ/ヽ------/\
    < '´  ̄ ヽ   . ==\/───ヽ/ヽ------/\==\/───ヽ/
   __彡ノメノノlノリ〉        ̄  ====.\/───ヽ/ .___lll゙゙"ll//
(( .\ `ソリ!゚ ヮ゚ノi   意味ワカランッ!  ̄ ̄ ̄ ̄ /ヽ---:::::('A`;;;::≡=
     ><(つ!>つ        _____       \/──:::::::::--≡ヽ ̄
    / ,く//_|l〉     ====/ヽ------/\   _____ ll"ll,, lll\
     ̄ l.ノl.ノ      ====\/───ヽ/--./ヽ------/\ ゙゙゙lll゙\
                  <_____> --\/───ヽ/
         _____   /ヽ------/\   ./ヽ------/\
    ----/ヽ------/\ \/───ヽ/   \/───ヽ/
    ----\/───ヽ/    ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄
          ̄ ̄ ̄ ̄」
ののワさん
「それじゃ、全員いるかな?」
イルカ
「しまった…どうするかネタが」
キョウスケ
「夢か現かわからん舞台だが…
やるからには負けるつもりはない」
ドクオ
「     _
   __|警|
    (  ) ('A`)
    (  )V(  )
    ノ |  ノ |」
ののワさん
「【重要な事】
①遺言はネタ遺言だけ、役職COとかは一切禁止
②役職:村人の騙りもここではOK
③役職:村人の中から1名、初日エクストラゲーム対象者が決定」
長門有希

               _   ____
            ,. :´:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.`ゝ.、
           ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ.
         ,.': : : : : : : : : : : :',: : : : : : : :ヽ
         ,':.:.;':.:.:.:.:.;'.:.:.;'.:.:i.:.:.l.:.i.:.|i:.:.:.:.:.:.::',
         ,':.:.:i:.:.:.:.:/.:.:/i:.:イ:i:.:.ハ.l.:.:i:.:.i:.:i:.:.i:.',
        /イ:.:.:!:.:.:..l/ i/i/l:.:/ レノリリリ:!:iハ!
         i/!:.:!:.:.:.i ●  !/ ● リ:l:.!:ハ!  あちゃくら、逃げたらわかってる?
          レ∨|:i:..!          i/i/
           ヘレi:.l、    ー'ー'   /iノ!/ __     _
            /ヽヾ> 、___ <イ:::リ 二__)  三   )
            ,'´ ``}\ヾ∨///       _    ̄
           {::::::γ"ヽく;;∀>{    _  二  )
           `ー-,〉ー′/∧ヽ::> 三_)   ̄
             く:ヽ、_ノ=::::::ヾヘ>
            /´ ノ``ー-ーヘ"´ヽ  /ヾ /ヾ /ヾ /ヾ
             {:;;;;ソ      }:;;;;;i
            `ー'′     `ー''′」
ドクオ
「        * ヽ('A`)ノ *゚
       +゚   (  )   トキハナツ!!!
           ノω| 」
コブラ
「勘弁してくれよ、不死身の男だなんて呼ばれちゃいるがね
ま、レディのエスコートのためなら火の中水の中ってモンだが>ファビオラ」
キョウスケ
「さて、揃ったな」
Zプラスサム
「埋まったか」
ののワさん
「ギリギリセーフ。普通村になるとこだったよー。」
ファビオラ
「……まったくもって……度し難い……」
七夜志貴
「プロフィールを変更しました」
ドクオ
「('A`)y-~応援するのマンドクセ」
イルカ
「ネタAA残せそうに無いな…」
チルノ
「いらっしゃい。よかったっと」
ファビオラ
「結構ですわミスタコブラ。
そのまま永遠のリゾートへの旅立ちも…悪くないかもしれませんよ?」
長門有希
「いらっしゃい、これでそろった」
ドクオ
「('A`)y-~よろしく」
七夜志貴
「アクセルは七夜志貴に名前を変更しました」
あちゃくら

