←戻る
ドールズたちのアリスゲーム013村 ~CN指定・RP&トリ必須・他GMと相談~[20番地]
このままでは人類は滅亡なんだよ! STEEVN-GM
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
ヤクルトリアンCOよぉ 水銀燈
 (ヨット◆8mvWEg86bA)
[村人]
(死亡)
この策士金糸雀が、楽してズルしていただきかしら! 金糸雀
 (斎院判官◆mqKS1SWn9I)
[村人]
(死亡)
Sombre dimanche♪Les bras tout charges de fleurs♪ 雪華綺晶
 (◆EIRINzJyZU)
[人狼]
(死亡)
アリスはこの雛苺しかありえないのー 不人気やパチモンには渡さねーのよ 雛苺
 (悶々◆EixsiGHQlU)
[人狼]
(死亡)
スコーンスコーンコイケヤスコーンですぅ♪ 翠星石
 (まるるん。◆piyo2xng9M)
[村人]
(生存中)
あんちゃーん 南鮮石
 (ジョインジョイン◆e596wfOJqI)
[狩人]
[権力者]

(死亡)
しっかりしなさい 桜田のり
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[共有者]
(生存中)
お父様の為に…… これで……終わり…… 薔薇水晶
 (ぼや◆BOYA6W7HvY)
[村人]
(生存中)
生きることは闘うこと……なのだわ。 真紅
 (角砂糖◆raPHJxVphk)
[村人]
(生存中)
麻呂はZIPうにゅーがほしいの! 麻呂苺
 (ツバメ◆SWaLLowpFA)
[人狼]
(死亡)
水銀党員CO! 柿崎めぐ
 (むっく◆cNHN.RR14E)
[村人]
(生存中)
楽してズルしていただきかしら~? カナーリン
 (ヒロ◆6RLrgwnfkA)
[狂人]
(死亡)
南鮮石をアリスにしますよ できる夫
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[占い師]
(死亡)
最近弟者が調子に乗ってて困る 流石兄者
 (miori◆qO7X2Y5w36)
[共有者]
(死亡)
出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番出番 蒼星石
 (◆kpsAT2SmgQ)
[妖狐]
(死亡)
紅茶奴隷 JUN
 (グッドエアー◆DWmSjQJ6V2)
[霊能者]
[決定者]

(生存中)
薔薇水晶
「では本格に、お疲れ様です
推理、鍛えないといけませんねえ……ではおつかれ」
柿崎めぐ
「それじゃあ私も落ちます
おつかれさまでしたー!」
翠星石

              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /

ま、そんなわけで本屋GMは村建てありがとうですよ。
みんなはおつかれですぅ♪

真紅さえ吊れてりゃ、こりゃアリス狙えたですね……ちっ。
まぁ、アリス狙いで動いてたら多分翠星石が疑われる状況になってた気もするですけど。そんなもんですぅ。
アリス狙いはまた今度っつーことにするですよ!

では、おさらばですぅ~」
雪華綺晶
「知りたい人はいないでしょうが、貼ってた歌詞は暗い日曜日です。
ではまたの機会にお会いしましょう。」
薔薇水晶
「ドールズ村は夜が賑やかでログ見てて楽しい……
AA使う人も多いし」
薔薇水晶
「呪いのような囁き、祝福として聞こえ……」
雛苺
「           _/: : ; -ァヘ_rヘ _入_>`丶、_:_:⊥、
         ≪: :》'´/  / 〃   、ヽ `、`Y{ : :≫
          厶/// / ′|l    l| }l | l ト、}
        /| l | ,′ハ l |l    ハハ _」  }| ヽ
       / / いl { `≧トxヽ  ム≦} / /} j ヽ\
    , '´ /  八 l《{r夕` ヽ / 廴り》 イノ/   \ヽ
  ∠二ニ >'⌒>‐--、 `´   '    `" /`ー<^ヽー-ヘ`ヽ
  }-‐'乙-‐-rくr===〈   F ̄ l    ,二}≧‐く: : :\ー=ノ
  `‐ァ´ : /_r,二ニミ<  └―┘  Yニ、\: :`丶、ヽ{
   / ==彳 { 〈々 } } }ヘ、>‐-  -‐ 斤r r `ヽ ヽ、 : : : : :〉
三|三三三二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三|三三二ニ
三|三二
雛も落ちるのー
初めてのドールズ村でズタボロなのよ・・・またどこかであったら優しくして欲しいのー
次回は洪水石狙いなのよ!」
JUN
「さて、大笑いしたので、そろそろここからおちますね
また遊んでくださーい
おつかれさまでした」
雪華綺晶
「私もこの辺りで失礼します、皆様お疲れ様でした。
GMは村建て進行ありがとうございます、今回も楽しかったです」
翠星石
「授賞式おつかれですぅ。
ノリ特別賞はいい感じですかねぇ。まさかJUMと2人、そこが無事生き残るとは正直思ってなかったですしw 南鮮石がばらしーでGJ出してくれたのもでけーですけど、ま、祝福してやるですよ。
で……役職賞が真紅ですか。ちっ……まぁ、あの位置で吊られず生き残っただけでもてぇしたもんですからね。一応ほめておいてやるです。
めぐはまぁ……そうですね、水銀燈と幸せになってろです。以上。つーか、水銀燈はおっとろしーそいつが病院の外にでねーよう見張っとけですぅ。
蒼星石は、まぁ狐で占い4になりゃヤケっぱちになる気持ちも……といいたいとこですけど、そもそもギドラCOで入ってるんですよねぇ。……しばらく空気のいいとこ言って、休んだ方がいいんじゃねーですか? まぁ、面白かったからいいですけど。つーか、温泉とかいきてーですねぇ」
JUN
「最後の投票決定者か・・・
あはははははははははははははははは
だまっててよかったよこれ」
雪華綺晶
「落ちる人はお疲れ様ですわ」
水銀燈
「お疲れ様よぉ」
薔薇水晶
「落ちる人お疲れ」
雛苺
「落ちる人お疲れなのー」
雪華綺晶
「ポーカーとかの役みたいですわw<桜田ストレート」
雛苺
「そもそも麻呂苺と雛を同陣営にすることが間違ってるのよ・・・
かといって、ロリコンの味方も嫌なのー」
薔薇水晶
「んー今回は推理はずしてて残念
ま、村が確りしてれば勝ってくれるか」
南鮮石
「じゃあ、南鮮石は落ちるニダ
さっそく、隣村にいって南鮮石を試してくるニダ
みんなお疲れニダ」
雪華綺晶
「イア!イア!ダゴン!」
            ゲームマスター:桜田ストレート=真紅+JUM+ノリ生存
JUN
「ログ読んできました
みなさんおつかれさまです」
雛苺
「落ちる人お疲れ様なのー」
薔薇水晶
「……やっぱり翠星石を吊っておくべきだった<桜田ストレート」
流石兄者
「じゃあ、みんなおやすみだ
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) GMは村たて感謝だ。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
      ガガガガ・・・・
雛苺
「正直蒼星石の動きに呆気に取られてたのよー
初雛苺RPも我ながらひどい出来だったのw」
薔薇水晶
「いあ!いあ!」
            ゲームマスター:ちなみに真紅がアリスになったら、桜田ストレートが炸裂してたかもしれません
柿崎めぐ
「いあいあ、くとぅるふ ふたぐん?」
流石兄者
「受賞した人はおめでとうだ
蒼が賞をもらえてファンとしては嬉しいぜ」
南鮮石
「目立ちたいwwwwww
なら納得ニダ」
薔薇水晶
「蒼星石のあの動き、そういうことなら納得」
雛苺
「魚は嫌なのー
せめて進むなら、ウザorキモ方向じゃなくてエロ方向がいいのよー」
雪華綺晶
「いつものようにスレに書いてきます<GM」
金糸雀
「受賞した人はおめでとうかしら!
それじゃあ、カナは落ちるかしら!」
雪華綺晶
「翠のお姉様、それはインスマス面ですわね。
薔薇水晶
「真紅おめでとう
そう……そんなに目立ちたかったんだ」
翠星石
「魚の顔したフナ苺っつーのもアリかもしんねーですね。
なんかどこぞのやべー神話くせー臭いもしそうですけど」
流石兄者
「おぉ、結果を見て帰るとしよう」
雪華綺晶
「アリス狙いで私吊りですかw
困りましたわw」
薔薇水晶
「さて、私も落ちる。皆お疲れさま
GMは村たてありがとう」
            ゲームマスター:
んじゃ、今回の結果発表といきましょうや

【総評】
的確にドールズを吊るすという煩悩が見え隠れしながらも村のために死ねといいあうドールたちがとても可愛らしい村でした。
狐混じりギドラというトンデモ展開でも落ち着いたRPを皆様魅せてくれましたね。


【アリス賞】:なし 特別賞:桜田ノリ

真紅と翠星石ガ生き残ったのでアリス賞は無し。
その代わり霊能であるJUMとともに生き残った共有の桜田ノリさんが受賞です。
お姉ちゃんはつよいんだ!


【役職賞】:真紅(村人)

イササカ迷いましたが、後半の胸のすくような蒼星石の心理分析や狼の噛み狙いなど、
かなりの精度の推理を誇っており、村人としてはこれ以上のない出来具合だったと思います。


【RP賞】PL選:柿崎めぐ  GM選:蒼星石

水銀燈限定狂人みたいな動きで狼を的確に(私怨で)追い詰める鬼畜っプリが光りました。
ドールズ村で敵に回してはいけない人の一人かもしれませんね。

GM選は狐であるにもかかわらず「目立ちたい」の一心でギドラCOに躍り出たボクっ娘さんです。
まさしく、RPのカガミであり、普段どれだけ彼女が虐げられているのかがよく分かりますね
金糸雀
「カナは純ドールズを減らしていく方向で動いたかしら!」
流石兄者
「そろそろ弟の後ろに立つ仕事に戻るか
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 流石だな兄者
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
      ガガガガ・・・・
STEEVN-GM
「んじゃ、結果発表行くよー」
雛苺
「落ちる人乙なのよー」
翠星石
「ま、きらきー吊りはアリス狙い投票がうまくいったのがラッキーでした。
投票したメンツが、占いの真狂以外は4人ともドールズですから、似たような理由じゃねーですか?」
真紅
「さて、私は落ちるわね。GM村建てありがとう。お疲れ様なのだわ。
いっそ引き分けになればいいと思ったのだけど、せめて最終的に村人の姉妹が血で血を争う展開にならなくてよかったのだわ。」
雛苺
「ふざけてフ○ラ苺とかにしようかと思ったけど
ドールズ村の雰囲気に飲まれちまったのよ・・・>JUM」
薔薇水晶
「落ちる人お疲れ様」
薔薇水晶
「きらきーもありがとう」
できる夫
「ではお疲れ様でしたー」
薔薇水晶
「ありがとう>流石兄者
勝率低いしちょっと嬉しい。勝てたのは村のみんなのお陰」
雪華綺晶
「それはおめでとうございます。<薔薇水晶」
JUN
「ありがとう、一応勉強しとくね>GMさん」
雛苺
「DAIGOなんて実際良く思いついたのー
最初見たとき色々笑っちまったのよー」
桜田のり
「それじゃあ早めに落ちるわね。お疲れ様。」
麻呂苺
「それじゃおつかれさまなのよー」
流石兄者
「それはおめでとう<薔薇水晶
流石だな」
翠星石
「しっかし勿体ねーことしたですねぇ。
ミスリード……じゃねーです、計算通りにアリスになる道筋はできてたっつーのに!」
JUN
「うはw雛苺さんはなかみ洪水石さんかよー
こわいよぼすけて>翠星石さん」
薔薇水晶
「知らなくても問題ない……」
STEEVN-GM
「DAIGOはこのへんみておけばできるッスよウィッシュ

DAIGO参考作品
D A I G O だ ら け の ジ ブ リ 作 品
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-471.html
DAIGOだらけのエヴァンゲリオン
http://plusmicro.blog98.fc2.com/blog-entry-997.html」
JUN
「かったあとなのにこのRPっぷりはすごすぎです・・・>めぐさん」
雛苺
「結局JUMは真紅の下僕からは逃げ出せない運命だったのよー」
薔薇水晶
「流石通算100回目勝利で締められてよかった……」
翠星石
「JUNなんてうろ覚えでも大丈夫ですよw
あと、JUMじゃなくてJUNだったので、よく知らねーっぽいのはなんとなくわかってたですぅw」
桜田のり
「今回は文句なしの勝利。
流石弟鯖での初勝利。」
真紅
「JUMは素晴らしい下僕っぷりだったのだわ。」
柿崎めぐ
「ちっくしょーーーー!!」
雛苺
「JUMはグッドエアーさんだったのー
蒼星石で絡みたかったのよー」
流石兄者
「希望していいか分からなかったから、なしにしたな」
できる夫
「占い希望でアリスになる 面白いですよw
柿崎めぐ
「ログ読了!」
麻呂苺
「うん、共有噛みの伏線もあるし、逆に雛苺は最後まで残せると思ったんだけどだめだったの。
まあそれ以前に本当今日はダメダメだったのよ。
仲間達には申し訳ないの。」
薔薇水晶
「流石だよなとかいってればそれっぽくなると思う」
金糸雀
「カナ狂人やろうとしたかしら……
そこの髭に持ってかれたかしら」
JUN
「反抗期の引きこもりとWIKI調べだけでしゃべってましたよw
名電わからないし」
雛苺
「なるべくしてなったLWだったけど、なってみたら孤独死しそうだったのよ・・・」
南鮮石
「流石弟者鯖で負け続けで不安だったけど、この村で厄払いできたニダ」
流石兄者
「そうか、自由でよかったのか
流石じゃないな、オレ……」
JUN
「霊能高かったんですねぇ・・・
3回目ですけど、それなりに確定村として推理にも参加できたかな・・・
実はJUNのキャラほとんどしらないのですが・・・」
桜田のり
「久々の霊能やろうと思っての霊能希望だったわ。」
南鮮石
「ドールズ村で狩人やるの4回目くらいニダw」
翠星石
「対抗噛むなら囲いは入れるべきじゃねーですよねぇ」
薔薇水晶
「殴り合いがしたかったから村希望
そういう人多いかなと思ってたけど>GM」
雪華綺晶
「占いは最近やってるから霊能希望したらこのザマですねw
仕方ありませんが…」
南鮮石
「希望ありニダ
ウリは希望通り狩人ニダ>雛」
薔薇水晶
「兄者は自由にやればいいと思う……」
            ゲームマスター:今日の役職希望調査
占い1:霊能3:狩人2:村2
狂人2:狐1:なし5

流石に占い希望する命知らずは少ないですねー
アリスになるなら霊能と占いはやめておけ、ってのが最近根付いてますね、ッチ。
JUN
「もどりましたっと
RP賞は文句のつけようもなく、めぐさんじゃまいか?」
麻呂苺
「マロは本当は囲いいれずに対抗噛むのが好みなの-」
雛苺
「AAミスったのよ・・ごめんなさいなの」
翠星石
「水銀燈が○っぽいは私も思ったですかねぇ。
狐が暴れたのも、水銀燈が狼じゃなさそうだと思ったからじゃねーですか?
次の日吊られるぐれーなら、暴れてやる的なw」
流石兄者
「使ったことのないCNのRPは難しいものだ
(これ違うだろうと思いながら発言してたからなぁ)」
雛苺
「                      ,,,,,,,,.
                    ,,,,,l./ \
                      ,,,,j/    `i、
                 _,,,ll/     ,,,,Δ
                ,,i,,ll/    ,,,,,/lll,,,|ll| ,,,_
              ,.. llll/   ,,,,/l||l゙゙゙   |!lll,゙゙゙llll,
              、,'"`、l∠/,,/lllll゙゚゙”     l ̄~゙'゙l|l゙l゙゛lll|゛"|l:.
        , il|||l,i,,,,,,,,'` 、/lllll゙``_____|     ` ̄''./  _
      .,rl,/ ̄: .,,,,,,`、,' l||||l l||||l l||||l l||||l l||||l       ./~-´ `、
     ,,yj/ /lll゙/lll,-、,!,!/ //  | | | |\,       |~´~ /(
    ril/   /lll /lll\ ( ./// | | | | | '''''l.`、,,,,,,,,,,,,,,,,,,|   ./ /
   ,ll/   /lll /lll |  |  |  | | | | | | | | '''''l||l l||l l||l/  ./ /
   .'リ|  | /lll /lll |  |  | | | | | |`‐|┼!┼|‐| |  |  / / / ̄`/
   .:l|\| |lll /lll |   | | | | | | | || |_|// |  | // /  /
  .:l||/ | |lll |lll| | |  | | | ,| | | |. | ,イ::::::ヾ'| |  | / /  /
  l|/  | |lll |llll | |  |  |/| | | ′ 弋:::ン//  |//  /.,,
  `ヽ,、., \|lll |llll || |  |/ |_ _| |        \ /,,,,,_. | /l
      `゙| `゚'゙/llll゙|/| '| /:::::ヽ      """ / /__ /\|,,//
      ゚!、 /llll゙,ン  \゙x 弋:::ン  `  _     |∠'' ((,,(..,,,. '''''
       \|llレ'/== ゙'\       丶 )   | _ ∨''
        /  (__ ,,,,/ ゙'フ"       ,/  `、ヽ. . : '´` 、
          (⌒ 、)/./ ,, ̄/``:゙゚'ヶv ,, -‐'''ソ     `|/_    ` 、
         ̄)) \ ''''',' ,/ /-== - ~l´       l// ̄`、  .`、
          ̄     ̄/ ヽ、,′   | `、 __,-‐.,´´``、/ ̄`、||l l||l |l:
              /、      |  .|  \/ '      `/ ̄ `、 ̄``|||
             /:: ::\ \/  |  | /|||l l|||l l|l:.   `/ ̄ `、.:ll l||!
             \:: ::\  、  |   | ̄ ̄ ̄ ̄` .lll:. /   /!||i'//
             /            | `、     ` .|||l:.  /|lll/ /\
                      ,,,,,,,,.
                    ,,,,,l./ \
                      ,,,,j/    `i、
                 _,,,ll/     ,,,,Δ
                ,,i,,ll/    ,,,,,/lll,,,|ll| ,,,_
              ,.. llll/   ,,,,/l||l゙゙゙   |!lll,゙゙゙llll,
              、,'"`、l∠/,,/lllll゙゚゙”     l ̄~゙'゙l|l゙l゙゛lll|゛"|l:.
        , il|||l,i,,,,,,,,'` 、/lllll゙``_____|     ` ̄''./  _
      .,rl,/ ̄: .,,,,,,`、,' l||||l l||||l l||||l l||||l l||||l       ./~-´ `、
     ,,yj/ /lll゙/lll,-、,!,!/ //  | | | |\,       |~´~ /(
    ril/   /lll /lll\ ( ./// | | | | | '''''l.`、,,,,,,,,,,,,,,,,,,|   ./ /
   ,ll/   /lll /lll |  |  |  | | | | | | | | '''''l||l l||l l||l/  ./ /
   .'リ|  | /lll /lll |  |  | | | | | |`‐|┼!┼|‐| |  |  / / / ̄`/
   .:l|\| |lll /lll |   | | | | | | | || |_|// |  | // /  /
  .:l||/ | |lll |lll| | |  | | | ,| | | |. | ,イ::::::ヾ'| |  | / /  /
  l|/  | |lll |llll | |  |  |/| | | ′ 弋:::ン//  |//  /.,,
  `ヽ,、., \|lll |llll || |  |/ |_ _| |        \ /,,,,,_. | /l
      `゙| `゚'゙/llll゙|/| '| /:::::ヽ      """ / /__ /\|,,//
      ゚!、 /llll゙,ン  \゙x 弋:::ン  `  _     |∠'' ((,,(..,,,. '''''
       \|llレ'/== ゙'\       丶 )   | _ ∨''
        /  (__ ,,,,/ ゙'フ"       ,/  `、ヽ. . : '´` 、
          (⌒ 、)/./ ,, ̄/``:゙゚'ヶv ,, -‐'''ソ     `|/_    ` 、
         ̄)) \ ''''',' ,/ /-== - ~l´       l// ̄`、  .`、
          ̄     ̄/ ヽ、,′   | `、 __,-‐.,´´``、/ ̄`、||l l||l |l:
              /、      |  .|  \/ '      `/ ̄ `、 ̄``|||
             /:: ::\ \/  |  | /|||l l|||l l|l:.   `/ ̄ `、.:ll l||!
             \:: ::\  、  |   | ̄ ̄ ̄ ̄` .lll:. /   /!||i'//
             /            | `、     ` .|||l:.  /|lll/ /\
そういやこの村って役職希望ありだったの?初参加でよく分からなかったから
一応なしにしておいたのよー」
薔薇水晶
「確定○とか……殴り合いに参加できないじゃない……!」
雪華綺晶
「久しぶりにやる雪華綺晶は難しいですね。
歌詞も用意してましたが貼るのが面倒ですわw」
翠星石
「雛苺は私薄いしか言ってねーですからねぇ、ありゃ疑われるですよ」
桜田のり
「できる夫吊ってからは麻呂の○ローラーで終わるんじゃないかなと思ってた。
水銀燈はギドラ●を受けての共有反応から村よりかなと思ってた。」
翠星石
「つーか、よく占い真偽つかねーのに噛んだですね。
確かに狂人であそこまでやるのは狼のメリットにもなんねーですから、狐の方がありえるとは思うですけど」
雛苺
「              /  \ヽ
            /     く        ____
          _/    _  ヽ    ,  ´
          {         ヽ /二フ´
          Lュニニニニゝ 〈_/=-
         < __     ´ ニ L \ _
           / /   /  ヽ ヽ. \ ヽ.      /
          ∠ イ/ /         ', ',ヽ ー―‐く{
            /  /      | |  ヽ ヽ ヽ.___ノ
            N |! |     //   }  |   \\
            ヽ l l|   ィ::7!   /  |、 r 、 |ヽ ヽ
           / 代1_ ノ:::::r-/ ノ/ / / .∨ヽヽj  \
          く /./ ー .:::::::: 弋ソV イ /    \
          く/ミミ ヽ  '    ー彡 j/|       ヽ
           ゝ-ミ \` =   ゝ- 彡リ      イヽ
              \ >― ァ チニ彡  ,  < ル
             , --く{二 ス ヽ 斗ヘ、_ 彡
            /  / /、,ヽ\}} / /   \
          /   . く_/ l! VV/ /       \
         /     //  / /〉,  !           ヽ
        く      /// ./ // l! l        /
         \     ///  .〈/ l  |          /
          〈ヽ  / V      |  `ーr-    へ、
           ヽ / /        |    {       ヽ
ヒナは殴り合いも弱かったの・・・身内切りしておいて何という役立たずなのよ・・・」
流石兄者
「やる夫スレの中で気に入ったばらしーのRPをする手もあると思うな<ばらしー」
水銀燈
「めぐは毎回すごいわねぇ
中身はムックさんで何か納得したわぁ」
            ゲームマスター:村側の狂人みたいなポジションだしねえ、正確には銀ちゃんのか<めぐ
薔薇水晶
「            ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
           //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
         //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
        //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
       //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
     / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
     ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉
        //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
       //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
     //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
    〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
     \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\
     // / / ヾ: : : :〉: : :ヽ!./〉 /: :`ヽ: : : : :./ /  > 〉

流石に準備し切れなかった……ありがとう
ばらしーはやってみたかったし嬉しい>翠星石」
翠星石

                   ,  -‐―‐ 、
                  /,  -―‐-、\
                  // ,.  -――‐\\
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
            / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
              / ::: | |lト、         ̄Z /l|
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
            / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
          / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

どーせばらしーなんてアニメでもほとんとしゃべってねーですからねぇ。
そのRPで全然問題ねーと思うですよ。
興味あるなら、ニコニコとかにあるドラマCDでも聞きゃいいんじゃねーですかね」
薔薇水晶
「めぐさんRPの人ははっちゃけるというのろいでもあるみたい」
カナーリン
「RPはめぐしかいないのかしら~!」
雛苺
「ドールズ村はホントめぐ無双なの・・・
というわけで敢えて真紅に入れるのよー」
南鮮石
「同じ確定○なら狩人の可能性がある方というの以外と普通の読みニダ
そこら辺は狼との読みあいニカ>雛苺」
流石兄者
「目立つために特攻をかけた蒼星石も個人的には好きだったが」
            ゲームマスター:メグが圧倒的なようですね、ふむ、GMはどうしようかな
桜田のり
「理由は水銀燈関連RPで」
麻呂苺
「めぐでいいと思うでおじゃなのー」
            ゲームマスター:実はメグはすごい勢いで正解にたどり着いたんですよね 私怨こええ
翠星石
「おっと、小声で言うでしたね。
めぐにしとくですよ」
桜田のり
「メグか翠星石よね。
メグに1票入れるわ。」
薔薇水晶
「ばらしーが本当、これであってるのかわからない……
結局貫き通したけど」
雛苺
「南鮮石にはド完敗なのー
マインドスキャンされた気がするのよ・・・」
桜田のり
「普通に残れるなんてあんまり思っていなかったわ。」
翠星石
「RP賞はめぐですかねぇ。
たぶん、水銀燈吊られた理由の半分は「めぐが面白そうだから」だと思うですしw」
薔薇水晶
「取り繕いと暴走の仕方から……翠星石かな
なんというか……すごいぽかったと思う」
流石兄者
「めぐだな
あそこまでRPに徹しながら狼を吊り上げたのは流石だ」
真紅
「めぐね。あのハジケっぷりは素晴らしかったわ。」
柿崎めぐ
「真紅ちゃんかな
ここで吊るせてたらもっといい声で鳴いたと思うんだけどね…」
            ゲームマスター:そういうわけで、おめでとう! のり@tkさん!
できる夫
「めぐですね
・・・理由? 水銀燈吊りの前後が面白いです」
南鮮石
「一番らしかったと思うのは真紅ニダ」
真紅
「アリス発生せず……悪くない結末ね。
翠星石は大人しく私の下僕になるのだわ!雛苺もなのだわ!だわだわ!!」
雪華綺晶
「めぐ様
黒薔薇のお姉さまをかばう姿は素晴しかったですわ」
金糸雀
「もうめぐでいいんじゃないかしら、RP推理的な意味でw<RP賞」
翠星石

                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

……お、惜しかったですねぇ。もうちょっとで先に真紅吊って、
そして雛苺吊りで翠星石がアリスになれたところだったですぅ。

完全に翠星石の計算どおりに進んでると思ってたですのに♪」
できる夫
「真紅初日銃殺・・・夢見てもいいじゃないですかw >STEEVN-GM 」
真紅
「ふふふ……迷探偵の称号は撤回させてもらうのだわ!!>カナリア」
            ゲームマスター:では皆様、本日のRP賞を「理由つきで」投票願います
南鮮石
「あんちゃんは低確率で狐があったので、まあ仕様がないといえば仕様がない所ニダ」
できる夫
「霊界でも言いましたが狂狐であれば翠真紅●を出しますよ
妹のアリス的に考えてww>桜田のり 」
雛苺

              〉 んx==冖⌒し'⌒ト}^ヽ、     〃
            厶≠´  / ,  /   丁⌒ヽ.、_  /ハ
         /'/    /  / /'    |  ヽ \≧!{ /
     _,. ‐ ´ ¦.  〃,  / 〃     l|   l  ヽ 「
    「        | |  l| l,. ┼H |、   //|   |   |Y
    |.       N  lNヽハN l{   /77ヽ///   , |∧
    l \      l \{.ィ干ミ  ヽ/ノ厶イハ|/ ///  \
.   \ 了 ヽ ._r<|弋zり      行ミx .厶イ〃    ヽ
      ,.ニ|.___|‐-≧x_>' ' '   ,   弋zり /|/         }
        \  / \         ' '___,厶L_       _,.ィ
   ぺ      _く   ヽ.\ ゝ,      レ==≠'_ ̄ ̄ ̄ _/
    ッ     ハト\ / .X>--― ' 辷ァく` ‐干‐ァ ̄
           /|イ ̄ ̄に.}ニニミ、     ̄了
             / ハハ  // ト    〉X|   //
        /  /   辷'ノ/  .ト、\//  ヽ  ^ヽ.
    。ィ          /./  ||  ̄    ',    \
    じ
アリス発生せずなのよ、翠星石ざまあwwwwなのー」
流石兄者
「おめでとうだ
流石だな、相棒」
カナーリン
「楽してズルして○投げてたらいつの間にか噛まれてたのかしら~?>雛苺
南鮮石
「◆できる夫「彼女が狐なら狼対策に残すべきでは?」
この一言で真認定して張り付いていたニダ」
STEEVN-GM
「初日に雛か南を占わないできる夫なんて偽ですよ偽」
薔薇水晶
「ノリさんおめでとうー」
金糸雀
「あの真紅は偽物かしら!
あんな推理をするのは迷探偵真紅じゃないかしら!」
            ゲームマスター:その代わりといってはなんですが、優秀賞を発表します

JUMと一緒に生き延びた、桜田ノリさんです。いぇーい。
桜田のり
「>できる夫
最後まで●出さなかったからあるかなとは思っていたけど、
そこ真でも詰んでいたし狩人候補吊りたくなかったから先に吊らせてもらったわ。」
真紅
「迷探偵は貴方だったようね、翠星石!
私はしっかり名推理で村を救ったのだわ!!」
南鮮石
「蒼星石は初めて見る人ニダ
ファンキーな狐だったニダ」
流石兄者
「相棒もお疲れ様だ
一人残して悪かったな。だが、いい仕事をしてくれて感謝だ」
水銀燈
「できる夫真はあんまりかんがえてなかったわよねぇ」
できる夫
「占い噛まないのは囲いいないから・・
うん そう見えた噛み方でした・・」
翠星石

             ____
          _, -' ´___` '‐ 、_
       ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
     /  ./ /       ヽ\ \
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
  ミ ミ  l | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. ! /l    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃/ |   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|       -      リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\         /| |ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|  | |/  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

…………………………なんで真紅が生き残って、勝ってるですか?」
雛苺
「カナーリン真すぎるのよww」
JUN
「離席」
麻呂苺
「噛み先も占い先もぴりっとしなかったの。
ちょっとこれは久々に落ち込んでるでおじゃー」
薔薇水晶
「判断無しで噛みですか
できる夫さん吊ってしまってごめんね……」
JUN
「あ、ちょっと離籍です」
真紅
「そうね。投票もあるし、ここは私が吊られるとばかり思っていたのだわ>めぐ」
            ゲームマスター:えー、アリスですが、真紅と翠星石 が生きてるので、発生しません
JUN
「めぐさんのいずでしたけどねー」
翠星石

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l | ┬::cr / / ┬c」 ||
  ミ ミ  l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ :_⊂⊃‐      ‐⊂/    /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|ヽ|       -    リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\          /|  ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|: |  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

……………………………………………………雛苺吊り?」
カナーリン
「おもいっきり真占いしてごめんのなのかしら!!」
柿崎めぐ
「できる夫真!!!?」
JUN
「決定者CO
あえて隠してたのだぜ?」
桜田のり
「めぐと翠星石の発言がすっごく村に思えてたからね。」
            ゲームマスター:STEEVN:やあ、よくやってくれたようだね
悪魔召喚プログラムの調整は上手くいっているのかい?

