←戻る
【流石701】やる夫達の初回記念普通村 ~初回記念だが普通です。入村許可制~[1番地]
僕はおいしくないよ 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
[決定者]

(死亡)
やる夫がやるお!! やる夫
 (Fox ◆SGM3HpoaHU)
[村人]
(死亡)
トワイライトスパークってね 魅魔様
 (越前海月◆.031Oix0L6)
[狩人]
(死亡)
初村ニダー、よろしくニダ 南鮮石
 (チーズ◆TwjEJIsRnc)
[狂人]
(生存中)
  サム
 (サム2)
[人狼]
(死亡)
夢符「マスタースパーク」! さあ初村、妖怪どもはぶっ飛ばすぜ! 博麗霊夢
 (こいん◆oJ41J5BayM)
[占い師]
(死亡)
チョリーッスwwww ギャル夫
 (あつだ)
[共有者]
(生存中)
えへへー 柊つかさ
 (小林◆ND.kA0DuGY)
[村人]
(生存中)
だわだわ 真紅
 (バッタ◆RiderE.3Ks)
[人狼]
(死亡)
はぁはぁ 蒼星石
 (げるたん◆xTfHc.nBiE)
[村人]
(生存中)
新鯖で、今度こそこなたと同陣営よ! 柊かがみ
 (斎院判官◆mqKS1SWn9I)
[霊能者]
(生存中)
入村許可見てから入るべきでしょ、常識的に考えて やる実
 (角砂糖◆raPHJxVphk)
[村人]
(生存中)
一度の村で、コーヒーは17杯まで・・・そいつが俺のルールだぜ・・・ ゴドー
 (不人気)
[村人]
[権力者]

(生存中)
ゼーットン? 養殖ゼットン
 (S◆NWbgZ5eNks)
[村人]
(死亡)
できやしねぇよ できない夫
 (できない夫◆5DYYl3NWdY)
[共有者]
(死亡)
お馬鹿さぁん メフィラス橙
 (いぬふく◆YixbbUXD7E)
[妖狐]
(死亡)
新鯖でもヨミちゃんが一番やね・・・・ん・・・・? おおさか
 (◆h/OSAKA/gc)
[人狼]
(死亡)
            やる夫 さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「ハッ!」
やる夫
「迂闊、アイコンの場所指定が違うお!!!

ちょっと修正すっから待っててほしいお!!」
やる夫
「修正完了」
やる夫
「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます 」
やる夫
「んじゃ、そろそろ入村許可出すおー。

まさか最初の村でフライングするよーな人はいないお?」
やる夫
「1分前」
やる夫
「30秒前」
やる夫
「10秒前」
やる夫
「5」
やる夫
「4」
やる夫
「3」
            \(^o^)/ さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「2
            kariかり さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「1」
            ゴドー さんが村の集会場にやってきました
            博麗霊夢 さんが村の集会場にやってきました
            かりない夫 さんが村の集会場にやってきました
            かりんとう さんが村の集会場にやってきました
            メフィラス橙 さんが村の集会場にやってきました
やる夫

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \    用件を聞こうじゃないかお
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」」
            サム さんが村の集会場にやってきました
            karikarikunn さんが村の集会場にやってきました
            ニャル子っていう さんが村の集会場にやってきました
            楼座(ローザ) さんが村の集会場にやってきました
やる夫

        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\   そうか、皆そりゃあよかったお……
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄」
メフィラス橙
「あれでもこれからあと人がこないわねぇ・・・結果オーライでいいのかしらぁ。」
            kariだと言っているサル! さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「        __
      /    \
    /        .\   んじゃ、死ぬお
   /           \  あ、再入場はしてもいーお?
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ」
            kari さんが村の集会場にやってきました
メフィラス橙
「やっちまったわぁ・・・」
            あちゃくら さんが村の集会場にやってきました
            でっていう さんが村の集会場にやってきました
            できる夫 さんが村の集会場にやってきました
やる夫

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  なんで蹴りだしネタを10個ぐらい用意してた前の村は1人で、
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  今回の村は大勢来るんだお……
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ」
            すーぱーでっていう さんが村の集会場にやってきました
            やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
やる夫

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :   まだ許可出してねーお……
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。    落ち着けお…
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"」
やる夫

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\  という事で、改めてカウントダウンするお!
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /  なんかフライングが風物詩になってきた気がするお!!
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }」
            ROM兄さん さんが村の集会場にやってきました
やる夫
「30秒前」
やる夫

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \  ……
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/」
やる夫

        ____
      /    \  おい、丁度いいぜ、こいつアク禁にしようぜ
    |\/  ノ' ヾ  \/|
   |/ ≪①>  <①≫ \|          ⊂ニニ⊃
   |     (__人__)     |            ____ノ L
    \、  ` ^^^^ ´  ,/           /\ /  ⌒
.   / ヾ  `ー‐" " ⌒ヽ        /(○) (○) \  何を言ってるお!!
   /       ヾ ,"      \     /   (__人__)    \ みさくら語にして弄ぶべきだお!!
   |   r         r\,"⌒ヽ   |      |::::::|      |
   :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''   \     l;;;;;;l     /l!| !
    ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;; γ⌒⌒/    `ー'      \⌒⌒ヽ
     ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::     (_ノノ/          ヽ !l ヽしし_)
       :::::::::::;;:: ::::::::       (   丶- 、       しE |
          ::::::;;;::::::::;;;;       `ー、_ノ       ∑ l、E ノ (
           :::::: :::::::          ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;   ⌒
             :::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;
               ::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
               / ─    ─ \
              /  <○>  <○>  \
              |    (__人__)    |
              \     `⌒´    /
              /              \」
やる夫

  ROM兄さんだろ。 男じゃつまんねえよ。
  大体パンティは薔薇GMに捧げたじゃねえか?
                         ⊂ニニ⊃
        ____               ____
      /    \            /     \
    |\/   ノ' ヾ \/|         / へ      \  それもそうだお。
   |/  ≪①> <①>\|       /  (ー)       \ じゃ、今回は蹴り出すだけで。
   |      (__人__)   |   ε= |(__人__)           |
   /     ∩ノ ⊃  /      \ ⌒ ´         /
.   (  \ / _ノ |  |    γ⌒/         ⌒\⌒⌒ヽ
   .\ “  /__|  |;   (_ノノ|         |  |_しし_)
   .  \ /___ /       :::::;; ::::::: ::::: :::::;:::::;; ::::::: ::
       ::::::;; ::::::: ::::: :::          ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;
         ::;;; :::::::::::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;
              ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
               / ─    ─ \
              /  <○>  <○>  \
              |    (__人__)    |
              \     `⌒J´   /
              /              \」
やる夫

                          ⊂ニニ⊃
                   ____      ____
                 /    \  /      \
              |\/ノ'  ヾ    `/─    ─   \  銀様は俺の嫁という事で一致。
              |/<①>  <①. /  (○)  (○ )   \
              |  (__人__)   |     (__人__)      | じゃ、カウントダウンをまたするお
          ,-、  \、` ^^^^ ´  \    ` ⌒´      ,/_
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,⌒⌒ヽ
        /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .トしし_)
           _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
           >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
        __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                    l                   i   ヽl
        :::: :::::::::: ::::::: ::::: ::::::::::::;; :: :::::;;;;;::::: :::::; :::::;;;;;:::::::::;;;;;::::
           :::::;;;;;::: ;;::;;::      ::::::: ::::: ::::::::::::;;;;;;::::: :::
             :::::::::   ___   :::::;;; ::::::: :::;
               ::;;::./⌒  ⌒\:::;;;;''
               /<○>   <○>\
              /   (__人__)   \
              |     |r┬-|     |
              \    `ー'J    /
              /              \」
やる夫
「30秒前」
やる夫
「10秒前」
やる夫
「5」
やる夫
「4」
やる夫
「3」
やる夫
「2」
やる夫
「1」
やる夫
「入村許可」
            キョン さんが村の集会場にやってきました
            魅魔様 さんが村の集会場にやってきました
            南鮮石 さんが村の集会場にやってきました
            サム さんが村の集会場にやってきました
            博麗霊夢 さんが村の集会場にやってきました
            ギャル夫 さんが村の集会場にやってきました
            名前はまだ仮p さんが村の集会場にやってきました
            かりぽん さんが村の集会場にやってきました
            蒼星石 さんが村の集会場にやってきました
            柊かがみ さんが村の集会場にやってきました
            やらない子 さんが村の集会場にやってきました
            ゴドー さんが村の集会場にやってきました
            養殖ゼットン さんが村の集会場にやってきました
            できない夫 さんが村の集会場にやってきました
            メフィラス橙 さんが村の集会場にやってきました
魅魔様
「ハヤ!!」
真紅
「はいれたー」
サム
「フライングだ!!!!」
できない夫
「滑り込みセーフだろ」
ギャル夫
「チョリーッスwwwww」
博麗霊夢
「さあよろしくだぜ!」
南鮮石
「やったニダ!入れたニダ!」
やる実
「キョンさんアウトでしょ、常識的に考えて」
キョン
「あーフライング・・・」
メフィラス橙
「最凶ドールにしてやる夫の嫁の私がきてあげたわぁ!」
サム
「キョンをみさくらにしろー!!!!」
柊かがみ
「やった、入れたわ!
よろしくね!」
養殖ゼットン
「ゼーットン!?」
蒼星石
「被ることを恐れずCNをつけて入るなんて勇気あるね」
キョン
「すまねぇな 皆」
ゴドー
「良かったな、やる夫 嫁が居るぜ」
柊つかさ
「アイコンを変更しました」
魅魔様
「あれ、ギャル夫の方が早く入ってるのに私の方がアイコンが手前だぞ…?」
ギャル夫
「キョンさんがみさくら語なんすかwwwwwwマジパネェwwwww」
蒼星石
「プロフィールを変更しました」
やる夫

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu  おまえただの宇宙人じゃねーかお!!!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /」
柊つかさ
「名前はまだ仮pは柊つかさに名前を変更しました」
ゴドー
「クッ・・・!世の中にはな・・・被り辛いCNってのがあるんだ・・・>蒼星石」
南鮮石
「あんちゃん達いないニダか・・残念ニダ」
やる夫

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ     キョン、おまえにはみさくら語すら生ぬるいお……
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./」
魅魔様
「あーよかった、最初蒼の子で入ろうとしてたから、被るところだったよ」
やる実
「ん、順番はあんまアテにならないみたいですね。私も位置違いますし」
ギャル夫
「被ってから考えりゃいいんすよ>蒼星石」
真紅
「かりぽんは真紅に名前を変更しました」
できない夫
「お前らフライングしてくれてありがとうだろ
おかげで間にあったメーン」
サム
「ギルティ or ナットギルティ」
柊つかさ
「プロフィールを変更しました」
キョン
「ばかな・・・俺がみさくら語だなんて・・・」
養殖ゼットン
「本家ゼットンより先に登場。さすがゼーットン!」
柊かがみ
「つかさ……ちゃんと白いわよね?」
真紅
「アイコンを変更しました」
サム
「みさくらでなまぬるいだと」
博麗霊夢
「プロフィールを変更しました」
メフィラス橙
「なにいってるのぉ?
とりあえずヤクルト買ってきなさいな。ダッシュでM78星雲まで。」
蒼星石
「今度からから被らせておくよ>ゴドー」
真紅
「プロフィールを変更しました」
柊つかさ
「うわあ、このできない夫さんうざいね」
南鮮石
「メーンwww」
ゴドー
「おう、俺も今度から被るようなCNで入る>蒼星石」
キョン
「みさくらで生ぬるい・・・?
ということはどこまでの業火が待っているというんだ・・・」
やる実
「このできない夫さんは初日吊りたいでしょ、常識的に考えて」
魅魔様
「相変わらずメーンなのなw」
やる夫

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \     キョンには“流石弟者鯖、最初のキック者”という名誉をあげるお!!
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´  さあ、皆でキョンをボコボコにするお!!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \」
            やる夫 は キョン にKICK投票しました
できない夫
「……なぁ。投票のところが文字化けしているのは俺だけか?
あとキョン、ギャルのパンティおめでとうだメーン」
            やる実 は キョン にKICK投票しました
真紅
「気の毒だけど仕方ないのだわ」
            ギャル夫 は キョン にKICK投票しました
柊かがみ
「またつかさが黒いぃぃぃ!」
            魅魔様 は キョン にKICK投票しました
サム
「アイコンを変更しました」
できない夫
「OK、了解だメーン」
            蒼星石 は キョン にKICK投票しました
            キョン さんは席をあけわたし、村から去りました
            かりkari君 さんが村の集会場にやってきました
博麗霊夢
「把握したぜ、マスタースパーク!」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
ギャル夫
「ノ>文字化け」
魅魔様
「キックのところが文字化けしているねえ」
やる実
「私は問題ないですよ>文字化け」
柊つかさ
「投票画面がバグってるよぉ」
ゴドー
「開始投票をした気がするが、そんな事は無かった・・・」
蒼星石
「人間をけり飛ばすのも気持ちいよね」
ギャル夫
「あ、IEっす」
養殖ゼットン
「サムが成仏した。」
できない夫
「これが開始投票ボタンか。ちとややこしいが、勘で探すか

メーン」
博麗霊夢
「というか、投票画面が文字化けだぜ?」
メフィラス橙
「ゼットンが純正じゃないわぁ。偽者ねぇ。」
できない夫
「同じくIEだ。Foxに切り替えるべきか」
サム
「これなら最後まで生きててもばれないだろう」
おおさか
「凄い勢いで入ったが・・・・もしかしてまずかった?
再カウントダウンだった??」
南鮮石
「あ、ウリも文字化けしてるニダ・・・」
やる夫
「ん、やる夫にはバグってるよーに見えねーお……

ちょっと、バグってる人、ブラウザを申告してほしいお」
メフィラス橙
「サムになにがあったのかしらぁ。」
やる実
「私は火狐ですね。ブラウザの問題っぽい予感」
蒼星石
「            キョン さんは席をあけわたし、村から去りました
            かりkari君 さんが村の集会場にやってきました

あれ?入村のほうが早い?」
柊かがみ
「というか、メフィラスちぇんに見えるわ……」
ゴドー
「ん?俺は正常だ、火狐を使っている」
ギャル夫
「サムさん死ぬとかwwwwwマジニュースタイルでオシャンティーwwww
これは流行らないwwwww」
サム
「あれ!?バグってる」
魅魔様
「Sleipnirだけど、IEベースだからIEと変わらないはず>やる夫」
サム
「IE」
やる夫
「FireFoxだと正常。IEだと問題有ってトコかお……」
柊つかさ
「・・・自分のブラウザを把握してないCO」
南鮮石
「IEニダ」
蒼星石
「サムが死んでいるじゃないか」
博麗霊夢
「サム・・・
安心しろ、巫女の私が成仏させてやるぜ。」
メフィラス橙
「私火狐だけど問題ないわよぉ>GM」
柊つかさ
「あ、多分IEかな」
ギャル夫
「やる夫>2回目ですが一応・バクっぽい表示になるIE使いっす」
養殖ゼットン
「俺もバグって流名。
ブラウザはSleipnir、まあIE系だな。」
サム
「どうみても魔法使いなんだが」
蒼星石
「Opera使ってるけど文字化け無し」
魅魔様
「あれ、マリサと思ったら霊夢なのか?気がつかなかったな」
博麗霊夢
「IE7で化けてるぜ。そこの幽霊のようにな・・・」
やる夫
「IE系だとバグる……

プレイは出来そうかお?」
養殖ゼットン
「投票ページをUTFにエンコードしたら直ったぜ。」
サム
「まあサムアイコンの代わりだ
ダンボールもお化けもそう変わらんだろう」
できない夫
「霄ォ莉」繧上j蜷・br>笳・/font> 繧・k螟ォ
笳・/font> 鬲・ュ疲ァ・br>笳・/font> 蜊鈴ョョ遏ウ
笳・/font> 繧オ繝
笳・/font>
蜊夐コ鈴怺螟「
笳・/font> 繧ョ繝」繝ォ螟ォ
笳・/font> 譟翫▽縺九&
笳・/font> 逵溽エ・br>笳・/font> 闥シ譏溽浹
笳・/font>
譟翫°縺後∩
笳・/font> 繧・i縺ェ縺・ュ・br>笳・/font> 繧エ繝峨・
笳・/font> 鬢頑ョ悶ぞ繝・ヨ繝ウ
笳・/font> 繝。繝輔ぅ繝ゥ繧ケ讖・br>笳・/font> 縺九jkari蜷・br>笳・/font>*Kick縺吶k縺ォ縺ッ5莠コ縺ョ謚慕・ィ縺悟ソ・ヲ√〒縺・/td> 竊先綾繧・amp;reload


ちなみにこんな感じだ」
南鮮石
「投票の時全員分のアイコン出無いから投票できない人が居るニダ・・・」
やる夫
「そうだお。全部ページはUTFに設定されてるお。」
サム
「一応、投票はできるね
文字化けだけだ」
養殖ゼットン
「別ページに開いてエンコードをUTF-8にしてみるんだ。」
博麗霊夢
「あ、悪いがいくら巫女でもこの化けは退治できねぇ、GM後で宜しくお願いするぜ。」
柊かがみ
「IEだけどバグってないわよ?」
メフィラス橙
「サムはヤンデレ妹や初音妹につけまわされて疲れたのね・・・
同情しちゃうわぁ。」
ギャル夫
「◆養殖ゼットン 「投票ページをUTFにエンコードしたら直ったぜ。」

ゼットンさんの言った通りにしたら正常に表示されました」
できない夫
「ああ、下のボタンが開始で、上がKICKだろ?
噛みや占いも同じだ、問題はねぇメーン>やる夫」
やる夫
「申し訳ないけど、投票ページはUTFにエンコードして見直してほしいお。