        /,           ゙´     ヽ _,
      //    /             ´
      //   ,  /   /  ハ  ,-┐
    /,〃   /  / _  / /、_、 |/_  | l
    ' |   /  /   `v| /:::::::::::´::'"´7  |     l
     L   ハ  |    /ヘ_,::::::::::::::::,::::/ /__,,ニ==⊥
      `ヾ |  |  γ=ミ::::::::::::::::::::' 〉フ,´     /
          l、 ゙T〃   }}::::::::::::::::::'γ'⌒ヽ、  /
       / `ヽl {{   リ::::::::::::::::::〃   }}`>'
      /    lγ r='".:.:.:.:.:.:.:.:::::{{    ,リ:::`>、
      /    _/ゝ-'   ,、、___   .:.:ゞ、 <'.:.:./
    /    r'/    /!`i!'¬‐`l  ..:゙、__)/
    /   / {    /!!!i!i!i!i!i!i!i!|    _ _/__
    /     |  ヽ、  | i!i!i!i!i!i!i!i!i!|  rv' .} |' /
   / γ´ ̄ヽ  >-、l ii!i!i!i!i!ii!i!i!i| |. l ' .' ノ
  / ,.-'     ∨´⌒'>'=-_----',./    /     /
 γ´       l    ト、   ̄ ̄>‐'"´`゙ヽ、  /

ぃぃぃいいいいやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!
キョンくんのところにかえるぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!」
コブラ
「ようこそ、歓迎するぜ」
七夜志貴
「アイコンを変更しました」
            ドクオ さんが村の集会場にやってきました
コブラ
「あんまり名が知れるってのも困りモンだぜ?
追われてばっかで疲れるってもんだ
たまにはリゾート気分で行きたいさ」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ梨花ガクルデシテヨ」
ファビオラ
「なにも知らない人がいるかといえば軍人に宇宙海賊、それに得体のしれない
物体まで。まったく・・・いい趣味ですわね。えぇ、実にいい趣味だわ。」
イルカ
「あ、流石鯖だとAA残らんのか…」
長門有希
「しまった、ずれた」
コブラ
「どうだい、後一人来てみるっていう勇気のある奴はいねぇか?」
イルカ
「やっぱりコブラじゃないか!」
七夜志貴
「ふむ、少し馴染みにくい、か。 集まらんなら変えるのも一興だ。これがな」
キョウスケ
「ふむ…あと一人。欲しいところだが」
長門有希
「>あちゃくら                ___
              ゛ |::" ゛:::| "          |_ o
               " |::::.. ...::| ゛          |___
            _,.-‐'":: ̄ ̄ ̄゛:`ー-.、_
          /´:: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、     `ヽ /
        ,ノ: : : /:.:/: : : : : : : : : : : : : :ヽ、:.: :ヘ      /
      ∠;; : : :/:.:/: : : :/: :.;|: : : :λ:: : : :ヘ:: :.:ハ
          j: : :.:l: ::j:: : :;ー|-:/|: : : ::| |:ト、:: : :|: :|: :|     ‐┼ o
       |: ::|: :|:.::|: : /__|:/_、ヽ、::リ_|j__ ∨:;|: :l:i::|     / | ヽ
         j,ィ:.:|:.:|:.:j:.:/〒弐オ  ∨オ弐テ∨j;/::ト、|
       '´|(´|::|/:∨ !ト'::ィ:;|    ト'::ィ:;|!|: : : :j        |
        |:.:`|:: :: :|  `ー"     `ー" l:: : :/          |
        ∨:.:|::.: :|、: : :       : : :,ノ:: :/
         ∨:;ハ、::|::>..、__‐ __,,..イ:|:.:/        `ヽ /
         ∨:::ヽ:|'´__,.r‐'}  {`ーュ、_レ|:/          /
           /:::∨   |'ニニ}   /::ヽ、
             /:.:.:::,'.:∨  |   |   /::i:.:.:ハ
             /:.:.:.:.:{:.:.:∨ |  |  /:.:.|:.::.:.:}
          j:.:.:.:__;|.:.:.:.|ヽ、| .| ,/ |::.{:.:.:.:.:|
          {:.:.:.:.:. ̄ ̄:γ´ ̄,>>ュ_j:.:.:.:.:}
          ヽ、:.:.:.:___:ゝr'二二ュ::.:`:.:.:.:j
              ̄j:.:.:.::| l____j,メ-‐r'´
                |:.:.:.:.:|ニニ| |ニ| |ニ|:.:.:|
             j:.:.:.:.::|   | | | | |:.:.:|
             |:.:.:.:.:.|  ~  ~ |:.:.:.|」
あちゃくら
「最終戦は明日よ。でもなんとなく、記念村みたいなものだから、
土日の間に立つと思いがちな気もするのよ?」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ戻リデシテヨ」
ファビオラ
「…あと1人、ですか。」
コブラ
「ジョー・ギリアンはコブラに名前を変更しました」
コブラ
「ま、隠す必要もないってことか
シンプルで実に俺好みだ」
ファビオラ
「こういう場が残ることはとてもありがたいことなのですけどね>ののワ」
あちゃくら