今回は、悪魔を退けることが出来たようだね
次も、その調子でお願いしておきたいよ
雛苺
「噛みが消極的だったの、ヒナ反省するのよ・・・」
薔薇水晶
「おしい。真紅はないと確信してただけにそこが吊れればアリスも見えた……」
できる夫
「お疲れ様 
僕が真占いです」
柿崎めぐ
「水銀燈ごめんね!アリスにできなくてごめんね!」
麻呂苺
「いや、マロのミスのせいなのよ。
はっきり言って。」
翠星石

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l | -―  / / ―-」 |
  ミ ミ  l | l ! z=≡  '  ≡z.! /!l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  //  ゝ  ::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´ {X}i    l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

おつかれですwwwwwwwwwwww
雛苺吊られてるじゃねーですかwwwwwwwwwww
ざまぁみろですwwwwwwwwwwwww」
カナーリン
「おつかれ~なのかしら」
JUN
「おつかれさまです」
雪華綺晶
「狼の皆さんは御免なさいね。
グレランで早々に吊れてしまいましたわ。」
柿崎めぐ
「おつかれさまー!」
水銀燈
「お疲れ様よぉ」
金糸雀
「  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :! お疲れ様かしら!
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl  
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|」
南鮮石
「お疲れさまー
COのタイミングミスってごめんニダー」
JUN
「やっぱりですかー」
流石兄者
「お疲れ様だ」
雛苺
「ごめんなのー完敗だったのよ・・・」
薔薇水晶
「おつかれ」
桜田のり
「お疲れ様。」
真紅
「お疲れ様なのだわ!」
雪華綺晶
「お疲れ様ですわ」
STEEVN-GM
「おつかれさまでしたぁー!」
            ゲーム終了時間:2009年10月28日0時28分
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
            ゲームマスター:桜田ストレート=真紅+JUM+ノリ生存
            ゲームマスター:ちなみに真紅がアリスになったら、桜田ストレートが炸裂してたかもしれません
            ゲームマスター:
んじゃ、今回の結果発表といきましょうや

【総評】
的確にドールズを吊るすという煩悩が見え隠れしながらも村のために死ねといいあうドールたちがとても可愛らしい村でした。
狐混じりギドラというトンデモ展開でも落ち着いたRPを皆様魅せてくれましたね。


【アリス賞】:なし 特別賞:桜田ノリ

真紅と翠星石ガ生き残ったのでアリス賞は無し。
その代わり霊能であるJUMとともに生き残った共有の桜田ノリさんが受賞です。
お姉ちゃんはつよいんだ!


【役職賞】:真紅(村人)

イササカ迷いましたが、後半の胸のすくような蒼星石の心理分析や狼の噛み狙いなど、
かなりの精度の推理を誇っており、村人としてはこれ以上のない出来具合だったと思います。


【RP賞】PL選:柿崎めぐ  GM選:蒼星石

水銀燈限定狂人みたいな動きで狼を的確に(私怨で)追い詰める鬼畜っプリが光りました。
ドールズ村で敵に回してはいけない人の一人かもしれませんね。

GM選は狐であるにもかかわらず「目立ちたい」の一心でギドラCOに躍り出たボクっ娘さんです。
まさしく、RPのカガミであり、普段どれだけ彼女が虐げられているのかがよく分かりますね
            ゲームマスター:今日の役職希望調査
占い1:霊能3:狩人2:村2
狂人2:狐1:なし5

流石に占い希望する命知らずは少ないですねー
アリスになるなら霊能と占いはやめておけ、ってのが最近根付いてますね、ッチ。
            ゲームマスター:村側の狂人みたいなポジションだしねえ、正確には銀ちゃんのか<めぐ
            ゲームマスター:メグが圧倒的なようですね、ふむ、GMはどうしようかな
            ゲームマスター:実はメグはすごい勢いで正解にたどり着いたんですよね 私怨こええ
            ゲームマスター:そういうわけで、おめでとう! のり@tkさん!
            ゲームマスター:では皆様、本日のRP賞を「理由つきで」投票願います
            ゲームマスター:その代わりといってはなんですが、優秀賞を発表します

JUMと一緒に生き延びた、桜田ノリさんです。いぇーい。
            ゲームマスター:えー、アリスですが、真紅と翠星石 が生きてるので、発生しません
            ゲームマスター:STEEVN:やあ、よくやってくれたようだね
悪魔召喚プログラムの調整は上手くいっているのかい?

今回は、悪魔を退けることが出来たようだね
次も、その調子でお願いしておきたいよ
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            雛苺 は投票の結果処刑されました
7 日目 ( 1 回目)
雛苺4 票投票先 1 票 → 真紅
翠星石0 票投票先 1 票 → 真紅
桜田のり0 票投票先 1 票 → 雛苺
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 真紅
真紅3 票投票先 1 票 → 雛苺
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → 雛苺
JUN0 票投票先 1 票 → 雛苺
            翠星石 は 真紅 に処刑投票しました
            桜田のり は 雛苺 に処刑投票しました
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「三票かしら!」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「この場で霊偽を言うのは怪しすぎるわぁ」
            雛苺 は 真紅 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 真紅 に処刑投票しました
            JUN は 雛苺 に処刑投票しました
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「ぎゃー、二票きたのよー!」
            真紅 は 雛苺 に処刑投票しました
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
STEEVN-GM(dummy_boy)
「めぐ(の私怨)恐るべし」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「下界がRPで吊りを決め始めたのwwww」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「狼だって無駄吊りしたいかしらー!」
雛苺
「初日の役職次第でどうにでもなるのよ」
翠星石
「とにかく私は、状況から真紅がLWとしか思えねーですね。
つーか、雛苺はなにをどう見たって、アリスになるために無駄吊りしたいだけじゃねーですか」
真紅
「ちょっとJUM!貴方、下僕としての誇りは無いの!?」
柿崎めぐ
「下僕は死んでも下僕よ>>JUM君」
雛苺
「実際経験的にも霊能乗っ取りはそんなにレアケじゃないのよ・・・」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「そうなんだよなあ、共有が共有相方に入れる村だし>投票当てにならない」
JUN
「じゃ、RP的には真紅吊るべきなのかな・・・
下僕からぬけだしたいしwwwww」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「4-2とかどんだけ雛苺に負担かけるのよーwwww>きらきー」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「ほぼRPなのに的確に狼を吊っているとは……流石だ」
柿崎めぐ
「こんなに突っ込まれるとは思わなかったわ!!
こういっとけば狼霊能偽を言い始めて保護できるかと思ったのよ!!」
JUN
「つかSG位置なんだよね、ここまでのこると
噛みかたがよくわからない」
雛苺
「昨日なんで真紅に票が集まってたのかも良く分からないのよー
めぐと本人はともかくRPで真紅まで票入れたの?」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「確か先週もすごい勢いで(私怨で)狼吊ってたかしら……」
真紅
「ここでJUMを疑うのは、少し気になるといわざるを得ないわ。迷走SG位置を狙っているみたいに見えるもの」
桜田のり
「真紅、雛苺のランで行きたいけど。」
薔薇水晶
「割とこの村は投票はあてにならない……
アリスになるためという前提あるから……」
翠星石
「霊能疑うなんつーのは、占い4の時点で翠星石はかけっらも考えちゃいねーですよ!
これでJUNが乗っ取り狼だっつーならほめてやるです!
なんならおめーがアリスでもいいですよ!!!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「霊能COに気付かず乗っ取りかけそうになった狼ですww
ごめんなさいww」
JUN
「ほぼないよ、17人村だよ?>めぐ」
桜田のり
「JUNはあきらかに狼の出る位置じゃないわよ。」
南鮮石(ジョインジョイン◆e596wfOJqI)
「でも、LWは吊れそうニダ
狩人がミスしても村が強ければいいニダ」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「ドールズ村の村勝ちの貢献度って実はめぐがトップなんじゃないだろうか」
翠星石
「JUNは占い4から出てきた霊能ですよ?
狼が乗っ取りに来た? 真霊が出てきたら4-2になるのに?
それはまたとてつもない勝負師か、じゃなきゃアホ狼ですね」
真紅
「そうね。私視点身内票があった、ということになるわ。」
柿崎めぐ
「…ちょっとまった
これってJUM狼もあるのかしらね?
いや考えてなかったけどふと思って」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「いいわぁ、めぐー、雛をつりなさぁい」
桜田のり
「雪華綺晶 6 票 →柿崎めぐ 得票 水銀燈 , 金糸雀 , 雛苺 , 翠星石 , カナーリン , できる夫 , 」
真紅
「翠星石、噛み付くのはいいけどあくまで高貴にね、私たちはローゼンメイデン。
あなたがそのような怒りに任せた言動をしてはお父様が悲しむわ?」
薔薇水晶
「……まあ、どっちでもいいか
ここではずしたら自分がまずすぎるわけで」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「めぐwwwwwww」
雛苺
「翠星石はレアケを今更主張しすぎなのー
どう考えても狂人には見えないのよ・・・」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「めぐwwwwwwwwwww」
桜田のり
「雪華綺晶 6 票 柿崎めぐ 水銀燈 , 金糸雀 , 雛苺 , 翠星石 , カナーリン , できる夫 ,

3日目の投票こうなのよね。身内票0と判断するとどうみても真紅LW」
            柿崎めぐ は 雛苺 に処刑投票しました
薔薇水晶
「なら初日に解ってれば噛んでローラーさせればグレーも広いままだと思うんだけど」
柿崎めぐ
「んじゃあ雛苺ちゃんから吊るしちゃいましょう

霊界から見てる水銀燈!!!?いまあなたの仇の一人が天に召されるわ!!」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「雛苺には辛い思いをさせてるのー
あとでマロ秘蔵のトゥモエZIPうにゅーを分けてあげるでおじゃなのー」
翠星石
「◆雛苺「翠星石はもっと喋って欲しいのよ・・・
疑わしすぎて困るの」

おめーは壊れたスピーカーかなんかですか!!!!!
それ以外のことをちったぁ言いやがれです!!!!!」
南鮮石(ジョインジョイン◆e596wfOJqI)
「最近、真に張り付いても狂噛みとかでGJが出ない事が多いニダ」
桜田のり
「JUNは途中まで狩人鉄板護衛の位置だし、
狩人候補全然死んでないのよね。」
真紅
「というか、私にはどうしても翠星石はステルスとは思えないのだけれど。
今にも私を殴り殺しそうよ?」
薔薇水晶
「解ったらさっさと噛んでもいいと思うんですけどね>翠星石
共有悠長に噛むというのが不可解だけど、翠星石はずっとそこにこだわった推理なんだね」
翠星石
「さらに言えば、蒼星石が狂人だった場合、真狼狐ってなるです。
この場合には狐噛んだら吊り増えてたわけですから尚更、
偽占いを噛むのは狼にとっちゃ死活問題だったはずなんですよ!
占い噛むなら、真偽はっきりしてたって考えるのが一番自然なんです!」
柿崎めぐ
「というか私視点詰んでるのよね
翠星石・雛苺・真紅、この3人ローラで終わりでしょう」
雛苺
「翠星石はもっと喋って欲しいのよ・・・
疑わしすぎて困るの」
南鮮石(ジョインジョイン◆e596wfOJqI)
「狩人の生存が確定なんだから、共有が指定したはず
あそこで狩人COはしなくてよかったはずニダ…
負けたらごめんニダ」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「お疲れ様かしら!」
JUN
「ここにきて真紅と雛苺が怪しくなってきたんだぜ?」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「妹よ 良く頑張りました」
桜田のり
「私は雛苺・真紅このどちらかが狼濃厚と思っているのよね。」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「翠星石は頼りになるのよー
っていうか出身が同じで戦歴もほぼ同じくらいだけあって思考が似てるのよ-」
柿崎めぐ
「雛苺 2 票 投票先→ 水銀燈
翠星石 1 票 投票先→ 真紅
南鮮石 0 票 投票先→ 水銀燈
桜田のり 0 票 投票先→ 雛苺
薔薇水晶 0 票 投票先→ 翠星石
真紅 3 票 投票先→ 雛苺
柿崎めぐ 0 票 投票先→ 真紅
JUN 0 票 投票先→ 水銀燈

よくもッッ!!!よくも水銀燈を!!!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「お疲れ様ですわ」
雛苺
「グレスケ
翠星石>>>真紅=めぐ>>その他

寡黙な村は村ですらないのー、ステルス過ぎるし、さっさと吊るべきなのよ
真紅も昨日にきてボロが出てきたのー
あと、めぐは昨日も行ったとおりノイズ過ぎるのよ・・・
全く疑われなさ過ぎるのもおかしいと思ってるのー
あと、JUMは何で噛まれないの?・・・」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「私を吊るからこんなことになるのよぉ」
JUN
「なぜぼくをかまない」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれだ狩人、いい仕事振りだった」
JUN
「おはよう
水銀燈は〇の村人だったよ・・・」
雛苺
「ま、そこが噛まれるのー自然の摂理なの
お疲れ様なのよ」
桜田のり
「おはよう、水銀燈は違ったわね。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「おっつかっれさっまでSITA」
柿崎めぐ
「おはよう…おは、おはおは・・おはよう…」
雛苺
「おはようなのー」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「ひゃっは-
南ざまぁwwww」
真紅
「おはようなのだわ。JUM、紅茶を淹れて頂戴。
正直、めぐは村側にしか見えないのだわ。自分を犠牲にして水銀燈をアリスにしようとする様は、人間ながら高貴さを感じるもの。
よってめぐは村。残りは雛苺と翠星石だけど、やはり私は雛苺を狼で見させてもらうわ。」
南鮮石(ジョインジョイン◆e596wfOJqI)
「COみすってごめんニダ」
薔薇水晶
「南鮮石お疲れ様」
翠星石
「おはよーですよ。
……おめーら、なんでできる夫偽を把握したからカナーリンを素直に噛めたって考えねーですか!?
きらきー吊られたから占い噛んだんであって、そうじゃなきゃぜってー占い噛む気なかったんですよ狼は。
でなきゃ、共有から抜くなんてこと、するわけねーです!!」
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
南鮮石 さんの遺言
南鮮石の謝罪と賠償を要求する狩人日記
初日 護衛先 無し 襲撃先 STEEVN-GM
狩人COのタイミングを間違ったのごめんニダ…

南鮮石が狩人になったニダ
謝罪と賠償を要求しつつ村を守るニダ

2日目 護衛先 できる夫あんちゃん 襲撃先 流石兄弟

何この展開…
狐が死んだのなら占いを容赦なく抜いてくるニダ…
初日でこれはキツいニダ…
一応、狐を残そうと言ったあんちゃんに真があると見て護衛するニダ。RPじゃ無いニダ
霊能?噛まれて占いの寿命を延ばすニダ

3日目 護衛先 できる夫あんちゃん 襲撃先 カナーリン
なんで共有噛み?まだ真贋がついてないニカ?
狐が死んだのなら高確率で今日囲ったはず…
水銀燈がくせえニダ…多分囲いニダ
あんちゃん護衛を続けるニダ

4日目 護衛先 JUM 襲撃先 金糸雀
んー、狂抜きである事を祈るニダ
あんちゃんも守りたいけど霊能守っておくニダ
麻呂苺の判定は結構重要のはずニダ

5日目 護衛先 ばらしー 襲撃先
共有と狩人の可能性を保有した確定○
確定○にいくと見て護衛するニダ
            南鮮石 は無残な姿で発見されました
            (南鮮石 は狼の餌食になったようです)
            雛苺 たち人狼は 南鮮石 に狙いをつけました
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「べグリだったのねぇ」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「そう この僕が真占いです>水銀燈(」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「ばらしーかわいすなあ」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
薔薇水晶の独り言
「                ィ
            /::|
           __  /::::::;′
   ヽー- 、,ハ `Y、::厶 ----   .
.  / \:::::::辷>' ニ=-   、  \
  {  r─ヘ:::/            \  ヽ___  ___
  ヽ ヽ   / ,              ', ∨´_了^\::::::::::`>
.   \ \″丨   !         i  ∨√ ̄)冫_;:イ _  - ──‐ -  、
     \|  _!_ l |     |i    l   ト、二斗'´  ̄   _  -‐ ‥ - 、 \
       |i l、`ヽl |   /|l   ′l   ト、:::::::::卞、ー一 '' ´          ヽ \
       lハ |圷、 ヽ| ‐/-|l 、/ / / ,' \::::::|  ` ー- 、   ノ}        }  }
         }ハ| ヽ」  レ'≠レ'/冫イ  ∧   \|        `く ノ       / /
       '  !    {〈戈ソ〉イ/ /ィ⌒) ',      \ ー-    ´ ̄ア__/ /
      /  /〉、`  ^ーニン/イ 厶ィ  ,       ー      ̄ ̄    ̄ ̄ `ヽ
.     l   Llノ \ヽ   ィ   /: : ゙、 \        _   - -       ト、 '
.     |   _,ィ′,孑不、/  /: : : -' __ ` ー -  ´   _, -r─t‐_、  ト、 ¦ ヽ}
空気ではなかった……いぇい」
南鮮石の独り言
「9人の時点で狩人COはない…
共有が指定してからで良かったはず…」
薔薇水晶の独り言
「                 ,.rn─‐-  .,_
                ァニ´入} ̄``   `ヽ
             ,. / ´レ′ !| | | |  |l  ',
          ,  '´ /     i |l 」_ ト、! || | |l
         /   /     ,'.ハl!lL]_TN |リ lリ
        /    //      /,′ `.{リ` 似}′
          ー- .,_// !    __/_        }'ヘ
            /) l ,.イ   ヽ、   '.イ  〉  _,. -─‐一¬フ___  / /
      _,. -‐ 7/  lr'/  ,. ェ 、 コ=´‐--一''"       /-‐''  ̄、ヽ -‐
  ,. ‐ ´    //  l{.{  //\〉             ,.イー、--‐t.,j」ノノ ニ
 〈        //   ハ  ´  ァ----┬ェ‐ェ 、_      / {  〈  / ハ ヽ
  `丶、   //   /  ヽ   /     ヽ「l_j ヽ` ー<_   `ヽ ヽ
      ヽ//   /  / /\           〉|   ヽ    `丶、  L {
        //ヽ  /  / /  ハ      〈.イ    ノ      `ー-ヽ}
      //_,ノ /  / /  / ノ       }ハ  /
  _,.. -‐/'´   /  l /  /  /  / _ノ ハ〈
'´  /    /   /   >-~‐、__,.イ´  Vニゝ`丶、
  /    /     /  /   / }    ヽ \  )
/     /     //  /     ! /    ヽ ヽ
んーどうなるかな……」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「火病ってやがる、早すぎたんだ!なの。マロ知ってるでおじゃるなのよー」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「流石だな、めぐ
あんたのRP推理冴え渡っているぜ」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「ってできる夫が真占いですとー」
翠星石の独り言
「◆南鮮石「っつーわけで、南鮮石がアリスになる為にも水銀燈吊りたいニダ」

狩人COしといておめーが生き残る目なんてあるわけねーですよwwwwww」
柿崎めぐの独り言
「えーっと…翠・真紅・雛苺…あれ?足りてるじゃない」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「そして私怨からめぐが雛苺吊りに走りそうかしらwww」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「狼がメグの射程圏内に(私怨で)入ったぁあああ!」
翠星石の独り言

             ____
          _, -' ´___` '‐ 、_
       ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
     /  ./ /       ヽ\ \
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
  ミ ミ  l | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. ! /l    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃/ |   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|       -      リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\         /| |ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|  | |/  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

……なんでドールズにしか票入ってねぇですか?」
柿崎めぐの独り言
「とまあ、冷静に…冷静に…」
桜田のり(共有者)
「狂人の囲いの前に狼の囲いを処理しましょう。」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「めぐ……おまえはよくがんばった
霊界に来たら銀さまと2人でブラクラを踏んでくれ」
柿崎めぐの独り言
「この3人は吊るす、具体的には雛苺から」
翠星石の独り言

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l | ┬::cr / / ┬c」 ||
  ミ ミ  l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ :_⊂⊃‐      ‐⊂/    /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|ヽ|       -    リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\          /|  ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|: |  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

………………………………」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「そう早すぎたんです 南鮮石(巨神兵的な意味で」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「南のアホwwww
さっさと噛まれて死ねばいいのよぉwwwww」
真紅の独り言
「やっぱ雛苺じゃないかしらね。
あんなLWは小鳥族が本気を出したときくらいしかありえないのだわ。」
柿崎めぐの独り言
「雛苺 2 票 投票先→ 水銀燈
南鮮石 0 票 投票先→ 水銀燈
JUN 0 票 投票先→ 水銀燈

ゆ、ゆるさない。よくも、よくもパチモノのクセに!!」
南鮮石の独り言
「未熟すぎる…」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「おつかれさまなのよー」
桜田のり(共有者)
「翠の子がちょっと見えないところなのよね。」
JUNの独り言
「どう考えてもぼくとわたしのカナリアン村ならぬ、
乳酸菌村作ろうと動いてたしね」
南鮮石の独り言
「護衛成功で浮かれたニダ…
完全にへまった…」
翠星石の独り言

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l | -―  / / ―-」 |
  ミ ミ  l | l ! z=≡  '  ≡z.! /!l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  //  ゝ  ::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´ {X}i    l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

水銀燈おつかれですぅwwwwwwwwwwwwwwwww」
雛苺(人狼)
「狩人噛み以外ありえないのー」
桜田のり(共有者)
「囲いローラーで雛苺吊りたいわね。」
            南鮮石 は 翠星石 の護衛に付きました
柿崎めぐの独り言
「水銀燈ぉおおおおおおおお!!!!!」
真紅の独り言
「おめでたいジャンクだわね水銀燈。
……私が殴る前に死ぬなんて無様にも程があるのだわ!!」
雛苺(人狼)
「GJとか・・・積みゲーktkrなのよ」
水銀燈(ヨット◆8mvWEg86bA)
「吊られたwww」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「お疲れ様ですわ」
柿崎めぐの独り言
「え?」
柿崎めぐの独り言
「ちょ、すあ・・・」
桜田のり(共有者)
「違うと思ったんだけどな。」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「お疲れ様かしら!」
薔薇水晶の独り言
「……ああ! ドールズ潰せる方がいいのか」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「おつかれさまー」
南鮮石の独り言
「狩人COのタイミングを完全にミスったニダ…
もう一回村人噛みを阻止できたら完全に詰みだったのに…」
JUNの独り言
「うはwめぐさんじゃね、このLW」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれさまだ」
薔薇水晶の独り言
「ふむ。そこは違うと思ったけど」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            水銀燈 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
水銀燈4 票投票先 1 票 → 真紅
雛苺2 票投票先 1 票 → 水銀燈
翠星石1 票投票先 1 票 → 真紅
南鮮石0 票投票先 2 票 → 水銀燈
桜田のり0 票投票先 1 票 → 雛苺
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅3 票投票先 1 票 → 雛苺
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → 真紅
JUN0 票投票先 1 票 → 水銀燈
            薔薇水晶 は 翠星石 に処刑投票しました
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「まあこのタイミングのGJだっただけマシなの。」
            JUN は 水銀燈 に処刑投票しました
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「◆南鮮石「水銀燈つってメグの反応を見るニダ」
外道がいるぞ……恐ろしい」
            真紅 は 雛苺 に処刑投票しました
            翠星石 は 真紅 に処刑投票しました
            桜田のり は 雛苺 に処刑投票しました
            水銀燈 は 真紅 に処刑投票しました
            雛苺 は 水銀燈 に処刑投票しました
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「……下界視点、アリス狙い発言に見えたみたいかしら」
            南鮮石 は 水銀燈 に処刑投票しました
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
薔薇水晶
「まさか……これが空気だとでもいうの……」
柿崎めぐ
「なんて・・・きたないさすがパチものきたない!!」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「めwwwwぐwwwwww」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「めぐ様は頑張ってますね。」
JUN
「とりあえず、のり姉の指示はきくよ?」
真紅
「水銀燈?
狼ならもう少し、発言を増やしそうなものだけど」
南鮮石
「水銀燈つってメグの反応を見るニダ」
            柿崎めぐ は 真紅 に処刑投票しました
翠星石
「雛苺、おめーは自分がアリスになるために、水銀燈と私吊って、
最後に真紅吊るつもりなのが見え見えなんですよ!!!!」
雛苺
「めぐはRPがそろそろノイズなのよ・・・
ぶっちゃけRPオンリーで喋ってるように見えるし村に見えなくなってきたのよ」
水銀燈
「4日目にきらきーと一緒にグレーにいためぐは狼の可能性は低いとみてるわぁ」
南鮮石
「まあ、村人が一人でも生き残れば勝ちニダ
それぞれの村人視点でグレーを吊れば勝ちニダ
南鮮石は噛まれるからガンバッテー」
柿崎めぐ
「やめてぇええええええええ吊らないでぇええええええええええ」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「このままでは僕の出番が消えてしまう・・・
でも、ここまでみたいだ・・・さようなら」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「きらきー投票も効いてるのよ」
JUN
「水銀燈つろうぜー」
柿崎めぐ
「グレランで!
それぞれに入れればいいと思うわ!