いずれ何とかなるよう修正するお」
柊つかさ
「投票はできるっぽいけどアイコンの位置もずれてるなぁ」
博麗霊夢
「ん?何の事だ?
私は博霊霊夢、知っての通り神社の巫女だぜ?>魅魔様」
おおさか
「火狐353、投票画面開いたけど正常です」
サム
「おもに心労の割合は
ヤンデレ妹90% 初音10%だけどな」
おおさか
「かりkari君はおおさかに名前を変更しました」
南鮮石
「すまないニダ・・UTFにエンコードってのが解らないニダ」
おおさか
「アイコンを変更しました」
養殖ゼットン
「どうも、エンコード指定が効いてないようだな。
IE系はShiftJISがデフォルトだからだろう。」
柊つかさ
「南ちゃんに同じくー」
おおさか
「プロフィールを変更しました」
メフィラス橙
「い」
やる夫
「上部に表示されてるメニューを見る
→表示をクリック
→文字のエンコードをクリック
→UTFを選択!
→OK!」
魅魔様
「IEなら上のメニューの「表示」の中にエンコードってのがあると思う」
ゴドー
「どう考えても、神楽が一番だと検事さん思う>おおさか」
ギャル夫
「投票ボタン押す→適当なピンクの部分で右クリック→エンコード(UTF)を選択してみて欲しいッス>南鮮石」
蒼星石
「この村女が多いなぁ
両刀だから男も問題ないけど」
南鮮石
「でふぉでUTFになってるニダ・・」
柊かがみ
「プロフィールを変更しました」
できない夫
「自動選択だと、画面がWOしたままだな……これを機会にFOXに切り替えるか」
ギャル夫
「かがみさんwwwwwwこなたさんいないッスよwwwww」
メフィラス橙
「あの妹の想いを受け入れる位の度量が必要よねぇ隊長は。
ほら、やる夫なんて私のことこんなにうけいれてくれてるわぁ>サム」
やる実
「ここの蒼星石さんは変態さんのほうでしたか。常識的な動きを望むばかりですよ。」
サム
「あー直った直った」
ゴドー
「プロフィールを変更しました」
できない夫
「ああ、そっちでいいのか。サンキュー、やる夫。ギャル夫」
養殖ゼットン
「>南
おそらく、投票ページだけの現象なんだろう。
投票リンクを右クリックで別ページに開き、
そで試してみるんだ。」
柊つかさ
「ギャル夫さんのやり方だとWOするよぅ・・・」
サム
「流石に俺じゃ
105mの妹は対処しきれん」
蒼星石
「常識って何さ?僕は僕の常識に素直なだけだよ>やらない子」
博麗霊夢
「私もデフォでUTFだけど化けてるぜ・・・
このばけばけには巫女の力も通用しないぜ・・・」
やる夫
「Donut-Qでもエラーはおきねえお。 IEオンリーかお? ふーむ」
サム
「一応、能力発動とかはできるから問題ないんじゃないか」
南鮮石
「別ページ開いたらできたニダ」
ギャル夫
「そうっすかー
俺はこれで出来たんで申し訳ないっす(´・ω・`)」
魅魔様
「まあ、投票部分だけだから、進行には特に問題ないさね」
博麗霊夢
「まあ、文字化け以外は問題無さそうだぜ。」
できない夫
「上のツールバーでなく、右クリックからので解決したぜ。俺の場合」
蒼星石
「なんか重いなぁ」
やる夫
「あれ」
養殖ゼットン
「うむ。
別ページを開けば分かるし、アイコンと比較すれば投票も可能だ。
流石GMならいつかきっと直してくれる。」
南鮮石
「別ページで開いてそこで投票でもちゃんと反映されるニダかね?
それで大丈夫ならいけそうニダ」
博麗霊夢
「お、私もうまくいったぜ。>できない夫」
やる夫
「IEでも問題ねーお……」
おおさか
「そういえば兄鯖も最初の頃は火狐でもバケとったよーな記憶が・・・」
メフィラス橙
「南は投票できてるわねぇ。
つかさと真紅は大丈夫かしら?」
やる夫
「…まー、とりあえず何とか動きそうならそれでいいお!」
ゴドー
「IEのVerが問題なんじゃねぇか・・・?」
養殖ゼットン
「ふむん。我らの環境のせいか?」
柊つかさ
「別ページでやればできたよ
投票だけだから問題ないかな」
南鮮石
「念のためちょっとキックだけど票入れてみていいニダか?」
できない夫
「OK,何よりだな霊夢。……霊夢?」
やる夫
「入れていいお!」
サム
「かわまんよ、俺を蹴れ」
できない夫
「今、気づいたんだが……お前、霊夢、だよな?
何だか顔の長いやる夫を見ている気分だが」
博麗霊夢
「ん?なんだ?
この普通の巫女に何か用か?>できない夫」
柊つかさ
「えへへー、手間取らせちゃってごめんねー」
            南鮮石 は 養殖ゼットン にKICK投票しました
ギャル夫
「んー?真紅さん発言ないけど大丈夫ッスかwwww」
サム
「ゼットン蹴られたwwwwwwwwwwww」
やる実
「常識……。まぁ同意しますが、常識を望むのは善良な村人のサガ、とでも思ってください>蒼星石さん」
南鮮石
「あ、できてるニダ、皆さんお待たせして申し訳ないニダ」
養殖ゼットン
「IEのverは7だな。8にすべきだろうかね。」
やる夫
「お、出来てるようだお!」
おおさか
「ほんまや・・・・アイコンwww」
柊かがみ
「大丈夫みたいね!」
やる夫
「Ver.8なら問題ねーみてーだお。
ふむ。ちとダウングレードして試してみるべきかお」
蒼星石
「養殖ゼットンが蹴られたぁ!」
ギャル夫
「あ、俺のIEは8っす。一応付け足しときます」
養殖ゼットン
「私にキックか!
よかろう南、ご褒美だ。」
メフィラス橙
「7なら8の方が安定するかもね>養殖」
サム
「真紅生きてるか
チョップするか?」
真紅
「復帰したのだわ」
魅魔様
「ゼットンを蹴るとはなかなか勇気があるじゃないか、
見直したぞ」
やる夫
「アルェー?>ギャル夫」
やる夫
「さて、皆準備はOKかお?」
南鮮石
「なんかアイコン見てここでいいかなと選んじまったニダ・・
ゼットンはすまねーニダ」
やる実
「魔法とか常識的じゃないのを使いそうなんですが、気のせいですよね>霊夢さん」
できない夫
「いつでもイケるぜ。メーン」
蒼星石
「ご褒美?・・・ハァハァ」
メフィラス橙
「いいわよぉ。私とやる夫以外を吊ればいいのねぇ。」
柊つかさ
「準備はおーけーだよー
投票は早目にしないといけないなあこれ」
博麗霊夢
「そういえばそこの紅い人形は大丈夫か?
動かないようなら知り合いの人形遣いのとこにもってってみるか?」
柊かがみ
「いつでもいけるわよ!
……こなた居ないけど」
魅魔様
「まあ、私のマリサに似ている気もするが多分気のせいなんだろう>霊夢」
ギャル夫
「あー俺デフォエンコードがJISだからかもです>やる夫」
できない夫
「普通。うん、普通の巫女だよな。語尾とか顔とか魔法使いっぽいけど巫女だよな
ああ、そうだ。ただの巫女だ」
サム
「ほんとにできない夫はそのキャラでいくのかw」
ゴドー
「クッ・・・!いつでも問題ねぇさ・・・!」
おおさか
「どう見ても巫女ですね、はい」
柊つかさ
「私がいるよー>おねーちゃん」
蒼星石
「・・・いくら真紅が不人気と言っても売れば僕の遊び代くらいねん出できるお金にはなるよね」
やる実
「やらない子はやる実に名前を変更しました」
やる夫
「なるほどだお>ギャル夫」
やる夫
「それじゃ、ゲーム開始するお!」
南鮮石
「ただの巫女さっきマスタースパークって言ったニダ・・・・」
やる実
「と、いうことでやる実ですよ、常識的に考えて」
やる夫
「カウントダウンいくおー! ダメだったらストップかけてほしいお!」
ギャル夫
「他にもなんか環境で聞きたいことあったらいつでも聞いて下さいっす>やる夫」
やる夫
「10!」
おおさか
「何かがおかしい・・・何かがおかしい・・・・」
魅魔様
「      /\
     / 8\
   「>´ ヘ  へ
     ! ノノ ヽ ノ
    ノノ.!i゚ ー゚ノノ,.、,. 寒い日はエビフライに限るねぇ
    /リノ∞ヽi/; .、ヽ、
  ,.⊂人, .、, ,ノ;. 、:,. ; .':.、._    /i
. ξ・∀・、、:、.:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
 '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
⊂ニニニニニニニニニニニニニ⊃」
サム
「構わん、はじめよう
死んでるけど」
やる夫
「5!」
蒼星石
「キングクリムゾン。カウントダウンを降っとばす」
やる夫
「3!」
やる夫
「2!」
メフィラス橙
「そういえばこの村のドールズは3人ねぇ。
真紅に蒼星石はおねえちゃんのいうことをよく聞くのよ。」
やる夫
「1!」
養殖ゼットン
「ゼーットン! 養殖だって美味しいんだぜ!」
サム
「ばかな!10の次は9のはずだ!」
やる夫

  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \  それじゃ、開始するおー!!
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ」
柊つかさ
「ふんがー!」
できない夫
「メーン」
ギャル夫
「問題ねーッスwwwww
はじめましょうチョリーッスwwwwww」
やる実
「サムさんは思わず吊り数間違えそうなんで吊りたいですよ、常識的に考えて」
            村人7 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者1) (権力者1)
            ゲーム開始時間:2009年10月25日0時36分
おおさか(人狼)
「おおう・・・・おおうwwwwwww」
真紅(人狼)
「よろしくなのだわ」
柊つかさの独り言
「うん、素村最高だね」
ギャル夫(共有者)
「うわあああああ共有っすかwwwwwww
よろしくっすwwwww」
魅魔様の独り言
「狩人…狩人ねえ…」
やる夫の独り言

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人  お約束の村人だお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \」
サム(人狼)
「うげ・・・第一線目が狼か
よろしくな」
南鮮石の独り言
「ええええええええええええええ
ここで狂人ニダかああああああああああああああああ」
おおさか(人狼)
「サムさんアイコンそのままなのかwww」
できない夫(共有者)
「ありえねぇだろ。チェンジ」
柊かがみの独り言
「霊能、ねぇ……」
ゴドーの独り言
「                                    i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                                    N .!' / , , -;=‐‐‐<
                                    !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー,.-
                                   ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                                  _ i.i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                             ,.-r‐r',ノ'っ ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                             ,1,.!..iン' //.  'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                          / 7´  ノ       ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                           l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│クッ・・・!権力村か・・・!

└─────────────────―───────────────―─」
やる実の独り言
「村人ですね。常識的な役職で何よりです」
メフィラス橙(妖狐)
「きききききつつつつつつねねねねねねねwwwwwwwwwww」
博麗霊夢の独り言
「・・・占いキタ――(゚∀゚)――!!」
養殖ゼットンの独り言
「ふむ。村人か。養殖らしい役割ではないか。」
柊かがみの独り言
「ローラーされる未来が見えるわ……」
サム(人狼)
「これで潜伏してりゃばれない>アイコン」
できない夫(共有者)
「もちろん俺がここにいるのがありえねぇ
ギャル夫、他の奴を指名してくれ」
南鮮石の独り言
「メタで占う部分もねーしどうするかなーニダ」
おおさか(人狼)
「騙りはどうする^?」
養殖ゼットンの独り言
「さて、後でIE8をDLしておこうか。」
サム(人狼)
「まあ例によって俺は潜伏しますね!
なんか初日に●きそうだけどw」
メフィラス橙(妖狐)
「なぁにぃ怪獣RPでもこのCNに関わるとのろわれちゃうのかしらぁ私ぃ。」
真紅(人狼)
「完ステするの?>サム
ばれたら即吊りよ」
できない夫(共有者)
「くそ……これじゃ、指定:サム吊りくらいしかやることがねぇじゃねぇか……」
やる夫の独り言

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /   何はともあれ、精一杯楽しむおー!!
  /          \
 /             \   勿論ツールも起動だおー!
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ」
ゴドーの独り言
「                                                。,r;'.:;:f''゙
                                               i'l゙t;::,:i'
                                                i゙ ヾ;`i
                                        。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                                        ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                                        tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                                        'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                                      _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、
                                     ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`
              /}                     /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
             _ !l ,.- 、                ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
            //|| ̄ `ヽ⌒',             r'"    i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
           / /  ヘ入ヽ  ∨            r┤     i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',..-‐ ヽ、
          !|  //ー, \, }           r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '      i
          l  .// ○  ○{          ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'
           \(⌒リ"  △"ノ       , 、 ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
            {こ.フ>、ー,.イ    ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
           〈二}/  ∞Y_〉 r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
┌‐────┐  └ 〉  ハ〈┘ r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
│ ゴ ド ー |     /     ヘ  ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│どう考えても・・・SGの位置だな・・・?
│面白ぇ・・・!実に面白ぇ立ち位置じゃねぇか・・・!
└─────────────────―─────────────────」
ギャル夫(共有者)
「いやいやいやwwwwwww
できない夫さん狐から●特攻されるポジションですからwwwww」
サム(人狼)
「しないしないwwww>真紅
ちゃんと発言するよwww」
できない夫(共有者)
「んー。ギャル夫、どっちが先に出るよ?
グレランは得意か?」
南鮮石の独り言
「とりあえずGMに敬意を表してやる夫に○出すニダw」
おおさか(人狼)
「私も即●来そうな予感が・・・・」
メフィラス橙(妖狐)
「もうこれは遺言よぉ!遺言に全力をつくすしかないわぁ!」
ゴドーの独り言
「∧_∧       ∬
( ´∀`)つ三 _G[__]____
/ ⊃  ノ    |            |
  
  シャッ 」
博麗霊夢の独り言
「なんというRP。この私の時代が来たぜ。」
柊つかさの独り言
「オッケー、投票もなんとかできそうかな」
真紅(人狼)
「私だって銃殺されてそうな予感が・・・」
できない夫(共有者)
「意外と狂人に○を貰うポジションでもある
つまり、俺はトラップには使えねぇ」
魅魔様の独り言

 さて、どうしたものか…直ぐにでも真確定すればいいが…
\____ _______
       ∨
.                へ
.           _ / ._| _
.   _.      /_/. /´_.|."_ ヽ
// ヽ`.、   |/. |>.( /././ {  |
| \/ |.   /^`/´^ヽ^ヽ`ヽ/  /
.\__/.  / /ヽ  \ | |_/
.   ||.  / /./-´ `-ヽ |ヽ |
    ||  レ.|/|=  =`ΝV.|i
.    ||  _|/〃 ワ 〃/  ヽ.|
    ⊂[  ヽ`─┬─//ヽ|.\
     ||.\_| \}"□"{./"_]つ \
.     ||. /`T" ̄:| ̄´”T      ヽ
      ||.|/|_/ ̄ ̄´ ̄ ̄\ _/ヽ.|\|
      ´. /.         \_
.       /.          /./
       |_ー、___/ ̄ /_
        \____/ ̄  /`
           ‘―――´ ̄ ̄」
やる夫の独り言

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   ところで今気づいたお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /」
ギャル夫(共有者)
「今回はベテラン揃ってそうだから正直自信ないっすねー
出てだいじょうぶですか?」
おおさか(人狼)
「なんか色々しんどい陣営やねwww」
            博麗霊夢 は 魅魔様 を占います
サム(人狼)
「おいなんだこのチームwwwwwwww」
できない夫(共有者)
「むしろ真占いから占われる立場だな
場合によっちゃフルオープンで行くぜ」
ゴドーの独り言
「                          /       i   i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                          ー- 、     i   .N .!' / , , -;=‐‐‐<
                              !_,.........⊥   !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー
                            /!     | ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                           ,ノ-┤    | i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                           { ‐コ.   ____| 'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                           | ´_,`T‐┬‐"   'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                         ヽ く. /         ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,i` . ,ィ'        '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"'ー.、  
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│構成は至って普通村・・・
│違ぇのは・・・魔王が居る事ってか・・・!
└─────────────────―─────────────────」
養殖ゼットンの独り言
「しかし・FoxGMが見えてるのか…恐ろしいな!」
魅魔様の独り言
「         ,,.. -─- 、
        /   __ |´
    ,. -=、/  く| V !,. = 、
   |l ,へ/  [>γ⌒Y   l|
   .゙γ^ヽ、ニγ^ヽ,.ヘi=;イ
    /  .ノニyニヽ、 '、_ヽ!',
    / ./ト.,_   _..,ヽ, 〉.ノ! 今回は何とかして勝ちを取りたいところだね
   i i', iイヒ!   ヒ_iアi イ.( |
   |ノ!.人" ー "ン,.;:''""゙:;,
    / (r!イ>iニT,.;:'"  ;:  :;
   ,' /,.-、,;:'"  ;:/^ヽ,,.:-'i"
   !/(__..ノ'":   rゝ、ノヽ、i
   くヘ/;:'"  ,,;: '"ゝ__,,.ノヘ>
    Y;;;..: '/ T i\/くイノ
   く/i.」〉/i |  i',   ゙ヽ!
     ///. !.  \    ゙ヽ、
   ,.く',__/  |.   ヘ\____.,'">
   ゙ー-;;::===-─=:::===-ー'"
      :     ::::
サム(人狼)
「まあいざとなりゃ全潜伏もいいだろう」
おおさか(人狼)
「で、騙りどないしょ?
希望者おらんかったらいこか??」
やる夫の独り言

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ   おおさかがいるお……
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /   とりあえず吊っておくべきかお?
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\」
できない夫(共有者)
「ん、じゃあ先にCOを頼む

1.●が出た場合
2.自分が○を貰った場合

これなら潜伏でもOKだ」
ゴドーの独り言
「                        _,,..-‐''"  ヽ o ',_,,.ノ  ノ    ヽ,
                      ,r'''"       ヽ-‐''"ゝ`''<       /ィ 、.,,_
                      l          'r‐'''" `'''"`>、_,.,ノ.ヽヾヾヾーッ
                       l     _,,,ッ‐,―''"         i゙ヽ  -、,ィl,ll || ll lヽゝ
                       l,,,_   _ノ ̄ヽ、        i ヾ  ゝ、'-,,ィィ 、ヽ
                       ヽr==''    ヽ`'''''ッ、   r',  ゝ==,''ミ三ノ、', ヽゝ
                        l,            ,.-‐=ゝく..,,,,__..:::::::::>ー= '  i N
                        ゙ー、       ,ィ'"';ィX_,,.)   _二ニ< ,' ィ ,. ノ lヽ'
             /}            \   /,',/' ,/ _,.lィ‐''"-:=:三::>-=-(V
              !l              ヽ/','/  /, ',. ',. ',. ',. ',. ',./      ヽ
          //|| ̄ `ヽ⌒',          /,.','/  ./', ', ',. ',. '///       ヽ
          / /  ヘ入ヽ  ∨       //,'/ /'.,.'.,.',. ',. '// / ,
          !|  //ー, \, }         l,','.,'./,'.,.'.,.'.,.'.,.'.,.' ./ ,ィl  l
          l  .// ○  ○{       l',','l/,'/,.'.,.' /.,.'.,.' .,.' / ,ィl   l
          \(⌒リ"  △"ノ       l,','/,'.,'.,'.,' ././,.' ,.' ./ /,人  ゝ、 ,
           {こ.フ>、ー,.イ      l,','l.0,'.,' ,' ,'.,'/ ,.' .,.' .//,ィiiiiiiiiヅヽi   ,
           〈二}/  ∞Y_〉     l,','l.,'.,',' ,' ,.' ,' ,.' .,.' // ,ィiiiiii/   `ー-<,/
┌‐────┐ └ 〉  ハ〈┘     li.i.l0,'.,'.,' ,' .,'/ .,.' ,.' .,.' ,ィiiii/       )
│ ゴ ド ー |    /     ヘ     lii.l'l.,'.,' ,' ,' /' ,.' ./ /,イii/        /
├───‐─┴────────────────────―──────‐
│クッ・・・!意地でも勝利を飾りてぇな・・・!