二|    |    | /   //    | |  |  |   | ハ
  |    |   |`メl、 /| |     | /  /,. /   /  |
--|∨__|ヘ___ハ_j Lヾk,ヘ|    //_,ィ'l /   /  /
`゙¨| ´    | γ'三ミk゙'"   '≧"、_レ/  /  /
ー/|     |. l:l    l:l    〃'⌒ヾ,/ ̄`´Tー'
 l |     |,.ィ' _   ソ    l:l    ,リ     |
___ヘl     (__,/`¨´     ゙''=ヘ.`ヽ    |
   |      | xxxx  /`¨¬  xxx.|`´   |
  ∧     |    /    |     .|      |
  / ヘ     ト.、  {    |  _,.ィ'      |

えっ? 長門さんがそれを言うんですか?
私を眠らせて無理やり連れてきたのに???

えっ、マジでマジ? れっつ殺し合いターイム?
ロボとかイルカもいるのに???」
コブラ
「おいおい、ラグボールプレイヤーのジョー・ギリアンを知らないだなんて
泣かせてくれるねぇ」
ののワさん
「もうちょっと別の形にしてみたい気持ちはあるかなー?
RP村は薔薇乙女村がなくなっちゃったからねー。」
蒼星石
「鍋やらなんやら立ってたしね」
イルカ
「コブラ!コブラじゃないか!」
長門有希
「あと1人来ないかな」
ファビオラ
「――だから、こんな血と硝煙の臭いにまみれた肥溜めが存在する。
そう、あのくそったれがあつまる悪徳の街のように。」
コブラ
「ま、こいつでいくかね」
イルカ
「流石弟鯖最終戦は明日じゃなかったか?」
チルノ
「でも色々やってた直後だから、なんとも言えないわよ?
ま、ちょっと疲れたからいいやーって人もいるでしょうし」
コブラ
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「俺としては普通にやっていきたい、これがな。」
長門有希
「>あちゃくら
:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ア_.      、ミ川川川彡
:.:.:.:.:.:.ト:.:.:∧:.:|、:.:.∧:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    ミ       彡
:.:.:.:.:.:.l_V_ヽ! V___.レ|:.:.l:.:.:i.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 三  ギ  そ  三
ィ:.:.:.:.| -‐‐  ‐- |:.l/:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.:.ト、.i! 三.  ャ  れ  三
.(`i.:.:l     |   l.:.|:l.|/--l/ |ナ .l:.:.:.:.l l| .三  グ  は  三
 Yl.:.:|      '  l:.:.l.:| ‐‐   ‐- l:.:.l/ `' 三  で       三
  l ヽ!、  -‐  /∨.l    |    l.:.:.:|   三.   や  ひ  三
 /    \  /.ヾ!.:.:|       ,i:.:.::l   .三   っ  ょ  三
「`ー-   _T    ゙l l:.:! 、  ‐‐  ノ.|::./    三.  て   っ  三
¨: :ー-: ._ ヽ   /-ヽ|=ニ''.-r''   l;/    三   る  と  三
: : : : : : : : : ̄:ヽ/     `''ナ-、.        三   の   し  三
.: : : : : : : : : : : : \     / /:.ヽ        三   か  て  三
: : : : : : : : : : : : : : ヽ   / /: : :.ヽ       三  ?    三
.: : : : : : : : : : : : : : :.l   / /: : : : :l        彡      ミ
: : : : : : : : : : : : : : : :l_/ / : : : : :.l
コブラ
「仮称はジョー・ギリアンに名前を変更しました」
ファビオラ
「それでも続きますわ。
だって……世の中には楽しみたい方もいらっしゃいます。
そうでしょう?>蒼星石様」
コブラ
「アイコンを変更しました」
イルカ
「普通にこれでいい」
イルカ
「お邪魔蟲はイルカに名前を変更しました」
あちゃくら
「入村が鈍いのは、弟鯖最終戦と重なってると勘違いされてないかしら?」
チルノ
「んー、そうかなー。
なんとなくそう言い切るのも嫌だけどね」
七夜志貴
「しかし続いたほうだ、これがな 」
イルカ
「プロフィールを変更しました」
ののワさん
「さすがにそうかもねー。長くやるような内容でもないからねー。」
イルカ
「アイコンを変更しました」
イルカ
「仮はお邪魔蟲に名前を変更しました」
長門有希