水銀燈以外で」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「◆雛苺 「ヒナは水銀燈と翠星石吊るべきだと思うのー
狼そこしか見えねーのよ」

この段階で狼候補2匹あげるのは、カナ的にはアウトかしら」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「◆南鮮石 「あーと、グレ5で吊り4だから詰んでないか」
素に戻ってますよ」
雛苺
「なんというか、で疑われるのは困るのよー>真紅」
柿崎めぐ
「5匹ならんー…んんー…」
薔薇水晶
「となるとー5人で4回ですか」
水銀燈
「ふざけんじゃないわよぉ>南」
JUN
「ぶっちゃけめぐさんが一番狂人だよね・・・」
翠星石
「……ありゃ、すまんです、自分を数えてなかったですね。
詰んでねーですか? それでもやっぱ真紅LWとしか思ってねーですし」
南鮮石
「あーと、グレ5で吊り4だから詰んでないか」
薔薇水晶
「ん? ああ……めぐ忘れてた」
柿崎めぐ
「あ、5匹いた…?」
雛苺
「ヒナは水銀燈と翠星石吊るべきだと思うのー
狼そこしか見えねーのよ」
JUN
「ごめん、南鮮石がアリスになることはもうできないんだよ・・・」
真紅
「雛苺>>翠星石>水銀燈>めぐね。
めぐは目立つのを恐れない発言が多いから村目。雛苺はなんというか、あまり残したくないところなのよ。」
柿崎めぐ
「そうよ!水銀燈は最後!最後よ!
ロラるなら立候補するわ!」
水銀燈
「真紅>翠星石>雛苺>めぐよぉ
きらきー投票を考えたらこうかしらぁ」
JUN
「真紅 雛苺 翠星石 水銀燈 
柿崎めぐ
らんだとここらへんからだよね?」
桜田のり
「LWだし指定はしないでおくわね。」
南鮮石
「っつーわけで、南鮮石がアリスになる為にも水銀燈吊りたいニダ」
雛苺
「同じことを今考えていたとこなのよ>水銀燈」
柿崎めぐ
「グレスケぇ?私ぜんっぜん書いてないわ!!
どのみちグレ4ならロラって終わりよ!」
翠星石
「真紅>雛苺>めぐ=水銀燈、ですかねぇ。真紅で終わるとしか思ってねぇですけど」
桜田のり
「間違えた。グレー5人で吊り4か。」
JUN
「なんでのこすw?w>水銀燈」
雛苺
「多分確定○消す作戦だと思うのよー
南鮮石はナイス護衛なのよ!」
薔薇水晶
「対抗もいない……
狐もいない、この狩人は真で見ていいと思うし……」
水銀燈
「じゃぁ私のこして残りのドールズをランすればいいと思うわぁ」
JUN
「どうやら、ぼくSG位置らしい・・・疑いたくないけど、真紅LW説が
ここで浮上だよ
ぼくてきには水銀燈つりたいんだけどね」
柿崎めぐ
「なるほど、そういう噛みなのね>>南鮮石」
南鮮石
「あれ?詰み臭いニダ」
翠星石
「つーわけで、適当にグレラン進める形でも勝ちですぅ♪」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「でも意外と雛苺は精神的にステルスしてるな 逃げ切れるのか?」
真紅
「とりあえず囲い疑いで怪しんではいるけど、翠星石は発言薄いようには見えないのよね。自分吊り、と言い出したのも村目。」
薔薇水晶
「足りてません?」
桜田のり
「グレスケはそれぞれ出して」
薔薇水晶
「9>7>5>3>
ええと、対抗もいなければ後は誰ですかね
雛苺、真紅、水銀燈、翠星石……と」
南鮮石
「確定○はどっちも同じ
なら、狩人の可能性を消したいじゃない>柿崎めぐ」
柿崎めぐ
「チェックメイト!!」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「南鮮石・・・噛まれてしまう・・アリスへの道があああああああああ」
雛苺
「グレスケ
翠星石>水銀燈>>>>南鮮石>その他

翠星石は発言薄すぎなのよー一番手にここ吊る以外はありえないと思うのよ・・・
水銀燈はJUM偽疑惑をさっさと持ち出すあたり怖いのよー
権力ケアも考えて損なしと思うのよ


上の南鮮石は消しておkなのー」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「5人4吊り。
が、ガンバッテーなのー」
水銀燈
「つりは4回よぉ>のり」
桜田のり
「対抗いない。狐もいなくてLW、真でしょうね。」
JUN
「確定〇だものね
ばらしーは、いいせんすだよ。ぱちもんだけどいいかんじだ>南鮮石」
南鮮石
「ばらしー護衛成功ニダ!」
柿崎めぐ
「ばらしー噛み!!?ここで?
うーん…なぜ共有を噛まないのか…どっちでもいいと思ったのかな」
翠星石
「で、これで詰みですか。吊り4回、残りグレーは真紅、私、めぐ、水銀燈。
おしめーですね」
水銀燈
「バラシーGJなのね把握よぉ」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「ここでGJは決まったかしらー
9>7>5>3の四吊りで雛苺は吊れる位置かしらー」
雛苺
「一応グレスケ作ったけど、出すべきなの?>共有」
南鮮石
「南鮮石の謝罪と賠償を要求する狩人日記
初日 護衛先 無し 襲撃先 STEEVN-GM

南鮮石が狩人になったニダ
謝罪と賠償を要求しつつ村を守るニダ

あ、初日あった…」
桜田のり
「確定村4人ね。吊りは5回」
薔薇水晶
「日記を把握しました」
翠星石
「吊り増えたですねw
ま、私と真紅を今日明日でローラーして真紅LWじゃなくても、これで残り3人から2吊りで勝ちになるです♪」
水銀燈
「とりあえず日記をよろしく」
真紅
「狩人COね。対抗は居ないでしょうし、ここは真でいいかしら。」
薔薇水晶
「ちなみに共有が生きている限り共有のサポートとして動くので……」
JUN
「うああぁぁぁぁぁ
南鮮石はやくにっきを」
桜田のり
「狩人ね。把握したわ。」
南鮮石
「2日目 護衛先 できる夫あんちゃん 襲撃先 流石兄弟

何この展開…
狐が死んだのなら占いを容赦なく抜いてくるニダ…
初日でこれはキツいニダ…
一応、狐を残そうと言ったあんちゃんに真があると見て護衛するニダ。RPじゃ無いニダ
霊能?噛まれて占いの寿命を延ばすニダ

3日目 護衛先 できる夫あんちゃん 襲撃先 カナーリン
なんで共有噛み?まだ真贋がついてないニカ?
狐が死んだのなら高確率で今日囲ったはず…
水銀燈がくせえニダ…多分囲いニダ
あんちゃん護衛を続けるニダ

4日目 護衛先 JUM 襲撃先 金糸雀
んー、狂抜きである事を祈るニダ
あんちゃんも守りたいけど霊能守っておくニダ
麻呂苺の判定は結構重要のはずニダ

5日目 護衛先 ばらしー 襲撃先
共有と狩人の可能性を保有した確定○
確定○にいくと見て護衛するニダ

初日消えちゃったニダ…」
雛苺
「GJ発生なのよ!これで村勝つるの!」
真紅
「狩人GJなのだわ!!
狩人には私の下僕の栄誉を与えるのだわ!!」
JUN
「ってかもういらないよね
で、何で僕かまないの?>狼
いじめ?」
薔薇水晶
「さて。ここでGJと」
水銀燈
「GJねこれは」
南鮮石
「狩 人 C O」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「「水銀灯つるしたくない」めぐちゃんはええこやでー」
水銀燈
「きらきー狼で考えてグレーに2人残っていたとは考えにくいのよねぇ
よって南とめぐは候補から外すわぁ
狼候補はすい星石と真紅と雛苺ねぇ」
雛苺
「おはようなのー」
JUN
「おはよう
ロリコン(できる夫)は〇の村人だったよ・・・」
柿崎めぐ
「おはよう、ローザミスティカ4つ目っと…」
薔薇水晶
「翠星石>水銀燈>雛苺=南鮮石>真紅

翠星石は三日目霊能にしか絡んでいなかったのが気になる
今回4-1真狂狐狼ー真が本流
霊能に構う必要性を覚えない……それ以外もケアをするなら触れることでもない狐に触れ続けているのが気になる……
水銀燈は発言の数の割りに印象に残らず中身も見えてこない……
囲う位置としてはこの辺りという状況判断も含めてこの位置においておく
南鮮石と雛苺はこの辺り。まだはっきりと決めかねている……
真紅は……あそこで囲えてたとしても他噛んだってよかった気もするので」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「これは死んだのー」
南鮮石
「水銀燈>柿崎めぐ>雛苺

水銀燈
蒼星石は十中八九狐
狂人だとしても狼からしたら狐だろうという事になったと思うニダ
で、狐がいなくなったのなら(まだ占いにいるとしても)「狐を囲う心配が無くなった」わけだから高確率で囲うと思うニダ
その他の発言も薄くグレランで吊られそうな位置なので囲い候補筆頭

柿崎めぐ
んー、PRだろうけどあんちゃん吊りとかが気になっているニダ
そもそも、狩人保護というけれど、生きている確証もないのなら保護した所で仕様がないと思うニダ
無駄吊りで時間を稼ごうと思ったんじゃないかとにらむニダ

雛苺
初手囲い疑い
んー、狼臭くはないように思うけど、狼の○はやっぱり気になるニダ」
真紅
「おはようなのだわ。JUM、紅茶を淹れて頂戴。」
薔薇水晶
「おはよう……」
桜田のり
「おはよう。GJね。」
翠星石
「おはよーですよ。
これで真紅LWだと、別に翠星石が先吊りになったとしてもアリスが生まれねーんですよねぇ。
ま、それでもやっぱ真紅LWしか今んとこは考えてねーですかね。
あと、翠星石の発言が薄いっつーなら、真紅なんてすっかすかじゃねーですか。
どうでもいい発言抜いてみりゃいいですよ」
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫 さんの遺言
めぐさん ヒナさん 水銀の中にLWです
めぐさんでしょうね
            雛苺 たち人狼は 薔薇水晶 に狙いをつけました
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「銃殺無しで共有FOなら恐れず●特攻して狂アピするべきだったかしら?
というかカナの狂人希望がパチモンに持ってかれたかしらー!」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「マロ●は村に見えてるの。
だからヒナ囲いだとしたら、できる夫の真贋ついてない状況なのよ。
そこでできる夫残せるなら……と、マロなら考えるのー」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「流石だな、相棒
カスペルキーなみの優秀さだ
……オレ? もちろんノートンを使っている。更新はしていないが」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「楽してズルして勝つために○投げてたらいつのまにか噛まれてたのかしら!」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅の独り言
「くんくん、貴方ならこんなときどうするの……?」
水銀燈の独り言
「きらきーへの投票考えたら真紅よねぇ」
翠星石の独り言
「真紅が生き残り図るとするなら、翠星石を噛むべきですかね。
それならまだやりようがあると思うですよ。狼が真紅を吊っちまえって言ってるように見えるですから」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「それは自分も吊られる諸刃の剣だよ・・・
大事な事は真贋がついた、ではなく囲われた・・・となってしまうから」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「そろそろみんなアリスになるのに考えをシフトしているな」
桜田のり(共有者)
「雛苺かめぐかな。個人的には雛苺な気がするのよね。」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「狂人だっだら翠星石に●出ししますよ 僕は!>雛苺」
真紅の独り言
「猫又が居れば……。」
柿崎めぐの独り言
「んんんんん…
なんとかしよう」
柿崎めぐの独り言
「水銀燈吊るしたくない」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「まぁ真紅は吊れそうかしら。
ぶっちゃけカナも疑ってたかしら。」
翠星石の独り言

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿

これで真紅LWだと、別に翠星石が先吊りになったとしてもアリスが生まれねーんですよねぇ」
柿崎めぐの独り言
「まずいわ…ほんとにまずいわ…
どうしようどうしよう」
水銀燈の独り言
「雛苺も可能性はあるけど」
柿崎めぐの独り言
「やっぱり水銀燈なの?」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「まぁ紅薔薇のお姉様銃殺はお約束ですからね。」
柿崎めぐの独り言
「…」
真紅の独り言
「それじゃあ結局ただのアリスゲームじゃない!
お父様の思う壺なのだわ!!」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「でもここでできる夫噛まなかったから、狼から真偽ついてんじゃね疑惑の種は蒔かれたの。
きっと真紅、翠のどっちかは吊れそうなの。」
雛苺(人狼)
「これミスったらアウトなのよ・・・
みんな申し訳ないのー
てかできる夫には●だしてほしかったのよ・・・」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「ついでにカナは残しておくべきだったのかしら。
逆囲い疑惑でSGにできたかしら」
JUNの独り言
「今日こそ僕かめよ
なんだよこれ、SG位置なのかい?」
薔薇水晶の独り言
「          _
        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |
翠星石>水銀燈>雛苺=南鮮石>真紅
辺りでー」
翠星石の独り言

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

……ま、これで霊偽じゃなきゃLW確定ですけど。
つーか、占い4で出てくる霊能なんか、真以外ねーですし」
桜田のり(共有者)
「真紅と翠星石の殴り合いが村vs村って感じなのよね。」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「まさかRPでいくなら即占いだった・・!
真紅銃殺を夢みたばかりに・・」
水銀燈の独り言
「できる夫真考えたらめぐいかいないのよねぇ」
            南鮮石 は 薔薇水晶 の護衛に付きました
真紅の独り言
「……落ち着きなさい真紅。
逆に考えるのよ。パチモンドールは殴らなくてもいい、と考えるのよ。」
            ゲームマスター:いやまあ、がんばれ>該当者
水銀燈の独り言
「んー誰かしらねぇ」
雛苺(人狼)
「JUM最後まで残して突っかかってやるのよ・・・
霊能がそこまで残るのってありえないのーって」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「ついでにドールズは吊れやすいかしら。
みんなアリスになりたいから早く吊れるのかしら」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「村が安定志向なのに狼は救われた幹事かな」
翠星石の独り言

              _,. -ァ――‐-- 、_
             / ノ* , - '^⌒"´`丶、
           / ノ  r'´         ヽ
          /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
           /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
         /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
          ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノ ィ' ,ィリ l,' l l
          ,l l l  { 'l下、_  _,.//リ  リ lj l
          l l  '、  }、' ト。'  ̄    `‐‐'イ /リリ
           l l  ヽ* '、ヽ',""    _.,.,"ノ|
          l l   _rl`' : 、_   ー///;ト,*l
         l l   /\\  `i;┬: ////゙l゙l |
         ,' ,'  ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.| |
        ,' ,' /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | | .|
        ,' ,' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./  |
.       / / /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、 |
       / / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:| |
       / / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、 .|

狂人か狐かしんねーですけど、できる夫おつかれですぅ」
薔薇水晶の独り言
「     ___ヽノ-――- 、
    __≧ァ≠ヌヽ二/     ヽ.
 /, -‐''/ /〃 ヾ!7!,イ ,    ヽ
 <  / '/   .:! {i:!:、l: i:    ',
.  ヽヽ :/   .::::∧トミト!l|:i !l ! !
    /ヽ\   .:::::/  ゞ=′l7zリ ノノ    __
.   /__..=' .::;:::/       ヒfル!'´     〈  ヽ
 ´:.  `ヽ.:::/イr-z、   `,.イ¨ ヾ、    |   }
  V ヽ  ヾ:.ヽ ヽ!7Zニ´ ノ   _jl     !>'⌒ヽ、
     !::.. _     \!7_∠ く ̄´   /ヽ、 ,  )
 :、:::::..  ´ ヽ    rfヌァ`ヽ ヽ   /:::::::::Τ  ̄ `l
 :::ヾ::::::..   `ー' <ゞシ`7〉  }  /:::::::::::┼‐- -ノ
これ純正ドールズ処理できなくない?」
真紅の独り言
「キィイイイー!!薔薇水晶吊れないじゃない!!
皆仲良く真紅さんの下僕大作戦ができないのだわ!!」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「おつかれさまなのよー
まあまだ村有利にも程があるから信じてほしいのー」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「お疲れ様かしら」
できる夫(DS◆IaSoTYoBkw)
「あらヒナさんでしたか」
柿崎めぐの独り言
「んー、どうしよう」
雛苺(人狼)
「ミスっちまったのー
ヒナは賭けに出るのよ・・・」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「真占い様、お疲れ様ですわ」
柿崎めぐの独り言
「さて…次」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれだ占い師」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「おつかれさまできる夫 おとなしく初日雛占いしておけば・・・」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「まぁでも水銀燈とめぐが雛苺疑ってるのかしら。
ぶっちゃけ囲いがあったとしたらそこの二人しかないのかしら
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            できる夫 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
水銀燈0 票投票先 1 票 → できる夫
雛苺0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石1 票投票先 1 票 → できる夫
南鮮石0 票投票先 2 票 → できる夫
桜田のり0 票投票先 1 票 → できる夫
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → できる夫
真紅0 票投票先 1 票 → できる夫
柿崎めぐ1 票投票先 1 票 → できる夫
できる夫9 票投票先 1 票 → 柿崎めぐ
JUN0 票投票先 1 票 → できる夫
            真紅 は できる夫 に処刑投票しました
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「8>6>4>
3吊り抜け
銀、めぐ、真紅、南、翠 の中から3人吊る。
銀ちゃん、真紅、めぐあたりかななの。」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕は自分の出番の為なら、仲間にだって●を出せるよ。」
            翠星石 は できる夫 に処刑投票しました
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「ここからが見物ですね。」
            JUN は できる夫 に処刑投票しました
            雛苺 は 翠星石 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は できる夫 に処刑投票しました
            できる夫 は 柿崎めぐ に処刑投票しました
            水銀燈 は できる夫 に処刑投票しました
            南鮮石 は できる夫 に処刑投票しました
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「あれは偽物かしら!
迷探偵があんな推理をするはず無いかしら!」
            桜田のり は できる夫 に処刑投票しました
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「流石だな、迷探偵」
            柿崎めぐ は できる夫 に処刑投票しました
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「ありがとうなのー
お礼に秘蔵のZIPうにゅーあげるのよー>めぐ」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
薔薇水晶
「候補は初日だけではあったけどね……>南鮮石
占いは残しておくと吊れると踏むと思う……そう思えばそれほど問題でもない」
南鮮石
「んー真狂で良いと思うんだけどね<柿崎めぐ」
桜田のり
「できる夫つりでグレラン村で」
できる夫
「めぐさん あなたがLWですか?
ぼくをここで吊って吊り稼ぎですか

グレランですよ」
雛苺
「蒼星石は狐妄信でもいい気がするのよー
でもアレはホント意味不だったのー」
水銀燈
「雛苺か翠星石が狼だと思うわぁ」
JUN
「初日狐COで狼混乱しているのかもね」
真紅
「名探偵は考えに考え抜いてるのだわ!だわだわ!!>薔薇水晶」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「真紅のRP推理すげえ!」
柿崎めぐ
「できる夫吊るしましょう
狩人保護、キツネケアここで吊るすしかなさそうね」
JUN
「狐は孤独陣営だよ?狂人は狼陣営>南鮮石」
水銀燈
「他の可能性なら翠星石かしら
偽がわかったから噛んだってところね」
南鮮石
「てか、噛みが謎い
霊能かあんちゃんチャレンジじゃないって変
マジで」
雛苺
「ばらしーと共有の舵取りにかかってるのー
指示お願いするのよ」
薔薇水晶
「思わぬ位置にはいってしまった……
占い真贋把握してたら共有噛まないと思うし真紅は余り考えてない……」
JUN
「初日吊られのいちじゃないし
呪殺はるかもだけど、でも発言数減っているし、僕疑っているしね>水銀燈」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「めぐの「水銀燈を除いて」というのは意外とバカにならないんだよなあ」
南鮮石
「で、蒼星石が狂人の場合
まさかのあんちゃん狐なんだけどね」
真紅
「狂人が1つしか吊りを無駄にできず死んでいく。そんな様はローゼンメイデンらしくないと踏んでるからよ
あの蒼星石が誰かに迷惑をかけるの承知であんな行動ができるとは思わないもの。>翠星石」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「めぐwwwwwwwww」
水銀燈
「吊るなら雛苺かしらぁ
真紅も吊りたいけどここ狼なら占い噛みのタイミングがおかしい気がするのよねぇ」
できる夫
「まさか真としてここまで生存するとは思いませんでしたよ
麻呂苺の囲いの二人 グレー残りのメグさん
ここにLWです 」
桜田のり
「ばらしーは確定村ね。」
南鮮石
「初手囲いはバレバレだと思うニダ
囲うんなら、多分、狐がいないと判断した3日目だと思うニダ」
雛苺
「水銀燈と翠星石が臭すぎるのよ・・・
できる夫は正直どっちでも良いのー
多分狂人なのよ」
JUN
「ぼくはクッション置くとおもうから水銀燈が
今のところ一番怪しいと見てるね」
翠星石
「ま、どっちにしろ狐ケアでできる夫吊り、明日明後日で翠星石と真紅ローラーして、
その後で残ったとこで最終日、が一番無難な勝ち筋じゃねーですかね」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「そしてめぐが物凄い主観的な理由で狼を見抜いたのかしら」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「たしかに言うとおりだ
さすがだな、GM」
柿崎めぐ
「まって、まだ水銀燈置いといて…私も狼っぽいって思うけど
まだ…まだ…」
薔薇水晶
「それはある……吊れなかったから噛んだというのはある>南鮮石
もっとも、どっちにしろ関係ないかなという……
あってるかもわからないというのもあるし」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「もちろんかしら>GM」
JUN
「とりあえず、ばらしーは確定村だよね」
桜田のり
「できる夫放置してもいいところだけどね。」
真紅
「まだまだよ、もしかすると、貴方に最終日が委ねられるかもしれないのよ?
生きることは闘う事。舞い上がることなく、自分を律しなさい。それでこそ私の下僕よ。」
柿崎めぐ
「麻呂苺狼だとしたら…水銀燈、はおいといて
雛苺ちゃん囲いかしら?」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「そうだな!」
南鮮石
「その他の発言も薄いし、すっごく臭い」
翠星石
「で、狼視点できる夫偽を把握して真占い一発抜きってことになるなら、当然、真紅も狼ですよ。
つーか、再三の真紅が蒼星石を狐だ狐だっつってたのは、そうしねーと真占い把握噛み以外まずねぇってことになるからですか?」
雛苺
「翠星石は発言薄すぎるのよー
村だったらもっと喋るべきなのー」
水銀燈
「これで薔薇水晶は確定○ね
噛まれ候補ができたわぁ」
JUN
「狐もいない、狼はLW・・・
これは村ボーナスなのかい?」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「ところがどっこい、できる夫狐の可能性あるから吊るべきなのよ。
どーせ余裕あるから。そこに気づくのよー」
南鮮石
「んー、LWか
水銀燈が臭いんだけど吊らない?
狐がいなくなったら高確率で囲うと思うニダ」
柿崎めぐ
「JUM・ばらしー、のりが確定○ってことね
残り7人からブッ殺す人選べばおっけーよ
狩人保護のためにできる夫吊るすのがベターかしらね」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「初日に雛南占わないできる夫が真のわけはない」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「あげくの果てにベグリかしら。
これ人外ほぼ詰んでるかしら」
できる夫
「ああヒナさんが抜けてましたね」
真紅
「麻呂狼ならできる夫は真狂。少なくとも狼視点真に見える占いを噛んだと見ていいかしら。
私は村だから、囲いが発生したと見るなら翠星石ね。」
桜田のり
「麻呂の○はグレー戻しね。」
できる夫
「めぐさんか 水銀燈 ここがLWです」
雛苺
「占いローラーでいいと思うのよー
ほぼ間違いなくLWなんだし、グレランで十分つれると思うのよー
ただ、全く仕事をしてないできる夫生かしておくのも悪くはないと思うのよ」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「真占いムーブしてごめんなのかしら~!」
水銀燈
「麻呂●でなおカナリアかみとかおかしいんじゃないのぉ」
JUN
「ってーー、どこかんでるのさ
理由がわからないよ」
薔薇水晶
「とりあえずLW……
まだ残せなくはないけどどうするのかな……」
南鮮石
「わざわざ破綻させる…
で、麻呂●ってことは、狩人と思って吊らせる為に●だして、吊れなかったから噛んだって感じ?」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「吊られる前に噛まれてしまったな、おつかれさまだ
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「できる夫真とか完全に切ってたかしらwww」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「おつかれさまなのー」
薔薇水晶
「はい、じゃあ見事に私○だね
残りには占われてるし……」
できる夫
「なるほどやはり占いの真贋がついていなかったようですね」
JUN
「うはwなにこれなにこれwwwww
真紅、僕やったよ
だから、奴隷から執事にしてwwww」
柿崎めぐ
「さあLWね!できる夫ほっといて狼っぽいところ吊るしでもいいと思うわよ」
桜田のり
「まったく予想してなかった噛みだったわ。」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「お疲れ様、カナーリンと一緒に安らかに眠るといいよ」
翠星石
「へぇ、破綻させにきたですか。
まぁ、要するに真占い噛んだっつーことですよね」
金糸雀(斎院判官◆mqKS1SWn9I)
「お疲れかしらー」
水銀燈
「わざわざカナリア噛んでくれるのねぇ」
雛苺
「CO把握なのー」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「お疲れ様ですわ」
南鮮石
「そこ噛みは予想してなかったニダ」
真紅
「麻呂破綻、でいいわね。占いローラーでのグレラン村がお好みかしら?」
できる夫
「■完グレ
めぐ南 カナ 水銀

この四人にLW 囲いならカナさんか水銀さん
カナさん逆囲いありです
まずは権力の中身をじっくり調べます」
JUN
「おはよう
麻呂苺は●の人狼だったよ・・・」
薔薇水晶
「へえ。そこを噛むの……
おはよう」
柿崎めぐ
「は?!?」
できる夫
「僕が占いCOです
今回のアリスの南鮮石○です
水銀燈
「おはようよぉ」
南鮮石
「へえ、カナリア噛み」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕のミスに比べたら可愛いものだよ
僕のミスは、そう・・・狐を希望していたのに気がつかなかった事さ。」
柿崎めぐ
「おはよう、ローザミスティカ3つ目っと…

さあ明らかにLWっぽい吠えね
霊能結果見なくても●でるんじゃない?」
薔薇水晶
「吊りも噛みも狩人候補を一回も減らしてない……
初日持っていかれじゃなければ生きてる筈……
なら霊能は生きているはず。死んでたら泣く……

さて、○なら真狂なわけになる
ここ○ならできる夫でもいい……だって噛まれた占い候補と○でた占い候補
ならできる夫が狼になるよね……蒼星石もいたし……
金糸雀が困るからどっちかだね……●なら……私がおめでとう」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「はいおつかれっしたー」
雛苺
「おはようなのーできる夫はとっととCOするのよ」
桜田のり
「え、」
南鮮石
「麻呂視点で狼全露出
で、あんちゃんとカナーリンがばらしー○だしてるからばらしー確定○ニダ
共有がいなくなったらばらしーが音頭をとるニダ」
翠星石
「おはよーですよ。
真紅は蒼星石狐と決め打ってるみてーですけど、やっぱ私は狂人と狐のどっちもありえる、と思うですかねぇ。
ただ、狼も同じようにどっちかわかんねーと思ってるなら、真占い以外は噛めねーはずです。
つーわけで、カナーリン真占いが状況的にも濃厚ですかねぇ」
真紅
「おはようなのだわ。JUM、紅茶を淹れて頂戴。」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
            金糸雀 は無残な姿で発見されました
            (金糸雀 は狼の餌食になったようです)
            雛苺 たち人狼は 金糸雀 に狙いをつけました
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「とゆーかカナ●とか
マジありえん(笑)レベルのミスなの。
こんなミスをしたのはほんと一年ぶりくらいな気がするの……」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「ここへきて外すんだね、狩人は・・・これならまだ分からないかな・・・?」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「RP護衛とかみ合うとおそろしいものだ 」
            南鮮石 は JUN の護衛に付きました
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「真紅は的外れなのが正しいだろう」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「でもね、現実は残酷なんだ
狩人はずっと真占いしか護衛していないよ、おおかみさん」
翠星石の独り言
「翠星石にゃ、それほど重要でもねーと思うですけど、ただ狼がどっちと思ってるかは大きいですね。
蒼星石を狂人と見た場合は、偽占い噛みはぜったいねーですから」
できる夫の独り言
「ヒナか水銀の二人 こっち占なうべきでしたかね」
雛苺(人狼)
「できる夫が●出しするの願ってるのよ・・・」
できる夫の独り言
「○進行 すなわち狼は占いの真贋をつけていない
つまり囲いをされてない! あっても・・・」
南鮮石の独り言
「悩むニダー」
柿崎めぐの独り言
「水銀…燈囲い…?」
翠星石の独り言
「真紅のつっかかり方が的外れで気になるですけど。
別に蒼星石が狐か狂人かって、そんなに重要なことですか?」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「ああ、○でよかったの。とりあえず悪くない勝負できるの。」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「そうだね。僕が居ないんだからもう、できる夫を噛むしかないんだ。」
柿崎めぐの独り言
「麻呂ちゃん…狼なら」
金糸雀の独り言
「疑いは真紅と水銀燈」
水銀燈の独り言
「カナーリン狂人の可能性もあるのかしら
遺言ないのがちょっと」
桜田のり(共有者)
「まあ、カナーリン、麻呂で真狂でしょう。」
雛苺(人狼)
「 」
柿崎めぐの独り言
「さて・・・明らかに偽装
もしかして吊れた?」
金糸雀の独り言
「占いローラーでLW。
カナが吊られる前にここを見つけ出すかしら!」
雛苺(人狼)
「 」
南鮮石の独り言
「普通に考えたら霊能護衛ニダー」
雛苺(人狼)
「 」
            できる夫 は 南鮮石 を占います
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「違うの。マロ●見えてしまえばできる夫の●を「とりあえず」吊れてしまうの。」
翠星石の独り言
「さて、狩人は霊能鉄板護衛のはずですけど、狼は挑戦するですかね?
GJ出ると吊り増えますから、やりづれーと思うですけど」
できる夫の独り言
「仕方ありません 占いましょう
南鮮石をね!」
雛苺(人狼)
「 」
雛苺(人狼)
「正直、狩人が何時死んでるのかわからないの・・・
ヒナには荷が重過ぎるのよ・・・」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「ここで「なんかいいこと」を言った事によって人気度が1上がる筈だよ、JUM君」
南鮮石の独り言
「できる夫あんちゃん護衛したいニダー」
金糸雀の独り言
「            , '´     `丶、
           / /  /  __ヽ_
          , イ /  / /  r' , -、`_¨´ム
           /イ /\ l /   ム. {r‐イニヌ┐ソ
          '´ l| カヘ刈 、/' |大ゝ'ト=くT 」
            /lヽトゝツ | /zr厶チヽ| |イ\\
       /.::j_」:ヽ   .レ  ゝシZ/ ,l |::.|: \〉
     / .:// | :.l\丶 _ <´_ノjノ :l::..、 \_       でもこれは逆にチャンスかしら。
    , ' _, -'´ノ | l{こlj¨´‐-/.: /\:.  lz、_ゝ _ `丶    狼はこれでカナを「噛めない」
    /'´   ,〈    ! |/:l |>'´:/  ハ、 \└Lェュヽ`ト、ヽ
  ,イ   / \ / ,ムァ'´ ィ ´Y    V\ `ヽ、_ └iハ.Vヽ|
  !'  // /〈才./イ //イ卜! {      ヽ ` ー -`=-、!|Zュ|
    // ///l  ::l {」  Lj   \_、 _ .ィ! -一    \ヽ 七ア
    |'jイ{ ./ l  :|にfj二}    ::.{〈_ 水 _」         / ヽ|└i」
    | {」ノ ,   |'/ l |     /  l| ヽト、         |  L」
   r イ      .:l」  l_|\    !   | ! |〉 ヽ         〈 〕
   \_└┐   :|   ::.l::.\ |:.  L|     ',__        〕 {
  r '´└i└L.__:}     /   Y.:        V}      _」 }
  {__.ノ ,匕L.__ 」 丶/    」::        :.} 〕     〈  「
   └'  |      /    〈ヽ:::      r┘ノ  _ r Lノ r'
        ',   .::/     └i ` ー-、_, イ / 〉] └' _」┘
        '、  .::/        ̄L.r 、_.ィ  ,厶ーt 」´
         \::{::.          |  l/ '´_ノ___ , ィ´ ̄`ヽ
          〕\::.      \ j ヽ_ノ - ヽ    ',::::r 、ハ    ヘ
         └ォ l \::.     -    ヽ   \― -、 |_/_:::',     |
            / /l } >―イ    \_ノ`' ー‐┘  く」ヽイ::::l   l
         し'  ヽイノ    | 八  」          |_|\ノ  _丿
                  └'   ̄                  ̄ ̄ 」
水銀燈の独り言
「んー、ぬるい展開ねぇ
のんびりさせてもらいましょうか」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「なんだろう。多分眠いせいだと思いたいぐらいの悪夢なの。」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「夜の女帝……そんな汚れたヒナは見たくないのだ
いつまでも純真でいておくれ」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「誰だって完璧な戦略は取りえないし、完璧な対応はできない
それでも、より良い方向へ動かす事は出来る筈だ」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「雪華綺晶は明らかに吊れそうなところだから占えなかったのかしら!
占ったら怪しまれそうだと思ったのかしら!」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「まあ真占い信用これで叩き落せたしいいんじゃね?」
できる夫の独り言
「■完グレ
めぐ南 カナ 水銀