└─────────────────―───────────────」
ギャル夫(共有者)
「状況次第でFO把握っすー
村始まってみていけそうだったり○貰ってたら潜伏するやもっす」
できない夫(共有者)
「2-2や3-2でも潜伏だな。そのまま霊能をローラーしようぜ」
サム(人狼)
「それじゃあお願いしますか
俺と真紅は狩人探しだね」
ギャル夫(共有者)
「うお、かぶってた。
了解っす。よろしくっす。」
ゴドーの独り言
「                     ,
                 , ィ /lイ-'ツ,.ィ_,..,
                 /','" '" ,r''  ''",∠,,..,
                ,' , / ィ"ィ/,.r'' _/
                 L-‐::彡`、:i-f,ヽ-=≧
  。: 。゚.・゚・: ・ 。    〈ミニΞ=~っ 'ii l9 k-、≧ _,,,,,,,,,,,........,,,
  ::∴∵・。∵∴。・。  。〈=:::=Ξ=Ξく人メ ,l liiiiiiiiiiiiiiiiiシ   '"`ヽ、
 °・:∵‥:。*。: :∴‥.ゝ=ニテ''"  ,ス,/ li i .i .i .i ,'         ゙'ー-、,,
  。:∴‥¨∵∴:*※≒÷…ヾ9ィ .;/ノ'  li .i .i .i .i.l            ̄`ヽ
  ::。・∴・゚.:*:・。∵,r'"'  、l.i.iーiイ゙(~~)、_ li .i .i .i .i '、 ,          ,rッ'''ヽ、
  :。*:.・:*。・゚_,.ィ'''i'゚    ヽヽi.i i V`i''、 ゙l i .i .i .i .'、\ ヽ、       ,ィ'/   ゙''ー、
     ゚:゚・゚ ゚・,r''"-、,,ii、      ヾ、'、'i i'、l ヽ, li .', ', '、.'、.'、.ヾ、_`'ーヽ    /,r'         ヽ
          l,  _ __ヾ、     -、,, ヾ',', ', '、 `l ', ', '、.'、 '、'、'、','、'、くヽ,--イ  ,       l
         l; ;f‐''⊂二二⊃-''"  ̄\',.',.',、 'l、.'、'、ヽヽ.ヽヽヽヽ'、'、';iiil  'ー(       ,'
         l iゝ、.l    : : :i:l       \',','、 l、'、'、ヽヽ.ヽヽ', ', ', ', ',',iiil   /      ,'
        ヽ,',( 、l    : : :i:l       ヽ',ヽl,'、'、ヽヽヽヽヾ .i .i .i i ',iii、 /       /
┌‐────┐ t_l    : : :i:l           ヾ、'l、oヽヽヽヽヽ'、i i .i ヽ',iii/      /
│ ゴ ド ー |  ''ー----‐''
├───‐─┴───────────────────―‐
|これコーラじゃねぇか!
└────────────────────────――」
やる夫の独り言

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  あ、まとめ作っておかないといけねーお。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |あぶねーあぶねーだお。
 \      ` ⌒´   /」
できない夫(共有者)
「確実に、な。共有吊りは2手のマイナスになっちまう
それだけは避けようぜ」
真紅(人狼)
「じゃあお願いね」
ギャル夫(共有者)
「霊ロラwwww
グレランの流れだったら出て指示しときますね>2-2」
やる夫の独り言
「       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  ま、何はともあれ!
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐   皆、初日からよろしくだお!!
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ」
おおさか(人狼)
「よっしゃー
ほんなら200噛み、初手囲いなしでー」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            おおさか たち人狼は 身代わり君 に狙いをつけました
            身代わり君 は無残な姿で発見されました
            (身代わり君 は狼の餌食になったようです)
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
ゴドー
「おう、もう朝か・・・アンタ達もそろそろ起きたらどうだ?」
南鮮石
「かわいいかわいいウリが占いCOニダ
やる夫さん○ニダ!」
柊つかさ
「そういや記念村なのに大枠にしないなんてFoxさんも鬼畜だよねー」
できない夫
「おはようメーン
お前ら、サムに注意だな。こいつ……動くぞ!?」
やる実
「ふぁあ、朝は眠いですよ、常識的に考えて。おはようございます。」
やる夫
「おはようだお! 701にして初回村!
元気良くいくおー!!」
真紅
「おは用なのだわ」
蒼星石
「おはよう 僕が性豪COをするよ
僕はとっても女の子が大好きなんだ」
サム
「俺は死んだ
だが霊魂としてここに残った
と、いうわけでおはざーす」
ギャル夫
「チョリーッスwwwwww
占い師はCOよろしくッスwwwwww」
博麗霊夢
「おはよう。普通の巫女が占いCOだ!
神託の結果、魅魔様は○だったぜ!」
おおさか
「占いCOやでー、メフィラス燈さんは○やってん!」
柊かがみ
「朝よ、起きなさい!
それと占いはCOをお願いね」
できない夫
「さて。占い3なら霊能潜伏でグレラン
3-2や2-2なら霊能ローラー派の俺なんだがどうよ?

霊能! 潜伏しようぜメーン!」
メフィラス橙
「おはようよぉ」
魅魔様
「おはようだよ!!占いはさっさとCOしてくれよ!!」
南鮮石
「理由
初日だから適当に左上から始めたニダ」
サム
「さて、占いは何人ですかー!」
養殖ゼットン
「ゼーットン!
養殖が質の違いでないことを見せつけてやる!」
おおさか
「銀ちゃんっぽい何か・・・やし、
一応お隣さんやからねぇ、新鯖開始記念ということで占ってみるねん
銃殺でたらある意味ゴメンナサイ」
柊かがみ
「占いは2COだけかしら?」
やる実
「占い3で○進行ですね。真狂狼なら狼は役職を噛みに行きたい形のはず。
霊脳は潜って護衛先を減らすのも悪い手じゃないですよ、常識的に考えて。
勿論グレランで吊られない自信があるなら、ですけど。」
博麗霊夢
「初日なんで理由は無いぜ。
ただ、魅魔様が味方かどうか見極めたかっただけだ。
ギャル夫
「んー?3-1ッスかねwwww」
蒼星石
「占いは3人、3COみたいだね」
できない夫
「よし、占い3だな。霊能! どうするよ、潜伏でもして見るか?」
ゴドー
「占い師は三人か・・・至って普通の展開だな・・・?」
真紅
「南ちゃん早すぎないかしら?
もうちょっと様子見してもいいと思うんだけど。」
柊かがみ
「あ、おおさかさんも占いなのね」
メフィラス橙
「占いは3ねぇ。○進行よぉ」
柊つかさ
「占いは3人かな。
まずは普通な展開で良かった。霊能も出れば?」
ゴドー
「権力COだ」
やる夫
「だって、17こそが基本だお!!
それをしないといけねーお!

さて、占いは3人かお?」
サム
「3COの○進行か
共有霊かもーん!」
できない夫
「ギャル夫……まだ、3-1じゃねぇぜ? 霊能が出ていねぇ」
柊かがみ
「じゃあ○進行を確認して私が霊能COよ!」
魅魔様
「占いは3COかい、○進行みたいだな」
養殖ゼットン
「ほーう、占いは3人か。やる夫を占ったのだな…」
ゴドー
「検事なだけに権力者ってか・・・クッ・・・!
今日はグレランで良いだろうぜ・・・」
ギャル夫
「ほんとだ(´・ω・`)すんません>できない夫」
博麗霊夢
「○進行か、対抗は狂狼と見るぜ。
霊と共有のCOはあるか?」
蒼星石
「権力者把握だよ。まあ怖いからそのうち吊るかもしれないけど>ゴドー」
おおさか
「あー小文字みにくいか」
南鮮石
「対抗二人ニダか、狂と狼ってところが無難ニダかね」
やる実
「あ、霊脳は出るんですね。まぁ、そこは真でいいでしょ、常識的に考えて。」
やる夫
「3-1の安定進行のよーに思えるお。」
メフィラス橙
「かがみ霊脳は把握したわぁ。
3-1の形、これはグレランねぇ。」
サム
「3-1で権力も出たか
かがみは疑う必要ないとこだ」
柊つかさ
「あ、おねーちゃんが霊能だね。把握だよ
3-1の霊能出し真めで見れるのがうれしいな」
魅魔様
「3-1だな、真狂狼-真路線でいいだろう
ゴドーの権力も了解した。」
柊かがみ
「3-1のスタンダードな展開ね。
共有は任せるわ。」
真紅
「あら?最近じゃ3-1の霊能は潜伏するものなの?
私は乗っ取りが怖いからさっさとでてほしいんだけれど」
できない夫
「占い3。真がいるのはほぼ確定
つまり占い軸で戦えばなんら問題はないだろメーン

霊能軸の場合、勝ち目が5割にまで落ちる」
南鮮石
「霊能かがみさん把握ニダ」
ゴドー
「占い師は真狂狼だろう・・・
その他けケースは後で考えるぜ・・・
現状はシンプルに行こうじゃねぇか・・・!」
やる実
「霊真で見れるなら●抑制の効果は薄いです。共有はフルオープンにして欲しいですね。」
蒼星石
「3-1、無難だね。
おそらく真狂狼ってところかな」
メフィラス橙
「共有はでてきなさいな。
グレランにまきこまれるわよぉ。」
養殖ゼットン
「3-1か…初回だけにオーソドックスな展開…
と、なればいいがな。」
ギャル夫
「先に変な発言しちまって怪しまれる前に出ますねwwww
共有CO・相方生存中wwwww」
ゴドー
「3-1か、本当に普通だな
真狂狼-真 つー事でよさそうだな・・・?」
おおさか
「対抗2人でかがみさん霊能やね、
ということは基本的には対抗は狂狼か」
柊つかさ
「ということで○進行の3-1かな
よっぽどのことがない限り真狂狼ー真で見ていくよ
共有も吊られるくらいなら出てね1」
南鮮石
「共有は出ないなら吊られないように気をつけるニダよー」
できない夫
「あー、出ちまったか。ま、仕方ねぇだろ
グレーから出た以上、プラスマイナスゼロだメーン

ようこそ柊、歓迎するぜ」
やる実
「世の中には遺言と言う便利なものがありましてね>真紅さん」
博麗霊夢
「3-1,ここは普通に真霊と見るぜ。
グレランなら共有は気をつけてくれよ?」
サム
「共有は一人は出てほしいところだ」
真紅
「とりあえず常に初日警戒は怠らないようにしたいわね」
やる夫
「ちゃんと遺言入れてれば、のっとりはあんまねーお?>霊能

初日霊能の場合があるのは、まあ。しゃーねーお」
蒼星石
「遺言があるからわかめてとちがって易々とは乗っ取れないよ>真紅」
魅魔様
「まあ、共有はでてくるかどうか任せるが
できれば一人は出てきてほしいところだな」
ギャル夫
「グレラン予定ッスwwwwww」
南鮮石
「ギャル夫さん共有把握ニダ
相方生存ニダね~」
ゴドー
「おう、共有も把握した・・・
随分軽薄そうな共有だが、やはり居れば心強ぇだろう・・・」
柊かがみ
「ギャル夫共有把握よ。
相方も生存ね。」
サム
「チョリーッスwwwwwwwwww
そこ共有ね了解」
やる夫
「相方了解だおー」
メフィラス橙
「占いは真狼狂で霊脳真
すごく普通ねぇ。
ただ、前半で潜伏進めてる人たちから普通じゃないものを感じるわぁ。」
魅魔様
「ギャル夫の共有把握だ、今日はグレランだな」
柊つかさ
「おっけー、ギャル夫さんが共有だね
変なこと言ったから危ないところだったねー」
できない夫
「ん? ギャル夫が共有か、了解だメーン
3-1、真狂狼―真と見る。霊能を疑う奴は言ってみろ、全力で否定してやる」
メフィラス橙
「共有は把握よぉ。」
博麗霊夢
「共有把握したぜ。さあグレランのはじまりだぜ。」
サム
「3-1-1だな
共有は相方があぶねぇと思ったら引っ張り出せよ」
蒼星石
「共有把握、相方生存把握
女の子が相方なら味見してみたいなぁ」
養殖ゼットン
「3-1-1、了解だ。
実に無難、実に安定。まさに養殖マグロのような安定感だ。」
おおさか
「共有さんもサクサク了解、
占いは相方さん占わんように死ぬ気で交わすでー」
柊かがみ
「○進行でグレラン!
村のグレラン力で人外を吊りあげましょ!」
ギャル夫
「そんなわけでwwwww3-1-1ッスwwwww
一応初日役職ありえるんでwwwww気をつけて下さいねwwwwww」
真紅
「占いの出方ですけど
おおさかさんは遅くて南ちゃんは早い。
だから消去法で霊夢が真かしら。
霊夢も様子見してるように見えなかったけれど。」
できない夫
「ちなみに、3-1でさらに潜伏霊能ってのは無しだぜ?
メリットが何もねぇ」
ゴドー
「初日視野に入れる、つーのは3-1ではあまり考えられないんだがな・・・
心構えは気に入ったぜ・・・!」
やる実
「共有把握ですよ。大事なことなんで二回言いますけど、役欠け無いと見るならFOして欲しいところですよ、常識的に考えて」
柊つかさ
「ま、今日はグレランだねー
とりあえずアイコンが死んでるサムさんを本当に殺してあげたいかなー」
魅魔様
「共有の相方は潜るなら吊られないようにということと、
遺言はしっかり頼むぞ」
メフィラス橙
「できない夫は霊脳潜伏薦めたり霊脳でてきたらかばったり、
いったいなにがしたいのかしらぁ。」
やる夫
「真狂狼―真 オーソドックスな展開だお。

明日の噛み先次第で占いの内わけとかも見えてきそうだお」
養殖ゼットン
「さ、グレラン吊り上げと、
占いの見極めでも始めるか。」
南鮮石
「サムさんしんでもアイコン代わらないニダねw
何か残ってると後で数え間違えそうニダwww」
できない夫
「権力は把握したが、イーブンと見るか
人外でも隠すと怪しまれるだけだしな

だが、正直なのは嬉しいぜ。ようこそゴドーだろメーン」
ゴドー
「COの速度で決めるもんじゃあねぇさ・・・
ある程度の参考 それだけだ・・・
安易な考えは・・・身を滅ぼすぜ・・・?」
サム
「初日役職はないとは思うが
ほぼ狐混じりになっちまうぞ
まあ頭の片隅にでも入れておくよ」
おおさか
「サムさんは結局アイコン紛らわしいままやねwww」
蒼星石
「しばらくはグレランで様子見するしかないよねぇ」
真紅
「できない夫は最初の発言で潜伏霊能をほのめかしてなかったかしら?
メリットが無いならさっさと出るように促せばいいのに」
柊かがみ
「共有相方と狩人はきちんとグレラン潜りぬけるのよ!
相方はきちんと遺言もお願いね!」
メフィラス橙
「おおさかは私狙っているあたり銃殺ねらいの遅れ占いとみるわぁ。
狂狼でみていいところねぇ。」
柊つかさ
「潜伏共有は吊られない占われないを目指してねー
噛まれないは避けようがないからいわないけど、上二つは根性でさけるんだよ?
どうなってもしらないよ?」
ギャル夫
「南鮮石>左上の生存者の人数参考なほうが今回はよさそうっすねwwww」
できない夫
「あん? 出ちまったものを否定するわけにもいかないだろ?>メフィラス

それとも、お前は3-1の霊能を偽と言えるか?
俺にはいえない」
サム
「このアイコンもダンボールでできてるんだ>南」
やる夫
「今日はグレランで様子見になるかお。
出来れば、ここで狼一本釣りしておきてーとこだお」
やる実
「狐混じりなら噛みに違和感が出てくるでしょ、常識的に考えて。まだ考えなくてもいいんじゃないでしょうか>サムさん」
柊つかさ
「ていうかサムさん喋ってる?
目につかないんだけど」
蒼星石
「アイコンで吊ろうとするのはひどいよ
それが許されるのはでっていうや誠だけだよ」
魅魔様
「まあ、初日役職は最初は疑わなくてもいいだろう
とりあえずグレランするしかあるまい」
養殖ゼットン
「ふん、初日COしない人外権力なんてものは想像しない。
忘れてなければ、怪しまれないようにCOが普通だろうよ。」
博麗霊夢
「段ボールとは・・・
ちょっとその中を除いてみたいぜ。」
ゴドー
「共有も狩人も、グレランで吊られる
なんてのは無ぇだろう・・・が遺言はしっかりな・・・?」
真紅
「霊能が偽かどうかはラインができてきてから考えられるのよ
最初から最後まで思考停止で真盲信はいただけないわね
まあ出るのが早いから真でしょうけど」
できない夫
「いった筈だぜ、真紅。3-0なら村が有利だ
3-2もな。だが、3-1はイーブン、それだけだろ

出た以上は、思考を切り替えろ。でなきゃ死ぬぜ?」
蒼星石
「それはひどいw>つかさ」
サム
「◆メフィラス橙 「おおさかは私狙っているあたり銃殺ねらいの遅れ占いとみるわぁ。
狂狼でみていいところねぇ。」

銃殺狙いなのに、狂狼でみるのかい」
やる夫
「■占い
南鮮石:やる夫○
博麗霊夢:魅魔様○
おおさか:メフィラス燈○

■霊能
柊かがみ:


■共有
ギャル夫&????