            _,..:-:‐:─::─::─::--..、__
         ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ー::‐:-‐:ァ
         /: : : : /: : : : : : :: : : : : : : |:: : : :\: : :<´
       /: : : : : : |:: : : : : : :|: : : : : : : |: : :|:: : :ヘ: : : ヘ
        / : : : : : : :|: : :.:|:: :/'|: : : : : :: :|ヘ:.:|ハ:: : ハ: : : ∧
      j : : : ::|: : : :|:‐:-|、/__ |:: : : :∧:|_,|-}‐ヤ: : :|: : : : :ヘ
      |: : : : ::|: : : :|::/_j/_`|:: : :/ _´__j;/_ V:: : : : :|\::| //
      j: : : : : |: : : :|'〒弐〒j::;/ 〒弐〒ア∨:: : : :|  `   ‐┼‐
     '´|: : : : ;|: : : :|l |f‐':::l:| '"    |f‐':::l:| l ハ:ヽ:i:: :|    r‐┼、ヽ
       |: : : r' |: : : :|、|l::t::j;j     |l::t:::j;j,' {:: : : ト、:|    ヽ-'  〉
       レヘ:.:ヽ_|:.: : :| `ー-‐'    ' `ー-‐' l: : : :| `    ‐┼‐
        \:.:|: : : | : : : ..        .. : : : }:.: :/      r‐┼、ヽ
             `レヘ: :ト、._____rュ____,,ノi: :/      ヽ-'  〉
           __,ヽ::|'´ ヽ'  メ、`ヽ、:∧::::::|:/         ヽ
         /:^:、\\  \ニニ〉 } }ヽ`ヘj/      \\
  いらっしゃい、よく来てくれた。歓迎する
蒼星石
「そろそろいい加減飽きられてるのかもね、このゲーム」
七夜志貴
「なるほど、 殺し合いのゲームというわけだ、これがな」
あちゃくら

      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

あらー? 他のみなさんの話からすると、本当なんですか?
いやいや、長門さんが用意したサクラよね。だまされない、だまされないわ……」
チルノ

       .i\ /i
      < '´  ̄ ヽ
     __彡ノメノノlノリ〉
     .\ `ソリ!゚ ヮ゚ノi    ……さて。
       ><(つ!>つ    一体どうなるのかしらね
      / ,く//_|l〉
       ̄ l.ノl.ノ」
七夜志貴
「ん・・・ここは・・・」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノ1時マデ離籍シマスネデシテヨ」
七夜志貴
「プロフィールを変更しました」
            仮 さんが村の集会場にやってきました
ファビオラ
「了解。人が入らないとゲームになりませんからね。」
北条沙都子
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「霧雨魔理沙はアクセルに名前を変更しました」
七夜志貴
「アイコンを変更しました」
ののワさん
「うーん、ちょーっと今回動き鈍いかなー?
とりあえず1時まで待ってみるよー?」
長門有希