この四人」
雛苺(人狼)
「 」
翠星石の独り言

              _,. -ァ――‐-- 、_
             / ノ* , - '^⌒"´`丶、
           / ノ  r'´         ヽ
          /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
           /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
         /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
          ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノ ィ' ,ィリ l,' l l
          ,l l l  { 'l下、f'苡ハ,./ イ芯:Yリ lj l
          l l  '、  }、' ト。ヾzク   zヲ'イ /リリ
           l l  ヽ* '、ヽ',""    _.,.,"ノ|
          l l   _rl`' : 、_   ー///;ト,*l
         l l   /\\  `i;┬: ////゙l゙l |
         ,' ,'  ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.| |
        ,' ,' /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | | .|
        ,' ,' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./  |
.       / / /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、 |
       / / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:| |
       / / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、 .|

麻呂苺おつかれですぅ。
一応、囲って偽確信した狂人噛んで、○を村に見せかけるっつー手もありえるですけど。
狼1吊れ状況じゃ、ちょっとやりづれーと思うですよ」
金糸雀の独り言
「                          _, -― - 、_
                        r‐y‐'´        `ヽ、
                    /ヽ  ヽ、            ヽ、
                       ∧  ヽ,__ `ヾ、ィ⌒ニ≧弍r┴、ニー-、_        .
                 __/レ/   .:∧`ヽ  r' {´  rtヶ、 ̄ヽヽ   `>       ',
                 /´ ̄ / ゚″ :.:::/  \  `ュ、ヽ ,くt.泌、>:::::::〕,. -‐'´         i
              /     { i , :::/'     `ヽ、\ /::/'ヘにi /7>_,. -―-、      . .:.:}
              .{   i  ゞ! :::/ __ノ     `ー=〈_i_r、__/ ノ !      ヽ.   . .:.:.:/   まったく、やってくれるのかしら……
                ヽ.  ヽ仁二Y _____'    ー___└v、」'^〈          l . : :.:.:/
               ヽ>ノ-‐(´|  ̄ ̄      ̄ ̄`  ヾヘ  ヽ.      i:.:.:.:.:/
       __r' ̄ ̄`ヾ. く !  ヽ! "" "   i{     ''"゛゛ _,.-、ノ、  |      |:.:.:./
  ,. -‐'´ ̄   ̄ ̄ヽ  弋ヽ_ ヽ、    __`_    厂  孑‐-、_ノ }!     ノ::::/
 ≧-――-、_        / く__,> 、 ー‐--`i⌒>'´ ̄´    、マ_,. -‐'´ー'′
 -'アフ_,ノ}ヘ_ ヽ__     /    `ー'    ` ‐-ノ}ニ====-、 __  ..: :.:ヾ、
/ / i 〈 丨∨ノ、ヽ /                //レヘ_/Vノ ^ヾ \ . : : .:.::ヽ
ーヘ_,ノ  }  ト-'ヘ| 〉'´              ,. -/7〈  {! .7´ }  |ヘ ∧ . : : :.::i、
   .`ー'`‐'`ー'V´            <_ァ と´{  i / / ./ >' {ヘ : . : :.:.:::>
                       `ー'  ヽ_廴{__ノ、_/ー---〉 }斗‐' ̄
                                     レヽー-'` ヽノ」
真紅の独り言
「占いの似非ドールが死んだのだわ!あとは薔薇水晶と南鮮石だけなのだけど……。
薔薇水晶を私の手で倒すのはちょっと厳しいわね……」
雛苺(人狼)
「 」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「いや、最悪なの。ちょっとあり得ないレベルのBJなのよ」
できる夫の独り言
「これでLW・・・はて? 狼の噛みが理解できませんね
RP噛み・・・グレーに狼?」
雛苺(人狼)
「とりあえず水銀燈か、カナ噛みたいのー
JUMはまだ護衛がいる気がするのよ・・・」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれさまだ」
麻呂苺(ツバメ◆SWaLLowpFA)
「ごめんなの!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「麻呂苺様、お疲れ様ですわ。
早々に吊られて御免なさいね」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「おつかれかしら~!私狂なのかしら~!」
雛苺(人狼)
「ふふふ、ヒナが夜の帝王、もとい女帝になるのよ・・・」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「お疲れ麻呂苺ー いやあ、雛苺と同じ陣営とかワロス」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            麻呂苺 は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
水銀燈0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
金糸雀0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
雛苺0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
翠星石0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
南鮮石0 票投票先 2 票 → 麻呂苺
桜田のり0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
真紅0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
麻呂苺12 票投票先 1 票 → できる夫
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
できる夫1 票投票先 1 票 → 麻呂苺
JUN0 票投票先 1 票 → 麻呂苺
            翠星石 は 麻呂苺 に処刑投票しました
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「ここまで目立てたら、きっと僕だって次回は出番が貰えるさ・・・。」
            水銀燈 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            できる夫 は 麻呂苺 に処刑投票しました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「マエストロに名前すら覚えられてないカナ哀れ」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「すごく絶望村ってかんじなのかしら!」
            薔薇水晶 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            金糸雀 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            桜田のり は 麻呂苺 に処刑投票しました
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「吊りに余裕があって囲われを疑われて吊られる場所じゃ、ないんだ。
狐に見える人が、一番最初に死んでいるのだから」
            南鮮石 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            麻呂苺 は できる夫 に処刑投票しました
            真紅 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            雛苺 は 麻呂苺 に処刑投票しました
            JUN は 麻呂苺 に処刑投票しました
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雛苺
「共有把握したのー
正直できる夫の○ならまだしもカナーリンの○占いはおかしいのよー」
柿崎めぐ
「とりあえず麻呂苺ちゃん黙らせましょう
水銀橙保護で」
JUN
「ちなみに、カナリアって金糸雀でいんだよね?」
できる夫
「麻呂吊りでLW 
さてどこに隠れているのかな 僕が見つけてあげましょう」
麻呂苺
「もし霊まで抜かれてたらまずいかしら。なんとかしてほしいかしら。
必ずカナ吊って欲しいでおじゃ。」
薔薇水晶
「指示は麻呂苺ですね、了解
それでいいと思う……」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「仕方ないですよ<カナーリン
そういう日もあります。」
柿崎めぐ
「っとセーフ!
カナリアちゃんに●でてるのね!」
水銀燈
「JUM偽できらきー狩りって可能性も
……常識的に考えてないわね」
金糸雀
「狂が●出しを噛むはずがないのかしら。
カナをSGにするのを考えるはずかしら」
桜田のり
「改めて。麻呂苺吊りで」
真紅
「カナリアはカナーリンの○、よね。
狼視点、真贋付いての狂噛みに行くのは不自然じゃないかしら?
●一人吊れてあえての狂噛みに行く狼はそういないと思うのだけど」
南鮮石
「村視点でも、占いローラーすれば8人でLW
まあ、いいペースのはずニダ」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「わたしもしかして真占い師しちゃったのかしら~!」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「霊能結果を見せてしまうと、
吊りに余裕があるから囲われてるヒナも吊られる気がするな」
雛苺
「とりあえず共有はわかりやすく指示頼むのー
まぁ、麻呂吊りでいいと思うのよー」
翠星石
「ま、麻呂苺真でも仕事終了ですしねぇ。おつかれですぅ」
柿崎めぐ
「カナーリンが真なら…○は一人だけ
かなりあちゃん、明日死んじゃうんじゃないかしら?」
桜田のり
「狩人候補はGMしか死んでいないし、」
JUN
「いや、身内切りにしろ真であるにしろ
僕視点で1wつっているで、君がもうひとり見つけているなら
君の仕事は半分終わっているんだよ>麻呂苺」
できる夫
「麻呂吊りでLWです」
水銀燈
「今日は麻呂苺吊るわよぉ」
翠星石
「え? 真紅はその可能性考えてねーんですか?
……蒼星石の発言鵜呑みにしてるっつーなら、なんつーか、それはそれでお人よしっつー気もするですけど」
薔薇水晶
「麻呂苺吊り了解……純正じゃないのが酷く残念だけど……」
できる夫
「おやおや狼も足掻きますね」
雛苺
「麻呂も釣って●も吊ってでいい気がするのよー
占いローラーバンザイなのー」
            柿崎めぐ は 麻呂苺 に処刑投票しました
南鮮石
「麻呂苺視点で全露出のはずニダ
麻呂苺つって○ならきらきー吊りもかんがえて●なら逆囲いを考えれば良いだけニダ」
金糸雀
「まぁ麻呂苺吊りかしら。
カナの視点ではほぼ真狂狼確定かしら」
薔薇水晶
「どちらかですね……
麻呂苺さんの中身によっては決まるかと思う……
○なら真狂だし……対抗に一匹、きらきー一匹、見つけて一匹ですよね」
JUN
「了解だよ>共有のり姉
こればっかりは反抗期でも従わざるを得ないね」
できる夫
「麻呂は狼ですよ
それは動きませんよ」
麻呂苺
「だからできる夫吊って欲しいのよ!できる夫●出るはずなの!」
水銀燈
「確かに麻呂苺吊って判断てのも悪くはないわねぇ
もう人外は全露出ですしね
あんた頭いいわねぇ>南」
真紅
「ああ、麻呂視点狼ほぼ全露出ね。
先ここ吊りでいいんじゃないかしら?
霊脳が生きているうちにカナリアの中身見るのも悪くは無いけれど」
柿崎めぐ
「お疲れ様麻呂苺ちゃん、水銀橙のために死んでね」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「さあ、狼は追い詰められ始めたね
ここから覆す為には、霊能結果を見せた上で占いを抜くのがいいかな」
雛苺
「ここに来て占い狐混じりはほぼありえないのよ・・・>翠星石」
翠星石
「ありゃ、きらきー狼でしたか。
なら、占い抜きも納得ですねぇ。
……さて、そうなると麻呂苺の占い結果が興味深ぇですけど」
JUN
「霊能鉄板だった可能性もあるさ>南鮮石」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「遺言設定ミスったのかしら!>カナリア」
桜田のり
「麻呂苺は仕事終了だからこっちを先に吊るわ。」
柿崎めぐ
「水銀橙保護にもなるし、それがいいわそうしましょう」
麻呂苺
「いや、マロ吊って●とかありえないかしら。
マロ狼ならカナ漢で置いてカナ●出さないかしら。」
南鮮石
「ぶっちゃけ、カナーリンが一番信用が高かったと思うニダ
最悪、狩人は居ないニダ」
薔薇水晶
「麻呂苺今日ならできる夫さんが狼ですね
噛まれたカナーリンさんは真狂、だしね……」
柿崎めぐ
「なら占い皆殺しにしたあと●吊ればいいんじゃない?」
金糸雀
「占いなら遺言くらい仕込んでおくかしら!」
桜田のり
「麻呂苺吊りで問題なさそうとは思うわね。」
雛苺
「きらきー人狼把握なのー
麻呂は狂っぽいのー
真は・・・カナーリンだと思ってたのー」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「それでも狼は本物の占いを噛めたって思うんだ・・・もしかしたら狂人を噛んだのかもしれないって、心の片隅で震えながら」
真紅
「真狼狐?
面白い内訳を考えるのね。蒼星石狂人で狐混じり、ということかしら?>翠星石」
JUN
「きょうは安易に●つれないけど、
そうするのさ>のり姉」
柿崎めぐ
「残りこれで2W?ってこと?」
水銀燈
「ここでカナリアに●なのねぇ
噛まれた占いの○に●かぁ
正直あんまり吊りたくはないわねぇ」
麻呂苺
「えー、これはどういうことなのー?
狂噛み……?」
南鮮石
「麻呂苺つって○ならカナリア吊りで良いんじゃないかと思うニダ
麻呂苺はお仕事終了ニダ」
桜田のり
「●吊り?それとも残った占いランか?」
できる夫
「そしてきらきー● 麻呂も狼
LWを見つけねばなりませんね」
JUN
「金糸雀と薔薇水晶が村濃厚ってところか
確定できないけど」
金糸雀
「って思ったら死体出てるかしら!
カナーリン抜かれてるかしら!」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「お疲れ様、狂人さん
何もできずに噛まれて死ぬの、苦しい?つらい?」
薔薇水晶
「霊能視点一匹目……
それと占いから●がでてる」
柿崎めぐ
「カナーリン…真贋ついたので抜かれたのかな…
ここで●だしは図ったみたいね、どちらか偽何でしょうけど」
南鮮石
「で、狼は吊れたみたいニダ
ロラっていいんじゃない?」
できる夫
「狂抜きですか 狼は僕かカナーリンか真贋ついていなかったのでしょうか」
真紅
「雪華綺晶は●だったのね。
狼視点、真に見える占いを噛んだ、ということで良さそう。
ベーグルかそうでないかまでは、判別が付かないのだけど」
麻呂苺
「◆金糸雀 「真贋ついた時点で噛んでくる気かしら?
抜かれたらかなり厳しいかしら!」

なーんか護衛先誘導にも見えてひっかかるかしらー
理由チェックしたり冷静に見れているみたいだから占っておくのよー
ここ○なら真紅を調べてみるのー」
雛苺
「死体は出てるのよー遺言がないだけなの>カナ」
金糸雀
「ふふん、ここでカナ●打ちという事は麻呂苺狂かしら。
狂アピには絶好のタイミングかしら」
翠星石
「共有噛みきりですかねぇ……と思ったら、今更占い抜きですか?
真狼狂なら真狂のどっちか噛み、真狼狐なら真噛み確定っつーことになるですけど」
JUN
「ぱんだきたのかな?これは
麻呂苺・・・なにそれ」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれさまだ」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「しかも遺言ミスったのかしら!!!」
南鮮石
「何言ってるニカ?>金糸雀」
水銀燈
「きらきー●なのぉ」
桜田のり
「占い噛みで●吊りね。」
柿崎めぐ
「おはよう、ローザミスティカ2つ目っと…」
薔薇水晶
「そして占い候補さんが抜かれた……」
南鮮石
「占い抜き…
真贋がついたニカ?」
JUN
「ぶはw予想外れたwww
わろたこれ」
雛苺
「占いぬきなのー
ベーグルか真抜きなのよー」
カナーリン(ヒロ◆6RLrgwnfkA)
「って囲えてないのかしら!!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「お疲れ様ですわ」
金糸雀
「どうやら狩人が仕事したみたいかしら!
死体無しかしら!」
真紅
「占いが抜かれたわね。」
水銀燈
「あらぁ、占い候補が噛まれたわねぇ」
できる夫
「占い理由
初手では判断しきれていないからこその共有噛みとみるべきでしょう
つまり二日目が囲い濃厚

グレーだと吊れれる可能盛大
狼が選ぶのは囲い 
対抗の○を占なうべきです
特に理由が強い ここが狼の考えていますのでね」
JUN
「おはよう
雪華綺晶は●の人狼だったよ・・・」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「暗い日曜日なんて歌うものじゃありませんね。
歌詞見てるだけで滅入りますw」
薔薇水晶
「おはよう……
役職も……完グレも……
残しても純正ドールズが減らない……」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「狐もいない、共有は出ている、霊能さえ噛めば良い所まではいけるかな」
麻呂苺
「占いCO、カナリア●なのよー」
南鮮石
「アニョハセヨ」
翠星石
「おはよーですよ。
きらきー投票は、当然あの3人から投票ならアリスになるために……じゃなく、
他の2人はとがった発言してるのに対して、きらきーはスタンスが見づらい感じがしたからですよ」
桜田のり
「おはよう。役職は結果報告お願い。」
できる夫
「僕が占いCOです
薔薇水晶さん○です
真紅
「おはようなのだわ。JUM、紅茶を淹れて頂戴。
◆できる夫  「共有噛みとは狼も弱いですね
トラップ解除を先にしてきますか」
できる夫のこの発言は、単純にメモを取る時間が無かったです、ってことでいいかしら?
真占いならそうそう時間が無い、なんてことにはならないと思うのだけどね。」
雛苺
「おはようなのー占いは結果貼るがいいのよー」
金糸雀
「おはようかしら!」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雪華綺晶 さんの遺言
ふふふ…村人COですわ。

私はもう逝ってしまっているだろう♪
椅子に座ったままで♪
目を見開いて♪
その瞳は♪
あなただけを見つめている♪
            カナーリン は無残な姿で発見されました
            (カナーリン は狼の餌食になったようです)
            麻呂苺 たち人狼は カナーリン に狙いをつけました
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「狩人はRPをとったようだ
流石だな、南鮮石」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕と同じなんだ
勝つ為に繋がらない」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「石橋を叩いて渡るという言葉も有りますし、臆病な方がいいですわね。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「さーってここからの噛みスジが問題だ
アリスを全部村に処理させるつもりじゃないだろうなこれ(笑)」
            南鮮石 は できる夫 の護衛に付きました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「臆病でいいんじゃね?」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雛苺(人狼)
「噛みは麻呂に任せるのよー
雛は明日を生きる狼になるのよ」
できる夫の独り言
「だが諦めませんよ 妹生存こそ僕の狙い!!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「できる夫様が真でしたか…
少し厳しい気がしますわ」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「安全と言えば聞こえはいい、ただ臆病なだけさ」
薔薇水晶の独り言
「              ,  -‐─‐- 、
           ,. '´,. '"´ ̄~   ``ヽーyrァ
        く⌒ヽy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _>, イ:|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
      / / ノ:l:|:.:.⊥:|┼|:ト、 .::トト、:::| .:l::::く
     ////ハ.:.l:|:.:. |:.ハ/_lノ ト、/ ノ Vハノ.:.:/
        / / Vハい, ィト‐イ1   {(Ⅹミ}:.:./
       ノ / .:.:.:Vハ ヽ弋ニソ    `ーくハ/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ヽ ' ' '   ' ' 'ノ ヽ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__  ゚_.. イ:i .:.:.ヽ
        / .:.:/.:.:.:l:/_ノ  ト、 V´フ ``1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ヽ、  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `ト‐‐く(公)-イ ヽ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `Y´ j   ハ .:./
     V.:.:.:.:./::八    {     ハ j  ノ.::l /
しかし、苦手な流れ……」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕はただ、出番が欲しかったんだ」
できる夫の独り言
「権力ですか・・これはアリスにするの難しいかもしれませんね」
柿崎めぐの独り言
「まさか水銀燈…狼?」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「どうかな、そこで思考するなら危ない橋渡るよりは安全に狐っぽいの吊りに傾きそうだ」
雛苺(人狼)
「カナーリンは護衛ついてる気もするのー
でも正直JUMかそこの2択になっちまうのー」
麻呂苺(人狼)
「いや、マロの延命に意味はないのよー」
薔薇水晶の独り言
「                       ト、
                  _ 〉ヘ、
                  ≧、 \V弌}
              , =彡'⌒<ニ=‐'´  ̄ ̄ `丶、ハ示、
           r ,ニ-‐'了   〉 〉  /      └'-kニ二>
            ヽ\   |    レ′ //l , ハ      〈Yヽ>ニ丶、
              \ヽ |    |/, トLj | l| レxイl | | l〉 |\} `ヽ\
         ,  -――一 〉|  l |/,イ 'T抃vj| lj∠」_|l | V|       \ヽ _
   , -‐'´, -ー ´ ̄ ̄ /|  | |/ー ``′ 〈「芯トリ { ハト、       `ー- 〉
  ヽ <         /|  l 厂}ヘ   _  ヾr5/  ∨ Vヘ         //
.   \ ヽ       // |  / /r'´ }〉、   `   /   〉‐' ハ       //
     ヽ \     / ′l ,'  人 〈Yヘ、ーr ニ´__r勹 rく  /  ヽ、  //
      〉/    /    V j }  ` `ゝX乙}/  〈 `ー< ̄`ヽ∧ /厶-‐- 、
     /′    /      V/し-くr〈_jF}   -‐r彳¬ー-ヘ、   ,ハ ` ̄ ̄//
    《     ,イ     !      「   _r‐┘′     ヽ   _丿    //
翠星石かな……霊能に絡む意義を見出せない」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「なぜ蒼のお姉様はあのような行動に出たのでしょうか?
浪漫ですか?」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「ただ、作業は免れない」
            できる夫 は 薔薇水晶 を占います
金糸雀の独り言
「◆真紅  「FOした共有噛み?随分弱い噛みね。
占いを噛む気がないのかしら?」

この「弱い噛み」という発言は狼が油断させる為の常套句かしら。
カナも狼陣営の時言った事があるかしら」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「って、言いたいのかな
デメリットとメリットを比べるなら、メリットの方がはるかに大きいよ。」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「狼はカナーリン真で見てましたね。」
雛苺(人狼)
「●だしなら霊能噛みでもいいと思うのよー」
翠星石の独り言
「占い抜かねーなら、狼は蒼星石狐と見てるですか?
抜くの遅れれば遅れるほど、狼は首がしまっていくと思うですけど」
薔薇水晶の独り言
「          _ _
         |ヽ._ v、,、,、        ,、r、   _
       __ \ l:::V::.j _ ___  j::::::| /Ll
     < >─ _`,. -_ゝ-'          ` v_!/_∠_
       ' ̄r / / -,          r_‐、ヽ‐‐<>
     ノ  j  ' , '´           _ _ゝ \ ̄ \
    / _, イ  |            ー、    | `\ \
  //ー―|, - v  ハ \   l  | ヽ  ハ _.--、._ \ \
, -' ノ  !: : /: : : :|_ j__l ノ! \ハ__j.ィ |!   l>': : : : l: :`ゝ j  }
.\\_ ム: : :: : : : .j | ! トl レ'γ=j=ゞ!  ノ: : : : : : :7: :V  .,
  〉イ: : : : :.:.// N!| =. 、N ! { !f:Lrj::}リ ,ハ: : : : : : : \j/
 /: : : : : : : :∠ へ| |      `  ゞ_::フー|ム !\_: : : : : : :`.、
. f: : : : : : : :/|: : : | ハ          ハ |': ⌒ヽj;フ : : : : : ノ
 \ : : : : : : :: : : ノ ノ: ::ゝ、. ゝニフ イ/:.:| !: : : : :ハ: : : : : :/
    ーォ、_: ://: : : フ: : >-<: : |: ,ノ_j: : : : : : ': : : /
     /  フLヽ _:_:/、_ーr{j<@j_7,ォ::( ( : : : : : : : :/
    ノ   //(: : : : : |::フrーィ: : : : / /:.`r──' \
くぅ……きらきーに投票するには……
きらきーがRPがんばってた……それに……
きらきーは吊れない……」
麻呂苺(人狼)
「●出しつつ占い噛みするのー」
柿崎めぐの独り言
「まいったわね…んーどうしよう
明日の結果次第で乗り切りましょう」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「狼が真占いを見抜ける可能性と、狩人が真占いを見抜ける可能性
どっちを天秤に載せる?僕はどっちも載せない。」
できる夫の独り言
「初手では判断しきれていないからこその共有噛みとみるべきでしょう
つまり二日目が囲い濃厚」
金糸雀の独り言

            , '´     `丶、
           / /  /  __ヽ_
          , イ /  / /  r' , -、`_¨´ム
           /イ /\ l /   ム. {r‐イニヌ┐ソ
          '´ l| カヘ刈 、/' |大ゝ'ト=くT 」
            /lヽトゝツ | /zr厶チヽ| |イ\\
       /.::j_」:ヽ   .レ  ゝシZ/ ,l |::.|: \〉
     / .:// | :.l\丶 _ <´_ノjノ :l::..、 \_         囲いで怪しいのは真紅……
    , ' _, -'´ノ | l{こlj¨´‐-/.: /\:.  lz、_ゝ _ `丶
    /'´   ,〈    ! |/:l |>'´:/  ハ、 \└Lェュヽ`ト、ヽ
  ,イ   / \ / ,ムァ'´ ィ ´Y    V\ `ヽ、_ └iハ.Vヽ|
  !'  // /〈才./イ //イ卜! {      ヽ ` ー -`=-、!|Zュ|
    // ///l  ::l {」  Lj   \_、 _ .ィ! -一    \ヽ 七ア
    |'jイ{ ./ l  :|にfj二}    ::.{〈_ 水 _」         / ヽ|└i」
    | {」ノ ,   |'/ l |     /  l| ヽト、         |  L」
   r イ      .:l」  l_|\    !   | ! |〉 ヽ         〈 〕
   \_└┐   :|   ::.l::.\ |:.  L|     ',__        〕 {
  r '´└i└L.__:}     /   Y.:        V}      _」 }
  {__.ノ ,匕L.__ 」 丶/    」::        :.} 〕     〈  「
   └'  |      /    〈ヽ:::      r┘ノ  _ r Lノ r'
        ',   .::/     └i ` ー-、_, イ / 〉] └' _」┘
        '、  .::/        ̄L.r 、_.ィ  ,厶ーt 」´
         \::{::.          |  l/ '´_ノ___ , ィ´ ̄`ヽ
          〕\::.      \ j ヽ_ノ - ヽ    ',::::r 、ハ    ヘ
         └ォ l \::.     -    ヽ   \― -、 |_/_:::',     |
            / /l } >―イ    \_ノ`' ー‐┘  く」ヽイ::::l   l
         し'  ヽイノ    | 八  」          |_|\ノ  _丿
                  └'   ̄                  ̄ ̄ 」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「正直狼の皆さんには申し訳ないけど歌詞貼るの疲れましたww」
柿崎めぐの独り言
「そして…発言抜き忘れてたわ」
麻呂苺(人狼)
「いや、折角ヒナが身内切ってるんだから●は見せてしまうの。」
水銀燈の独り言
「これでめぐや南が狼でアリス吊りにもっていったのならお見事よねぇ」
真紅の独り言
「チッ、ドールズが吊れたのだわ。しかも私が殴ってないから普通にローザミスティカを無くして消えていったのだわ。」
薔薇水晶の独り言
「                           /|
                       __ くトミ/|
                  , -‐ '´     `ヾ、!)>
                r=<         、 、 ヽ \ヽ アデゥー
             <`{〉彡ノ-‐ , / ,    \ヽ ', 、ハ_〉
               ∠rt-i´ / l | | |ヽ    | |! | lノl! _,.-、
          , '´  | l l   | | | ! ! l!   ! !'!ハ`|r'ヲミrトニヽ、
        /    _r!、|ー、l ! l _|l‐|ヽ!\ | |,.ィ'テ|!トミY,l_| 「 ,_|
      ∠、   /、 〉 〉ノ | | |´|_,ィ'~テ ヽl f_ソ' |! <ニ/ヾー'/\
        `> 「ヘ `~r‐、_/〉 |ノ! | ゞ-'    '   |\| ト┐_´/_L/
      ,/'´   |! ト'-く_r'ーハ|ト-、    ー‐' /ヽ_ノー‐'´ /
     /´    |ヽ   / /  \ヽニヽ 、_ ィ_  、( ー‐ノ
    く、     / } \/__,ハ_   ヾ 、  7ノノ/  ̄>- 、_/
    /   /  |,   /ヽ、 `!   ,  r='テ| ト、 /'
    7 _/__,//ヽ-‐/ i l _>`ー(__∠,マ´ハ/ / \_
    /´ r─--‐/   ノ ノ<_    __∨(  |
   lヽ !\ /l !|__/   ーー‐' / |  !  !
___ `ヽ\/  >/         /  ! /  〉
   ̄ヽ、   |l  \ヽ、r‐く_      /  レ'   /
     ヽ、!   '、_´ヽ `       「L__ノ
            ` iー-、   r─=ノ__/
             `ト-r='-‐'´ ´
              \__)」
麻呂苺(人狼)
「んー12>10> 8>6>4>
占い噛んでもいいけてしまいそうかしらね」
雛苺(人狼)
「ヒナはLWを生きる覚悟があるのー
とりあえず今日は霊能抜いておきたいのよ」
できる夫の独り言
「さて・・囲いと考えられるのは薔薇 水銀燈 まずはここ」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「グレランだし仕方ありませんね。」
翠星石の独り言

              _,. -ァ――‐-- 、_
             / ノ* , - '^⌒"´`丶、
           / ノ  r'´         ヽ
          /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
           /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
         /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
          ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノ ィ' ,ィリ l,' l l
          ,l l l  { 'l下、_  _,.//リ  リ lj l
          l l  '、  }、' ト。'  ̄    `‐‐'イ /リリ
           l l  ヽ* '、ヽ',""    _.,.,"ノ|
          l l   _rl`' : 、_   ー///;ト,*l
         l l   /\\  `i;┬: ////゙l゙l |
         ,' ,'  ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.| |
        ,' ,' /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | | .|
        ,' ,' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./  |
.       / / /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、 |
       / / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:| |
       / / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、 .|