■処刑

■襲撃
身代わり君→」
南鮮石
「霊偽はそうそう無いと思うニダよ
サムさんそれもダンボールニダか・・・器用ニダね・・・」
柊つかさ
「あ、いたいた。よかった。
実際に票いれるかは発言読んでからにするねー」
できない夫
「へぇ……占い3なのに、霊能が偽か。だとすれば内訳は何だ?」
メフィラス橙
「まぁグレランを抜けるのも大変なご時勢よ。気合いれないとね。」
やる実
「何で銃殺狙いで狂狼になるんですか? 偽ならそんな意味無いと思いますが>メフィラス燈さん」
やる夫
「つーか、メフィラスの発言おかしくねーかお?

銃殺狙いの遅れ占いって」
おおさか
「まあゴドーさんは権力うんぬんは抜きやね、
あくまでグレーの1人として見るで」
ゴドー
「ま、確かに分かり辛ぇアイコンだが・・・
発言で見極めようじゃねぇか・・・初日だから情報は少ねぇかもしれねぇけどな・・・」
サム
「喋ってるっちゅうねん!ww>つかさ
ログ見て驚けwwwww」
博麗霊夢
「一応初日真の人外乗っ取りはあり得るぜ?
まあ、そんなのはよほどのレアだが。>できない夫」
やる夫
「こりゃ、メフィラス狼か狐と見た方がいいお。」
できない夫
「真狂狼―真、これ以上に説得力のある内訳を説明してくれ
それなら納得だ」
魅魔様
「確かに銃殺狙いの遅れ占いってのは気になるところだねえ」
養殖ゼットン
「たしかに、サムの陰が薄いな…亡霊になったか。」
柊かがみ
「さ、こなたがいなくてもがんばるわよ!」
蒼星石
「くんかくんか」
ギャル夫
「あ、先に言っときますけど●抑制に俺だけ適当に占い投票です」
真紅
「だから思考停止が嫌いなのよ。
3-1だから真盲信は当たってることが多いのでしょうけど。
おおっぴらに口に出したくないわね。」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            メフィラス橙 は 博麗霊夢 に処刑投票しました
            やる夫 は 真紅 に処刑投票しました
            柊つかさ は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            南鮮石 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            真紅 は できない夫 に処刑投票しました
            できない夫 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            養殖ゼットン は 真紅 に処刑投票しました
            サム は 蒼星石 に処刑投票しました
            蒼星石 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            やる実 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            ギャル夫 は おおさか に処刑投票しました
            ゴドー は 柊つかさ に処刑投票しました
            柊かがみ は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            博麗霊夢 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            魅魔様 は 養殖ゼットン に処刑投票しました
            おおさか は 養殖ゼットン に処刑投票しました
2 日目 ( 1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 → 真紅
魅魔様0 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
南鮮石0 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
サム0 票投票先 1 票 → 蒼星石
博麗霊夢1 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
ギャル夫0 票投票先 1 票 → おおさか
柊つかさ2 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
真紅2 票投票先 1 票 → できない夫
蒼星石1 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
柊かがみ0 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
やる実0 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
ゴドー0 票投票先 2 票 → 柊つかさ
養殖ゼットン9 票投票先 1 票 → 真紅
できない夫1 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
メフィラス橙0 票投票先 1 票 → 博麗霊夢
おおさか1 票投票先 1 票 → 養殖ゼットン
            養殖ゼットン は投票の結果処刑されました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
やる夫の独り言

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    今晩は。貴方のハートにロンリーウルフ。やる夫ですお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   今日は村人として推理をしていきたいと思いますお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


               ∩_
              〈〈〈 ヽ   今回の問題発言!!
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   ◆メフィラス橙の
   /( ●)  (●)\  !   !  「おおさかは私狙っているあたり
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  銃殺ねらいの遅れ占いとみるわぁ。
  |     |r┬-|       |  /  狂狼でみていいところねぇ。」
  \     ` ー'´     //
  / __        /      だお!!
  (___)      /
 」
ギャル夫(共有者)
「お疲れッスwwwww」
おおさか(人狼)
「噛み先、占い先は頼むでー」
サム(人狼)
「狩人わからんwwwwwwww
ゴド―かなぁ・・・って感じ
無難に○噛みでもいいのかもね」
ゴドーの独り言
「                                  i、 ,ノ,l.r''_,.L.ィ._,
                                    、l :iイ '" '_,. " ;:/
                                  i, :_,;'∠、;_ ,. - ; :.``':、._
                     ,,..-‐- ..、        ,ノニ-ぅ'`-、''Yヾ ::: .:、'"´
                       l:   : ::;i:l::;;v、     {Ξ=三' ノ、ィ,',i、 、 ヾ、
                    l:   : ::;i:l` ,ゝ,`、    t=Ξ='‐くノ';;k'゙ヽ,i 、ゝ
                      l:   : ::;i:lr`.ぐ' ヽ      '-i'..__   ノ  '_ゝN``
                    ヽニ二ニソt-ニri, ,'         ゙'i.,,,./,.r‐''",.r->、..,,,_
                          `、. - i        ,.i"入 /'/',.'',r',r';='´゛''ー 、
                /}         i´i'ー'"l       ,.r,'゙/`i' >,'/././ /./,r'     ヽ
               _ !l ,.- 、      i)i    l、   ,/','// ,i /,.',' /./,.' //        l
              //|| ̄ `ヽ⌒',   / ,'゙''''''  ヽ  ,r'/,'.,'/  i/ ,'.,' ,'./././ レ          l
             / /  ヘ入ヽ  ∨   l       i'r''" ,',',','i'  /' ,' ,' ,'.,' ,' ,'r'゙        ,'
            !|  //ー, \, }    ',     l'`ー、ii'i i.l  /,'.,' ,' ,'.,'./ ,i'゙       ,ノ
            l  .// ○  ○{    l    i'゙i  l.i.i.i.il /,'.,' ,' ,'.,'.,'.r'-,、        /
             \(⌒リ"  △"ノ    l      ,'   l.i.,'i l,/,' ,' ,' i i_ムr'~~゙`ヾ、-.、 /
              {こ.フ>、ー,.イ      '、     ,.-ッーィ'''''ー-‐'''" ゙'     `ヾヶ'
             〈二}/  ∞Y_〉      `ー-r‐''" l  :             ,./
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―──────‐
│養殖物から吊れるのか・・・お疲れさんだ・・・

└─────────────────―───────────────」
メフィラス橙(妖狐)
「っていうか私なにやってのぉ。開始早々お茶目!」
できない夫(共有者)
「スマンな。ゼットン、薄いところは残さない主義だ
……養殖ものは味が薄いな。やはり天然に限る

3-1。真狂狼―真、あるいは真狂狐―真
これ以外に考える必要はねぇな。後者なら、今夜の内に確実に占いを噛んでくるだろ

霊能を疑うのは無しだ、思考停止もクソもあるか
ケアで吊るとか言い出しかねないからな」
博麗霊夢の独り言
「さて・・・どこだ・・・?」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「釣られたか。
順当なところだぜ、初回吊りに完敗だ。」
サム(人狼)
「真紅も俺も吊れるとこではなさそうだから、囲いはまだいいかね」
魅魔様の独り言
「これだけ票が集中すると、○っぽいな…」
真紅(人狼)
「やる夫噛んでみない?」
蒼星石の独り言
「ごめんね 僕は養殖ゼットンを宇宙人姦する趣味はないんだ」
柊つかさの独り言
「ゼットン吊りは正義!」
やる夫の独り言

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |    なんで自分占って○なのに狂狼なんだお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ     自分人外って分かってるんじゃねーかお?
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |    ぶっちゃけ、村は切っていい路線だおコレ
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |」
ゴドーの独り言
「                          /       i   i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                          ー- 、     i   .N .!' / , , -;=‐‐‐<
                              !_,.........⊥   !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー
                            /!     | ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                           ,ノ-┤    | i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                           { ‐コ.   ____| 'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                           | ´_,`T‐┬‐"   'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                         ヽ く. /         ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,i` . ,ィ'        '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"'ー.、  
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│流石にまだ、一票も貰わねぇな・・・
│後々どうなるか・・・そんなとこだろうぜ・・・
└─────────────────―─────────────────」
サム(人狼)
「やる夫か、真紅投票だしな」
柊つかさの独り言
「そしてゴドーさん・・・次はあなただよ?」
できない夫(共有者)
「もしも霊能が狼なら、3-2もありえるんだからな
狂人? だとしたら、占いの内訳を教えて欲しいだろ

どちらにしても、3-2というリスクのある行為を犯す可能性は低い
まぁ……5%ってとこだな」
南鮮石の独り言
「さてさて・・どこ占うニダかねー」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「やはり南は偽物か…分かってはいたのだがな。」
ゴドーの独り言
「                                  i、 ,ノ,l.r''_,.L.ィ._,
                                    、l :iイ '" '_,. " ;:/
                                  i, :_,;'∠、;_ ,. - ; :.``':、._
                     ,,..-‐- ..、        ,ノニ-ぅ'`-、''Yヾ ::: .:、'"´
                       l:   : ::;i:l::;;v、     {Ξ=三' ノ、ィ,',i、 、 ヾ、
                    l:   : ::;i:l` ,ゝ,`、    t=Ξ='‐くノ';;k'゙ヽ,i 、ゝ
                      l:   : ::;i:lr`.ぐ' ヽ      '-i'..__   ノ  '_ゝN``
                    ヽニ二ニソt-ニri, ,'         ゙'i.,,,./,.r‐''",.r->、..,,,_
                          `、. - i        ,.i"入 /'/',.'',r',r';='´゛''ー 、
                /}         i´i'ー'"l       ,.r,'゙/`i' >,'/././ /./,r'     ヽ
               _ !l ,.- 、      i)i    l、   ,/','// ,i /,.',' /./,.' //        l
              //|| ̄ `ヽ⌒',   / ,'゙''''''  ヽ  ,r'/,'.,'/  i/ ,'.,' ,'./././ レ          l
             / /  ヘ入ヽ  ∨   l       i'r''" ,',',','i'  /' ,' ,' ,'.,' ,' ,'r'゙        ,'
            !|  //ー, \, }    ',     l'`ー、ii'i i.l  /,'.,' ,' ,'.,'./ ,i'゙       ,ノ
            l  .// ○  ○{    l    i'゙i  l.i.i.i.il /,'.,' ,' ,'.,'.,'.r'-,、        /
             \(⌒リ"  △"ノ    l      ,'   l.i.,'i l,/,' ,' ,' i i_ムr'~~゙`ヾ、-.、 /
              {こ.フ>、ー,.イ      '、     ,.-ッーィ'''''ー-‐'''" ゙'     `ヾヶ'
             〈二}/  ∞Y_〉      `ー-r‐''" l  :             ,./
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―──────‐
│さーてと・・・この「権力」・・・
│一歩間違えば地獄、正しく使えれば・・・村を勝利に導ける力だ・・・
└─────────────────―───────────────」
やる夫の独り言

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  なんで、おおさかの真は切る方向でいくお。
 |    (●)  (●) |  
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \」
南鮮石の独り言
「とりあえず明日もまだ○でいーやニダ」
魅魔様の独り言
「問題はやる夫の正体だな…
ここが狼なら初日で真贋ついたことになって、霊夢が抜かれる…
初日に真贋ついてなければやる夫か私が噛まれそうだな…」
ギャル夫(共有者)
「ま、霊能真ほぼ確定はおれも賛成で。
疑い出したところがむしろ怪しいくらいの気持ちでいいと思いますよwww」
できない夫(共有者)
「っつーことで、余程不審な点でもなければ霊能は信じてやってくれ
5%に怯えて勝ち目を逃すのはありえねぇだろ」
            魅魔様 は 柊かがみ の護衛に付きました
おおさか(人狼)
「了解やでー」
サム(人狼)
「占い先が決められん
適当にグレーでいいのかな」
ゴドーの独り言
「                        _,,..-‐''"  ヽ o ',_,,.ノ  ノ    ヽ,
                      ,r'''"       ヽ-‐''"ゝ`''<       /ィ 、.,,_
                      l          'r‐'''" `'''"`>、_,.,ノ.ヽヾヾヾーッ
                       l     _,,,ッ‐,―''"         i゙ヽ  -、,ィl,ll || ll lヽゝ
                       l,,,_   _ノ ̄ヽ、        i ヾ  ゝ、'-,,ィィ 、ヽ
                       ヽr==''    ヽ`'''''ッ、   r',  ゝ==,''ミ三ノ、', ヽゝ
                        l,            ,.-‐=ゝく..,,,,__..:::::::::>ー= '  i N
                        ゙ー、       ,ィ'"';ィX_,,.)   _二ニ< ,' ィ ,. ノ lヽ'
             /}            \   /,',/' ,/ _,.lィ‐''"-:=:三::>-=-(V
              !l              ヽ/','/  /, ',. ',. ',. ',. ',. ',./      ヽ
          //|| ̄ `ヽ⌒',          /,.','/  ./', ', ',. ',. '///       ヽ
          / /  ヘ入ヽ  ∨       //,'/ /'.,.'.,.',. ',. '// / ,
          !|  //ー, \, }         l,','.,'./,'.,.'.,.'.,.'.,.'.,.' ./ ,ィl  l
          l  .// ○  ○{       l',','l/,'/,.'.,.' /.,.'.,.' .,.' / ,ィl   l
          \(⌒リ"  △"ノ       l,','/,'.,'.,'.,' ././,.' ,.' ./ /,人  ゝ、 ,
           {こ.フ>、ー,.イ      l,','l.0,'.,' ,' ,'.,'/ ,.' .,.' .//,ィiiiiiiiiヅヽi   ,
           〈二}/  ∞Y_〉     l,','l.,'.,',' ,' ,.' ,' ,.' .,.' // ,ィiiiiii/   `ー-<,/
┌‐────┐ └ 〉  ハ〈┘     li.i.l0,'.,'.,' ,' .,'/ .,.' ,.' .,.' ,ィiiii/       )
│ ゴ ド ー |    /     ヘ     lii.l'l.,'.,' ,' ,' /' ,.' ./ /,イii/        /
├───‐─┴────────────────────―──────‐
│この村は、未だコーヒーとミルクが混ざり合った・・・
│カフェ・オ・レのような状態だ・・・
└─────────────────―───────────────」
やる夫の独り言
「     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ちなみに真紅に投票した理由は牽制だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  やる夫の真紅投票は明らかに浮いてる票だお。
./     ∩ノ ⊃  /   これをどう見るか、確かめておきたいお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
できない夫(共有者)
「ま、真紅の考えは悪くねぇ。疑うのは賢い村人だ
キチンと疑いどころを抑えていれば、な

問題はメフィラスか。やる夫も突っ込んでいたけどよ」
メフィラス橙(妖狐)
「まぁコレでまずおおさかの偽が確定ねぇ。
あとの2人は微妙だけど・・・南真目でみようかしらねぇ。」
南鮮石の独り言
「蒼星石さんにきめたーニダ」
おおさか(人狼)
「できない夫さん○でどない?」
できない夫(共有者)
「んじゃ、あとはお互いに発言を洗おうぜ

明日、様子を見てCOをする予定だ」
柊かがみの独り言
「ま……そこが特に発言薄いわよねぇ」
ゴドーの独り言
「            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
-------------    ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠-------
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
 ______________     ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、-------
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
------------    l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_-------
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
   ---------   l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
 -----------------  /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
----------,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴──────────────────────────‐
|そこ!画面の前のアンタだ!
│金糸雀フィギュアのせいでシリアスに欠けるなんて言うんじゃねぇ!
└─────────────────―──────────────」
真紅(人狼)
「占い先はどうすればいいのかしらねえ。適当な占いでいいと思うのだわ。」
メフィラス橙(妖狐)
「おおさか使って生き延びることを考えましょうか。
吊られは仕方ない。まずは投票ミスをなんとかしましょう。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「特等席から見させて貰うぜ。」
柊かがみの独り言
「さて、私は明日まで生きてるのかしら?」
やる夫の独り言

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  できない夫に初日から突っかかる、→ちょっと村っぽい
/    (─)  (─ /;;/  初日を匂わせる→人外っぽい
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/   ちーっと判断しにくいトコだお……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /」
サム(人狼)
「多弁だし
なんか潜伏についていってたし多と思う>おおさか」
ギャル夫(共有者)
「把握っす」
南鮮石の独り言
「狼吠え少なくねニダ?」
サム(人狼)
「いいと思う」
できない夫(共有者)
「……1票かー。残りのグレー次第だな
○を貰った場合は考えるわ、村の推理を邪魔したくないしな」
おおさか(人狼)
「OKんじゃ200でー」
南鮮石の独り言
「気のせいかな?
気のせいであってほしいニダ」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「面子が豪勢だな…そりゃ俺なんかは切り抜けられねえ。」
            博麗霊夢 は できない夫 を占います
            おおさか たち人狼は やる夫 に狙いをつけました
            やる夫 は無残な姿で発見されました
            (やる夫 は狼の餌食になったようです)
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫 さんの遺言
村人CO.