                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::| あちゃくらは置いておいてあと2人入ってこない?
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ
チルノ
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「あと2人 来ないかなー(チラッ」
あちゃくら
「えっ?>魔理沙 」
ファビオラ
「……おかわいそうに、なにもしらされてないかたもおられるのですね。
まったく、悪い趣味は話には聞いていますが・・・相当ですね?ゲームマスター?>ののワ様」
七夜志貴
「んー、変えるか。やっぱり」
チルノ
「かりりりりはチルノに名前を変更しました」
チルノ
「アイコンを変更しました」
蒼星石
「その前に成立人数達してないと思うけど」
七夜志貴
「さっきから何言ってるのかは知らんがな>あちゃくら
こいつは現実だぜ 正気になりな」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノワカリマシタデシテヨ」
Zプラスサム
「よーしサム頑張る」
あちゃくら
「遺言とかw
まるで死んじゃうみたいじゃないですか。ねぇ?w」
長門有希

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|  わたしはここでパソコンしてるから頑張って稼いできて
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/
ファビオラ
「あとは参加者の方をまつばかりでしょうか。
それにしても、まだあったのですね。このゲーム……
婦長様から、聞いておりましたが。」
あちゃくら
「もう、長門さん。
あんまりひっぱるとむしろしらけちゃうでしょ?
時にはウソをウソと認めるのもvipperじゃなかった統合なんちゃら的には重要よ?」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノワカリマシタデシテヨ」
ののワさん
「【重要な事】
①遺言はネタ遺言だけ、役職COとかは一切禁止
②役職:村人の騙りもここではOK
③役職:村人の中から1名、初日エクストラゲーム対象者が決定」
七夜志貴
「プロフィールを変更しました」
ファビオラ
「――皆様、こんばんわ。
私、ラブレス家にて女中をさせていただいております。
ファビオラ・イグレシアスと申します――以後、お見知りおきを。」
七夜志貴
「東風谷早苗は霧雨魔理沙に名前を変更しました」
七夜志貴
「ま、冗談はこのくらいにしとくのぜ」
コブラ
「さて、どうするか……CN指定なし
となるとそれなりに悩む」
七夜志貴
「後二人だな」
あちゃくら
「うふふふふ、長門さん。さすがにこんな簡単なウソにはだまされませんよ?
ゲームじゃないんですからw」
長門有希
「冗談じゃない、頑張って…>あちゃくら」
ののワさん
「あ、11人目だね。よろしくねー。」
蒼星石
「プロフィールを変更しました」
蒼星石
「かりnameは蒼星石に名前を変更しました」
コブラ
「よろしく」
ファビオラ
「プロフィールを変更しました」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
あちゃくら

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

……ええと。
首輪とか、殺し合いとか、長門さんってばまた悪い冗談ばっかりw」
            仮称 さんが村の集会場にやってきました
長門有希
「あちゃくら、ご飯作って」
Zプラスサム
「プロフィールを変更しました」
ファビオラ
「かりんかりかりんはファビオラに名前を変更しました」
長門有希
「かあああいは長門有希に名前を変更しました」
ファビオラ
「アイコンを変更しました」
長門有希
「アイコンを変更しました」
北条沙都子
「(o・ェ・o)ノコンバンワデシテヨ」
七夜志貴
「何を言ってるのぜ?>かりりりり
私はどっからどう見ても早苗だろ! 見ろ!このミラクルフルーツ!」
ののワさん
「よろしくねー。」
チルノ
「早苗騙り…だと……」
キョウスケ
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「プロフィールを変更しました」
北条沙都子
「プロフィールを変更しました」
七夜志貴
「ビクった 名前にプロフ入れてたのぜw」
蒼星石
「あ、よろしく」
Zプラスサム
「サム代表いっきまーす」
七夜志貴
「風祝の巫女だぜは東風谷早苗に名前を変更しました」
北条沙都子
「アイコンを変更しました」
Zプラスサム
「かりはZプラスサムに名前を変更しました」
北条沙都子
「仮代宮は北条沙都子に名前を変更しました」
Zプラスサム
「アイコンを変更しました」
さりえり
「(o・ェ・o)ノコンバンワ
あちゃくら