きらきーおつかれですぅ。
ま、この3人からグレランなら、アリス狙いでドールズ吊るのは当たり前ですしねぇ」
水銀燈の独り言
「まぁきらきーが吊られるわよねぇ」
桜田のり(共有者)
「さて、霊能護衛を狩人してくれるといいけど。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「おつかれさまでしたー」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「お疲れ様だ」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「ようこそおおかみさん。あなたもまた、吊られるべくして吊られたんだ」
カナーリンの独り言
「さて・・・銃殺しなくいいって楽なのかしら!!」
金糸雀の独り言
「  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :! ドールズがまた吊れたかしら!
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl   良い勢いかしら!
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|」
麻呂苺(人狼)
「死んで……しまったの……!」
雪華綺晶(◆EIRINzJyZU)
「お疲れ様です。」
薔薇水晶の独り言
「     ___ヽノ-――- 、
    __≧ァ≠ヌヽ二/     ヽ.
 /, -‐''/ /〃 ヾ!7!,イ ,    ヽ
 <  / '/   .:! {i:!:、l: i:    ',
.  ヽヽ :/   .::::∧トミト!l|:i !l ! !
    /ヽ\   .:::::/  ゞ=′l7zリ ノノ
.   /__..=' .::;:::/       ヒfル!'´
 ´:.  `ヽ.:::/イr-z、   `,.イ¨ ヾ、
  V ヽ  ヾ:.ヽ ヽ!7Zニ´ ノ   _jl
     !::.. _     \!7_∠ く ̄´
 :、:::::..  ´ ヽ    rfヌァ`ヽ ヽ
 :::ヾ::::::..   `ー' <ゞシ`7〉  }
投票遅い……」
雛苺(人狼)
「どうしてもそこになっちまうの・・・
身内切りもうしわけないのよ」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「真占い食われたりしたらアウトッスよそれ」
麻呂苺(人狼)
「あ、きらきー」
柿崎めぐの独り言
「そして投票し忘れてたわごめんなさい」
南鮮石の独り言
「あんちゃん囲ってー」
柿崎めぐの独り言
「2、余裕ね」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「南鮮石は無闇に強いなあ、グレランで 流石可愛がられCNだ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            雪華綺晶 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
水銀燈0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
金糸雀3 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
雪華綺晶6 票投票先 1 票 → 柿崎めぐ
雛苺0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
翠星石0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
南鮮石4 票投票先 2 票 → 金糸雀
桜田のり0 票投票先 1 票 → 金糸雀
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 柿崎めぐ
真紅0 票投票先 1 票 → 南鮮石
麻呂苺0 票投票先 1 票 → 南鮮石
柿崎めぐ2 票投票先 1 票 → 南鮮石
カナーリン0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
できる夫0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
JUN0 票投票先 1 票 → 南鮮石
            柿崎めぐ は 南鮮石 に処刑投票しました
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「COするまでの動きは紛れも無く狐さ、COしたから僅かでも狂人を疑った
その確信を持っていられるなら占わせればいい」
            JUN は 南鮮石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 金糸雀 に処刑投票しました
            翠星石 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            金糸雀 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「ぶっちゃけ一手損になりかねないからなあ」
            カナーリン は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            真紅 は 南鮮石 に処刑投票しました
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕が銃殺されるか噛み合わせをされるようなことがあれば、たちまち占いの真偽は確定してしまう
そうしたら後は、作業さ」
            桜田のり は 金糸雀 に処刑投票しました
            麻呂苺 は 南鮮石 に処刑投票しました
            雛苺 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「流石だな、その常に目立つことを考える姿勢。
この兄者もみならいたいもの」
            雪華綺晶 は 柿崎めぐ に処刑投票しました
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「噛み合わせをされるかもしれないから吊っていいって言っている人は考えが足りないか、本心を隠しているね
本心は作業をしたくないんだ」
            薔薇水晶 は 柿崎めぐ に処刑投票しました
            できる夫 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「っく、不憫な子・・・!」
            水銀燈 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
JUN
「指定してよ」
できる夫
「では妹以外から吊り上げますよ」
麻呂苺
「えー?みんな発言引用の理由が好みなの?
だったら明日から引用した理由作ってやるのよ。
マロに感謝するの-!
とは言ってもおそらく狐はいないから理由の長さに意味はないのー」
南鮮石
「それはファンキーすぎるニダ
真と狂狼を引き換えだと赤字ニダ
狼からしたら黒字だろうけど>柿崎めぐ」
真紅
「あら、随分必死ね、柿崎めぐ。
人間と言うのは下劣なのだわ。無駄に発言に突っ込んで己の村アピールとするなんて。」
薔薇水晶
「どちらにしろ粛々とグレランだね……
いっそ勝負するなら占い潰すのもなくはないけど
今はグレランでいいと思う」
雪華綺晶
「Alors tu reviendras♪
霊能いるならまだライン見ていいと思います。
占いローラーは明後日位から考えたいですね」
雛苺
「完グレと半グレ分けるの?」
金糸雀
「真贋ついた時点で噛んでくる気かしら?
抜かれたらかなり厳しいかしら!」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「さらに目立つ為には・・・
死後も印象に残るよう、解説を勧めていくしかないね」
柿崎めぐ
「さあカモン!水銀燈への愛を私にブツけてきなさい!!」
翠星石
「文章の中に含まれちまうと見づれぇので、
個人的には蒼星石○って言っといて、その後で私見入れてくれるといいですかねぇ」
水銀燈
「共有む余裕があるならもう囲われてるんじゃないかしら
最低1匹は○にいそうなのよねぇ」
JUN
「現状把握的な意味で
【占い】
カナーリン;金糸雀〇、薔薇水晶〇、
麻呂苺;雛苺〇、水銀燈〇、
できる夫;真紅〇、翠星石〇

【霊能】
JUN;蒼星石〇、

【共有】
流石兄者 = のり

【死】
無残>初日、

吊り>蒼星石、

権力;南鮮石
狐;蒼星石」
雛苺
「初日に狐が吊れてる以上占いは頑張って霊能とライン繋げるしか
自分の正しさを証明できないのよー
頑張って狼の後姿を捉えて欲しいのー」
JUN
「完全グレーだと
3人だよ
【完グレ】
南鮮石 柿崎めぐ
雪華綺晶 
真紅入ってないから、このなかからつるのもいいけどね」
桜田のり
「今日はグレランでお願い。」
柿崎めぐ
「◆真紅 「すぐに撤回するなら意味無いし、これは何の意味もない行為。
村側には見えないのだわ!!」
◆真紅 「とはいえ、●を吊らない選択肢が無いのも事実。
やはり私たちはお父様の定めた運命に縛られ続けるの……?」

駄目ね、ええ全然だめだわ
真紅ちゃん、水銀橙をかばった様に見えて巧みに吊るしと噛みを回避しようとしたのね
ええ…なんというかそう、貴方の髪から洗ってない犬の匂いがするわ
はっきり言ってゲロが出そう
できる夫偽確定したらまっさきに吊るしたいところね」
麻呂苺
「噛みは確かに不気味なの。
即抜きも覚悟して無くはなかったのよ-!」
柿崎めぐ
「ここで占い皆殺しってのはダメなのかしらね?
狐吊れたなら皆殺しして残り2W、吊り3…イケなくもないんじゃない?」
南鮮石
「なんでウリ吊り?
権力だから?SG作りたいニカ?>水銀燈」
雪華綺晶
「Ou j'aurai trop souffert♪
昨日は狐吊りで鉄板だと思いますよ。
グレー占わせて霊能の結果を見たほうが早いですし。」
水銀燈
「正直展開が大味すぎるわねぇ」
カナーリン
「だけど・・・。もし本当にきつねだったら何考えてるのかわからないのかしら~?
いったいなにがしたかったのかしら?」
JUN
「で、きょうはどううごくんだい?
ねえさん」
翠星石
「共有噛みとか、どういうつもり……っつーか、素直に考えりゃ、信頼勝負したいっつー風に見えるですけど。
……で、JUNの朝一大文字発言は、霊能COじゃねぇんですよね?」
真紅
「狩人?何故狩人が出てくると思うのかしら>雛苺」
金糸雀
「理由的にはカナーリン>できる夫>麻呂苺かしら。
でももう銃殺出ない可能性があるから、あんまり理由で真を見る事ができないかしら!」
雛苺
「昨日の蒼星石飼い意見もあんまり良い手とは思えなかったのよ・・・
とりあえずグレランだと思うけど共有支持頼むのー」
南鮮石
「でまあ、グレランニダね
FOになったのだから、狂人あたりは●出してきそうかと思ったんだけど、
そうでも無いニダ」
柿崎めぐ
「ん…でも…」
水銀燈
「南はグレーだし吊るのも悪くはなんだけどねぇ」
薔薇水晶
「結局かみ合わされても無駄になるしどっちでもね、と
どちらにしろどっちかがかけたと考えていいところ……
今は残りを考えていく……」
柿崎めぐ
「共有トラップはもうない、だとしたら占い…
霊能とラインつなげるしかないのよ」
できる夫
「今日はグレランです
妹を吊ることは許しません!」
真紅
「ふふ、ジャンクは大人しく吊られるといいのだわ!>水銀燈」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「お疲れ様、共有者さん」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「実はこの兄者(の中身)は蒼が大好きだ
だが、特徴がなくてRPしにくいので普段は使っていない」
雪華綺晶
「Je mourrai un dimanche♪
権力者ケアで吊るのはまだ早すぎると思いますよ。
少なくとも今は吊らないで良いでしょう。」
雛苺
「狩人は黙っておくのよー
こんなところでCOしても正直悪手なの」
カナーリン
「まあグレランなのかしら!!
グレーにいる狼は私が見つけてやるのかしら!!!!」
南鮮石
「ま、狐と見た方がいいニダ
狂人だと狼の為にならない行動ニダ」
できる夫
「おやおやパチモノが大声で叫んでいますねぇ
自信がない証拠でしょう」
水銀燈
「んー、真紅は暫定○なのよねぇ
吊れないじゃなぁい」
柿崎めぐ
「○進行だからグレランしかないわね
昨日には参ったけど気を取り直していくわ」
JUN
「権力ケアだよ
水銀燈、このカオスで功名にみえたのさ>水銀燈」
金糸雀
「それじゃあグレランかしら。
狩人は気合いで潜りぬけるかしら」
雛苺
「とりあえず狐もいないし○進行
グレランでなるったけ狼吊ってやるのよー」
雪華綺晶
「Sombre dimanche♪
蒼星石お姉様は狐ですか…
縦読みしこむなんて悪くないですね」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「だが、それがいい<地味」
桜田のり
「今日はグレランでいくわ。」
南鮮石
「で、なんで共有噛みなのかと
狐が死んだのなら、占い抜きか、霊能を抜いて信用勝負でもいいはずにだ
もしくは狩人探し
どれもしないのは少し疑問ニダ」
翠星石
「翠星石がなんでパチモン扱いですか!!
おめーの妹の方がパチモンくせーくせに、適当なこと言ってんじゃねぇですよ!!」
真紅
「流石JUMね。素晴らしい下僕なのだわ。」
薔薇水晶
「一気にグレーが減った……
蒼星石が狂人であれ狐であれ……共有、ね
どちらでもいい……とりあえず、グレーはあと少し」
カナーリン
「縦読みきつね・・・。
策士の私でもきがつかなかったのかしら~!」
雛苺
「昨日忙しくて気付かなかったのー申し訳ないの>カナ」
水銀燈
「なんで南なのかしらぁ>JUM」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「プロフィールにもあるだろう?
僕は…出番が欲しかったんだ。」
柿崎めぐ
「昨日の蒼星石残して占わせるっていうの、アレ無意味ね
狂人だったら占い1を消費してなおかつ放置するってことなのよ」
麻呂苺
「狂人だったら撤回しないと思うのよ。
●吊り+4COロラで上等なの。
だからきっと狐。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「しかしどこのめぐもなんでこう狐だと信じて疑わないんだwwww」
真紅
「蒼星石は○、ね。それなら狼視点でも狂か狐のはず。
この動きは不可解なのだわ……。名探偵の出番ね!」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「おつかれだ
蒼星石……狐だったのか」
金糸雀
「霊能は昨日JUMが出てるのかしら>ヒナ」
JUN
「ってか、狐COしているなら、初日が自重しているか
をみるために、占ってもよかったんじゃないかって
思っているんだけどね?」
桜田のり
「そして縦読み狐CO。
狂でも狐でもどっちでもいいわ。」
JUN
「投票の理由はただ発言数さ
決して、吊った後
一番調べたかったドールだからじゃない!
共有のり姉に逆らったのは
反抗期だからさ
とりあえず、真紅をアリスにするために動くよ」
金糸雀
「で、今日も○進行かしら。
ドールズに凄い勢いで○が出てるかしら」
できる夫
「共有噛みとは狼も弱いですね
トラップ解除を先にしてきますか」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「まあ、原作だと常に地味だしなあ」
南鮮石
「狐だと思うけど、狂人の可能性もあるといえばある
一応、占いが真狐狼の可能性も考えておくニダ」
雛苺
「今日は○進行なのー
霊能は出るといいのよ」
カナーリン
「それなら本当にそこ狐になるのかしら~?>JUN」
水銀燈
「あー今日も○進行なのねぇ」
雪華綺晶
「En ecoutant hurler la plainte des frimas♪
権力者把握です」
柿崎めぐ
「麻呂苺ちゃん、どうして水銀燈占ってるの!!?
死んじゃったらどうするのよ!!」
JUN
「ケアで吊ろう
南鮮石を」
麻呂苺
「一度●でて、撤回されると妙に○く見えるモノなのよー!
ここはきっちり白黒つけておかないと心理的に吊りにくいでおじゃー!」
雪華綺晶
「Et j'ai pleure tout bas♪
共有噛みですか…少し弱い噛みである気がしますね」
流石兄者(miori◆qO7X2Y5w36)
「OK、華麗に噛みゲットだ」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「そんな考えは、ないよ
僕は目立てればそれでよかった。」
JUN
「また〇進行かよ」
雛苺
「南鮮石権力把握なのー
確かに昨日はカオス過ぎたのよ」
金糸雀
「まぁ狐だったみたいかしら。
遺言立て読みにするなんてお疲れ様かしら」
水銀燈
「共有を噛むの?
狩り探しはしないのかしら」
薔薇水晶
「と。ここで兄者を……というか共有を噛むの……
これはちょっと予想してなかったな」
真紅
「FOした共有噛み?随分弱い噛みね。
占いを噛む気がないのかしら?」
桜田のり
「相方死亡ね。」
できる夫
「占い理由
◆翠星石  「意味ねーですよ。
狐か狂人かしらねーですけど、人外確定の蒼星石占わせるなんて無駄ってもんです。
吊って、人外1減った、で明日に行けばいいですぅ」

狂人がやるには不可解な行動です
狐濃厚と考えると積極的に吊りに動いたところ狼ではありませんか?」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「はいおつかれさまでしたー」
南鮮石
「共有抜き?
消極的ニダ」
カナーリン
「占い理由

◆薔薇水晶  「とりあえず、占い4で今のところ変動が無い……
一人が●を出している。何もなければ吊るしかない……
……到底信用とろうとしているようには見えないけれど
それだけで決め付けられるなら苦労はない……」
◆薔薇水晶  「んーなら占い4か……共有いるなら撤回……
●がでている以上何もなければここ吊りになる……」

なんか●を吊りたいように見えてならなかったのかしら!!
あきらかにギドラCOとかしてわけわからない蒼星石を信じるのかしら!!
薔薇水晶は無駄に村人を吊らせたい狼とみるのかしら!!」
JUN
「おはよう
蒼星石は〇の村人でも狐いってたから
あってるのかな」
麻呂苺
「占いCO、水銀燈○なのー!」
雪華綺晶
「Je suis restee tout seule♪
おはようございます」
翠星石
「しっかし、なんでまたあんなワケわかんねぇことしたんですかねぇ。
なんか悪ぃモンでも食ったんじゃねーですか?
狐落ちなら真狼狂、狂人落ちなら真狼狐。どっちにしろ占い抜いてくるですかねぇ」
できる夫
「僕が占いCOです
妹のパチモノ翠星石さん○です」
水銀燈
「蒼星石は一体何だったのかしらぁ
狐だと思うど
これで霊能噛んできたら狼の可能性も考えた方がいいのかしらねぇ」
桜田のり
「おはよう、まあまず霊能結果○でしょ。
あきらかに狼の動きじゃないわ。
噛み合わせが起こる可能性は高いし
順番に占わせる必要も感じない。
残った占いにはグレー潰ししてほしいと見ての吊り指定よ。」
南鮮石
「アニョハセヨ
昨日のごたごたでCOできなかったけど南鮮石が権力者ニダ」
薔薇水晶
「おはよう……
結果として色々あったけど3-1のFOになった……
本当なら、というか……占いの命がピンチかもね……
とりあえず純正ドールズ一体目、と……」
金糸雀
「おはようかしら!」
雛苺
「おはようなのー
占い結果お願いするのよ」
真紅
「おはようなのだわ。JUM、紅茶を淹れて頂戴。」
翠星石
「おはよーですよ。
蒼星石が破れかぶれの勝負しかけた狐っつー可能性もありえるですけどね。
でも、素直に狂人だった場合にあまりにも残しとく意味ねーですから。
あれなら吊りでなんも問題ねーですよ」
カナーリン
「占いCO 薔薇水晶は ○ なのかしら!!」
柿崎めぐ
「おはよう、まずローザミスティカひとつっと…」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「目立つ事は出来た
それだけで満足だよ、僕は・・・。」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
流石兄者 さんの遺言
共有COだ
相方は桜田のり
どうやら弟だけでなく狼にも出し抜かれたようだ
蒼星石 さんの遺言
奇妙な事もあるものさ
常に常識を追い求めていた筈の僕が
猫のような気まぐれを起こしてしまうなんて、ね
            流石兄者 は無残な姿で発見されました
            (流石兄者 は狼の餌食になったようです)
            麻呂苺 たち人狼は 流石兄者 に狙いをつけました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「狼に共有COが当たるのを期待した感じかな?
でも、結局ローラーされそう、遺言あるしw」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「希望なしから、引いたのだと思っていたよ」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「うん、してた」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「狼が思いっきり霊能CO見逃しておるな」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
流石兄者(共有者)
「了解だ<投票結果」
雪華綺晶(人狼)
「どうしましょうかね…
とりあえず様子見ますよ。」
桜田のり(共有者)
「正直狐COしたのを占わせる気はしないのよね。
噛み合わせとか平気で起こりえるし。」
雛苺(人狼)
「ばらしーかJUMあたり?」
金糸雀の独り言
「占い的には五分かしら。
それぞれ分かる気がするかしら」
麻呂苺(人狼)
「ふつーに霊能は潜伏してると思うのよー
てゆーかそうに決まってるのよー」
流石兄者(共有者)
「占いの内訳が真狼狐か真狼狂か……あと霊能の結果だな
まぁ、○が出るだろうな。狼はまずない」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「僕は狐を希望していたんだね」
JUNの独り言
「狐COとか最初からどんだけかおすなんだよw
たのむぜまったく」
翠星石の独り言
「霊能はいっそ、●判定じゃねーなら潜伏し続けるのもおもしれーかもしんねーですねw」
真紅の独り言
「仕方ないわね……。私がグレランで勝ち続けて、雛苺の時のように下僕にするのだわ!
狼も村も、絆パンチの餌食にしてやるのだわ!!」
雛苺(人狼)
「噛みは誰?」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「ん、トリップあけちゃうんだ わかめてから遊びに来てくれた人かしら」
薔薇水晶の独り言
「          _ _
         |ヽ._ v、,、,、        ,、r、   _
       __ \ l:::V::.j _ ___  j::::::| /Ll
     < >─ _`,. -_ゝ-'          ` v_!/_∠_
       ' ̄r / / -,          r_‐、ヽ‐‐<>
     ノ  j  ' , '´           _ _ゝ \ ̄ \
    / _, イ  |            ー、    | `\ \
  //ー―|, - v  ハ \   l  | ヽ  ハ _.--、._ \ \
, -' ノ  !: : /: : : :|_ j__l ノ! \ハ__j.ィ |!   l>': : : : l: :`ゝ j  }
.\\_ ム: : :: : : : .j | ! トl レ'γ=j=ゞ!  ノ: : : : : : :7: :V  .,
  〉イ: : : : :.:.// N!| =. 、N ! { !f:Lrj::}リ ,ハ: : : : : : : \j/
 /: : : : : : : :∠ へ| |      `  ゞ_::フー|ム !\_: : : : : : :`.、
. f: : : : : : : :/|: : : | ハ          ハ |': ⌒ヽj;フ : : : : : ノ
 \ : : : : : : :: : : ノ ノ: ::ゝ、. ゝニフ イ/:.:| !: : : : :ハ: : : : : :/
    ーォ、_: ://: : : フ: : >-<: : |: ,ノ_j: : : : : : ': : : /
     /  フLヽ _:_:/、_ーr{j<@j_7,ォ::( ( : : : : : : : :/
    ノ   //(: : : : : |::フrーィ: : : : / /:.`r──' \

んーできる夫偽でいいかな? 微妙だけどカナーリン真目」
柿崎めぐの独り言
「あ、占われてる…まあ問題ナシ、ね」
雛苺(人狼)
「うーん、●進行だから出てこなかった可能性もあるのよ・・・
でも乗っ取りは悪くないと思うのー
ヒナさえ占われなければ。。。ね」
麻呂苺(人狼)
「そ、それは多分無理なのー。
出るとしたら相当気を遣ってから出てくれないとなくでおじゃ……なのー>乗っ取り」
柿崎めぐの独り言
「真紅ちゃん吊るしでいく…水銀燈は吊るさせないッッ」
桜田のり(共有者)
「あまりこの投票は気にとめないほうがいいわ。」
翠星石の独り言
「ま、狐なら真狼狂、狂人なら真狼狐。
どっちにしろ、狼は占い抜いてくるはずですね」
            できる夫 は 翠星石 を占います
カナーリンの独り言
「狼はやめて~~なのかしら!」
            南鮮石 は できる夫 の護衛に付きました
桜田のり(共有者)
「蒼は占わせるか放置しておきたいってところだと思う。」
麻呂苺(人狼)
「だったらせっかく共有いるし抜いておこっかなーなのー」
柿崎めぐの独り言
「まあ気を取り直して…」
できる夫の独り言
「狂人の動きには見えないしここは狐とみるのが自然
狐を吊りたがるのは狼のはず」
翠星石の独り言
「まぁ実際狐も可能性あるですけどね。
狂人と見せかけようとしたけど、水銀燈が村人っぽく見えて、明日霊能割れして吊られるとか思っていちかばちかの勝負をしたとか」
柿崎めぐの独り言
「RPの範囲内でやったんで追い込んだのかなと思ったけど
そうでもないのかしらね」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「#jinrou だよ
確率で言えば3/14、分の悪い賭けじゃなかったとは思う」
雪華綺晶(人狼)
「霊能乗っ取り仕掛けて良いですか?
対抗いたら雛お姉様に負担がかかりますが。」
桜田のり(共有者)
「6割狂4割狐と見てるけど。
まあどうでもいいわ。」
水銀燈の独り言
「これがおおかみのパターンが怖いけど」
麻呂苺(人狼)
「だとしてもカナ真には変わりないと思うのよー」
柿崎めぐの独り言
「んー、ちょっと意味のわからない行動だった」
薔薇水晶の独り言
「              ,  -‐─‐- 、
           ,. '´,. '"´ ̄~   ``ヽーyrァ
        く⌒ヽy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _>, イ:|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
      / / ノ:l:|:.:.⊥:|┼|:ト、 .::トト、:::| .:l::::く
     ////ハ.:.l:|:.:. |:.ハ/_lノ ト、/ ノ Vハノ.:.:/
        / / Vハい, ィト‐イ1   {(Ⅹミ}:.:./
       ノ / .:.:.:Vハ ヽ弋ニソ    `ーくハ/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ヽ ' ' '   ' ' 'ノ ヽ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__  ゚_.. イ:i .:.:.ヽ
        / .:.:/.:.:.:l:/_ノ  ト、 V´フ ``1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ヽ、  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `ト‐‐く(公)-イ ヽ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `Y´ j   ハ .:./
     V.:.:.:.:./::八    {     ハ j  ノ.::l /

勝ちを目指した行動とは思えないからスルーでいい」
金糸雀の独り言
「          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l
    l |!  ̄ _     , - 、   V┐l!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!    けど純ドールが吊れたのかしら!
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/      アリスに一歩近づいたのかしら!
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ
     / / 大 ¨´  - -'  ∠/  ̄ソ
     〈    Vミ>_ 、__  イ| 「l ̄ソ-、
      V  |!ーr‐__j___」「f T   ',
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ',
    入ルxイ´」 |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\       └、
  |       \ヽ、 ハ
  l          ヽ}
   \        /」
流石兄者(共有者)
「蒼以外に入れているメンバーが気になるところだな」
雛苺(人狼)
「今日はグレー噛みでいいと思うのよー」
水銀燈の独り言
「これは狐の可能性が高いわよねぇ
狂人なら占いに狐交じりだしどっちでもいいけどぉ」
できる夫の独り言
「翠星石 カナさん きらきー
この辺りですかね」
麻呂苺(人狼)
「どうしよっかなーなのー
占い噛んでしまいたいのー」
金糸雀の独り言
「戦術的にはわかめてのノリだったのかしら。
そちらの方かしら?」
薔薇水晶の独り言
「          _
        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |
面倒……」
雪華綺晶(人狼)
「狐があんな出方するとは思えませんね…
むしろ狂人よりではないでしょうか。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「そういや、初めて拝見するトリップですね、流石鯖には、引越しを考えで?」
麻呂苺(人狼)
「蒼星石は狂人なら●つり&占い4で十分なはずなのよ。
あそこで撤回したりするのは多分狐なの」
桜田のり(共有者)
「狐質として飼う必要もない時期だし。」
流石兄者(共有者)
「狂か狐かわからんがFO展開にはなったな」
翠星石の独り言

              _,. -ァ――‐-- 、_
             / ノ* , - '^⌒"´`丶、
           / ノ  r'´         ヽ
          /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
           /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
         /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
          ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノ ィ' ,ィリ l,' l l
          ,l l l  { 'l下、f'苡ハ,./ イ芯:Yリ lj l
          l l  '、  }、' ト。ヾzク   zヲ'イ /リリ
           l l  ヽ* '、ヽ',""    _.,.,"ノ|
          l l   _rl`' : 、_   ー///;ト,*l
         l l   /\\  `i;┬: ////゙l゙l |
         ,' ,'  ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.| |
        ,' ,' /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | | .|
        ,' ,' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./  |
.       / / /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、 |
       / / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:| |
       / / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、 .|