「おおさかは私狙っているあたり銃殺ねらいの遅れ占いとみるわぁ。
狂狼でみていいところねぇ。」
メフィラスのこの発言はねーお。
メフィラスは人外で見ていいと思うお、コレ。
よって、おおさかの真は切る方向で考えてもいいと思うお。

真紅への投票は真紅への牽制だお。
どう反応するか、明日が楽しみだお。
養殖ゼットン さんの遺言
ゼーットン村CO!
外側が違っても疑われる運命か…あとは託す。
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
できない夫
「朝か。おはようメーン
今日の噛みがグレーか、○か、役職か。それで決めるだろ」
ゴドー
「おう、もう朝か・・・アンタ達もそろそろ起きたらどうだ?」
やる実
「ふぁあ、朝は眠いですよ、常識的に考えて。おはようございます。
随分圧倒的なゼットンさん吊りでしたね。ゼットンさん以外に投票した人は目立ちたくない人外な可能性は薄め、って見ていいですかね。」
博麗霊夢
「おはようだぜ。占いCO、
できない夫は神託の結果○だったぜ!」
柊つかさ
「昨日って指定入ってたっけ?」
おおさか
「占いCOやでー、できない夫さんは○やってん!」
南鮮石
「かわいいかわいいウリが占いCOニダ
蒼星石さん○ニダ!」
サム
「おはざーす」
真紅
「おはようだわ。」
魅魔様
「おはようだ!!」
おおさか
「多弁どころ、潜伏霊能の可能性に対して積極的、
その後の論説も見事やねん、とはいえかがみさんのCOそのものは結構早かったんよね
予め用意してた弁説ともとれるし、もしほんまに3-0になるんなら、
初日霊の可能性もあるわけで必ずしも村有利とはいえんねん」
蒼星石
「おはよう」
博麗霊夢
「正直、まだ明確な理由は無いぜ。
ゴドーと迷ったが、あえて言えば発言数が多いので、ここは村かどうか見ておきたい。

「占い3。真がいるのはほぼ確定
つまり占い軸で戦えばなんら問題はないだろメーン
霊能軸の場合、勝ち目が5割にまで落ちる」

とか、初日霊を切り捨てすぎな辺りも微妙に気になったぜ。レアケ捨てたい村だろうが・・・」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「ようGM、噛まれちまったな。」
できない夫
「あー……そこ、噛むよな。鋭いもんな」
南鮮石
「理由
とりあえず発言少ないのはグレランで吊れるニダ
発言多い所はボロも出るの期待できるニダ
なので発言数そこそこで中身もそこそこ、どうとでも取れる人を選んだニダ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「いきなり死んだお!?」
サム
「○噛みか
無難だな」
ギャル夫
「おはようッスwwww」
柊かがみ
「霊能COするわ! 養殖ゼットンは○よ!」
ゴドー
「ほう・・・南鮮石の○を噛んでくるか・・・
聡い村人から消す、そんなとこ・・・いや違和感を感じるな・・・」
柊つかさ
「暫定○噛みかあ。
狩人探し、ひょっとしたら狐狙いもあり、かな」
できない夫
「おいおい、2重○かよ? 勘弁してくれ」
やる実
「○噛みですか。となると、昨日の時点じゃ囲われて無い可能性も高いですかね?」
蒼星石
「できない夫が○二つもらいね」
メフィラス橙
「みんあおはよぉ」
南鮮石
「あー!やる夫さんが噛まれてるニダ・・」
柊かがみ
「いきなり狼は無理か……
って、○が噛まれたわね」
サム
「やる夫の遺言にもあるけど
メフィラスの発言が胡散くさい
そうするとおおさかさん偽っぽい」
メフィラス橙
「◆サム  「◆メフィラス橙 「おおさかは私狙っているあたり銃殺ねらいの遅れ占いとみるわぁ。
狂狼でみていいところねぇ。」
銃殺狙いなのに、狂狼でみるのかい」

これについては私という存在自体の問題よねぇ。
RP的に一番狙われやすいし占い速度から狂狼と考えただけよぉ。」
ゴドー
「できない夫、人気者じゃねぇか・・・!
再び○進行だな 順当にグレランだ・・・」
魅魔様
「やる夫が噛まれたか…」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「やる夫はSGとして残すかと思ったが…
中が透けてるから、生かしちゃおけないところでもある。」
柊つかさ
「そして霊能は○
できない夫さんに○二つ うーん、推理しにくいかもね」
やる実
「んー、個人的に蒼星石さん占いはマイナスですかねー。そこ吊るとこだと思いましたし」
ギャル夫
「やる夫さん噛まれっすかwwwwwやべぇwwww」
蒼星石
「しばらくはグレランで様子を見ざるを得ないな」
魅魔様
「できない夫が○二つかんで、蒼にも○と…」
博麗霊夢
「この噛みは私視点南の信用を上げたかったのかと見るぜ?
まあ、今日もグレランだぜ。」
ゴドー
「おう、メフィラスの発言は不自然なんだよな・・・
更に最後の発言だ・・・
グレランを頑張りましょう、アンタおおさかの○だろう・・・?」
南鮮石
「今日もグレラン進行ニダねー
潜ってる共有は大丈夫かニダ」
真紅
「南ちゃんの○噛みね。
囲いに狐いるか警戒したのかしらね。
まあ鋭そうだから噛んだんでしょうけれど。」
できない夫
「言っておくが。仮に霊能が偽なら3-2想定の冒険だ
加えて初日役職? 5%にも満たない可能性に怯えるのは非効率的だろ

ってことで俺は霊能を疑わない。これは前提条件だ
仮に外れているなら、それはそれで村が有利だしな」
サム
「できない夫が大分白いな
潜伏についていろいろ言ってたのは気になったが
・・・まあいつものことでもあるんだけど」
メフィラス橙
「うーん、私はあくまでもおおさかはRP的に考えて占ったということで
発言したつもりなのよねぇ。」
柊かがみ
「○が被って灰が噛まれない……
グレー広いわねぇ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「ふむ、まだ狼は真狂の判断が出来てねートコだお。

まさか真紅が狼とは思わなかったお……」
サム
「いやいや、銃殺を狙う偽占いなんていねーから>メフィラス」
柊つかさ
「はっきりいって昨日の南ちゃんと発言と態度はどうしても真に見えないんだよよね
だからそれ以外から○もらったできない夫さんはほぼ村で見ていこうかな」
ゴドー
「霊能を疑いない その点では同意して良い場面だ
3-2なんてなぁ・・・ローラーしちまえば不利
狼が自ら行うとはな・・・?」
魅魔様
「メフィラスは昨日の発言が微妙だったねえ、
そのせいでおおさかさんの占いの心証は下がった感じだな」
メフィラス橙
「別に頑張るのは回りだわぁ。
○もらいの私がいっても不自然ではないとおもうけどねぇ>ゴドー」
おおさか
「メフィさんは昨日の理由でも書いたけど、
移転一発目やからお約束で占ったっちゅうのもあるねん
一応そこら辺は昨日の理由でも書いたんやけどねー」
真紅
「ここでできない夫が○もらっているのが気になっているけれど・・・
霊夢が絡んでいるから信用してみたいわね。」
サム
「あんまりグレーは減らなかったな
とりあえず南の初日囲いは無かったってことだ」
柊かがみ
「南鮮石の理由がちょっと薄いかしら。
結構どこにでも当てはまる感じがするわねぇ」
ゴドー
「できない夫は白い・・・がまだ確定じゃあねぇ・・・
と言っても全然臭く無ぇんだけどな・・・?」
魅魔様
「霊能は疑わなくていいだろう、とりあえず私は
霊夢か南を真では見ているが…」
柊つかさ
「ま、とりあえずグレランは続行かな
メフィラスさんはそんなに怪しかったかな?私のログ読みスキルがおとってるだけだと信じたい」
蒼星石
「明日以降の死体状況次第だろうね」
できない夫
「ち、重いな。発言が消えちまった」
やる実
「とりあえず、個人的には南狂っぽいかなと思いますよ。囲い狙いっぽいですし、何より誰を占ったかが分かりにくい。」
真紅
「あら?霊能真が外れているとなぜ村に有利になるのか聞いておきたいわね。>できない夫」
できない夫
「占い
南鮮石:やる夫○、蒼星石○
霊夢:魅魔様○、できない夫○
おおさか:メフィラス燈○、できない夫○

霊能
柊かがみ:○

共有
ギャル夫

吊り
養殖ゼットン


んー。そうなると、南鮮石と霊夢の2択
こりゃ、無駄占いをさせちまったかもな……申し訳ねぇだろ」
ギャル夫
「今日もグレランッスwwwwww
全員本気出して頑張れッスwwwww
相変わらず狂占いにせよ狼占いにせよ俺の投票先が吊れなかった=●当て先
になったらこわいんで占い投票ッスwwwww」
ゴドー
「気合入れないとね、と自分に言い聞かせるようだったからな?
検事さんとしては・・・細かい部分が気になる・・・>メフィラス」
博麗霊夢
「できない夫は発言数が多いから占った、それだけだぜ、私は。
噛みを見る限り南狼、が怪しいと思うぜ、私は。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「南や真紅は臭かったな。勘だ。
だが、勘がなけりゃ推理も始まらないしな。」
おおさか
「○やったし勘弁して欲しいで、その辺は、むぅ」
柊つかさ
「ま、態度で偽とみられても結果で真だと示してくれたら文句は言わないよ
この意味・・・分かるよね?」
魅魔様
「グレランをするしかないだろうねえ、
○進行だしねえ」
できない夫
「おう。簡単だ、3-2が前提。既に役職で人外3が露出してるだろ?>真紅」
南鮮石
「狩人囲われ対策+グレーに居る狼保護での○噛みだと思うニダよ」
蒼星石
「グレラン把握・・・というかそれしかないよね>ギャル夫」
メフィラス橙
「私はとりあえず南真目では見ているわよ。
投票については少しお茶目しちゃったと思ってほしいわね。」
柊かがみ
「そう考えると囲いケアでやる夫噛んだってのも分かるし、トラップ解除か狩人捜索の為に村噛んだというのも納得がいくわ」
やる実
「まぁ、グレランですよね、常識的に考えて」
サム
「多弁占い、か
発言内容とかじゃ怪しいところは感じなかった?>霊夢」
ゴドー
「ま、どの道グレランなのは変わりねぇさ・・・
暫定○吊るす なんてのは今は暴挙・・・!
状況が変われば別だけどよ・・・」
ギャル夫
「博麗霊夢 「できない夫は発言数が多いから占った、それだけだぜ、私は。
噛みを見る限り南狼、が怪しいと思うぜ、私は。」
んー発言数だけで占うとかって俺的にはちょっとマイナスポイントっすねー」
できない夫
「占いに真がいるのも確定
あとは占い先と噛みで判断、不自然ならそこで霊能を疑え
それだけの余裕ができるからな」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「南と霊夢の2択って感じだったお。
まだ占いは決めきれてなかったお。

明日は魅魔様を噛みに行くかもしれねーお」
メフィラス橙
「まぁ細かいこと気にしてもねぇ・・・疑うべきは他にあるかもしれないわぁ。>ゴドー」
真紅
「つまり役職で2騙りだから見えている人外が多いって言いたいのね。
じゃあ昨日の盲信からどうやって霊能偽の場合切り替えるのかしら?」
博麗霊夢
「頭にも言ったが、霊真打ち決めすぎなのが気になったくらいだ>サム」
やる実
「ただメフィラスさん囲いなら、やる夫さん噛むかなー、ってのはあります。
占い投票はちょっと余裕ないのかなって感じですけど」
できない夫
「ま、狼や狐も3-2にはしたくないはずだ。ここは17人村だからな
ということでこれで終わりにさせてもらうメーン」
おおさか
「できない夫さん○霊夢さんと被ったんは私視点やとラッキーやね、
霊夢さんがどっちかわからんとはいえ、
ここで囲われへんかったことは見えたし」
ゴドー
「トラップ解除なら、普通はギャル夫一直線だと思うんだけどよ・・・
どっちかっつーと・・・狐囲っちまった場合に備えてか?
普通に噛んだのかもしれねぇが、これからの噛みと合わせてだな」
サム
「れいむもおおさかさんも
占った理由は霊能についての発言なんだよな」
柊かがみ
「まぁ今はグレランね。
グレーの人外を確実に吊っていきたいわ!」
柊つかさ
「今は囲いだからと言ってつっかかる場面じゃないかな
勿論怪しい発言は拾うべきだけど、グレーからの発言を拾ってほしいかも」
魅魔様
「霊はまだ疑わなくても良い、それだけだろう
不自然なところがあったら疑っていけば良い」
できない夫
「やる夫は噛むところだろ
的確すぎるからな……つまり、そういうことか」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「狩人か…抜かれると嫌なところだ。」
サム
「俺も3-1ならほとんど霊決めうつぜ」
ギャル夫
「あと初日に変則CO来るかも、って考えとくのは記念村的にありえると思うんで
そればっか延々と話されると真紅気になるっすねー
○2なんだから切り替えよろしくっす」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            ギャル夫 は 博麗霊夢 に処刑投票しました
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「SGで残されると思ったら、白だか黒だかわかんねーとこに牽制票投げたら死んだお……」
            やる実 は 真紅 に処刑投票しました
            蒼星石 は ゴドー に処刑投票しました
            南鮮石 は 真紅 に処刑投票しました
            真紅 は やる実 に処刑投票しました
            サム は ゴドー に処刑投票しました
            博麗霊夢 は やる実 に処刑投票しました
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「いや、SG残しは無いぜやる夫。
アンタを残すのは、狼にとってリスクが高い…
どんな鋭い推理で突き刺してくるかたまったもんじゃねー。」
            柊かがみ は 真紅 に処刑投票しました
            できない夫 は 柊つかさ に処刑投票しました
            ゴドー は 柊つかさ に処刑投票しました
            柊つかさ は ゴドー に処刑投票しました
            魅魔様 は 真紅 に処刑投票しました
            おおさか は 真紅 に処刑投票しました
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「お、グレランで狼が吊れるかお?
そこ吊れるとでけーお」
            メフィラス橙 は 真紅 に処刑投票しました
3 日目 ( 1 回目)
魅魔様0 票投票先 1 票 → 真紅
南鮮石0 票投票先 1 票 → 真紅
サム0 票投票先 1 票 → ゴドー
博麗霊夢1 票投票先 1 票 → やる実
ギャル夫0 票投票先 1 票 → 博麗霊夢
柊つかさ3 票投票先 1 票 → ゴドー
真紅6 票投票先 1 票 → やる実
蒼星石0 票投票先 1 票 → ゴドー
柊かがみ0 票投票先 1 票 → 真紅
やる実2 票投票先 1 票 → 真紅
ゴドー3 票投票先 2 票 → 柊つかさ
できない夫0 票投票先 1 票 → 柊つかさ
メフィラス橙0 票投票先 1 票 → 真紅
おおさか0 票投票先 1 票 → 真紅
            真紅 は投票の結果処刑されました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
真紅(バッタ◆RiderE.3Ks)
「お疲れ様。」
サム(人狼)
「ぎゃああああああああ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「ようこそ! 地獄へ!」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「真紅、お疲れ様だ。釣られちまったようだな。」
ゴドーの独り言
「                                    i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                                    N .!' / , , -;=‐‐‐<
                                    !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー,.-
                                   ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                                  _ i.i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                             ,.-r‐r',ノ'っ ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                             ,1,.!..iン' //.  'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                          / 7´  ノ       ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                           l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│クッ・・・!検事さん、まーた占い師から放置か・・・!