    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
              `¨¨¨¨`゙''"
ここはどこ……?
どうして私、こんなところに居るの……?
ええと、長門さんにもらったお菓子を食べたら眠くなって……」
            さりえり さんが村の集会場にやってきました
ののワさん
「あと4人だねー。よろしくねー。」
北条沙都子
「RP村なので絡めそうなキャラ探しているなう」
七夜志貴
「東風谷早苗は風祝の巫女だぜに名前を変更しました」
七夜志貴
「仮暮らしのありえんてぃは東風谷早苗に名前を変更しました」
            かりname さんが村の集会場にやってきました
七夜志貴
「OK,治ったのぜ」
七夜志貴
「ちょっとやばいな アイコン表示されないと時間も表示されん」
キョウスケ
「かりkarikariはキョウスケに名前を変更しました」
あちゃくら
「プロフィールを変更しました」
キョウスケ
「アイコンを変更しました」
あちゃくら
「karirinはあちゃくらに名前を変更しました」
あちゃくら
「アイコンを変更しました」
ファビオラ
「SG未体験の人も是非きてほしいかな、かな。
RP村としては最高なんだから。」
ののワさん
「なんか村もあまり建たなかったみたいだしねー。こういう日もあるある。」
長門有希
「今日は人が遅いですねぇ」
ファビオラ
「ん・・・意外と人がいない・・・
きてほしいなぁ。」
ののワさん
「あと5人、じっくり待つ感じかなー。」
七夜志貴
「使いたい人がいたら普通に譲るのぜ」
七夜志貴
「候補中 別に選別」
七夜志貴
「アイコンを変更しました」
七夜志貴
「よーしじゃあ探してくるか」
ののワさん
「アイコン制限はないからね。好きなの選んでいいのよ?」
長門有希
「さて何にしようかな」
長門有希
「急にカウントが来たので」
ファビオラ
「さてと、様子見。」
あちゃくら
「よろしくー」
            karirin さんが村の集会場にやってきました
            かあああい さんが村の集会場にやってきました
ののワさん
「たまにはねー。よろしくね。」
七夜志貴
「さーて、アイコン制限なしだっけ」
Zプラスサム
「うむ」
七夜志貴
「ちょっとびっくりしたw」
ファビオラ
「びっくりした・・・はいれてよかった・・・」
            かり さんが村の集会場にやってきました
チルノ
「あっさり入村許可出て焦ったわwww」
ファビオラ
「あーあせった・・・」
七夜志貴
「おぉ、アンカー初めてかな?」
            かりんかりかりん さんが村の集会場にやってきました
            かりkarikari さんが村の集会場にやってきました
            仮代宮 さんが村の集会場にやってきました
            かりりりり さんが村の集会場にやってきました
            仮暮らしのありえんてぃ さんが村の集会場にやってきました
ののワさん
「報告終わり、入っちゃっていいよー。」
ののワさん
「入村ちょっと待っててねー。」
ののワさん
「■ 概要 ■
『うっ……んん……、ここは……?』

あなたは見慣れない場所で目を覚ました。
身体を起こしてはみたものの、あなたには訳がわからなかった

『どうなってるんだ一体、それに……この首に纏わりつく感触は?』

首の辺りを調べてみると、どうやら金属製の首輪が着けられているらしい。
だがそれ以外には身体に何かされた形跡は特に何も無い……。

そして、あなたの手元には1台のPDA。
そこにはルールとあなたの首輪を外すための条件が書かれていた……。


■ ルール ■
基本は14人村(CN指定あり)で進行。
ただし、勝利条件が各個人により若干ですが異なります。
そのためこの村では各々のプレイヤーとの駆け引きが重要視されるでしょう。
またこのゲームに限っては、村人を含む全ての役職が騙る事を許されています。