蒼星石おつかれですぅ。……なんかつらいことでもあったんですかねぇ」
真紅の独り言
「ちょっと、パチモンが揃いも揃って役職とかどういうことなの!?
南鮮石、薔薇水晶しか吊るところが無いのだわ!!!」
水銀燈の独り言
「いったいなんだったのかしらぁ」
金糸雀の独り言
「       〈、_     ‐-  _   ∠  /::;:| |::::ヘ く   +
      廴 ̄二 ─ _______,厶 〈::/::| |::ト、:〉 く
       | i 「  ̄ ̄ ̄ ¨¨ ⌒ー- 、レ、|::| |::ト、_f゙「  ┼
.  ┼    、l |     、_, - ´__   ミミ;Ll Ll i i!
        ヽ|  __       ィ'´ 〒 、 !Y^ヽ l ,′/  ̄ ̄ ̄ヽ
.         ',´ ,ニ、     ゞニソ ′ l | fj/ / /  l       |
.        ハハ、ィソ         // 厶 'イ.   l    ウ  |
    +   {ハ ¨´ 、       くく 〈 二不,\ |   ザ   |
         !ハ    _ _,      〉〉ゝ、_j  |   イ  |
.          〃X> 、 ´ ニ '´   //{/ /__了' !   か   .|
  ┼     {{ r‐f'⌒.> 、_,. イ__/_ \,∠_ |  し  |
      _八_j /  ´ ̄ ──くヾー┬、\イ __人 :|   ら  |
      下、  ̄廴   ノ「丁 l::ト、\{ /:::/ ⌒ヽY|   !  .|
      !  ̄}_  └t_ |:::| |::| \:':::/  (__ノノ ヽ.___/ヽ
     ,イ    └z____  Yノ |::|   〈¨′   r─‥‐'⌒´ 二 -┘
    /|      └、_フ |::|  _∧ ト、 | _,>¬ ト、`ー-、_
. /          厶イ -!:厂 / ∧ ! ‐′   丿丿 ト、\ \ ` ー-」
できる夫の独り言
「いけませんねぇ・・・
狐吊り積極的なところ狼ではないでしょうか」
雛苺(人狼)
「ヒナもきらきーももっと発言増やさないときついかもしれないのよ」
カナーリンの独り言
「なにがしたいのかわからないのかしら~!
狐だと思うけど・・・。
金糸雀の独り言
「正直蒼星石……」
柿崎めぐの独り言
「さて…RPで吊れた感じかしらね
ラッキーラッキー」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「出番が、どうしても欲しかったんだ・・・。」
蒼星石(◆kpsAT2SmgQ)
「出番が、どうしても欲しかったんだ・・・。」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「ちなみに今日の役職希望調査
占い1:霊能3:狩人2:村2
狂人2:狐1:なし5」
桜田のり(共有者)
「狂人か狐、占わせるのは無駄手間。」
麻呂苺(人狼)
「多分できる夫狂のカナーリン真なのー」
雛苺(人狼)
「初っ端からカオスなのー」
STEEVN-GM(dummy_boy)
「はいおつかれさまでしたー」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            蒼星石 は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
水銀燈0 票投票先 1 票 → 蒼星石
金糸雀0 票投票先 1 票 → 蒼星石
雪華綺晶1 票投票先 1 票 → 蒼星石
雛苺0 票投票先 1 票 → 蒼星石
翠星石1 票投票先 1 票 → 蒼星石
南鮮石0 票投票先 2 票 → 蒼星石
桜田のり0 票投票先 1 票 → 蒼星石
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 蒼星石
真紅0 票投票先 1 票 → 蒼星石
麻呂苺0 票投票先 1 票 → 蒼星石
柿崎めぐ1 票投票先 1 票 → 蒼星石
カナーリン0 票投票先 1 票 → 蒼星石
できる夫0 票投票先 1 票 → 翠星石
流石兄者0 票投票先 1 票 → 蒼星石
蒼星石14 票投票先 1 票 → 柿崎めぐ
JUN0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
            JUN は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            翠星石 は 蒼星石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 蒼星石 に処刑投票しました
            ゲームマスター:投票はなるべく早めに終わらせてあげてねー
STEEVN-GM(dummy_boy)
「どうでもいいけど思いっきり狐希望してるな、翠星石
というか君だけだ」
            できる夫 は 翠星石 に処刑投票しました
            カナーリン は 蒼星石 に処刑投票しました
            流石兄者 は 蒼星石 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 蒼星石 に処刑投票しました
            雛苺 は 蒼星石 に処刑投票しました
            水銀燈 は 蒼星石 に処刑投票しました
            桜田のり は 蒼星石 に処刑投票しました
            真紅 は 蒼星石 に処刑投票しました
            麻呂苺 は 蒼星石 に処刑投票しました
STEEVN-GM(dummy_boy)
「久しぶりに見たな、ギドラCO」
            金糸雀 は 蒼星石 に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 蒼星石 に処刑投票しました
            蒼星石 は 柿崎めぐ に処刑投票しました
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅
「まあ占わせる手もあるわね。その場合、共有指示があってこそ、だけど。」
桜田のり
「噛みあわせされたら無駄だし」
JUN
「狐COしているし、釣りはグレランで
占いしゅうちゅうでもいいんじゃない?」
流石兄者
「蒼吊り了解だ、相棒」
できる夫
「彼女が狐なら狼対策に残すべきでは?」
薔薇水晶
「了解……
そして最後に狐COですか……そういうファイトは嫌いじゃないけど……」
翠星石
「意味ねーですよ。
狐か狂人かしらねーですけど、人外確定の蒼星石占わせるなんて無駄ってもんです。
吊って、人外1減った、で明日に行けばいいですぅ」
            柿崎めぐ は 蒼星石 に処刑投票しました
蒼星石
「占いに一人ずつ僕を占わせれば、真贋が確定する。」
水銀燈
「なんかすごく疲れたわぁ」
麻呂苺
「……もう付き合ってられないのー。さよなら蒼星石!HDDは回収しておくでおじゃ……なのー♪」
雛苺
「共有じゃなくて対抗がいるの?
もうわけわかんねーの・・・
でも指定はちゃんとして欲しいのよ」
JUN
「共有は兄者とのりねえさんで確定いいかい?」
蒼星石
「僕のこれは、狂人のする動きじゃないんだ。
狐のする動きさ」
流石兄者
「どうやら蒼を吊るべきだな、流石に
ああ、弟者がいないと調子がでない…」
カナーリン
「共有をあぶり出したかったってことなのかしら?
そして結果としてFOになったのかしら!」
金糸雀
「はいはい御苦労さまかしら。
時間の無駄だからとっとと吊られなさいかしら。」
南鮮石
「水銀燈が否定したのなら蒼星石は単独勢力
狂人か、狐ニダ
多分、狐ニダ」
真紅
「ああ、なるほどね。今日は蒼星石吊りしかないわ。
霊脳と共有をあぶりだす作戦、かしらね?」
できる夫
「そして狐、ですか」
柿崎めぐ
「蒼星石を吊るすわ!!!
水銀燈に●出した不届き者よ!!」
桜田のり
「蒼星石吊りで、兄者さん確認お願い。」
JUN
「対抗共有って何?こわい」
雪華綺晶
「Et de douleur♪
蒼お姉様吊りましょう。
残しておく理由がありません。」
翠星石
「蒼星石吊りですねぇ。
……なにしたかったんですか蒼星石……」
蒼星石
「残念だったね、みんな・・・。
狐COだ
占いに一人ずつ僕を占わせよう」
柿崎めぐ
「ギドラ→占いCO水銀燈●だし→共有CO→水銀燈「しらない」
                       ↑いまここね!!」
流石兄者
「共有CO 
相方はのりだ」
できる夫
「対抗共有?」
薔薇水晶
「ふむ。水銀燈が否定してる……
ならどういうこと。ここは吊っていいということ」
雛苺
「グレーが結局替わってないのー
ただ、4人よりはまともな展開になって助かったのー」
カナーリン
「ん?なんなの?蒼星石はなにがしたいのかしら?」
麻呂苺
「混乱させた責任をとってZIPうにゅーをよこせなの!」
真紅
「結局は占い3-1のFO
普段のアリスゲームと同じなのだわ。」
南鮮石
「蒼星石吊るニダ!」
金糸雀
「もう蒼吊りでいいのかしら。
こんなの残しとく意味ないのかしら」
できる夫
「時間の無駄じゃないですか
今日はグレランでしょう」
流石兄者
「共有CO 相方はのりだ」
水銀燈
「蒼星石つりなさぁい」
JUN
「どんだけかおすなんだよw」
南鮮石
「え?」
流石兄者
「狂確定とだな」
翠星石
「ああ、占い4だからって対抗占い師を占ったりするんじゃねーですよ。
そんなことして得するのは狼だけですし」
桜田のり
「対抗共有CO 相方流石兄」
薔薇水晶
「……つまり思考をこの辺りまで縛っていたっていうこと?」
雪華綺晶
「Et j'ai chante des mots d'amour♪
あら、共有ですか、把握しましたわ」
カナーリン
「そこ共有なのかしら~!!!
ちょっとアグレッシブすぎるなのかしら!!」
JUN
「じゃ、〇進行を確認したから、
霊能COさせてもらうよ」
南鮮石
「…共有撤回なら●だしとか時間のむだすぎるニダ」
水銀燈
「ごめんなさい
私は共有じゃないわぁ」
柿崎めぐ
「蒼星石ぃいいいいいい!!!
だましたのね!!!」
桜田のり
「水銀燈は残念だけどね。
素直に狐交じりで見ておくべきね。」
真紅
「……やれやれ、タチの悪い冗談ね。面白いわ。」
麻呂苺
「蒼星石は多分狂人でいいのよー。
狼狐が1,3番目ってことは、できる夫の方が●っぽいかななのー」
JUN
「ちょwひどいよ蒼星石
流石兄者
「真狼狂狐、もしくは共有がまだ騙っているかというところだ」
雛苺
「共有撤回FO把握なのー」
薔薇水晶
「とりあえず、占い4で今のところ変動が無い……
一人が●を出している。何もなければ吊るしかない……
……到底信用とろうとしているようには見えないけれど
それだけで決め付けられるなら苦労はない……」
JUN
「とするなら、共有がでて霊能出るべきか判断してほしいね」
金糸雀
「まぁ水銀燈に何もCO無いなら吊りかしら。
いくら信用底辺のギドラとはいえ、●で吊らない理由もないのかしら」
蒼星石
「そして・・・撤回共有CO
相方は水銀燈さ」
カナーリン
「蒼星石を狂人だと見るとしたら対抗は狼狐になるのかしら~?」
水銀燈
「蒼星石は村じゃないのよぉ
吊るわよぉ」
南鮮石
「てか、ギドラって何ニダ
スイギントウ吊ってもいいかどうか分からんニダ
ギドラって狐COニカ?」
流石兄者
「狂らしいが吊ってラインをみたいところだ」
雛苺
「●出てる以上霊能も共有も特に出る必要ないのよー
一瞬毒あるかと思ったけどここ17人村だしありえないの・・・」
雪華綺晶
「Que tu ne viendrais pas♪
素直に見るなら蒼星石お姉様以外に真がいると見ますね。
逆に穿った見方をすると狂アピールの真の可能性もあります。」
できる夫
「撤回なしですか
そうなると対抗は狂狼狐が濃厚ですかね」
真紅
「とはいえ、●を吊らない選択肢が無いのも事実。
やはり私たちはお父様の定めた運命に縛られ続けるの……?」
桜田のり
「共有撤回がなければ真狂狼狐と見ておきましょう。」
蒼星石
「じゃあ、ラインを確かめもせずに吊るの?
うらない4人もいれば狐混じりかもしれない。
そうしたら、明日には占いから死体がでているのかもしれないね」
JUN
「共有騙りだって?
カオス村はごめんこうむるよ
とりあえず、主人公(笑)真紅をかたせたいからね」
南鮮石
「撤回が無いなら、狐混じりニダ
グレランでグレーを潰しつつ、相互占いで良いと思うニダ
銃殺で死体が2個並べな上出来だし、噛み合わせがきてもローラーの手間が1吊り減るニダ」
水銀燈
「うぅ私も蒼星石吊りは賛成よぉ」
柿崎めぐ
「蒼星石は村じゃないわ!!ギドラで●なんてありえない!
ここ、村を混乱させる狂人ね!…吊るすわよ?」
流石兄者
「共有騙りなら撤回をして欲しい
ないなら霊能と共有は隠れておけ」
翠星石
「で、結局占い4の●含みっつーことになったですか。
水銀燈になんかCOなきゃ、吊りでいいんじゃねーですか?
狂人くせーっちゃ狂人くせーですけどね」
桜田のり
「狂人っぽい●だけど吊るしかないわね。
霊能は伏せててかまわないわ。」
薔薇水晶
「んーなら占い4か……
共有いるなら撤回……
●がでている以上何もなければここ吊りになる……」
雛苺
「蒼星石が何したいのかわからないけど、●出てる以上残す意味も
特にないのよ・・・」
蒼星石
「さようなら、水銀燈。」
カナーリン
「蒼星石は狂あたりなのかしら~?
狼や狐だったらあんなことはできないと思うし。」
麻呂苺
「マロは撤回ないの!」
真紅
「すぐに撤回するなら意味無いし、これは何の意味もない行為。
村側には見えないのだわ!!」
できる夫
「共有がいるなら撤回をお願いしますよ」
JUN
「めぐさんが必死だけど、RP的に考えて
でもここで●をつらないわけにはいかないのさ」
水銀燈
「占い4COですってぇ
しかも私の●ってないわぁ」
蒼星石
「僕はこのアリスゲームに、真っ向から勝つつもりだよ」
雪華綺晶
「Car je savais deja♪
あら、占い4人ですか?
これは予想外ですね…」
麻呂苺
「え、ちょっ、これはどういうことなのー!」
柿崎めぐ
「ああ、駄目よ!絶対に駄目よ!
私水銀燈吊られたら何を楽しみに生きていけばいいの!!?」
流石兄者
「占い4人とは流石のオレも見抜けてなかったということ」
カナーリン
「いみわからないのかしら~?>蒼星石」
桜田のり
「って占い4?
共有騙りがあるのなら撤回お願い、で蒼星石ギドラ●」
薔薇水晶
「あっと、増えた……
なら占い三人かな、と思ったらギドラCOがいる……」
できる夫
「ギドラした上で●だしですか
狂人ですかね?」
JUN
「一応、●でたからつりかな?
ってことで共有や霊能は伏せててもらって
●つりが鉄板だね」
蒼星石
「なんのことはないんだ」
翠星石
「……蒼星石、いくら原作とかで目だってねぇっからって、
悪目立ちすりゃーいいっつーもんでもねーですよ?」
金糸雀
「で、占い4!?
共有撤回はあるのかしら?」
南鮮石
「4CO?
狐混じりか共有混じりニダ」
真紅
「占い4で蒼星石が意味の無いギドラね。」
雛苺
「占い4COなの?
いきなりカオスすぎるのー」
水銀燈
「蒼星石ぃ
あなたいったいなにやってるのよぉ」
柿崎めぐ
「ギドラ…!!!?
私の水銀橙を吊るそうっていうの!!!?」
JUN
「ちょwドンだけカオスなんだよ
占い何人いるの?」
カナーリン
「対抗は2人なのかしら~?」
麻呂苺
「マロの偽モノがいるのよー!トゥモエ-!きっとあいつはマロの秘蔵ZIPうにゅーを奪おうとしてるのよー!
真紅
「パチモンドールばかりが占いに出てるのだわ!これじゃあ偽者を吊れないのだわ!!!」
南鮮石
「ふむ、占い3COニダ
あんちゃんも占いニダ
あんちゃんが本物ニダ」
金糸雀
「いきなりギドラとか何かしら!?」
流石兄者
「占いは出てもらいたい」
雪華綺晶
「Le coeur las♪
占いは三人のようですね…
ふふふ…真狂狼でしょうか…」
桜田のり
「占いは3で○進行ね。
真狂狼ってところでしょ。」
蒼星石
「そして同時にギドラ撤回CO
占いCO 水銀燈は●だよ」
薔薇水晶
「占いは二人かな……
○進行だね……真狂が基本だとは思うけれど……」
水銀燈
「あらぁ、占いは2人かしらぁ」
金糸雀
「おはようかしら!」
翠星石
「ん~、吠え14はちぃっと少なめですかねぇ。
あっさり騙りが決まったか、全潜伏にしたか……
どっちもありそうですけど」
JUN
「占いぱちものかよw」
蒼星石
「ギドラCO
占いCO 水銀燈は●だよ
狩人CO 今日はJUN君を護衛するよ。
霊能CO 明日になったら結果を発表するよ。」
流石兄者
「OK、朝だな」
できる夫
「占いCO 真紅さん○です
初日銃殺見たくありませんか?」
カナーリン
「占い理由

楽してズルしていただくのは私のなのかしら!
このままではこの子に私の出番が奪われてしまうのかしら?
とりあえずここを占ってみるのかしら!」
翠星石
「おはよーですよ。
役職どもはとっとと起きてCOしやがれですぅ♪
潜伏とかめんどくせー手しやがったらただじゃおかねーですからね!」
薔薇水晶
「さて
COある人は早めにね……」
雛苺
「おはようなのー
占いさっさと出るのよ」
JUN
「各自のCOをよろしくお願いするよ」
麻呂苺
「占いCO,雛苺は○だったでおじゃなのー!
雪華綺晶
「Je suis entree dans notre chambre♪
おはようございます」
カナーリン
「占いCO 金糸雀は○ なのかしら~!」
薔薇水晶
「……おはよう」
水銀燈
「おはよう
私を占ったふとどきものはいるかしらぁ」
柿崎めぐ
「皆おはよう

さあ今日も頑張って水銀燈と私以外の全員を吊るしていきましょう
え?狼? 真紅ちゃんあたりでも噛んだらどう?生きてたたらだけどね!」
JUN
「おはよう
朝の紅茶を入れたよ
真紅・・・」
南鮮石
「アニョハセヨ
謝罪と賠償を要求するニダ」
真紅
「おはよう。JUM、紅茶を淹れて頂戴。
水銀燈はまだ生きているようね。貴方も誇り高きローゼンメイデンの端くれ。
まさかこんな偽者人形共より先に死ぬような無様な真似はしないわよね?」
桜田のり
「おはよう。JUN起きてる?
占い師はCOしてくれないかな。」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            STEEVN-GM は無残な姿で発見されました
            (STEEVN-GM は狼の餌食になったようです)
            麻呂苺 たち人狼は STEEVN-GM に狙いをつけました
            ゲームマスター:
判定は

ドールズがいるか→いるなら陣営勝ってるか→負けなら該当者なし
  ↓           ↓
  ↓         複数いるか→いるなら該当者なし
  ↓           ↓
いない場合は勝った陣営の活躍した「人形」がアリスに認定される

※アリス決定のため、ゲームを無駄に長引かせる行為はGMから禁止とさせていただいております

ま、基本的にパチモンドールは純ドール全滅で勝利が最低条件です
            ゲームマスター:はい、質問もないようですね ではグッドラックなんだよ!
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
桜田のり(共有者)
「ええ、●進行銃殺破綻があったときとかは隠れていてね。」
カナーリンの独り言
「ヒゲーリンいくのかしら~!」
薔薇水晶の独り言
「                 ,.rn─‐-  .,_
                ァニ´入} ̄``   `ヽ
             ,. / ´レ′ !| | | |  |l  ',
          ,  '´ /     i |l 」_ ト、! || | |l
         /   /     ,'.ハl!lL]_TN |リ lリ
        /    //      /,′ `.{リ` 似}′
          ー- .,_// !    __/_        }'ヘ
            /) l ,.イ   ヽ、   '.イ  〉  _,. -─‐一¬フ___  / /
      _,. -‐ 7/  lr'/  ,. ェ 、 コ=´‐--一''"       /-‐''  ̄、ヽ -‐
  ,. ‐ ´    //  l{.{  //\〉             ,.イー、--‐t.,j」ノノ ニ
 〈        //   ハ  ´  ァ----┬ェ‐ェ 、_      / {  〈  / ハ ヽ
  `丶、   //   /  ヽ   /     ヽ「l_j ヽ` ー<_   `ヽ ヽ
      ヽ//   /  / /\           〉|   ヽ    `丶、  L {
        //ヽ  /  / /  ハ      〈.イ    ノ      `ー-ヽ}
      //_,ノ /  / /  / ノ       }ハ  /
  _,.. -‐/'´   /  l /  /  /  / _ノ ハ〈
'´  /    /   /   >-~‐、__,.イ´  Vニゝ`丶、
  /    /     /  /   / }    ヽ \  )
/     /     //  /     ! /    ヽ ヽ
ドールズ全滅で生存、これであってる?……」
翠星石の独り言

             \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
              ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
               /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.              |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.              |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
.            /) ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          ///)li.\_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l      こまけーこたぁーいいのですぅ!
        /,.=゛''"/ li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
 /     i f ,.r='"-‐'つ※.il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
/      /   _,.-‐'~ li  il.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
  /   ,i   ,二ニ⊃li  il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
 /   r‐ノ    il゛フ : :li  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
     |〉l  イ _): : : :にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
   />にLイ<: : .:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
   丁L__|ーLノ  :.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l

まぁ、適当にやるですよ!」
できる夫の独り言
「占いCO 真紅さん○●です
初日銃殺見たくありませんか?」
麻呂苺(人狼)
「じゃあマロが出て囲ってやるでおじゃ。
様子見て潜るかもしれないおじゃ……なの」
雪華綺晶(人狼)
「騙りはどちらでも構いませんよ。
お願いします」
薔薇水晶の独り言
「           , ' ,    ,.  ,   、       、 ヽ
          //   / i/  |! \|i^ヽ li ! | ! }ゞ   \、
          //     /  从 ‐{-、 {iヾソノ|ノiノノ∧    ヾ 、
          \ヽ.    ,′ /:::/ 7ヒtァ  i彑)>|ヘ/ '、      >>
            `ヾ、  ,'  /:::/イi` ̄  , `¨フ\::  ',   /´
             >/    /::ノ::\  -  ,.ィ´::::.  ', /
            / _/ -‐-、'::::::::<ヾ ー-‐ ' >:::::::._,. ┴-、__ 、
          ,.-‐'  {¨ヽ_  `ー‐''´`''r'不ゞ'´ー-‐'´  _r'´7 `ヽ、
        〃    >、 `ー-、     弌ソ     /¨´  /    ヾ 、
       ヽ    /. \_:.:.:.:.〉‐-、__ _,ノ、___:.:..,rtー' .:.:.:.:.ノ.',     ヽヽ
        `、  / _,.-‐''¨´∧    } 乂__ノ ̄ /┐:.-‐'ト、::.',       >,>
          、/  '7ィ   / ', :.  `ヽ」   .:/  `!:.  ト-‐ハ    /´
            》  んyiヘ ノ:   〉:..   ヽ.  〈    |  '、 ∧ /
          / : ,' : l|ヘ i{ _,/    .:  }、  ヽ、 ',   ヽ:. ハ `ヽ、
      //  : ,': :   }|!《 ..:.:.:.:.:::  .:.:.:..,ノ 》_,r、__> ヽ   ヽ:. :`ヽ、 ヽ、
      / /  : ,': : : : ,'  _ゝ、__ r‐-'´ ̄ /:::.  \ ∧  ヽ:. :: ヽ  ヽ、
   .〃  /  : ,': : : : ,.-'´   : .:/:: : : .:i  ( :.:..   Y:.:. '、   '、: :  }  ヾ 、
   //  / : : ,': : ,ィ"  .:.: :.:./   .:.!   `ヽ、   l .:.:.:.ヽ、  '、 /   .| l
  / /  l{ : : : : //     .:::/     i      !     l :.:.: .:.ヽr'´>、    !,'
 //   ヽ : : /.::/     .:::/     i|  __,ノ     ! .:.:.  .:ヽヾノ    |l
/ /   ノノ: / .::,′   .::/        :レ'´         ! .:.:.   .:.:`ヽ

鬼女 薔薇水晶 が 一体 でた」
流石兄者(共有者)
「了解した
○がなければFOでいいんだな?」
南鮮石の独り言
「前にも、南鮮石で権力者だったきがするニダ」
            ゲームマスター:はい、きらきーは純ドールですが、ばらしーはパチモンあつかいです
アリス条件が違うので注意してください
桜田のり(共有者)
「基本FOでいいと思うわ。」
翠星石の独り言
「ラグは3秒ぐらいなんですけど、時々重いクセーですねぇ」
雪華綺晶(人狼)
「私は潜伏させていただきますね。
霊能乗っ取れそうなら挑戦します。
初日○進行なら霊能乗っ取りは諦めます」
雛苺(人狼)
「麻呂苺騙りでおkなの?」
南鮮石の独り言
「ふふ…
なら隠しておくニダ…」
            できる夫 は 真紅 を占います
薔薇水晶の独り言
「             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |
     lN XヾV佖イ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \
   /  / ハ ヾニ=扱从} : : : : : : : : : : :_:r―冖‐ミ、  ヽ
.  〈  / /  \{>斤'′: : : : : : r―‐'´: : : : : : ::r‐ヘ\  \
   \ l l    7んヘ: : : _:_: r‐'´ : : : : : : : : : ::人  ヽ ヽ
     l| |    {: : : : `^´: : : : : : : : : `丶、:_:r'′ l  l  l
   / ヽ`、   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :l :.:.:.:./Kヽ  l  | |
  /   ヽヽ    ヽ:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :.:.:.:.:| :.:.:.:|/|ヽ」  |  l  |

関係ないけどきらきーってハマに弱そうだよね」
できる夫の独り言
「占なうのは真紅さんか水銀燈さん

ここは真紅さんでしょう 初日銃殺狙いましょう」
桜田のり(共有者)
「それじゃあどちらか○もらっていたらもらったほうは潜伏にしましょう。」
翠星石の独り言
「ちっ、遺言間違えて発言しちまったじゃねーですか」
薔薇水晶の独り言
「              /l
       _       /l |
       丶`ヘ、 _〈:i7 ___
            ̄f〈_j-'´   _ >- 、
          / ̄ ` ー         \
        /          、       ヽ, _
       /  / / /     l   `丶、  fニ{ )_  -- ‐ ァ
      /  /  l / .| /   l      /ー辷ソ二 ´-‐ ' ´
     /イ / , l /、`ト、   l l/!  l   | '´ | ト、`ヽ、
     / l/!  l l 个ト、l ハ /レ l 小   ト、 ヽ lヽ\ソ\
      |! |  l 代しソ !  V⌒ヽj_ノr- 、_l _ヽハ|ヽ\  ̄`
   rイ/ 丶jト} xx / lノ{    ∨〉 } | フ〉ヽ ! |\ ヽ
    \!   〈: :ヽ   '   ヽ.___ノ/  , ィノ_:>-、!  ヽ、` ー- 、
     }\   }. : : .\ヽ       イ / /: : :_._  : >┐ ` ー 、 \
     |  l  ト、:. /:. : ト. .__  ィ::{ - l〉.:/.: : `´:  ̄{ _    / /
     /  」  ヽ:厶:_.: : : :, ィ行 イ::::l  /:V_:.: : : :    〉ヘ┐ _l: /
    ノ /   l: : :.:.下-、匕火{::::::! /: : V:ヽi: : : : :/  l: Yj/\
   / , '     jゝ、_ヘ:. :T:〈  〕::::} ム、: :.|:. : V:/.:.|!  : \|:. . ヽ
   ! l     /   /|:.:.:.ヽ∟:Lノ:ヽ/:.:. :\:l:. : /|ヽ:.:.:.| l :  : \_: |
   l {      /   |/Y: : :.: ̄「l: : /}:.:.:. : : : }:/:::l ト、\l | :   l ト、\
   ヽ.|    /  : /. . l: : : :.:.:.|.辻ノ:.:.:. :. : :/.::'.:.〈|:.:.\|{ヽ :  j /: {:ト、 \
     ト、  ./  : /. . . {: : : :.:.:ハ. . : ̄!辷ア.:_:_;ノ/ー': :j|: : }: /{イ: :.V 〉 /
    | j  {   : { . . . .j :ヽ.:.ノ.::|. . . /.: .: .: .:i:|:.:ソ:.;. :イ: : : :.|:/: |!:ヽ:. ∨ /
    /'   ヽ : i.ヽ. . 」: : .:.:.:.:j|. . /.:{:. :. .: .:.l//ヽ:. :\:.:. |': : : .:/iヽ:|/:\
   〈|     } : !. }. /: : :.:.:.:,:.:|. .ハ: :l:. :. :. .: /jー‐ヌ:.:. : 丶: : : /:/. ./. 丶: ヽ

だから割と嬉しいんだって……」
南鮮石の独り言
「ふ−ん、これは最初は出ないで3日目に出るのが良いと思うニダ」
金糸雀の独り言
「                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l         まぁどこぞの不人気迷探偵と違って、カナは策士かしら。
            lr‐1         》⌒! |   /         この金色の脳細胞の活躍を見ているかしら!
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |」
水銀燈の独り言
「そろそろぷっすまが始まる時間ねぇ」
流石兄者(共有者)
「グレーは狭いほうがいい
あと、グレランで吊られそうだ」
雛苺(人狼)
「麻呂苺賛成なのー
カオスで面白そうなのよ」
麻呂苺(人狼)
「流れからいくとマロが出て囲った方がいいかもなのよ」
薔薇水晶の独り言
「                    ______
          __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、
           ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __
           /_,,/! ///           ヽ{}ト、
           ´´ /./| ///!.  /  ! /   l | !    ゙iヾ、ゝ
                 |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|
            / / .| | !.__i !  |.メ.|   i l !  ! l i `
          / イ   ! |l  l ト 、i l ! ! ,-、!/ /  / .i .!
.        // /   .i| ! !!_」_i,,__|`ト l 、《/レ‐-/ //
       //  /   /| !ii l|T。 Tヾ  i メrゞ=;;〈/ /〈
.     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'   ' 《〈トK》 / X ヽ
    //    ./   / i |;ゝ      , ヾYイ  ' !`ト、\
   i {     /   /  ,' |', `‐-,  -   ,/|   .| ! `‐`: 、
   l ヽ   /   /  / !ゞ、ヽ |`ト ..  イゝ !__,,_」-+t_,, -‐二ゝ
   ヽ ヽ、/   _.ム‐/ /" \__,,へヘ-イ-‐"     /ヽ-‐"
     \ \,-'  `‐- '     <ィ泌>.〉  -‐--,-,./.  iヘ
     / 丶 ゞ ヽ、 _,,-、     `ゞXノ'  _  /|`'    } ヽ
    /   )ヽ.     ヽ__,, -‐< `ヽ|` T´ `" 〈     i`‐-二‐-- 、
.   /  _, ´ _入: : . . . . . . /   └、ヽ|r´     ',: : : : ._,人t‐--、 ̄ ` >)
  /  <´< ̄  )、: : : : : 〈     `Y´      ト-t-´_=| ヽ\--`- , '/
. /   ` == 、/ 〉ゝ‐--ゝ: : . . . .: : ヽ、: : . . . : : /  ̄! 、ヽ i  \//

しってる?
ばらしーときらきーで迷ってきらきーメインになった人のことを」
蒼星石(妖狐)
「僕はそんなゲームを、破壊する。」
            ゲームマスター:はい、投票は非公開設定のはずですよー権力者探し頑張ってねー
雪華綺晶(人狼)
「では騙りをお願いしますね。
雛お姉様」
JUNの独り言
「とりあえず、真紅を守る方向だけど
霊能としてはどう動くべきかな・・・」
できる夫の独り言
「○貰いだと残るか噛まれるかの2択・・」
翠星石の独り言
「こんなこえーとこなんて、こっちから願い下げですよ!