└─────────────────―───────────────―─」
魅魔様の独り言
「さて、なんとなくだが
南狼 おおさか狂 霊夢真な気がするぞ」
メフィラス橙(妖狐)
「ここは間違わずにいけたけど・・・まずいわねぇ。
発言かんがえると低空飛行になっちゃうわぁ。」
サム(人狼)
「俺囲うかい?」
柊かがみの独り言
「蒼星石の発言量が減りすぎねぇ……」
おおさか(人狼)
「うん、ごめん、諦めた」
ギャル夫(共有者)
「お疲れッスwwww
うわ、指定っぽかったっすかねwwwwwこえええ」
やる実の独り言
「真紅さんの吊りたいっぷりが凄まじいです。村っぽくも見えるんですけどね。スミマセン。」
ゴドーの独り言
「ほう・・・俺に三票もくれるのか・・・!」
おおさか(人狼)
「諦めたっちゅうのは投票で真紅さん救えるかどうかの判断ね」
サム(人狼)
「あきらめないでー」
魅魔様の独り言
「あああああ、真紅も○っぽい!!!!」
メフィラス橙(妖狐)
「できない夫だけど・・・おおさか偽、さらに偽目の霊夢からの○ならまだ
囲いの可能性があるところね。」
おおさか(人狼)
「どっちでもええで、というか噛みどうする?」
魅魔様の独り言
「ん~…どうかな…」
おおさか(人狼)
「おう、勝負は諦めへんよ」
サム(人狼)
「あなたの夢をあきらめないで!」
博麗霊夢の独り言
「やる実は村か・・・?
南狼、おおさか狂。」
できない夫(共有者)
「くそっ。真紅か……そこは疑いたくないんだがな」
サム(人狼)
「ああ、そういうことかww」
できない夫(共有者)
「囲われてる臭いな……蒼星石とメフィラスが気になるだろ
時点でつかさとゴドーだな。サムは村目で見る……というか、村だろ。アレ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「真紅に投票してたやる夫を噛んだ、というのが決めてだったっぽいお」
ゴドーの独り言
「                        _,,..-‐''"  ヽ o ',_,,.ノ  ノ    ヽ,
                      ,r'''"       ヽ-‐''"ゝ`''<       /ィ 、.,,_
                      l          'r‐'''" `'''"`>、_,.,ノ.ヽヾヾヾーッ
                       l     _,,,ッ‐,―''"         i゙ヽ  -、,ィl,ll || ll lヽゝ
                       l,,,_   _ノ ̄ヽ、        i ヾ  ゝ、'-,,ィィ 、ヽ
                       ヽr==''    ヽ`'''''ッ、   r',  ゝ==,''ミ三ノ、', ヽゝ
                        l,            ,.-‐=ゝく..,,,,__..:::::::::>ー= '  i N
                        ゙ー、       ,ィ'"';ィX_,,.)   _二ニ< ,' ィ ,. ノ lヽ'
             /}            \   /,',/' ,/ _,.lィ‐''"-:=:三::>-=-(V
              !l              ヽ/','/  /, ',. ',. ',. ',. ',. ',./      ヽ
          //|| ̄ `ヽ⌒',          /,.','/  ./', ', ',. ',. '///       ヽ
          / /  ヘ入ヽ  ∨       //,'/ /'.,.'.,.',. ',. '// / ,
          !|  //ー, \, }         l,','.,'./,'.,.'.,.'.,.'.,.'.,.' ./ ,ィl  l
          l  .// ○  ○{       l',','l/,'/,.'.,.' /.,.'.,.' .,.' / ,ィl   l
          \(⌒リ"  △"ノ       l,','/,'.,'.,'.,' ././,.' ,.' ./ /,人  ゝ、 ,
           {こ.フ>、ー,.イ      l,','l.0,'.,' ,' ,'.,'/ ,.' .,.' .//,ィiiiiiiiiヅヽi   ,
           〈二}/  ∞Y_〉     l,','l.,'.,',' ,' ,.' ,' ,.' .,.' // ,ィiiiiii/   `ー-<,/
┌‐────┐ └ 〉  ハ〈┘     li.i.l0,'.,'.,' ,' .,'/ .,.' ,.' .,.' ,ィiiii/       )
│ ゴ ド ー |    /     ヘ     lii.l'l.,'.,' ,' ,' /' ,.' ./ /,イii/        /
├───‐─┴────────────────────―──────‐
│暫定○を吊るすのは暴挙・・・!
│この発言に引き寄せられたのか・・・?
└─────────────────―───────────────」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「よく見たらやる実アイコンがやらない子じゃないか。」
魅魔様の独り言
「しばらくは霊能こないかな…」
蒼星石の独り言
「遺言のセットは完了した」
博麗霊夢の独り言
「ゴドー行ってみるぜ。
それとも狐を探すか・・・」
魅魔様の独り言
「霊夢行ってみるか」
おおさか(人狼)
「あなたが!!!好きだから!!!!」
            魅魔様 は 博麗霊夢 の護衛に付きました
ギャル夫(共有者)
「んーやる実は村め・・・すかね、ちょっと視界から消えますけど」
博麗霊夢の独り言
「まだゴドーは占わないな。噛まれるのを待つぜ。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「サムを吊せるかどうかだな…」
サム(人狼)
「噛みがどうするかな
できない夫かゴド―か役職チャレンジだけど」
おおさか(人狼)
「でどうするんさwwww
占い理由いっぱいいっぱいやねんけどもwwww」
サム(人狼)
「お断りします>好きだから」
できない夫(共有者)
「いや、気にしなくていいさ
発言が落ちたのは真紅自身の問題だ、この村では発言が落ちるのは危険な兆候だろ」
ギャル夫(共有者)
「メフィラスはめっちゃ気になりますがおおさかが狂狼かまではなんとも」
ゴドーの独り言
「                                    i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                                    N .!' / , , -;=‐‐‐<
                                    !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー,.-
                                   ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                                  _ i.i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                             ,.-r‐r',ノ'っ ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                             ,1,.!..iン' //.  'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                          / 7´  ノ       ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                           l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│ぼちぼち、グレスケ絞ってく必要があるな・・・
│全く疑われ無ぇ位置ってのはまずあり得ねえからな・・・
└─────────────────―───────────────―─」
柊かがみの独り言
「メフィラスもちょっと怪しい。
南鮮石は偽かな」
おおさか(人狼)
「私切るなら占噛みでもええけどもね」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「サムは難しいお。

全然疑ってなかったトコだお」
博麗霊夢の独り言
「つかさはおそらく共有かと思うぜ。」
サム(人狼)
「とりあえず、俺囲ってくれwwwwwww」
おおさか(人狼)
「違うwwwwCMwwwwwwwww」
柊かがみの独り言
「さて、今日こそ役職噛みに挑戦してくるかしら?」
おおさか(人狼)
「了解、サムさん囲い本線でいこか」
できない夫(共有者)
「やる実は保留しておく。……しかし、明日でほぼグレーが消えるな
サムに●が出たら、占いを疑っても構わないだろ

って、俺か? 明日、噛まれるのは」
ゴドーの独り言
「            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
-------------    ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠-------
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
 ______________     ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、-------
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
------------    l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_-------
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
   ---------   l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
 -----------------  /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
----------,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴──────────────────────────‐
|楽しい楽しい・・・殴り合いってのも悪くは無ぇさ・・・!

└─────────────────―──────────────」
おおさか(人狼)
「ちゅーする?」
サム(人狼)
「発言が無難とかそういうんで
噛みは・・・できない夫行っておくか」
おおさか(人狼)
「で噛みはwwwwどうすんのwwww」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「楽しそうだお、狼コンビ」
サム(人狼)
「せん!!!」
おおさか(人狼)
「あい、了解やでー」
メフィラス橙(妖狐)
「さて、どうしましょうか・・・」
できない夫(共有者)
「確実なのは、『どの占いが真でも大丈夫なように』想定することだ」
ギャル夫(共有者)
「確かに噛まれそうなんすよねー・・・
うううん 頑張って生き延びて欲しいっす」
できない夫(共有者)
「この場合、霊能を疑うのはやめてくれ。可能性にキリがない」
柊かがみの独り言
「真は霊夢。存在偽だけど」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「サムおおさかカップルか…」
            おおさか たち人狼は できない夫 に狙いをつけました
            博麗霊夢 は サム を占います
            できない夫 は無残な姿で発見されました
            (できない夫 は狼の餌食になったようです)
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅 さんの遺言
遺言テスト
これで出るのかしら
できない夫 さんの遺言
共有COだ

相方ギャル夫、ま……後は頼むだろ


占い
南鮮石:やる夫○、蒼星石○
霊夢:魅魔様○、できない夫○
おおさか:メフィラス燈○、できない夫○

霊能
柊かがみ:○

共有
ギャル夫

吊り
養殖ゼットン→真紅


囲われてる臭いな……蒼星石とメフィラスが気になるだろ
時点でつかさとゴドーだな。サムは村目で見る……というか、村だろ。アレ
『どの占いが真でも大丈夫なように』考えてくれ。霊能を疑うのは無しだ
いざとなれば、狐を人質にすることも考えるようにな

……すまねぇな、以上だ
ちなみに俺は真紅を疑っていない、真紅に投票したのは……誰だ?
真紅が霊能○なら、そこの投票者を疑いな
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
柊つかさ
「ここで誰噛んでくるのか興味あるなあ」
ギャル夫
「チョリーッスwwwwww」
おおさか
「占いCOやでー、サムさんは○やってん!」
やる実
「ふぁあ、朝は眠いですよ、常識的に考えて。おはようございます。
蒼星石さんは村ならもう少し発言して欲しいですよ、常識的に考えて。囲われて安心したように見えますよ?」
博麗霊夢

おはようだぜ。占いCO、
サムは神託の結果●だったぜ!
柊かがみ
「霊能COするわ! 真紅は●よ!」
南鮮石
「かわいいかわいいウリが占いCOニダ
サムさん●ニダ」
魅魔様
「おはようだ!!」
ゴドー
「個人的気には、○をもらって発言が落ちてると気になっちまうんだよな
蒼星石、特にアンタだ もう少し話すべき内容があっただろう・・・?
グレーを疑うべき場面 それは承知してるがな こう言わざるを得ねぇぜ・・・」
蒼星石
「おはよう」
真紅(バッタ◆RiderE.3Ks)
「お疲れなのだわ。」
サム
「いまんとこメフィラスが少し怪しいってだけで
他の人たちはそこまで穴が見つからない
そろそろ●出ないときついぜ」
やる実
「あ、そこ共有でしたか。」
メフィラス橙
「おはようよ」
博麗霊夢
「ゴドーは噛まれるのを待ちたい。かといって他に先は・・・つかさと迷ったが、
「多弁占い、か
発言内容とかじゃ怪しいところは感じなかった?>霊夢」
私が占いだから言う訳じゃないが、ここが少し気になったぜ。」
おおさか
「昨日に続いて多弁占い、
やねんけど、どうもいつもの切れ味がない気がする、
どこがどうっちゅう説明は難しいんやけど、発言全体的にノビノビ感が感じられへん」
南鮮石
「理由
発言数はそれなりだけれど状況確認の発言ばっかりな印象ニダ
占わないでおくと最後まで残って混乱の素になりそうだからはっきりさせておこうと思ったニダ」
サム
「何だ貴様らwwwwwwwwwwww
とりあえずCOはねぇ」
ギャル夫
「うわあああああああwwwwwww
相方wwwww死んでるwwwwwwwww
昨日死亡フラグたてるからっす」
柊つかさ
「○二つ貰いのできない夫さんね、ありうる位置かな
共有だったのは意外だったけど」
ゴドー
「随分真っ黒なサムだな・・・?まぁ把握だ COはあるか?」
柊かがみ
「やったわ、狼吊れたわよ!
あとそこは共有だったのね」
蒼星石
「サムがパンダ?」
魅魔様
「真紅●…だと!!
そして、南と霊夢がサム●なのか」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「おっと、噛まれたか。……って真紅●かよ、遺言は取り消してくれ」
南鮮石
「被ってるし黒いニダ・・サムさんw」
メフィラス橙
「あらぁ、できない夫共有だったのねぇ。
ちょっとうたがっちゃったわ。」
やる実
「サムさん大人気ですね。そこ吊りしかないでしょ、常識的に考えて」
ギャル夫
「えっ 真紅●なの」
サム
「おおさかさん真確定だ
すまなかった、疑って」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ははは、占いは2人ともサムに●か。……こりゃいい、予想が外れて大助かりだ」
ゴドー
「真紅●で良いんだな・・・?
あの臭すぎる発言は一周してそうでも無ぇと思ったんだがよ
見当違いだった そういう事か・・・!」
柊つかさ
「サムさんに●二つだってさw
うん、とりあえずアイコン通りの運命をたどらせてあげようか」
魅魔様
「できない夫が共有だったか、何か持ってそうな雰囲気ではあったが…」
やる実
「真紅さん●ですか? 投票しといてなんですが、ちょっと意外ですね」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「サムは狼だ。白いがな。」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「凄い、サムが真っ黒になったお。
これ狼詰んだっぽいお」
博麗霊夢
「そこが共有だったのか。
今日はサム吊りだな?」
ギャル夫
「◆メフィラス橙 「あらぁ、できない夫共有だったのねぇ。
ちょっとうたがっちゃったわ。」
いや○2だが!
ここ気になるんですけど!
あとサム村だと思ってたんすけど!」
メフィラス橙
「占いがサム狙い撃ちじゃないのぉw
南鮮石
「これで1Wつれたニダねー」
サム
「真紅●なら問題ねぇ
俺吊ってくれ
南とれいむが狂狼だ」
蒼星石
「サムが大人気すぎるw」
柊かがみ
「パンダなら吊りね。
これはおおさかがサム囲いの狂誤爆かしら?」
おおさか
「●ぶつけられたか・・・・真紅さんが●やと南鮮石さんはこっちは狂人臭いね」
ゴドー
「で、だ サムが霊能●なら候補は二人
○ならシンプル・・・!真占いがほぼ確定・・・
つまりはそういう事だ 」
柊つかさ
「そして真紅ちゃんが●だったんだね
ここでサムさん●でも○でも大きく進めることになりそうかなぁ」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ああ、見事に詰んだな
真占い師と狂人のコラボレーションだ。狂人もまさかそこが狼とは思わなかっただろ」
メフィラス橙
「◆ギャル夫 「◆メフィラス橙 「あらぁ、できない夫共有だったのねぇ。
ちょっとうたがっちゃったわ。」
いや○2だが!
ここ気になるんですけど!
あとサム村だと思ってたんすけど!」

私視点での占い内訳
真南、狂おおさか、狼霊夢。

これなら狂狼の囲いの可能性を考えただけよ?問題あるかしら?>ギャル夫」
魅魔様
「サムが二人の占いから●貰ってるなら吊るしかないだろう」
博麗霊夢
「これで私視点LW、霊能軸でも2Wか。
あとはそろそろ対抗行きたいぜ。」
蒼星石
「霊夢視点と南視点サム吊ればLWになるね」
やる実
「んー。真狂の誤爆か、狂狼の●っぽいですね。真狼だと身内切りになりますし。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「ここで真狂がサムを占うか…予想もできないぜ。」
南鮮石
「狼なら仲間1匹吊られてるのに身内切りするとは思えないニダね・・
霊夢さんは狂で誤爆と見るニダ」
ゴドー
「このサム吊りは多大な情報を含んでいるだろう
結果次第で考え方が変わる そうだろうな」
おおさか
「うん、真紅さん●なら占対抗で最終日コースは確保できるし、
パンダ吊りで霊結果待ちでかまわへんで」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「後、狐がスゲー勢いで墓穴掘ってるお」
サム
「いや、俺村サイドだ
だが●二つもぶつけられて生き延びようって考えもない>共有
真紅●なら吊られても問題ない
役職でもないし」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「しかし、やっちまったなおおさか
初手で狐を囲った以上、LWになれば狼の勝ちはねぇ……メーン」
柊つかさ
「ま、ここでサムさんを吊るのが最高の情報になりうるよ
●出した二人は後は狐を探すだけだよね。半分近く仕事終わったんだから頑張ってよね」
ギャル夫
「まぁ霊能は真でいいと思うんで、サムさんすんませんおおさか真確定したらラッキーと思ってさよならされて下さい
真の●ひきと狂誤爆だったら狼ざまぁwwwwってことで」
魅魔様
「これで霊夢視点と南視点でLWになるのか」
柊かがみ
「ま、吊ってみれば分かるわ!
これで○なら真確定、●なら二択で分かりやすくなるわ!
明日の結果、待っててね!」
南鮮石
「そして○出しのおおさかさんが仲間囲いの狼っぽいニダ」
メフィラス橙
「では、今日はサム吊りね。」
ゴドー
「狂狼の●・・・?逆に出しづらい位置じゃねぇのか・・・?
俺としては吊って結果を見なければ分からない・・・
そんな場所だったんだがな・・・」
蒼星石
「霊夢と南鮮石は狐探ししてよ」
サム
「俺吊りが一番情報が入るさ
おおさかさんを信じて進め」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「墓の穴と書いて墓穴か。怖いもんだ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「ここは霊能を抜くしかない。占いは抜けないお……

だが、狩人との勝負になる。さて、どうなるかお」
博麗霊夢
「まあ、明日霊能見ればおおさか切れるのは分かる事だろう。
サム、成仏してくれ。」
やる実
「怪しまれるの承知で言いますけど、狩人は南鮮石さん、霊夢さんは守る意味ないですからね。3W露出ですし。」
魅魔様
「この●出しは真狂だとは思うんだけどねえ…
狂狼がまさかの●出しとは考えにくいんだが…」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「このままメフィラスを釣らないで狐が勝てるか?
今日の噛み次第か。」
柊つかさ
「ここで霊○ならおおさかさん真確定
●ならLWで狐探し、ってところかな
この場合LWは占いにいるのが分かってるから得だよね」
おおさか
「って対抗両●か、ならスマンけど一層吊られて欲しいで」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「しかしサムとおおさかの胸中を察すると、心が痛むだろ……メーン」
ゴドー
「何処を信じるか・・・それは明日分かる事だろうぜ・・・?
まぁ結果によっちゃ二択か一択かの違いだ
充分デカいけどな・・・」
やる実
「少なくとも、●出したどっちかは狂確定、ですね。」
サム
「真狂?ないね
狂人と狼が俺を潰しに来た
ってことはもう一匹囲われてる可能性が高い」
柊かがみ
「狂狼の●出しとかどこの狂信よって話だと思うけどね。
もちろん、念頭に置いておいていいと思うわ。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「霊能を抜いたとして。GJ前提で噛みに行った→サム狼だな
占いを抜けばそのまま負けコースだ」
メフィラス橙
「この●は信じていいきもするわぁ。」
魅魔様
「●出してきたどっちかは狂人、うんこれは間違いないと思う」
柊つかさ
「ここで狼が●出す意味ってあるのかなぁと考え中
1匹釣れていることが分かって、さらに偽とはいえ1匹露出させるかな?」
ゴドー
「現状2W1F辺りを想定すりゃ良い・・・
占いに1匹・・・サムが●なら後はそうだな?
逆に、だ サムが○なら囲いorグレーに更に一匹って事だ・・・」
南鮮石
「ウリはLWは大阪さんだと見てるニダ、後は狐片付ければミッションコンプリートニダよ」
おおさか
「真紅さん投票から考えても南鮮石さんが狂、霊夢さんが狼に思えるねんけど、
あくまで私視点やで」
やる実
「囲ってるのにわざわざ破綻する●出しですか? 狂人囲いならありますけど、狼ならそれはおかしいですね>サムさん」
サム
「だから、囲われていると思う>つかさ」
サム
「ねないこ だれだ」
ギャル夫
「サム吊りで」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            魅魔様 は サム に処刑投票しました
            柊かがみ は サム に処刑投票しました
            ゴドー は サム に処刑投票しました
            やる実 は サム に処刑投票しました
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「狩人は霊能鉄板だろうな。
ここで変態護衛は蛮勇だぜ。」
            南鮮石 は サム に処刑投票しました
            博麗霊夢 は サム に処刑投票しました
            サム は 博麗霊夢 に処刑投票しました
            メフィラス橙 は サム に処刑投票しました
            柊つかさ は サム に処刑投票しました
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「しかし、いい占い先だ。これは助かっただろ……最近のサムは判断に困る」
            ギャル夫 は サム に処刑投票しました
            蒼星石 は サム に処刑投票しました
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ただなー。占いを噛まれると……いや、この場合南鮮石と霊夢の2択
まぁ、ほぼ確実に霊夢だろうけど