①村人
勝利条件:ゲーム終了時まで生存している事
役職解説:あなたの首輪の解除条件はゲーム終了まで生き残る事です。
       誰を信じればいいのか、何を信じていいのか……答えは貴方が考えなさい。

②占い師
勝利条件:JOKERのPDA所有者の殺害(※銃殺を出す)
役職解説:あなたのPDAには殺戮者を検索する機能が付与されています。
       またJOKERのPDAを見破る事も可能です。

③霊能者
勝利条件:村人陣営の勝利
役職解説:あなたのPDAには首輪が作動した参加者の正体を見破る機能が付与されています。


④共有者
勝利条件:①お互いが生存した状態で村人勝利でゲームを終了させる
       ②4日目の夜を迎えた時点で相棒が死亡していて自分が生存している。(※初日共有を除く)
       ③JOKERのPDA所有者が殺害された時点で生存している(※初日共有の場合のみ適用)
役職解説:あなたのPDAには特殊な電波を用いた通話機能が付与されています。
       ただし仲間と共に生き残るか仲間を裏切って生き残るかはあなた次第です。

⑤狩人
勝利条件:8日目の朝を迎える(※本人の生死は問わない)
役職解説:あなたはゲームに備えて密かに訓練を積んでいた特殊な参加者です。
       殺戮者達に対抗出来る唯一の存在ですが、あなたには別の任務が与えられています。

⑥人狼
勝利条件:ゲーム終了時まで生存している事
役職解説:あなたの首輪の解除条件は参加者の殺害です。
       ゲームから生き残るために参加者を殺しまくりましょう。

⑦狂信者
勝利条件:3人もしくは4人生存の最終日を迎える(※本人の生死は問わない)
役職解説:あなたはこのゲームのゲームマスターです。
       ゲームの流れとバランスを操作して観客を大いに盛り上げましょう。

⑧妖狐
勝利条件:ゲーム終了時まで生存している事
役職解説:あなたはJOKERのPDAを所有しています。
       偽装したPDAで参加者を欺き、勝利を手にしましょう。。


■ その他ルール詳細 ■
①勝利条件を満たす前にゲームが終了した場合
  勝利条件を満たせなかったプレイヤーは敗北となります。

②引き分けの場合
  引き分け投票が行われた日の朝の時点で勝利条件を満たしている人のみが勝利者となります。

③噛み及び吊りをされたプレイヤーが勝利条件を満たしているかはその日の夜に公表されます。

  【勝利アナウンス】
  昨日の夜に 名前 は侵入禁止エリアに入っていったみたい
  今日のエクストラゲームで 名前 は首輪の解除に成功したよ

  【敗北アナウンス】
  昨日の夜に 名前 は誰かに殺されちゃったみたいだね
  今日のエクストラゲームで 名前 は首輪が作動したみたいだよ

  【勝敗不明】
  昨日の夜に 名前 は侵入禁止エリアに入っていったみたい
  今日のエクストラゲームで 名前 は首輪が作動したみたいだよ

④遺言について
  CO遺言や推理遺言は禁止。ネタ遺言のみ許可としています。

⑤GONZOについて
  GMがランダムに選出した村人1名は初日に吊られた場合、その時点でゲームクリアとなります。


■ その他の用語 ■
噛み:ゲームに乗ってしまった参加者が他の参加者一人を襲って殺害する事
    .ただし勝利条件を満たしていた場合は殺害されずにゲームからの離脱を意味する。

吊り:毎日1回行われる投票制エクストラゲーム。獲得票数の一番多いプレイヤーの首輪を作動させます。
   .①勝利条件を満たしている場合は首輪の解除を意味します。
   .②勝利条件を満たしていない場合は建物の警備システムが作動して殺されます。

投票:首輪を作動させたいプレイヤーを毎日1人だけ選出します。

銃殺:JOKERの偽装がバレたペナルティとして、建物の警備システムに殺される事。
ののワさん
「プロフィールを変更しました」
ののワさん
「身代わり君はののワさんに名前を変更しました」
ののワさん
「アイコンを変更しました」