              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /

翠星石はとっとと霊界に行ってのんびり気楽に過ごしてやるですぅ♪」
蒼星石(妖狐)
「因果なものさ
誰しも占いを希望し、殺到する一方で、狼や狐は人気がない
故にはじかれた狼は身代わり君があてがわれ、初日役職が発生する」
流石兄者(共有者)
「ブラクラを踏んだと思ってあきらめてくれ。
個人的にはFOがいい」
雛苺(人狼)
「雛はどっちでもいいのー
やってもいいのよー」
桜田のり(共有者)
「とくに希望がなければ普通に片方COで行く気だけど?」
真紅の独り言
「私は私のやり方でアリスを目指させて貰うわ。具体的に言うなら、まずあの偽者共を皆殺しにするのだわ!
……水銀燈をジャンクにするのは、その後よ。」
薔薇水晶の独り言
「            ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
           //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
         //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
        //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
       //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
     / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
     ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉
        //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
       //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
     //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
    〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
     \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\
     // / / ヾ: : : :〉: : :ヽ!./〉 /: :`ヽ: : : : :./ /  > 〉
    //   / / /: :、 /` ゙̄/ヾ´r─:.── ': : ´: : :/ .//
  //   / / ./: : :._{: : : : }/´: : : : : : :_{: : : : : ノヽ/ /
. 〈 く     / //: : :./ |: : : :〈: : : : : : : :/人: : : メ、 〈 〈
  \\ / / -ー/  l: : : : :',: : : : : : _:_:/ .|: : : ト、〉 .\\
    } 〉/: : :./___ノ: : : : : :}: : : :/: :/  l: : : | ',. \ \\
    |.イ: : : /∧: : : : : : : : :.//ヽ: : : : / l  |: : : :!  ヽ ヽ / /
   /} |; イ´ /  \: : : : _/: : }: : : : :\ヽ |: : : .}    //}
 /: ; イ´/ /  /: ̄´: :,.: : : : ∧: :\_:>l: : : :l   // 〉ノ
/: : :/: : ヾ / /: : : : : : /: : : :〃: :〉:/ヽ,  !: : : :',  \\<
`|  \: :/  /: : : : : : : /´ ̄/: : : : : : : : : \ ト、: : :\//   `ヽ
. | {_ノ ヾ! /: : : : : : : /ヽ_/: : : : : : : : : : : : '|: \: : : `ヽ\ / ノ
 ヽ ヾ、  /: : : : : :/-ー': : : : : : : : : : : : : : : : ヾ: :|\: : : ',> 〉 /

とりあえず、ドールズを倒さないと私に勝利はない……」
麻呂苺(人狼)
「ふん、だったらマロかヒナが出て身内切ったり切らなかったりすればいいのよ!」
できる夫の独り言
「純正ドールから占なうべきか 否か・・」
            ゲームマスター:はいどうもー本屋GMですよー
今夜もちょっと遅めのスタートですがよろしーくねー

毎度のことですが、RP吊り・RP噛み・RP防衛全部許容されてます
ただし、ゲーム勝敗決してるのに無駄にアリス候補狭めの吊り噛みはなしで

狼はそのへんも考えて頑張ってください
蒼星石(妖狐)
「あぁ・・・希望なしで狐になるなんてね」
雪華綺晶(人狼)
「ふふふ…そういう日もありますよ…
お姉様」
流石兄者(共有者)
「すまない共有2回目だ、不手際があるやもしれん」
南鮮石の独り言
「投票は公開制ニカ?>GM」
薔薇水晶の独り言
「              __  , -―===--===‐- 、  __
              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| |斗`ヽ、メjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { {   ノフ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
.        `¬7メ、、 \ ┯━┯ メ≪ナ泣ナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{ |  |    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i从 |  |  、   `~フノ| i| ¦  y /ハ
         ,'/ / i  /j l | r┴──―、   ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i  i¦l|ヽ ヽーー──ー┘ィァ| i| ¦ { { / ハ
         / / i| i  i¦l| j}>。、     ィァ| i| ¦ { { / ハ
        //  __」..⊥.i.=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfj=.i: i _ ≧ニニミ、
     /〃,'   ハ     |                |ノ´    / )メ
     `≒=、 { ヽ、 _ |  私は              .|  -‐ f´}//∧
        ,'\\    ) |    ニセモノ・・・・・・? | _/ _// ハ
        ,′ ヽ ヽ r‐┴、             ./´ヽ  _// / ハ
       ,′   ノノノ (` ー、 ヽ           / /ヽ }  {{_  ハ
.       ′ // r'ー-、 ゝ',           (_./ /  |彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//    〉- ..__`゙)           ゝ-´__ -' }=ヘ. 〉 } / ∧」
柿崎めぐの独り言
「まずは…そうね
空気なドールズからブチ殺していきましょう」
できる夫の独り言
「おやおや僕が占いですか・・・
妹を最初に占なうべきですかねぇ・・」
JUNの独り言
「霊能ゲットしたよ
というか、夜だから地に戻りますけど
なんでJUNwwww」
雛苺(人狼)
「なんで麻呂苺と同陣営なのおおおお
PHP叩き潰してやりたいのー・・・」
麻呂苺(人狼)
「ま、マロのニセモノと一緒おじゃ……なのー!」
水銀燈の独り言
「んー、村人なのねぇ」
蒼星石(妖狐)
「僕は、このゲームの破壊者。
バランサーなんて、だれが決めた?
僕は出番を得るために、たった一人の戦いをはじめるんだ」
南鮮石の独り言
「げ、しかも権力者ニダ…
狼が生かしておくかどうか微妙ニダ…」
カナーリンの独り言
「      :/    _,. - 、\:    _:
      :/     / M ヽ_,. -‐''¨ ̄ ¨\:
     :/      |  _, -'´ _,. -――   |:
     :/       >‐´ _,-'´  _     ノ:
    :|      /  ∠ -‐''''彡≡ヽ  /:
    :|      / r≡ミヽ   リィ,.--、'´:
    :|     /  |リ ̄~''   'ィt或アチl__:
    :|    /  / リ, ---_,,  ` ‐''"´¨   \: 
    :|    /__/ 、,ィ或tュ、  /        |__:
   :ノ   |    `ヽ 二ノ            |;;;;|:  
  :/    |- ,,__  __              /;;r'!:
  :!  __ |:::::::::::::|  |;;ヽ__lヽ、_    _,,/;;;;;|:
   :Y´  `'‐ ,:::::::::) └-i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:` ¨'''¨´;;;;;;/ ̄|:
   :|  -‐-、   ̄    ヽ____/ ̄''''´  /:
   :|     ̄)          トェェェェェェイ   /:
   :\              |  `'''''''/  /:グフフ~!楽してズルしていただきかしら!
     :\___,-、_        ヾ'zェェッ'  /:
           :`''――'''''-、_∪    /:
           / ̄ ー、/:∠ヽ ヽr‐r rっ≦___  冫 ,ハ、_____
          /      Y´ ̄`∧ ' __⊥`ー=≧′           __`Y
            /       L._ト、/ Y´   レー‐┐冫        〃´ 小
         ′       [_√ , -‐─‐- 、  厶'ィ  ノー一ァ '′  i |:.',
           |        弋_ //´ ̄ ̄`ヽ\  厶イ  _/    ¦!:::.、
         \      ((_Y       ヽ \  ̄フ¨´       l ::::::.ヽ
          `ー‐r‥   `‐Ⅵ         ヽ ヽく             :::::::: \
              ヽ.    ヘ|            || \           ::::::   冫、
              ヽ     ハ          || 下、              //ヽ
              厂 \  ¦i}         || _入_`ー  .____  -''´イ r‐┘
              }  f^_>、            ||`了⌒< ー──…'´ ト、ノ
              >''´   `-、 ___       !|、_j_    ` <入__八ノ
               /        ` ー _    / .′_廴> 、     ` く
          /             > 、_/ / 「::::',^ヽ二> 、,_  丶
           /            ,. イ 几ハ 才’ト、|::::: ':::::::::::::`:ー‐う丶、 \
        '            _ <_r‐'⌒{::::::}' :レ′   ; ::::    ::::::::ゝ一卞、 \
.      , '          <  _广´::::::::::::ト、::.       / ::    :::: ::::: :::::Ⅵ_>、 \
     /         , < _ノ⌒´:::::::     ヽ:..      /        ::: :::: ::::::::V⌒Yヽヽ
.    /    . < _f⌒´::   :::         ヽ::. :   /       :: .:::: :::::::::::',  ` ̄}{
   /   /r一':::: | :: :    :::         ゙、__,..イ         .::: ::::: ::::::i    /(
.  /  / ノ:::::::::::::| :     ::         Y::::;'         .::::: ::: .::::::|  /  )
  / / f⌒′:::::::::::::l       :             ';::             .:::::::;'!  ハ丨
柿崎めぐの独り言
「さあ水銀燈以外を吊るす退屈な作業の始まり始まり」
翠星石の独り言
「村人ですか。まぁ、気楽なもんですねぇ」
流石兄者(共有者)
「まぁ弟はいないが仲間居るようだな
よろしく頼む」
金糸雀の独り言
「適当に殴り合いしてやるのかしら」
雪華綺晶(人狼)
「誰が騙りに出ますか?」
金糸雀の独り言
「村人かしらー
これはアリス難しいのかしら」
柿崎めぐの独り言
「おっけー村ね村いいわぁ…」
流石兄者(共有者)
「OK、ブラクラゲット。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 流石だよな俺ら。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
      ガガガガ・・・・
蒼星石(妖狐)
「いつだってそうさ・・・」
雪華綺晶(人狼)
「よろしくお願いしますね」
桜田のり(共有者)
「あら、よろしく」
南鮮石の独り言
「狩人ニダ」
カナーリンの独り言
「狂人かしら~~!!」
真紅の独り言
「村人ね。」
            村人7 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者1) (権力者1)
            ゲーム開始時間:2009年10月27日23時2分
水銀燈
「それじゃヤクルトを買うためにスタートヨォ」
金糸雀
「                     _, -―‐,r_j_ャ、
                ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ
                  / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ
                 ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ              /
                 ! イ ー-、    , -ー'くヽ !            /       みんなカナリアンにしてやるのかしら!
                 ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV        /
                  ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       , ′
                /{ハ    T⌒T    ハソ\     /  ,
                l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   / /
                 !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /
            , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ
            /.    く_」 : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐、
            l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     `丶、
            〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′         ` ' ー-
          /  /´ 」   /T\   -L_
      r‐ '´ ー、l/  /‐'    」!      `ヽ
      !       | /       /」_\         \
      |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ」
真紅
「私は、私のやり方でアリスゲームを制するのだわ!」
水銀燈
「ヤクルトが0よぉ」
麻呂苺
「マロのニセモノはそっちなのー」
桜田のり
「              /.: : : :.:.:.::l.:.:./.:ミミ、ィイ彡i.:.:.::l:.:.:.: : : : :、ヽ
           / . : : :.:.::l.:.:.l.::/ 1:lミミV/彡l.:.:.:.l.:.:.:.:.:..:. : : ヽヽ
             / : : : :.l.:.l:.:.:l.:l  |.:l´``'"´ |.:.:.:l:::::::::::::.:.:.:.: : : :',
             ,′. : : l:.:l.:.l.:.:.l.:l  |.:l       |.:.:/l.:.ト、:::::::::l.:l.:l.:.:.:!
          i.:l.:.: : : l:.:l.:.l.:.:.l:.l_|:.lノ    、_|./_.j.::! i:::::::.:l.:l.:l.:.:.:|
          |.:l: : : : |.:.l.:.K´l:「二l/     l' ̄l./`|::::::./.:l.:l.:.:.:!
          |.:l: : : : |:.:l.:.l.ィ行〒`ヽ    / ィ行〒テ.::/i.://:.:.;′
          |:ハ. : .:l:.:ト、l/ l f:11  !ニニニ!  iト‐イ! l:/ l//:.:./
             __ヽ.:.l.:.|ト、. ヽりノ ノ    ',  リノ  ノ ハV
         ,.'´. : : .`Yい `ー‐一'  .    `ー---‐' ,ヘく::i
       / . : : :.:.:.:.:.:.::\ヽ      '         /_ノノ.:',
        l : : ::::.:.::.::::::::::::「`ヽ     - ‐‐-      .イ.:.:.:.:.:.:.ヽ
        |: : :::.:.:.:::.::::::::;. '"´ \         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        |: :.:.:.:.:.:.:.::/      |`ヽ、 __ _,. ィ ´ ̄`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.i    みんな仲良くできないのかなぁ
        ∧:.::.:.:.:.::/          |         ノ    /.:.::::::::::::::i
        l: :`ヽ.:.:.:l  ̄`ヽ    L      !     ム─-、.::::::l
         ⌒ヽレ'^フ´    \   \      !   /  ト、  l.::::/
      ,. '"´        `7     \   l  ,.イ  /  V.:/
     /            / ̄ `ヽ、 \__| /∧/:::.:.:.:.:K
     ,′             ̄ ̄``ヽ\ ヽ//  \.:.:.:.l ',
      i          ',   i.      `ヽ\!/      ヽ' L i
      |          ',   l:.                 \\
      |             、:. .:l:::.          「ニニニニ /´ ̄ ̄`ヽ
     |             ゙、::l::::.                レ'´ ̄   ヽ」
JUN
「兄者はいいかげんあきらめなよw」
できる夫
「妹のためにカナさんやヒナさんを吊らないといけないとは・・・!
神(GM)よ 貴方を恨む! 」
薔薇水晶
「              __  , -―===--===‐- 、  __
              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i 从   ̄       `~フノ| i| ¦  y /ハ
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   _'_   `ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i  i¦l| j}>。、    ィァ| i| ¦ { { / ハ
        //  __」..⊥ /¦l| `ヽ≒ `Y´ア≠ア¦ i| i _≧ニニミ、
     /〃,'   ハ    `ヽ j| __ノ^ヽ`'~'゙^≠ヘ、j__j|_ノ´    / )メ
     `≒=、 { ヽ、 _      ‐- 、,≧zく           -‐ f´}//∧
        ,'\\    )  ̄ _ 二ニ=  {f必) }  =ニ二 ̄   / // ハ
        ,′ ヽ ヽ   ̄ {    /^}゙¬{ヘ、`ヽ、  / ̄  // / ハ
       ,′   ノノノ 、   ヽー<  イヽノヽ、 フ¬ー ′   {{_  ハ
.       ′ //   >‐-、    ̄ヽ/ハr'´ ̄   ハ、_,.  彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//   / / ハ     Y_     / ハ´    =ヘ. 〉 } / ∧
      //   /  / / ハ         `ヽ / / ハ      V /  / ハ

めぐさんはいつも自重しない……」
水銀燈
「ヤクルトが1本」
流石兄者
「カウント水銀燈だな……OK把握した」
水銀燈
「ヤクルトが2本」
翠星石

     ,. ´  二二丶` 丶 、
.   //,.:.'´:.:.:.:.ハ、:.:.`ヽ  >
 / i /:.:.:.:,.:-、/  !ト⌒jヽ:く
/  ィ {:.:.:.:/:./  ノ' (.:.) ̄ヽ
   ヽ二´‐'ー(::::)'´  ___   l
ー ァ:.1!||         ∠,  }
./.:.:.:|| !!           / /l!
.:.:.:::::!! !ト、          イ ||
:.::::::_|| ||イ|丶.. ___ イ:、l! ||
/:.:.:!! ll:.)! r―ァ┬―l7、:.:|! ||
:.:.:.:.:.|l !!)! {//, | \j}:.:.`|! |{
:.:.:.:/|| ||)!  / jl |  |}、:.:.:.!! |ト
:._/::::!! ll)| /  l}||  l}:::`ァjl !!:ヽ
/ヽ::::|| ||j!__!{|_l{/ || ||:.:\`
ヽ__Vト、、j|~ァX|::ヽT{ _,.イ:\jj:T ー{
{ーイ:.〉、:`::::ヽ/::::/:ヽ-ヽ::::::::::.:.:.l  >
ー ´/:.:.:.\:::::::/ヽ:.:.:`く:::::::::::::.:.:l ノ
:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:`:´:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヽー-:、/
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.ト-:{
:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.l::::l

中の人なんているわけねーですよ?」
真紅
「……まずローゼンメイデンを騙り、お父様を馬鹿にするそこのオッサンを吊りたいのだわ」
水銀燈
「ヤクルトが3本」
薔薇水晶
「          ―――---、 _   ,.  ――---
            ̄゛_,.ニ巧_j/ ̄    ≧ ̄  `  、
          ー――― 7 / `ー―         _ /{マ ,...  _
             / /   /               ̄ ̄  ヾーく__   --―一
            / /   ./  、    |       l         \ト __二ニ =一
          / /    /    \   |       |     |     | ヽ \
       ./ /     /|    |   . |      |     |     |   \\
    / /       /' | | |     卜.|    |    |    ∥|    \\
   ム /         |  | | T 卜| |\ | j   |;!    ∥|       \ ヽ
    ̄ ̄゛ ー― 、   |  | |.斗女 | | | \/‐―ォイ / | |!||        ヽイ
           \ >  / ハ ヾハ:::::ヽ」、|/ /マ 7ミ| / j //||       /|
      ,.      ̄  //  \ | ゞ--' //ハ∨匂イ} |//|||       / /
   ,.  ´ ,.   ´     /      ∧     、  ヾミZ少 / /| ||    ./ /
  / ,.  ´        /ー― 、 | |\    、 _     /|/| | ||  / /
 ,!X         ∧\   ーr―‐;>        /;¬|  | | / /
  ヽ\        /|  | ー一 \\::::::/` --  ´匕/ l|  | | \ \ _
   \\       / :|  |    ┌‐┤/ _)二 ̄ //>―    ̄ ̄ ̄ ̄/、
    \\――   _|   j_ -― ヾ\  / /イ__/   ー―---   </\ \
      > ̄ ̄>tヘ   `ヽ    》- V// ̄ ̄     ̄ ̄ /  j!  ヽ  >
     /// イ 冫    人_彡|Yフ/ ヘ     \   ,  ´    / //

ふふ……頑張るよ……」
水銀燈
「ヤクルトが4本」
雛苺
「そこのふざけた化粧濃いやつは叩き潰すのー」
柿崎めぐ
「さあ水銀燈!カウントして!
貴方のかわいさをみんなに教えてあげて!」
水銀燈
「ヤクルトが5本」
蒼星石
「プロフィールを変更しました」
水銀燈
「じゃぁ最初からっと」
麻呂苺
「マロはうにゅーのためならドールズ全員をなぎ倒す覚悟でおじゃ……なのー♪」
            ゲームマスター:んじゃ、開始カウントしてくれ
水銀燈
「そのままでいいのねぇ」
薔薇水晶
「                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
        >、             >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
       /  ヽ/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
    _/__ 」〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l

わりとカオス属性が多そう……」
柿崎めぐ
「そして翠星石ちゃんの中の人大体わかったわ…」
STEEVN-GM
「プロフィールを変更しました」
蒼星石
「僕のプロフィールはこのままだよ」
流石兄者
「弟から鯖を取り戻すためにオレは来たぜ…」
金糸雀
「そこの髭は初日吊るかしら」
水銀燈
「あらぁ、ストップかしらぁ」
桜田のり
「                          , --、
                     〃
                      {l    __ _
                      __乂ヘ7厂   ⌒ヽ、
                    // , /ハノイTヽ‐、_\
                 /' /, / /'l`゛゛"| | l│l l ハ
                 j/ ィ'7ヽ|   _|_lハ│| l ハ
                      八/レk=xl、   j/`トl、l トl }
                    `Y孔ッハ  ‐テミ、レハノ/ /
                 ,ゝメ火゙_ノ,‐ { ゞツメ`Y /
                    〈イ/リへ  、_ `ー"公k久__,
                   jル′  >r-__〔_ } ,小ヽ、
                     ,ィj广 ̄_, -‐ヘ〈ハいゝ   開始ね
                  _r〈し'ハ ̄´/  ハ j丿
                /, /{Lリ_/      }
                  { i / 厂/     ,ノ
                ,ハ∠//      /
                  /Y´ /    //
               / k/    /,イ
             / /     /   !
               //     /     \_ ,
           _/入    /           /、
          //\>イ八        /   \_
            〈夂,、 八〈/l  l\ __ /  \    〉
           //ー′ l l  l   ヽ   ヽ     \ /
       /7ラス'/、  / l   !    \   \    /
        //〈/ハヾゝ 〈   |  \      ヽ  l__/
.      //' / 儿〉 } \_l_   ヽ、  _」/|
     // / ///   丨 ̄`¬「 ̄     l
.    //' / / '/     !    l       l
.     // / //         l     |     l
   /// /          l   ¦      !
.  /〃/              l   │    l」
JUN
「あー、日ごろの鬱憤のせいで漢字間違えてる」
翠星石

                   / /:: : :: :: :: :/: :: :: : /: :: :: :: :: ::ノ: :: ::::i: :::.l:: :. :|: :: :: ::: ::: ::: :: :: :: :: :: : :: :
               /,イ:. ,: :: ::: :: .:/:: . . :: /:: .:: .: .. : ./ :,: .:.: .l:.:. .l:. .:.:.!:. :.:..: .:.:.:. ...:. ..、:. .:. : :: ::
               (/:. /.:: .. :. ./:. ..: :: :/:. .:: .: : .:: / ./:. ..: ノ . :ノ:.: .:从.: ..、.: .: :: :: .. :l:. ... :. :: :
               /:. /:. .:. .:. . /l. :..: .: /.: .:.. :.. :. .ノ:../:: :: /!::::.イ:. .:./ ヽ:.:. .ヽ:. :.:.: .:. .l.:. :: .:. ..:
              ,イ.: /:..: .:. .:. :.:. l:.: .. :./:.. :.:. .:. .::´. ノ:. .:.,//: .:/!:. ../  ヽ:.: ..\:. :.: .:.|:.:. :: .: ..:
             /:.. /..:. ..:. i:.: .: ..|.:.: . /:.: .:.: .:.:.: ... /ノ:. .://:.. /.ノ:. ./    ヽ:..: ..丶.:. ..|.: .:..: .. :.
             !.: .:l.: .:..: ./.: .:..: 1.:. :.:l:..: .:.. :.: ::.:://:. :://: //::.: /`ー―――、.: ..:: 、l:. .:. .:. :.:.
             |:. .:l:. :.:. ::!:. :.:. .:.l:.: .:..|.: .:. ::.:: .//: : /// ./:. .:/        `ー= .斗:.: .:. .:. :
                 !:::. |:. :..: .|:. :.:. .:.l、:.: ..|:..: .. ://::.//"  /:. .:/            フ`:.: .. :.. .
                 l:::. .!:.:. .: j.: .: .:.. |.: .: .|.:..://:.,.イ     ./:. /            ノ:.: .: ..:. .:..
              !.:: |.:. :..: |.:. :. .: .lヽ::. l/∠:ィ´.      /:::/  ヘ、       ,、_ /:: .:..: .:.. :....
         .    ∧:.:|、:.: .:.:l:. :.:. :.:.∨ヽl     ,,z   .//    フ`ー=―;;'";;ィ'` /:. :.:.: .:. .:..r::
              ∧l .l:. :.. l.: .:.:. .:.:.∨ _,..._,.ィ;;ヘ  /     ´  ̄⌒    /:.: .:.: .:: .:.:/.: .
             _.    |:. :.: !、.: .::.: .:.:∨弋‐=‐ '"   ,        /// ./:.: .:. :.. :.イ:. :..
           ,;'"ヽ  ∧:. :.|:. ... :. :.:. :.∨         〈!             /:. :.: .:x:: '"./:. ::/
          ./  1   .\:!ヽ.: .: .:. :. :. \                 .∠:. :. - '"  /.:..':"
          ,f   |       .)`ー=::. :_.: .:. \      _., -一'           ,.イ::'".f
          1   |      r :l  、 テ―‐'                       ,イ
          |   :j      l i  _ \ ヽ                        / >
          |   .l      ヽ ! ー=, .n \                     イ ! /
          |   .|       >  / .l.! \  、                 /  v|
       _ l    レ'"ヽ    / l     l!    `  、            ,.イ     .>
     _r'"  ヽ!   / /^l!   .l             l`:::                ,イ
   r'"´7    i!l  イ .k'"1   .ヽ          .  ノ::::_,イl:::: ー=イ´       ./ .)
r'"7  j    y ^  !   l!     >          rf-x'  .lhl ̄ヽ/ \  .   ,/  j
  .i!   !   f    |   1    /            レ' "´ ̄  ̄ィ   j r‐ '"´ .  /
  !   ∧   {    /    l    l            j''´

わけーうちに生太ももさらけださねーなんて、もったいねーとは思わねーですか?
つーことで、小中高まではブルマを義務付けるですよ!」
水銀燈
「ヤクルトが3本」
            ゲームマスター:そこの蒼星石 、プロフ変更がおわってないぞー
真紅
「水銀燈はなんか悪魔っぽいからジャンクにしてマッカを奪うのだわ!
どうせ鬼女とかその辺なのだわ!!」
できる夫
「真紅さん、初日呪殺乙ですよ」
水銀燈
「ヤクルトが4本」
JUN
「辛苦を守って狐勝ちをめざす!!」
金糸雀
「  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :! この策士カナリアにかかれば一捻りかしら!
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|」
水銀燈
「ヤクルトが5本」
南鮮石
「Ω<ナッナンダッテーニダ」
カナーリン
「       :/    _,. - 、\:    _:
      :/     / M ヽ_,. -‐''¨ ̄ ¨\:
     :/      |  _, -'´ _,. -――   |:
     :/       >‐´ _,-'´  _     ノ:
    :|      /  ∠ -‐''''彡≡ヽ  /:
    :|      / r≡ミヽ   リィ,.--、'´:
    :|     /  |リ ̄~''   'ィt或アチl__:
    :|    /  / リ, ---_,,  ` ‐''"´¨   \: 
    :|    /__/ 、,ィ或tュ、  /        |__:
   :ノ   |    `ヽ 二ノ            |;;;;|:  
  :/    |- ,,__  __              /;;r'!:
  :!  __ |:::::::::::::|  |;;ヽ__lヽ、_    _,,/;;;;;|:
   :Y´  `'‐ ,:::::::::) └-i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:` ¨'''¨´;;;;;;/ ̄|:
   :|  -‐-、   ̄    ヽ____/ ̄''''´  /:
   :|     ̄)          トェェェェェェイ   /:
   :\              |  `'''''''/  /:楽してズルしていただきかしら!
     :\___,-、_        ヾ'zェェッ'  /:
           :`''――'''''-、_∪    /:
           / ̄ ー、/:∠ヽ ヽr‐r rっ≦___  冫 ,ハ、_____
          /      Y´ ̄`∧ ' __⊥`ー=≧′           __`Y
            /       L._ト、/ Y´   レー‐┐冫        〃´ 小
         ′       [_√ , -‐─‐- 、  厶'ィ  ノー一ァ '′  i |:.',
           |        弋_ //´ ̄ ̄`ヽ\  厶イ  _/    ¦!:::.、
         \      ((_Y       ヽ \  ̄フ¨´       l ::::::.ヽ
          `ー‐r‥   `‐Ⅵ         ヽ ヽく             :::::::: \
              ヽ.    ヘ|            || \           ::::::   冫、
              ヽ     ハ          || 下、              //ヽ
              厂 \  ¦i}         || _入_`ー  .____  -''´イ r‐┘
              }  f^_>、            ||`了⌒< ー──…'´ ト、ノ
              >''´   `-、 ___       !|、_j_    ` <入__八ノ
               /        ` ー _    / .′_廴> 、     ` く
          /             > 、_/ / 「::::',^ヽ二> 、,_  丶
           /            ,. イ 几ハ 才’ト、|::::: ':::::::::::::`:ー‐う丶、 \
        '            _ <_r‐'⌒{::::::}' :レ′   ; ::::    ::::::::ゝ一卞、 \
.      , '          <  _广´::::::::::::ト、::.       / ::    :::: ::::: :::::Ⅵ_>、 \
     /         , < _ノ⌒´:::::::     ヽ:..      /        ::: :::: ::::::::V⌒Yヽヽ
.    /    . < _f⌒´::   :::         ヽ::. :   /       :: .:::: :::::::::::',  ` ̄}{
   /   /r一':::: | :: :    :::         ゙、__,..イ         .::: ::::: ::::::i    /(
.  /  / ノ:::::::::::::| :     ::         Y::::;'         .::::: ::: .::::::|  /  )
  / / f⌒′:::::::::::::l       :             ';::             .:::::::;'!  ハ丨

顔が違う気がするのはきのせ~かしら!」
雛苺
「蒼星石が鬱ってるようにみえるのー」
柿崎めぐ
「プロフィールを変更しました」
            ゲームマスター:STEEVN:このままでは人類は滅亡するんだよ!
その前に悪魔召喚プログラムを使い
我々人類は悪魔と対等な立場を確保する必要があったんだよ!!
水銀燈
「そろそろカウント始めるわよぉ」
雪華綺晶
「紅薔薇のお姉様、初日銃殺お疲れ様です。
楽しみにしてますよ…」
翠星石

            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

真紅、初日銃殺乙かれですぅ♪」
麻呂苺
「のりー
ZIPうにゅーちょうだいなのー」
流石兄者
「OK、オレは翠星石を支持するぜ
これでブルマ画像がマイドキュメントに増えるぜ」
JUN
「ここは真紅と水銀燈が共有者フラグとみたね」
蒼星石
「みんな、外道さ
僕も、麻呂苺も、カナーリンも・・・外道スライムさ・・・。」
雛苺
「真紅乙なのー早々とアリス脱落は仕方なきことなのよ」
真紅
「私が初日銃殺とか都市伝説なのだわ!!流石GMでっていうが初日吊られするぐらいありえないのだわ!!」
柿崎めぐ
「真紅ちゃん、初日呪殺乙よ!」
桜田のり
「真紅、初日銃殺乙ね。」
JUN
「この翠星石ぼくのしっている翠星石じゃないよ
中身に違うよ」
薔薇水晶
「 /  /: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::l  l|, l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
     ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : :
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ー=ミ、   ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.          \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
    / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ゙''''''''        /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、   ゙        ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::
真紅、初日銃殺乙……」
南鮮石
「真紅、初日呪殺乙ニダ」
柿崎めぐ
「その計画…

乗 っ た 」
できる夫
「僕の可愛い妹にはアレがついてるはずです>南鮮石 」
水銀燈
「真紅ぅ、銃殺乙よぉ」
南鮮石
「南鮮石 //
   /__
   //r二二ヽ>
  /∩|ノノイハ))
  / ||`∀´ノ>
 //| L韓」ヽ/
 " ̄ ̄ ̄ ̄∪
南鮮石にアリスに
しやがれですぅ!」
薔薇水晶
「                           ,,..--ー―- .、
                         ,/´  ζ   ,,..、`>´イっ,..____
                    ,- `ゝ、/、/   ; ; ; ;;    `\ノ三へ<´.
                __.. ..,,... ヽゞ/     l   、ヽ  、 il `K´`\、
                ` ̄フ=-//  / /l  li   || |   | |  ヾ`ヽへ≧-、.
                 /´〃ノ/ l|  | |ハ__||=- ト´lヘ ̄´| |  || ヽ  `ヽ、ヽ、
               /,,_ //´/  |  |l´|ハ_|ilヽソ、=i|-=、| |l  ||ハ `、    \` 、
             //´ ´  | ハ i|ヽ l|===ト V {r-=、ソノ| |ノ  ヽ ヽ     `ヽヽ
           ;//      |/ ヽ 入ト、弋゚;;ソ   `㍉∮へi |   \\      `>ヽ
          < (        >/ V ノトゝ    `   ヽ/ i|  |l    ヽヽ      /ヽ >
          ヽ i      / /  ´ノ il` ヽ、  ` ´  /=, | l |ヾ   ヾ、    / /
           ヽヽ   /  / /  / イ ヽ > 、 _ , /r/〃l | | ヾ   \   / ;/
            ゝヽ/ // / /  il  )> ヾ=-ゞ<r´/ /フ入 ;トフー-- 、 ヽ  / /
            ノ )// /  / r-ー-〃-ヽ、λ )( // ´/ ̄ヽ`   r /  >´/
          ///  /  / _-"ー-     -フ=入ソ/ <  、__ノノ</ /\
      ,,..;;:,‐´ / /   // / /\   >  〃 >><<     (//  > /\  \
どちらにしろがんばる……」
JUN
「めぐさんフラグ過ぎだよw」
真紅
「あら? 初日銃殺を出そうだなんて村側の言うことじゃないわね、カナリア。」
翠星石