その場合、狐が問題か。吊れるところだとは思うけどよ」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「おおさかLWか。」
            おおさか は サム に処刑投票しました
4 日目 ( 1 回目)
魅魔様0 票投票先 1 票 → サム
南鮮石0 票投票先 1 票 → サム
サム12 票投票先 1 票 → 博麗霊夢
博麗霊夢1 票投票先 1 票 → サム
ギャル夫0 票投票先 1 票 → サム
柊つかさ0 票投票先 1 票 → サム
蒼星石0 票投票先 1 票 → サム
柊かがみ0 票投票先 1 票 → サム
やる実0 票投票先 1 票 → サム
ゴドー0 票投票先 2 票 → サム
メフィラス橙0 票投票先 1 票 → サム
おおさか0 票投票先 1 票 → サム
            サム は投票の結果処刑されました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
蒼星石の独り言
「魅魔様 , 南鮮石 , 柊かがみ , やる実 , メフィラス橙 , おおさか」
南鮮石の独り言
「誤爆したくせーニダ・・・・
サムさん狼だったらすまないニダ・・・・」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「こんなに高速で狼が詰むとは思いもしなかったお…
この面子なのに」
サム(サム2)
「おおさかさんすまん!!!
お疲れ様・・・」
蒼星石の独り言
「占いで入れていないのは霊夢のみ・・・」
メフィラス橙(妖狐)
「これ霊夢真の南狼とかあるのかしらぁ。」
おおさか(人狼)
「どないせーと」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「サムお疲れ様だ。」
おおさか(人狼)
「いうんですか」
ギャル夫(共有者)
「さてできない夫さんお疲れッス
サムさんチョリーッスwwwwwwww


・・・やべぇ共有こええええ」
サム(サム2)
「メフィラスホントに狐かよwwwwwwwwww」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「騙りがLW。実に厳しいな、まず勝ち目がねぇメーン
これだから狼はたまらないだろ、1手で一気に絶望しなきゃいけねぇ」
おおさか(人狼)
「ちょっとーwww」
蒼星石の独り言
「霊夢狼か?」
柊つかさの独り言
「狂人が特攻●するのはわかる
けど、1W吊れた狼が●を出す理由はなんだ?」
真紅(バッタ◆RiderE.3Ks)
「お疲れ様。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「初日ゼットン吊りの呪いを掛けた。狼は疑われる。」
おおさか(人狼)
「1.霊能チャレンジ」
魅魔様の独り言
「投票結果からすると、確かに今回の結果は
霊夢が狼っぽいんだよなあ・・・」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「サム、お疲れさんだ。……見事に騙してくれたな?
勘弁してくれ、お前を疑うのは苦手なんだ」
柊つかさの独り言
「狂人の囲いにいるから?
それは弱いんじゃないかな」
ギャル夫(共有者)
「でも真紅吊れててできない夫さん噛んでるから狼●特攻していいところだと思うんすよねぇ」
博麗霊夢の独り言
「さて、向こうはメフィラスを占ってくるか・・・?
ここで被るのはまずいぜ。」
柊かがみの独り言
「んー、どうなんだろう?」
メフィラス橙(妖狐)
「おおさかはいままでの自分の言動で切らなきゃいけないところ。
なら逆に南を援護してみる・・・?噛まれない占いなら考えていいとこねぇ。」
おおさか(人狼)
「2.それ以外噛み」
魅魔様の独り言
「南は真紅投票からして、狼じゃないだろうし」
ゴドーの独り言
「さーて、どうすっかな」
柊つかさの独り言
「とりあえずおおさかさんLW目で判断
あとは狐との勝負かな」
柊かがみの独り言
「狂狼の●出しなんていう奇跡のコラボでない限り、サムは●」
蒼星石の独り言
「ここはおおさか護衛かな?」
魅魔様の独り言
「蒼の子が怪しすぎるのが問題なんだよな…」
サム(サム2)
「騙しちゃいない
俺は自分の役割を果たしただけだ
そしたらなんか真っ黒でしたwwwwwwwww」
ギャル夫(共有者)
「あと囲いにいるってのも多分正しいような
狂狼かは分かりませんが」
柊かがみの独り言
「発言タイミングもほぼ同じ……合わせる時間は無かった」
メフィラス橙(妖狐)
「今私は疑われやすいポジションなのよね・・・
村で考えればSG、ならそれ逆用すれば?」
おおさか(人狼)
「さあ、どないしょ」
魅魔様の独り言
「今日はおおさかさんかかがみんの2択…」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「1ならGJで詰む、2なら確実に詰む
おおさか、苦渋の夜だな」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「なんでやる夫を噛んだんだお!?」
ゴドーの独り言
「                                                。,r;'.:;:f''゙
                                               i'l゙t;::,:i'
                                                i゙ ヾ;`i
                                        。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                                        ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                                        tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                                        'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                                      _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、
                                     ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`
              /}                     /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
             _ !l ,.- 、                ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
            //|| ̄ `ヽ⌒',             r'"    i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
           / /  ヘ入ヽ  ∨            r┤     i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',..-‐ ヽ、
          !|  //ー, \, }           r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '      i
          l  .// ○  ○{          ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'
           \(⌒リ"  △"ノ       , 、 ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
            {こ.フ>、ー,.イ    ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
           〈二}/  ∞Y_〉 r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
┌‐────┐  └ 〉  ハ〈┘ r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
│ ゴ ド ー |     /     ヘ  ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│今は、確実に噛まれない位置に居る・・・!
│悩め、俺 考えろ・・・!
└─────────────────―─────────────────」
柊かがみの独り言
「やっぱり霊夢真、南鮮石狂、おおさか狼な気がするわ」
メフィラス橙(妖狐)
「どうせ吊ろうと思えば吊られるはずよぉ。
開き直って迷推理といってみましょうか。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「仮に、おおさかが真の場合を想定する
……まぁ、おおさかを噛むだろうな」
ギャル夫(共有者)
「あと真紅投票者に狼狐いる気がするッス」
ゴドーの独り言
「           ,,,,..-'''''''''''ー-、_.
  =;;;;;;:::,,,..   _ l:.:.:.:.:.:.:.:.. :,:,:,:,:.:.:.~`ー、                ,_ョャァ-、_,
        ,,-';.:.:.:.:.:,;,;, .,;,;,;.:.:  .:.:;,;,:.:.:.:.:.:ー、          ,.....-=:!;`.ゞヾヾヽ''''Z
       ノ;.:.:.:.:. :.:.:;,.:.:.:.:. : .:.;.;.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,`‐ .,:::;::;;;:::,,,...,,   lヘ, ヾl ,λ'' Y.',ハ
,,,,, .:::=:''''ソ;,:.:.:,;.;,:.:.:.. ..:.: :.;,;,;.:,;,;,;,.,.:.:.:,:.;,;;,;,;,;,;;i'   ゙゙'''''''''-'' .l ヽ ゙ ヾ,`ー- ', !
゙   ,.-':.:.;.;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:. .:.;,. .:.:. ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,.i         .i'  ヾ=:::;ヾ;;ミミ,!
  , -'゙.., ::: ┐;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; ,;,;,;,; ,;, ,,.   - ' ゙゙   ,...-―''z   ノ  'ゞ,__ソ
,ェ=゙-''::''''  l -...-z=ゥ ,.__ ;;  _... 」'''゙''゙    /,',',':.ァ'  ) ̄~'''''ー ヒ''゙
 ,....-ィ    ..  ゙ ノ/  l..,''゙゙゙ .( .{     ./,',',/' /'~'Z, -ー''''彡彡>,... __ノ゙
',.-゙    .-'''゙゙  Σ//|| ̄ `ヽ⌒',   /,','゙/ ./ /, '゙, '゙, '゙, '゙, '゙/゙ ''~  `'
    / '゙~    / /  ヘ入ヽ  ∨   l,///;/  ノ, '゙, '゙ '゙, '゙ '゙ '゙., '/
.  , 'ソ       !|  //ー, \, }|.} ハ/ /'/  /;'゙;'゙, '゙, ', '゙, '゙., '゙ / /゙
ノ' ソ        l  .// ☆  ○{ li! !∨// /, ', ', ', '゙, '゙, '゙., '゙ ,'/  l
゙-'゙         \(⌒リ"u △uノ | | .l Yリ / /././ ././., '゙././ .|  'i
゙            l{こ.フ>uー,.イu .l 'i リ ly//././ ././, '゙.// ./l.  'i.
             〈二}/  ∞Y_〉 'i ( ,',','.,..,'.,'/ / / //././././ヽ.....`-ェ,i
┌‐────┐  └ 〉  ハ〈┘ l l/,',リ`','/ / / ////././ ノ  / ヽ
│ ゴ ド ー |    /     ヘ   ォ,','/,',',/ / / //// /./  /    ヽ-
├───‐─┴────────────────────―──────
│ヒャッハー!金糸雀マジプリティー!けとどナギも良いよな!

└───‐────────────―────────────────」
真紅(バッタ◆RiderE.3Ks)
「私投票してたから噛みたかった。」
柊かがみの独り言
「明日まで生きていられれば、私の役目はほぼ終わりなんだけど……」
ゴドーの独り言
「∧_∧       ∬
( ´∀`)つ三 _G[__]____
/ ⊃  ノ    |            |
  
  シャッ 」
魅魔様の独り言
「おおさかさんが●引くのを待つか…?」
蒼星石の独り言
「霊能?あんなのただのちょっと便利な確定○」
サム(サム2)
「真紅疑いと○噛みだ>やる夫
ぶっちゃけ狩人が全然わからんかった」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「まさか…霊能が抜けるのか?
狩人として、霊能守る以外のコースはないと思うが…」
蒼星石の独り言
「いや、暫定○か」
魅魔様の独り言
「霊夢真っぽいんだよな」
魅魔様の独り言
「いいや、霊能行こう」
南鮮石の独り言
「どうするかなぁニダ」
ゴドーの独り言
「                          /       i   i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                          ー- 、     i   .N .!' / , , -;=‐‐‐<
                              !_,.........⊥   !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー
                            /!     | ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                           ,ノ-┤    | i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                           { ‐コ.   ____| 'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                           | ´_,`T‐┬‐"   'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                         ヽ く. /         ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,i` . ,ィ'        '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"'ー.、  
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│OK クールになろうじゃねぇか・・・
│柊つかさ 占い師に一匹 メフィラスor蒼星石 こんなとこだな
└─────────────────―─────────────────」
ギャル夫(共有者)
「うわあああああああああこええええええええええ」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「だからおおさかを護衛するのは、悪くない
だが……既に1W吊れている、村には余裕がある
ここで手堅く霊能護衛はもっとも正解に近いだろ」
            博麗霊夢 は 蒼星石 を占います
            魅魔様 は 柊かがみ の護衛に付きました
メフィラス橙(妖狐)
「あ、サム真っ黒だわ多分」
サム(サム2)
「霊守りwwwwwwwオワタwwwwwwwwwww」
ギャル夫(共有者)
「どこが真でも大丈夫なように」
柊かがみの独り言
「噛んでくるとしたら私かおおさか。
おおさか真の場合だけど」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「なるほど。まさかの初日噛みだったお。
遺言もただの推理メモに使ってたお」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「仮におおさか真の場合、さらに1Wも吊れていなかった場合、ここでおおさかを抜かれるとほぼ絶望>ゼットン
仮に、の話だけどな」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「メフィラスが吊れる前にローラーが始まると…きついな。村は。」
サム(サム2)
「メフィラスがホントに狐とはなぁ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「おおさか真で、1Wも吊れていない=霊能偽で、
おおさか噛まれた時点でローラーで2W吊れるお。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「◆柊かがみの独り言 「噛んでくるとしたら私かおおさか。おおさか真の場合だけど」

そう、こういうことだメーン
最悪を考慮するならおおさか護衛。だけど、残り2W
おおさかが噛まれても何とかなる可能性は高いメーン

よって霊能軸と判断して霊能護衛と」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「>できない夫
確かにそうか。んー、狩人もバランスが大事か…
おおさか真なら、グレランでいこうと思ってしまうな、俺は。」
サム(サム2)
「おおさかさんにはムゴイことをした
騙りのLWとか
とけたガリガリ君をジュースにして飲むよりつらいことだ」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「霊結果が出れば、おおさか飼い殺しは確定だな
南鮮石と霊夢が身内を切るメリットが無い」
            おおさか たち人狼は 博麗霊夢 に狙いをつけました
            博麗霊夢 は無残な姿で発見されました
            (博麗霊夢 は狼の餌食になったようです)
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サム さんの遺言
このアイコンなら死なないと思っていた

だが俺を倒しても第2第3の駐車場が建設されるだけだ
覚えておけ
博麗霊夢 さんの遺言
普通の巫女COだぜ。
神託の結果、
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
柊つかさ
「何度考えてもあそこで狼が●出す意味がわからなかった
だからおおさかさんLWでみたい」
南鮮石
「かわいいかわいいウリが占いCOニダ
柊つかささん○ニダ」
ゴドー
「真紅が●、つーわけでその投票先のやる実が気になったんだがな
態々自分から怪しまれかねない発言をしてる・・・「失言を恐れてない」印象はソレだ

現状断トツで疑っているのは・・・柊つかさ アンタだ
囲いを疑う段階じゃあ無ぇってのは理解は出来る がメフィラスと蒼星石は臭い
と、そう思っても違和感は少ない 違うか?敢えてそれを反らそうとした そんな印象だ」
やる実
「ふぁあ、朝は眠いですよ、常識的に考えて。おはようございます。
霊脳結果が気になるところですね。
おおさかさん本人が言ってるんですけど、投票だけ見れば霊夢さんは狼濃いんですよねー。他二人は真紅さん投票ですし。」
柊かがみ
「霊能COするわ! サムは●よ!」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「ん、む。ちっくら作業してくるお」
蒼星石
「おはよう」
おおさか
「占いCOやでー、やる実さんは○やってん!」
メフィラス橙
「おはようよぉ。霊夢がかまれてるのねぇ。」
南鮮石
「理由
発言は2行のも多いししっかりしてるように見えるニダが
1なら●●確定、2だったら△△と2パターンの考え発言が多目ニダ
これは流れ次第でどちらにも切り替えられるようにしてる中庸狐臭いニダ」
ギャル夫
「おはようッスwwwww」
やる実
「え、そこ噛み?」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「まあ、噛まれるだろうな・・・お疲れだぜ。」
魅魔様
「おはようだよ!!」
おおさか
「軽くやけど南鮮石さんへの疑いを出してはるんよね、
視点では擦り寄り臭いと判断、
かといって全体的に発言は薄くないし、グレランで票あるとはいえ
吊れるラインでもないんよね、正直ギャンブル気味やけど●狙い」
サム(サム2)
「占い噛み・・・そうだな
おおさかさん
あんたは勝利を捨ててないんだな

あ、お疲れまり・・・れいむ」
ギャル夫
「えっ 霊能●なの」
蒼星石
「ここで霊夢噛み?」
ゴドー
「LW・・・つまり占い師吊れば終わり
狐探しの始まりで良いんだな?俺はそう判断するぜ・・・!」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「割り切って真だと思った占いにベッタリも悪くないメーン>ゼットン
ジャギはそれで何度も成功してるしな。3分の1で村が勝てるんだぜ?」
魅魔様
「うは、霊夢噛みか…霊能は●と…LWだねえ」
柊かがみ
「なんだ、あと狐ケアしつつ最後におおさか南吊って勝ちじゃない」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「用意していたCO

おはようだぜ。占いCO、
蒼星石は神託の結果○●だったぜ!