                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|
     /::.::.:':: l: :/r':〈;';';';'>ミV`丶>ー';';';'ハ::.::.::`.::ヽ::.::.::ヽ_/  l:「 |:::|
.     l::.::.::l::.::|: l_」 : :ハ;';';';';入;';';';';';';'_;'_;'_;'_;'_〉::.::.::.ヽ::`、::.::.:`、  l:|  }:::}
    |::.::.::l::. {: {{: : /∧;'/: : }>‐'´: : Vハ: : :ヽ::.::.::.:`、::丶::.::. ∨::l ,'::/
     |::.::.::l::.::∨/:// : : : : : : : : : : : : : : Vハ: : : :\::.::.::ヽ:::ヽ、::.:l:::レ'::/
.    j::.::.::l::.::/ //: : : : : : : : : : : : : : : : :Vハ: : : : :.\::.::.:\::.::.:/::/::/

翠星石がアリスになった暁には、学校にブルマを復活させてやるですよ!」
            ゲームマスター:では、時間だ
では皆様、いつものをいってみよう

『真紅、初日呪殺乙であります』
柿崎めぐ
「水銀燈占ったらいっつも死んじゃうじゃない!!
それなら真紅を占うわ!!」
流石兄者
「OK、エロサイトをめぐるより簡単さ
……OK,ブラクラげっとだ」
薔薇水晶
「私は……なんだろ……
悪魔なら……地母神とか?」
JUN
「正直、きついけど、がんばるよ・・・」
            ゲームマスター:ちなみにRP賞の投票があるから、死んだからって寝たりしないようにね
麻呂苺
「そんなことよりZIPうにゅーなのよー!」
雪華綺晶
「Les bras tout charges de fleurs♪
私達の種族は何になるのでしょうね…<GM」
金糸雀
「問題無いかしら!
狐は初日水銀燈を銃殺するかしら!」
蒼星石
「笑いなよ
僕の出番がないから、こんなモノまで跋扈してしまうんだ」
南鮮石
「    ___
  く/',二二ヽ>
   |l |ノノイハ)).
   |l |リ.`∀´>.
  ノl_|(l_韓」).|.
  ≦ノ`ヽノヘ≧
 .ミく二二二〉ミ 」
            ゲームマスター:STEEVN:やあ、よくきたね
今、ここTOKYOでは悪魔がはびころうとしている
それをとめるための手助けをして欲しいんだ

君たちローゼンメイデンは力のある悪魔だ、きっとうまくやれるよ。
雛苺
「騙されたのー>翠星石」
水銀燈
「今回は私がカウントよねぇ」
真紅
「水銀燈、聞いて頂戴。私たちは姉妹なのよ? 姉妹で争うなんて……醜いのだわ。」
柿崎めぐ
「◆金糸雀 「ふふふ、とっとと狼吊ってカナがアリスを頂きかしら!」

ああ、駄目ね、全然駄目よ
狐が入ってないってことはアナタ狐ね?
私が占いになったら真っ先に占ってあげる」
流石兄者
「明らかにオレは場違いだが気にしないぞ
年季の差をみせてやるさ」
薔薇水晶
「プロフィールを変更しました」
翠星石

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

……そう思ってた時期が翠星石にもあったですねぇ……」
流石兄者
「名前を変え忘れるとは流石だな、俺」
雪華綺晶
「Sombre dimanche♪
ふふふ、これなら歌いやすいですね」
桜田のり
「プロフィールを変更しました」
翠星石

  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

……翠星石はおめーらと戦ってまでアリスになってなりたくなんかないですぅ……」
流石兄者
「⑮は流石兄者に名前を変更しました」
薔薇水晶
「きらきーがいるなら……私は頑張れる……」
金糸雀
「ふふふ、とっとと狼吊ってカナがアリスを頂きかしら!」
雛苺
「よろしくなのー
位置的に本物ドールに囲まれてて最高なのよ」
流石兄者
「OK、ブラクラゲットだ」
麻呂苺
「うにゅー、
マロはZIPうにゅーがだーいすきなのー!」
STEEVN-GM
「もうしわけないがTHINKに元ネタはない
DAIGOドールっていうギャグネタだからな」
真紅
「プロフィールを変更しました」
薔薇水晶
「さて……
皆……吊るす」
流石兄者
「プロフィールを変更しました」
水銀燈
「さぁ真紅を銃殺する作業が始まるわぁ」
雪華綺晶
「プロフィールを変更しました」
南鮮石
「とりあえず、隣の偽物を吊るニダ」
カナーリン
「プロフィールを変更しました」
麻呂苺
「プロフィールを変更しました」
            ゲームマスター:麻呂苺承認 麻呂銀でもいいぞ 流石GMが泣き出した曰くつきのCNだ
JUN
「名電しらないんだよw」
金糸雀
「プロフィールを変更しました」
薔薇水晶
「私は……全滅させないと」
水銀燈
「プロフィールを変更しました」
麻呂苺
「⑪は麻呂苺に名前を変更しました」
雛苺
「プロフィールを変更しました」
麻呂苺
「アイコンを変更しました」
            ゲームマスター:開始は55分 RP練習をしておきましょう
あと、プロフ変更を「必須」ね、一応RP村だしw
カナーリン
「どうかしら~!」
薔薇水晶
「……じゃあ……頑張る」
流石兄者
「弟に仕事とられて暇だから来たぜ」
JUN
「なにいっているんだよ、めぐさん
まずはロリコン倒さないとだよ
真紅
「始めるのだわ!!」
できる夫
「プロフィールを変更しました」
麻呂苺
「……麻呂苺で!」
雪華綺晶
「お姉様よろしくお願いしますね」
できる夫
「南鮮石をアリスにしますよ」
流石兄者
「アイコンを変更しました」
JUN
「とりあえず、僕はロリコンさえ倒せればそれでいいよね・・・
真紅、翠星石・・・」
翠星石
「アイコンを変更しました」
金糸雀
「よろしくかしら!」
水銀燈
「アイコンを変更しました」
柿崎めぐ
「さあ水銀燈以外を吊るす作業を始めましょうか!」
金糸雀
「アイコンを変更しました」
カナーリン
「アイコンを変更しました」
翠星石
「さっきからうにゅーアイコンがちらちら移動してやがるですねぇw」
            ゲームマスター:OK11番承認 なにでいくかね
薔薇水晶
「プロフィールを変更しました」
南鮮石
「めぐから嫌な雰囲気しかしねーニダ」
雪華綺晶
「プロフィールを変更しました」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
JUN
「プロフィールを変更しました」
金糸雀
「③は金糸雀に名前を変更しました」
できる夫
「⑭はできる夫に名前を変更しました」
STEEVN-GM
「ただ、今まで何人も「THINK面倒だからJUM」とかいって
「こいつキャラうすいよ!」でJUMで撃沈してきた・・・」
蒼星石
「68は蒼星石に名前を変更しました」
流石兄者
「兄じゃ何番でしたけ?」
できる夫
「アイコンを変更しました」
桜田のり
「⑧は桜田のりに名前を変更しました」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
雛苺
「アイコンを変更しました」
薔薇水晶
「アイコンを変更しました」
麻呂苺
「C枠つかいます!」
蒼星石
「蒼星石は68に名前を変更しました」
南鮮石
「プロフィールを変更しました」
桜田のり
「アイコンを変更しました」
翠星石
「プロフィールを変更しました」
柿崎めぐ
「C枠不要、です
ふふふふふ…」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
水銀燈
「②は水銀燈に名前を変更しました」
薔薇水晶
「あ、ちがう」
JUN
「⑰はJUNに名前を変更しました」
南鮮石
「なんか、3回目くらいのような気がするニダ」
柿崎めぐ
「⑫は柿崎めぐに名前を変更しました」
薔薇水晶
「アイコンを変更しました」
真紅
「◆真紅 「わた、真紅さんが銃殺されるなんておかしいのだわ!銃殺されるのはジャンクのはずなのだわ!だわだわ!!」
まさかのフラグ達成なのだわ!私の名推理で村を勝利に導くのだわ!」
            ゲームマスター:基本的にJUMは純ドール全員に好かれてるのでとてもグレランが楽

・・・のはずだよ? 梅岡さえいなければ
JUN
「アイコンを変更しました」
柿崎めぐ
「アイコンを変更しました」
雪華綺晶
「アイコンを変更しました」
薔薇水晶
「えーと、何番だっけな」
翠星石
「アイコンを変更しました」
南鮮石
「アイコンを変更しました」
桜田のり
「C枠不要」
薔薇水晶
「⑨は薔薇水晶に名前を変更しました」
薔薇水晶
「C枠不要」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
カナーリン
「⑬はカナーリンに名前を変更しました」
南鮮石
「⑦は南鮮石に名前を変更しました」
雪華綺晶
「④は雪華綺晶に名前を変更しました」
薔薇水晶
「外れのような辺りのような」
カナーリン
「おっと!!いいのが来たね。」
雛苺
「⑤は雛苺に名前を変更しました」
JUN
「JUNは突っ込みしてればいいのかなぁ」
真紅
「アイコンを変更しました」
雪華綺晶
「C枠不要!!」
流石兄者
「C枠なしですね。了解ですー」
            ゲームマスター:前にやったCOいるか!?
蒼星石
「16は蒼星石に名前を変更しました」
翠星石
「⑥は翠星石に名前を変更しました」
真紅
「⑩は真紅に名前を変更しました」
南鮮石
「C枠なしか
カナーリンの夢は潰えた」
雪華綺晶
「あらC枠来たか」
雛苺
「C枠はないか」
JUN
「ラグ修正に時間かかった・・・」
            ゲームマスター:【予定CN】
1.初日犠牲者(位置固定)
2.スイギントウ
3.カナリア
4.きらきー or C枠
5.雛イチゴ
6.翠星石
7.南鮮石
8.のり or C枠
9.ばらしー or C枠
10.真紅
11.名探偵くんくん or C枠
12.柿崎めぐ or C枠
13.やる夫スレに出てきたヴァージョンのドール1(例.エベロン蒼・豪脚石・カナーリン等)
14.できる夫
15. 流石兄弟人形(兄弟単品可)
16. 蒼星石
17. JUM or ローゼン名電DAIGOドール『THINK』



【C-自由枠】
ともえ
みっちゃん
おじーちゃん
梅岡
ばぁさん燈
饅頭燈
初音ミク
ペンギン燈
麻呂苺
サム苺
やる夫人形
やらない夫人形
人形マニアことアリス=マーガトロイド(東方)
ゆっくりありす(人形焼)※GMと相談のこと
カーちゃん
やってられっか夫
ボクオーン(きらきーかばらしーの許可が必要)
やる夫スレに出てきたヴァージョンのドール2(例.エベロン蒼・豪脚石・カナーリン等)

なお、原作以外のミーディアムとの同伴設定の持込などはご遠慮いただいております

まいどのことですがこちらはDAIGOを選んでもまったく関与しません。自己責任でお願いします。
前回やった役と同じ役の場合は、お申し付けください。
先着一名様で対処させていただこうと思います。
桜田のり
「本日はC枠か」
麻呂苺
「なん……だと……」
真紅
「C枠なし把握ー」
水銀燈
「C枠はなしか」
柿崎めぐ
「12!!?いやなよかんが!」
カナーリン
「C枠いいな。」
できる夫
「今回はCO枠ではないようだー」
薔薇水晶
「ほう。C枠か。経験が生きたな」
流石兄者
「雛苺が居る村にできる夫は危険だー
刑務所に入れておくんだ」
翠星石
「くそっ、なんで日本は合法じゃないんだ……っ!」
            ゲームマスター:んじゃ、先にC枠だけ予告しておくよ。
C枠は4→8→9→11→12でいきます
できる夫
「ある村にはラブプラスの魔という奴がいたことが・・・>⑥ 」
真紅
「むしろブラマイナスは無いんでしょうか」
薔薇水晶
「それは凄いー」
真紅
「あ、禁止なんだ。了解です」
翠星石
「ブラプラスにもなれる」
柿崎めぐ
「              「 ̄ ̄了
              l h「¬丨 < はーい⑥が通るからどいて
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   /∧ / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./  / Д` / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」 」
            ゲームマスター:ラプラスは禁止
真紅
「ラブプラスRP……だと……」
桜田のり
「了解です>GM」
雪華綺晶
「ブを追加するだけでぜんぜん違う!不思議!」
JUN
「⑥はできる夫(ロリコン)かしら
把握かしらー」
南鮮石
「幼児は寝かしつけてあるよ」
翠星石
「ようじ、で助かったよな……
これがようじょ、なら危なかった……」
流石兄者
「了解ー<GM」
JUN
「爪楊枝は準備済みかしらー」
翠星石
「ラプラスとラブプラスが似ている件」
雛苺
「了解>GM」
柿崎めぐ
「あ、ようじ

が欲しいの!」
桜田のり
「埋まったか。」
真紅
「あ、そうだ。テンプレ乗ってないけどラプラスはアリ? やるかどうかは別として>GM」
            ゲームマスター:今から用事禁止
カナーリン
「なるほどね・・・。」
南鮮石
「よろしくかしらっていうのだわぁっていうwwwwwwwww」
薔薇水晶
「フラグって、あるんだね」
流石兄者
「おぉ埋まったようだ……すばらしいー」
薔薇水晶
「うまったねー」
STEEVN-GM
「>北鮮石とか雪華綺草とか
一応、やる夫系スレのドールズがそれに該当します」
水銀燈
「◆⑫ 「フラグきたぜwwwwwwwwwww
17人フラグがwwwwwwwwwww」

これがフラグか」
南鮮石
「埋まったかしら〜」
JUN
「自信ないけど来ましたー
よろしくぅ」
雛苺
「揃ったね」
真紅
「お、埋まった!」
翠星石
「てすてす」
麻呂苺
「ですよ>⑬」
柿崎めぐ
「フラグきたぜwwwwwwwwwww
17人フラグがwwwwwwwwwww」
金糸雀
「戻りー」
            ⑰ さんが村の集会場にやってきました
麻呂苺
「やる夫スレに出てきたヴァージョンのドール2(例.エベロン蒼・豪脚石・カナーリン等)」
桜田のり
「GM調整よろしく。」
真紅
「↓に乗ってない似非ドール、って事じゃね? 北鮮石とか雪華綺草とか」
流石兄者
「何を引くか楽しみですよ…」
            ゲームマスター:夫16名になったな それじゃあ、調整をしてくるよ
真紅
「くんくん辺りが来る予感」
STEEVN-GM
「うーん、ごめん、どういう状況を想定してるのか分からない

13番」
薔薇水晶
「んーC枠がきそうかな」
桜田のり
「おっと一気に増えたな。16人ならいい感じかな」
南鮮石
「待ったかいがあったかしら〜」
柿崎めぐ
「今日は雛苺がきそうなきがする!!」
薔薇水晶
「いらっしゃーい」
蒼星石
「今日は死ぬにはいい日だ」
カナーリン
「GMの許可があれば自由枠で自由枠以外のドールズぽいのつかっていいんだっけ?」
水銀燈
「いっぺんに増えたね」
            16 さんが村の集会場にやってきました
薔薇水晶
「お。ふえてるーいらっしゃいー」
流石兄者
「15は⑮に名前を変更しました」
流石兄者
「カナに呼ばれた気がした…」
薔薇水晶
「復帰」
            15 さんが村の集会場にやってきました
STEEVN-GM
「どういうことだい?

13番」
雪華綺晶
「こう、なんか気の利いた事でも言いたいが思いつかないな。」
STEEVN-GM
「一人来たら、あと一人・・・・一人来たら、またあと一人・・・
人狼プレイヤーは地獄だぜー」
カナーリン
「そういえば聞きたいんだが自由枠って自由枠に書いてあるの以外ってだめなんだっけ?」
南鮮石
「あと二人くらい欲しいかしら〜」
翠星石
「待ってる間は巡回してるので全然待てます」
            ゲームマスター:そんじゃまあ、判断を40分まで先送りにします 皆ごめんね!
桜田のり
「⑭さんいらっしゃい。」
薔薇水晶
「ちょっとせき離れますー
そろった時に反応なかったら蹴ってー」
カナーリン
「もう少し待ってもいいんじゃない」
できる夫
「よろしくっと」
カナーリン
「もう少し待ってもいいんじゃない」
真紅
「どちらでも、多いほうでー。」
柿崎めぐ
「まつよ!結局17人来ることになるとおもうよ!」
雪華綺晶
「http://www.nicovideo.jp/watch/sm7680586
これでも聞いて待ってようぜ」
            ⑭ さんが村の集会場にやってきました
桜田のり
「もう少し待つで。」
雪華綺晶
「45分ぐらいまでなら待っても構わないよ」
薔薇水晶
「あと一人で狐が出るしまってもいいかなーと」
金糸雀
「あと4人ですしねぇ。
裏村終わったらなだれこんでくるかと」
水銀燈
「真紅が銃殺できるまで待ちたいなぁ」
雛苺
「後10分くらい待ってもいいんじゃないかな>GM」
南鮮石
「この人数まできたら待ちたいかしら〜」
            ゲームマスター:さて、30分になったようだ
10分か15分程度まってみる?
それとも潔く、平日だし始めてみる?
雪華綺晶
「30分だけどどうするんだい?<GM」
真紅
「わた、真紅さんが銃殺されるなんておかしいのだわ!銃殺されるのはジャンクのはずなのだわ!だわだわ!!」
柿崎めぐ
「人狼自体久しぶりでちょいとエンジンかかんないなー
18QPでも臭すぎたし」
水銀燈
「後1人来れば真紅が銃殺できる」
雪華綺晶
「寝てばっかりじゃないかwwww<⑫」
真紅
「あるあるw>寝てたり~」
柿崎めぐ
「2週間ぶりの参加
寝てたり寝てたり寝てたりしてて参加できなかったのー」
柿崎めぐ
「12は⑫に名前を変更しました」
薔薇水晶
「メガテンアイコンが増えるとやってみたくなる」
麻呂苺
「ワスレチタ」
南鮮石
「いらっしゃい
ぽつぽつときてくれるかしら」
STEEVN-GM
「あ、ライホーくんなんてアイコンあるのか、弟鯖、誰得具合があがってるなあ」
カナーリン
「よろしく~!」
麻呂苺
「かりは⑪に名前を変更しました」
            ⑬ さんが村の集会場にやってきました
雪華綺晶
「いらっしゃい」
水銀燈
「いらさー」
雪華綺晶
「しかしそうやって期待すると初日が何か持って逝きそうだww」
桜田のり
「よろしくお願いします。」
STEEVN-GM
「よろしくー」
薔薇水晶
「いらっしゃーい」
柿崎めぐ
「よろしくー!」
柿崎めぐ
「15は12に名前を変更しました」
金糸雀
「ちょい席外します」
STEEVN-GM
「しかしムド使うドラキーって表現が正確じゃないよな
ドラクエⅢでアリアハンにいるときにキャタピラーがザキもってますクラスだ、あれは」
            15 さんが村の集会場にやってきました
桜田のり
「11人村は狩人がGJできるかできないかが勝負の分かれ目だな。」
雪華綺晶
「占い護衛できるなw」
薔薇水晶
「了解です>GM」
南鮮石
「この人数だと、狩人が花形かしら」
金糸雀
「了解ですよ」
            ゲームマスター:よし、これで狩人が出るぞ
桜田のり
「了解です>GM」
水銀燈
「狩人来た」
麻呂苺
「やほー」
薔薇水晶
「なかなか単独勢力になれないですねえ
ついつい」
雪華綺晶
「了解<GM」
            かり さんが村の集会場にやってきました
南鮮石
「うん、そこだけは楽しくてたまに参加するww>④」
STEEVN-GM
「まあ30分になった段階で始めるか決めます
あんまりお待たせしても悪いので」
南鮮石
「単独勢力になったろかいと、何回か思ったんだけどできないんだよなぁ>GM」
翠星石
「ベヨネッタは気になるなぁ」
雪華綺晶
「逆に考えるんだリア充を処刑すると考えれば楽しいぞww<⑦」
南鮮石
「初体験QP村とヘキサゴンQP村と狼希望村だね」
            ゲームマスター:アリス村なんて全員が単独勢力ですよ
南鮮石
「初体験村にちょっといこうかと思ったんだけど、QP苦手なんだよなぁ
第4勢力があると何も信じられん」
雪華綺晶
「今週の木曜日はスパロボとFFとベヨネッタ買うぜ。」
薔薇水晶
「だったよね?」
薔薇水晶
「ヘキサゴン村もあるという」
STEEVN-GM
「立ってる村二つとも1818QPなのか」
金糸雀
「まぁ裏多いですからねぇ」
水銀燈
「4つも立ってるのか」
雪華綺晶
「その内死亡者が来るんじゃないか?」
水銀燈
「ただいま」
桜田のり
「4村稼動中はちょっと大きいな。」
南鮮石
「4村稼働は凄まじいなぁ
夏休みでも埋まらんぞ」
水銀燈
「ちょっとトイレへ」
雪華綺晶
「霊能も真じゃ無いなwww<⑦
村にぜんぜんやさしくない」
薔薇水晶
「成長がランダムなのはちょっとドキドキするよね
今までステータスは任意だったのに」
薔薇水晶
「さらにもう一つ村が立った様子でござる」
南鮮石
「つまりあれかい
狂狼ー真やってるようなもんか?」
雪華綺晶
「幽霊じゃないから成仏させるわけにはいかなかったんだろうな<ハマ耐性」
STEEVN-GM
「さておき今回人が来ません
裏村2つもあるからかしら」
桜田のり
「イメージ把握。」
南鮮石
「今の世にも狂ったバランスのゲームがあるのか」
薔薇水晶
「ハマには耐性あるっぽいのにね
まあ、ムドで死ぬのは色々よくあること」
            ゲームマスター:意味の分からない人へ
ドラクエでドラキーがザキ使ってくるのをイメージください
雪華綺晶
「主人公死んだらゲームオーバーだから即死技怖いです(^q^)」
水銀燈
「そっちの話もついていけないwww」
雪華綺晶
「不意打ち→主人公にムド→呪殺→ゲームオーバー(^q^)
一瞬心が折れかけたww」
            ゲームマスター:初期階層からムドとか殺意レベルが高すぎる 偽典やってるんじゃねーんだぞ
と、ラブプラスの話題が尽きてるので別の話題だよ
南鮮石
「ムドーにはメラミが効くから、炎の爪とって使え>GM」
薔薇水晶
「ムドトラウマらめえwww」
雪華綺晶
「二番目の探索場所で不意打ちムドくらって死んだよww<GM」
桜田のり
「な、なんだってー!!」
薔薇水晶
「属性そろえないと追撃できないのがつらいよね>GM」
南鮮石
「Ω<ナッナンダッテー」
薔薇水晶
「な、なんだってー!!」
            ゲームマスター:ストレンジジャーニーでつまりまくりCO
金糸雀
「滅亡の予感w」
真紅
「な、なんだってー!!」
雪華綺晶
「キバヤシwww
ドール村が滅亡するフラグだったんだよ!!」
STEEVN-GM
「身代わり君はSTEEVN-GMに名前を変更しました」
STEEVN-GM
「アイコンを変更しました」
南鮮石
「アリス目指してRPグレラン村は楽しそうかしら
来週のお楽しみかしら」
雪華綺晶
「役職隠すと逆に吊られる可能性も増えるからな。
素直にグレラン村のときの楽しみで良いと思う。」
薔薇水晶
「大久保さんも特殊勝利条件とかあるのだろうか」
南鮮石
「役職を隠すと、占いと霊能が強力なアドバンテージを持つかしら」
真紅
「よろしくー」
            ⑩ さんが村の集会場にやってきました
桜田のり
「普通村も楽しいのでかまいませんよ。」
雪華綺晶
「C枠増えようが別に構わないぜww」
            ゲームマスター:ドールズ同士の殴り合いは次回に持ち越しだよ
いやいや、役職隠せばいけるかもしれないけどね!
それだと純村つまらないだろうし
金糸雀
「C枠に大久保さんがwww」
南鮮石
「グレラン村も好きだけど、普通村も好きかしら」
水銀燈
「大久保さんも出現しますか」
薔薇水晶
「グレラン村でなくなったと聞いて」
雛苺
「借りは⑤に名前を変更しました」
薔薇水晶
「かりだってヴァは⑨に名前を変更しました」
STEEVN-GM
「C枠が段々フリーダムになっているって?
気にするなよBoy」
雪華綺晶
「スレに連絡してくるぜ!<GM」
南鮮石
「しくよろかしら」
桜田のり
「よろしく」
水銀燈
「2は②に名前を変更しました」
            かりだってヴァ さんが村の集会場にやってきました
翠星石
「よろしくー」
桜田のり
「karikarikunnは⑧に名前を変更しました」
南鮮石
「kariiは⑦に名前を変更しました」
水銀燈
「かりさまは2に名前を変更しました」
翠星石
「かりやねんは⑥に名前を変更しました」
金糸雀
「仮は③に名前を変更しました」
雛苺
「よろしくー」
雪華綺晶
「こんばんは」
            karikarikunn さんが村の集会場にやってきました
金糸雀
「よろしくー」
雪華綺晶
「かりですよは④に名前を変更しました」
            karii さんが村の集会場にやってきました
            かりやねん さんが村の集会場にやってきました
            借り さんが村の集会場にやってきました
水銀燈
「よろしくー」
            かりですよ さんが村の集会場にやってきました
STEEVN-GM
「よし、テンプレ終了!
あと、ごめんなさい!

前回グレラン村にするっていったけど、設定ミスって普通村だよ!」
            仮 さんが村の集会場にやってきました
            かりさま さんが村の集会場にやってきました
            ゲームマスター:C枠ルールに関して

ドールズ村は基本、全てのドールズRPをできることを元に開催されています
とはいえ、「このドールズは無理だ!」ってな方のためにorC枠というものが準備されています。
これは、C枠という特殊枠の中から、CNを入れ替えることができる、というものです。
C枠以外に、CNを選択肢以外から取得することはできません

また、C枠の変更順番はナンバーの若い順に行われます
よって、CN変更不要の場合は【C枠不要】と大声で宣言してください
STEEVN-GM


【予定CN】
1.初日犠牲者(位置固定)
2.真紅
3.カナリア
4.雛イチゴ
5.スイギントウ
6.翠星石
7.蒼星石
8.きらきー or C枠
9.ばらしー or C枠
10.JUM or ローゼン名電DAIGOドール『THINK』
11.名探偵くんくん or C枠
12.できる夫
13.南鮮石
14.柿崎めぐ or C枠
15. 流石兄弟人形(兄弟単品可)
16. のり or C枠
17. やる夫スレに出てきたヴァージョンのドール1(例.エベロン蒼・豪脚石・カナーリン等)

【C-自由枠】
ともえ
みっちゃん
おじーちゃん
梅岡
ばぁさん燈
饅頭燈
初音ミク
ペンギン燈
麻呂苺
サム苺
やる夫人形
やらない夫人形
人形マニアことアリス=マーガトロイド(東方)
ゆっくりありす(人形焼)※GMと相談のこと
カーちゃん
やってられっか夫
ボクオーン(きらきーかばらしーの許可が必要)
やる夫スレに出てきたヴァージョンのドール2(例.エベロン蒼・豪脚石・カナーリン等)

なお、原作以外のミーディアムとの同伴設定の持込などはご遠慮いただいております

まいどのことですがこちらはDAIGOを選んでもまったく関与しません。自己責任でお願いします。
前回やった役と同じ役の場合は、お申し付けください。
先着一名様で対処させていただこうと思います。

DAIGO参考作品
D A I G O だ ら け の ジ ブ リ 作 品
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-471.html
DAIGOだらけのエヴァンゲリオン
http://plusmicro.blog98.fc2.com/blog-entry-997.html」
STEEVN-GM
「ドール村テンプレ
なお、CNはこちらから指定とさせて頂きたく思います。

参加資格:ある程度どんなCNが振って来ても対応すること(そこまで無茶振りはしないけど)

RP制限は、そこまで厳しめにはしない予定。適当にWIKIみてRPするもよし、「俺できないから他にしてくれないか」交渉も一応よしということで。あんまり聞きませんが。
もしよろしければ、ご参加ください。

縛り1:半RP村。あくまでRPすること(セオリー発言や●などの略称は禁止しません)。
ただしRPによって自分に不具合が生じる場合は、適宜適切な形に直して『も』よい(いくら真紅憎しでも共有吊る意味はないよね?)
ちなみにRPを解除した場合、突然死する(お前はアリスにふさわしくない!・夜中や前日はその限りではない)

縛り2:CNにローゼン禁止(RP防衛できてしまうので)

縛り3:つまんないのでおはステは『禁止行為』とさせていただきます。

警告:RP重視ではありますが、だからといってガチではないかというとそんなわけはない
   RPを考慮して狭まった戦術の中から最適解を見つけるのも一興です

救済処置1:人数が足りない場合、他の人形キャラ可(モガちゃん人形とか)
出てないドールズがいない状態でいきなり他人形・ロボキャラをだすのはできる限りやめてくださると、うれしく思います
救済処置2:上の条件を満たす場合、サム苺・麻呂銀など、オリジナルドールズの持込可。
救済処置3:夜中の間はRPしてもしなくてもOK。ログ詠む人のこと考えたらRPだけど、だからってそれで推理が狭まってもなあ

Q:もらったCNだと、推理披露がしつらいんですが
A:そういうもんだと諦めて、頭をひねってみてください。コナン君方式(あれれ~○○だよー?)とか。

Q:狩人の護衛先や、狼の噛み先もある程度RPするべき?
A:それができれば望ましいところですが、とくにGMはそれを強制しません。
  ただし綺麗に決まった場合は、誰かがリプレイをつくってくれるかもしれません。

Q:なんでできる夫とカーチャンだけ生身。
A:柿崎メグとJUMも生身ですよ。できる夫は南鮮石の保護者、カーチャンは部屋の片付けが目的ですです。

Q:生身組みの目指すべき条件はありますか。
A:基本的に自陣営の勝利、付け加えるならそれぞれの契約者の勝利ですね。カーチャンのみ、早期引き分けを目指すのもいいかもしれません」