霊が生きていれば今日おおさかの真は切れる。
メフィラスをグレーに戻して、あとやる実、ゴドー、つかさがグレーだ。
メフィラスも考えたが、ここは南のグレーだし、対応されるとまずい。
対抗を占ったが、発言数の落ち込みからここも怪しいと見るぜ。」
南鮮石
「ん?狂人噛みニダか?」
やる実
「あー、おおさかさん破綻ですか。正直真っぽく見てたんですけど。」
メフィラス橙
「そしてサム●でいいのなら予想通りだわ。おおさか偽
それなら南真目の可能性はぐっとたかまったわね。」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「これは貼りたかったぜ・・・」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「お疲れ様だ、やる夫。
弟鯖、感謝だぜ。流石だよな。」
おおさか
「んー、なるほど、OKOK」
魅魔様
「正直、投票からして霊夢は狼なんじゃないかと疑ったが…
南か霊夢が真ということかい」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ん、お疲れさんだ霊夢。ありがとよ、おかげで村は勝てるメーン」
蒼星石
「霊夢真なら絶対噛めない場面だと思うんだけどなぁ」
ゴドー
「破綻、そうだな おおさか・・・!
でだ 俺とつかさくらいか?完グレーってヤツはよ・・・?」
柊つかさ
「ん、霊夢さん噛みか。うーん、そうだろうなあ。南ちゃん真なんてないもん
今日はどうしよっか。私は霊夢さんのグレーから殺していきたいな」
やる実
「あ、おおさかさんは飼いでいいですね。たぶん狼でしょう。」
ギャル夫
「ああああと・・・狐ケアに入るっすよー
とりあえず一応はおおさかさんの○はグレー戻し確定で
グレランしていきましょうか」
サム(サム2)
「くー・・・霊夢に突っかかったのがまずかったよなあ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「あれ? 占い死んでる?」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「>できない夫
3分の1、悪くない決め打ちだ。
俺の勝率よりは良い。」
南鮮石
「おおさかさんの○グレー戻し了解ニダー」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「狐がさらなる墓穴を掘ったな。南鮮石真は最高のNGワードだ」
ギャル夫
「南鮮石さんは真なら死ぬ気で銃殺お願いするッス」
おおさか
「ほんなら一応LWCOしとこかなー」
柊かがみ
「噛まれた占いが真目。
で、あとは霊夢南のグレーから順に吊っていけばいいわ」
ゴドー
「囲いの可能性が高ぇのはメフィラス燈 まぁソコだよな・・・
蒼星石は発言が薄すぎて判断出来ねぇ・・・
つかさは狼疑いだったが・・・ちぃとな、もうLWだろ?」
蒼星石
「おおさかの○戻し把握」
魅魔様
「そういえば、決定者は名乗りでてたっけね?」
メフィラス橙
「わかったわぁ。
といってもおおさかのグレーで残ってるの私だけだねどねぇ。」
柊つかさ
「んーと霊夢さん視点のグレーは
蒼ちゃん、やる実ちゃん、ゴドーさん、メフィラスさんあたりかな?
ここをつぶしていきたいな」
ギャル夫
「あああやっぱそこLWッスか把握です」
サム(サム2)
「おおさかさんがここからスペクタクルを起こすぜ>やる夫」
やる実
「……そうですね。ここは霊夢さん真なら霊脳行く場面でしょうか? 狼が投げてるだけとも取れますが……>蒼星石さん」
南鮮石
「いつでもウリは必死と書いてヒロインと読むニダよ>ギャル夫
でも頑張って銃殺ねらうニダ」
柊かがみ
「というか蒼星石吊りからでもいいんじゃない?
発言薄すぎよ、そこ」
サム(サム2)
「あれ!?COしちゃったwwwwwwwwww」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「サム占いはジャストミートだったな。
サムを吊れるのは、サム小隊が裏切った場合ぐらいだ。」
柊つかさ
「LW把握
でも狐探しに協力してくれる気はないよね?
最後に吊るだけだよ」
やる実
「まぁどっちにしろLWは確定ですよね。グレー噛みお願いしますね~」
南鮮石
「LWCOニダか」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「おおさかが勝利するには、ここからメフィラスを残したまま後3回吊りを生き延びて、引き分け持込ってことになるお…」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「おおさかがCOだと・・・以外だぜ。」
ギャル夫
「引き分けにならないよう、俺ら村はグレラン頑張りましょう」
ゴドー
「まぁな、確かに発言薄いってのは同意だ
やる実狼は無い と思ったら今度は狐の可能性か・・・?
微妙だな 正直自信が無ぇ」
おおさか
「いや、一応協力はするでー、多分ね」
蒼星石
「LWCOね、把握」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「というかやっぱりあの人だったんだぜ。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「LWCOか。ここから引き分けに持ち込む算段だろうなメーン
既に占いを抜いた時点で狼の勝ちは無いだろ」
魅魔様
「霊夢か南真ならここは霊能来ると思ったんだがねえ、
決定がどこにいるか分からないのが凄く気になるんだが」
やる実
「そこ狐だとして、先に吊る意味無くないですか?どうせ霊結果○ですし>かがみさん」
柊つかさ
「LWだからといって協力してくれるとは限らないでしょ
で、今日はどこの範囲のランなの?」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「勝利は無い。引き分けこそが今回の狙い目になるお」
メフィラス橙
「んーそれは南真と考えての言葉かしら?>つかさ
あなたもグレー位置だとおもうんだけどぉ」
やる実
「あー、でも銃殺で無いの確定、って意味では吊るのもありかな。」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「しかしメフィラスを吊らない手はない…きついところだな。」
南鮮石
「メフィラスさんグレー戻しって所ニダか?」
ゴドー
「つかさの思考も村、だな 残り1Wだとするなら
疑い先がとことん村ってどういう事だよ畜生・・・!」
サム(サム2)
「くそーデビュー戦は勝ちたかったぜ!
だがまだ引き分けがある」
柊かがみ
「もう一つあるわ。
◆蒼星石  「霊夢と南鮮石は狐探ししてよ」
なんで発言薄いのに狐だけはきちんと言及してるの?
狐を言い出すのは狐の法則よ」
柊つかさ
「あ、私が抜けてたね>メフィラスさん
真は霊夢さんでみてるよ」
やる実
「当然ですね>南鮮石さん」
魅魔様
「とりあえず、つれている狐候補はゼットンのみだからねえ
まず狐は生存と見ていいと思うよ」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ああ、というか吊る。真っ先に吊る。メフィラスは吊るだろメーン
やる夫の指摘にもあったけどよ」
メフィラス橙
「つかさはなにかおかしいわね?
自分だけ抜けて考えるのは少し危険な気もするわぁ。」
柊つかさ
「とりあえずゴドーさん吊りたいかな コーヒー苦手だし」
おおさか
「一応蒼星石さんは南鮮石さんの○なんやけどねぇ」
ゴドー
「霊夢が真なら、まぁ魅魔様は疑う位置じゃあ無ぇな
恐らく狐も無ぇだろう
メフィラスと蒼星石が物凄く気になるぜ・・・!」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム(サム2)
「待ってくれ
メフィラスは吊らないでくれ
あいつはああ見えて水銀燈ディスってたりするんだ」
            柊かがみ は メフィラス橙 に処刑投票しました
            蒼星石 は ゴドー に処刑投票しました
            メフィラス橙 は 柊つかさ に処刑投票しました
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「あああ・・・
そういえば遺言・・・orz」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「現時点で、真の可能性があるのは霊夢と南鮮石
両者のグレーから吊るなら、いずれ狐は吊れるさ

んで、占いローラーを始めると」
            やる実 は 柊かがみ に処刑投票しました
            ギャル夫 は やる実 に処刑投票しました
            柊つかさ は ゴドー に処刑投票しました
            ゴドー は メフィラス橙 に処刑投票しました
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「そんな存在が流石鯖で赦されるはずが無いメーン>サム」
            南鮮石 は メフィラス橙 に処刑投票しました
            おおさか は ギャル夫 に処刑投票しました
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「やる実 は 柊かがみ に処刑投票しました

やる実……? 馬鹿な、そこは霊能だぞ……?」
サム(サム2)
「いいじゃねぇかYO
反骨精神あふれるちょい悪怪獣だZE」
            魅魔様 は 柊つかさ に処刑投票しました
5 日目 ( 1 回目)
魅魔様0 票投票先 1 票 → 柊つかさ
南鮮石0 票投票先 1 票 → メフィラス橙
ギャル夫1 票投票先 1 票 → やる実
柊つかさ2 票投票先 1 票 → ゴドー
蒼星石0 票投票先 1 票 → ゴドー
柊かがみ1 票投票先 1 票 → メフィラス橙
やる実1 票投票先 1 票 → 柊かがみ
ゴドー2 票投票先 2 票 → メフィラス橙
メフィラス橙4 票投票先 1 票 → 柊つかさ
おおさか0 票投票先 1 票 → ギャル夫
            メフィラス橙 は投票の結果処刑されました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
サム(サム2)
「何してんだwwwつかさと間違えたなwww」
蒼星石の独り言
「おおさか 狂狼狐」
サム(サム2)
「ぎゃあああああああああああああああああああああ」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ  銀様をディスって生きて帰れると思ってるのかお?
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./」
真紅(バッタ◆RiderE.3Ks)
「お疲れ様。」
サム(サム2)
「もうあかんwwwwwwwwwwww」
蒼星石の独り言
「本当におおさかLWか?」
ゴドーの独り言
「           ,,,,..-'''''''''''ー-、_.
  =;;;;;;:::,,,..   _ l:.:.:.:.:.:.:.:.. :,:,:,:,:.:.:.~`ー、                ,_ョャァ-、_,
        ,,-';.:.:.:.:.:,;,;, .,;,;,;.:.:  .:.:;,;,:.:.:.:.:.:ー、          ,.....-=:!;`.ゞヾヾヽ''''Z
       ノ;.:.:.:.:. :.:.:;,.:.:.:.:. : .:.;.;.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,`‐ .,:::;::;;;:::,,,...,,   lヘ, ヾl ,λ'' Y.',ハ
,,,,, .:::=:''''ソ;,:.:.:,;.;,:.:.:.. ..:.: :.;,;,;.:,;,;,;,.,.:.:.:,:.;,;;,;,;,;,;;i'   ゙゙'''''''''-'' .l ヽ ゙ ヾ,`ー- ', !
゙   ,.-':.:.;.;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:. .:.;,. .:.:. ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,.i         .i'  ヾ=:::;ヾ;;ミミ,!
  , -'゙.., ::: ┐;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; ,;,;,;,; ,;, ,,.   - ' ゙゙   ,...-―''z   ノ  'ゞ,__ソ
,ェ=゙-''::''''  l -...-z=ゥ ,.__ ;;  _... 」'''゙''゙    /,',',':.ァ'  ) ̄~'''''ー ヒ''゙
 ,....-ィ    ..  ゙ ノ/  l..,''゙゙゙ .( .{     ./,',',/' /'~'Z, -ー''''彡彡>,... __ノ゙
',.-゙    .-'''゙゙  Σ//|| ̄ `ヽ⌒',   /,','゙/ ./ /, '゙, '゙, '゙, '゙, '゙/゙ ''~  `'
    / '゙~    / /  ヘ入ヽ  ∨   l,///;/  ノ, '゙, '゙ '゙, '゙ '゙ '゙., '/
.  , 'ソ       !|  //ー, \, }|.} ハ/ /'/  /;'゙;'゙, '゙, ', '゙, '゙., '゙ / /゙
ノ' ソ        l  .// ☆  ○{ li! !∨// /, ', ', ', '゙, '゙, '゙., '゙ ,'/  l
゙-'゙         \(⌒リ"u △uノ | | .l Yリ / /././ ././., '゙././ .|  'i
゙            l{こ.フ>uー,.イu .l 'i リ ly//././ ././, '゙.// ./l.  'i.
             〈二}/  ∞Y_〉 'i ( ,',','.,..,'.,'/ / / //././././ヽ.....`-ェ,i
┌‐────┐  └ 〉  ハ〈┘ l l/,',リ`','/ / / ////././ ノ  / ヽ
│ ゴ ド ー |    /     ヘ   ォ,','/,',',/ / / //// /./  /    ヽ-
├───‐─┴────────────────────―──────


└───‐────────────―────────────────」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「よし、メフィラス吊れたな。村の勝ちだ」
南鮮石の独り言
「あ~、やっぱサムさん狼だったニダー
マジすまねーニダ・・」
ギャル夫(共有者)
「えっおおさかさんのLWCOとかなにそれこわい」
おおさか(人狼)
「ふぅ・・・・最終日は霊共私狐」
やる実の独り言
「VIP=デ=やらない子の常識的な『村人』日記
1日目
常識。たしかに蒼星石さんの言うとおりですね。常識なんて人それぞれ。自分が最も常識的だと思う選択肢を選ぶのが、正しいあり方だと思います。
村人でも日記を書く常識があってもいい。そういうことですよ。
いざと言うときの村アピくらいにはなるでしょ。
2日目
ぶっちゃけサムさん吊りたいんですけど、喋ってるんで無理ですね。
ゼットンさんが圧倒的初日吊り。占い三人に投票されてますし、ここは村っぽいなー。
むしろ吊られそうなのに票あんま貰ってない蒼星石さんが気になりますね。
メフィラスさんはメモ取る暇がないっぽいひと、って事だけ覚えて起きますか。
◆魅魔様  「確かに銃殺狙いの遅れ占いってのは気になるところだねえ」
魅魔様が追従、っと。
3日目
真紅さんの吊りたいっぷりがストップ高です。このフリーダムさは村っぽくも見えるんですけどね……。ちょっと残せる気がしないんで投票しちゃいました
メフィラスさんはまだ保留、ですかね。やる夫さん噛んだのは単純に疑われてるから、とも見れるんでまだ微妙なところです
4日目
サムさん狼なら、わざわざ狼囲われてるとか言うかなあ。
あ、狂人は南鮮石さんで見ますよ。投票から見ても真か狂ですし。霊夢さんはまだ分かりません。
おおさかさんは発言がかなり真っぽいのがポイントですね。投票的にも、ここ真は濃い……かな?
◆メフィラス橙  「この●は信じていいきもするわぁ。」
メフィラスさんは●出し信用路線、っと。
5日目
もうこの日記も本気で意味無いですね。
非狼アピくらいでしかないですし。せめて夜に貼って霊界サービスの足しにでもしますか。」
ゴドーの独り言
「                              ,,/      i‐,   
            、_ノ(人从,.ィ          ..i`        ~フ
             )     (          |`ー―‐'''~\_,,‐、.`、_
            ). あ 異  (,         ..|゙ー三三',・`~| |..| 、‐'
            ) り .議 (.         .ヽ=====''´...ノ.ノ_ノ| ゝ
            )      (          .`!、三''´‐´~ ノ |..i、ヽ
             ⌒Y^W⌒`         ,..――‐ヽ、`ニ, ./  |、|
                          /´'  .`、.', `ー´ ̄|´~)___
                         ./     ヽ.',.',.',',\j`~'ヽ..ヽ`ヽ_
                        _,,j      .|',.',.',.',',ヽヽ.ヽ.ヽ.!.',.ヽ\
                      ,´~      | ..|..',',.',.',',..',.ヽ,| .',|..', ', |
                      (_       | .j',',.',',',.',',ヽ',ヽ! .|. .',',ヽ|
                    ./⌒.~`ヽ    / /,.',',.',',',.',',..',',.ヽ .|..j..  |
 _,‐―‐、__,,―‐,、   _____,,,.‐´~``  ..`i  .j'~、ー´.',.',',.'.,.',.'.,',',..',',.`、.|.,','.......|
.|     |`ー々 ヽ―´            |___/ ..ヽ',.',.','.,.',.',..',ヽ..i `'.|.|........|
.|     |三   ..|  ..`i         _ノ     ヽ',',.',.',.ヽヽ,',.',.', .|.|..........|
.|     |=   ..j__.ヽ____ノ~        .ヽ',',..',',,',.',.', ...',',..l.,........|
.|     |`ー――´    ̄                ヽ',',..',', ヽ.',.', ', ',.......| 
┌‐────┐                       ヽ',',.',.'.,..',..'ヽヽ,ヽ..|......|
│ ゴ ド ー |                        ヽ',',.',.',..!..!..!',.',.! ! ......|
├───‐─┴────────────────────―─‐
│・・・

└─────────────────―──────────」
メフィラス橙(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「うーつられたわぁ。おつかれさまぁ。」
やる夫(Fox ◆SGM3HpoaHU)
「村勝利確定だお!」
おおさか(人狼)
「噛みで探せる回数は2回か」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「GM・・・怖いぜw」
蒼星石の独り言
「僕を疑わないやつは脳みそが沸いているとして」
柊かがみの独り言
「さて……これで仕事はおしまい。」
ゴドーの独り言
「            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
-------------    ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠-------
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
 ______________     ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、-------
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
------------    l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_-------
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
   ---------   l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
 -----------------  /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
----------,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴──────────────────────────‐
|当たらなければどうって事無ぇんだよ!

└─────────────────―──────────────」
柊かがみの独り言
「あとはいつ噛まれるかだけね。
頑張って狐を見つけましょう」
魅魔様の独り言
「さて、どうしようかねえ・・・
狐臭いのはつかさ、蒼星石辺りだと思うんだが…
できれば奇数進行にしたいところだねえ」
柊つかさの独り言
「多分みまさま噛んで嫌がらせするに違いない>LW」
やる実の独り言
「村人日記、ってやつですよ。昔はたまに付けてたんですけど、最近は面倒で止めてました。意外と日記書いても発言する余裕はありましたね。」
蒼星石の独り言
「霊能乗っ取りor狐の狼COのどちらかにしか見えない」
サム(サム2)
「おのれぇ・・・こうなったらおおさかさんの
最終奥義に期待しよう」
メフィラス橙(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「やっぱり狐はむずかしいわよぉ。
さ、やる夫、愛の世界へいきましょうぉ。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「覚えておけ、霊夢。流石鯖の主は……水銀党員だ」
ギャル夫(共有者)
「あと魔理沙って真確定してないッスよね・・・?
なんかだまされてないかめっちゃ不安なんすけどこれ」
おおさか(人狼)
「蒼星石さんはSG、
そこ狐やったらどもならんね」
魅魔様の独り言
「ケアは6人まで6人になったら南鮮吊らないと後が怖い」
蒼星石の独り言
「霊能真なら霊噛み挑戦して殴りあうべきだろうし」
やる実の独り言
「これで霊脳乗っ取りとかならキツイですよね。」
魅魔様の独り言
「ま、霊能の出番はないから共有護衛だね」
柊かがみの独り言
「私を残して疑いを向けさせる作戦かしら?
まさかねぇ」
おおさか(人狼)
「蒼星石さんは吊らす」
            魅魔様 は ギャル夫 の護衛に付きました
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「バルスでも使うのか?>サム」
ギャル夫(共有者)
「気持ち真紅投票者ランくらいの気持ちだったんですけど
ゴドー2票か」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「うん、それは凄く知ってるぜw>できない夫」
魅魔様の独り言
「共有護衛なら、万が一狐噛みがあってもすぐ分かるしねえ」
やる実の独り言
「一応可能性はあるんですよね~。霊夢さん噛んでる時点で詰みゲー処理、とも見えませんし」
柊かがみの独り言
「あれ……
蒼狩人の可能性もあるのかしら?」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「うんうん、蒼星石は実に訓練された村人だ
安心して見ていられるだろ。ここで楽観視をしちゃいけねぇ、杞憂ならそれでいい」
蒼星石の独り言
「かがみ真でも霊夢が真狂確定しただけで南はまだ確定してはないんだよねぇ」
ゴドーの独り言
「∧_∧       ∬
( ´∀`)つ三 _G[__]____
/ ⊃  ノ    |            |
  
  シャッ 」
ギャル夫(共有者)
「8>6>4
明日またグレランして」
サム(サム2)
「いや、自分以外を全員突然死させる
「おおさかエクスキューション」がある>できない」
ギャル夫(共有者)
「吊り数計算苦手!昼間みんなに聞こう・・・」
ゴドーの独り言
「                          /       i   i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                          ー- 、     i   .N .!' / , , -;=‐‐‐<
                              !_,.........⊥   !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー
                            /!     | ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                           ,ノ-┤    | i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                           { ‐コ.   ____| 'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                           | ´_,`T‐┬‐"   'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                         ヽ く. /         ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,i` . ,ィ'        '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"'ー.、  
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│やる実かつかさ吊って終わり臭ぇんだよな・・・
│クッ・・・!自信が無ぇ・・・!
└─────────────────―─────────────────」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ギャル夫、今のところ占いは南鮮石が真でもOKだ
余計な不安を与えちまってすまないな……だが、狼に勝ちを譲るようなことはないだろメーン」
            あと4分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「まあ・・・信用無くてすまないぜw>共有」
サム(サム2)
「これを使うと、琵琶湖が佐賀県に移動するからお勧めはできないけど」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「OK、それで正解だギャル夫。明日はグレラン、明後日で南鮮石
最終日におおさか、それが最善だろ」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「琵琶湖は譲らない。絶対にだ。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「ああ、こちらこそすまないだろ>霊夢
南鮮石とおおさかの真は8割無いと言ったが、それなら楽だろ?
だからどの占いが真でも大丈夫なようにと言ってみた

占い先のチョイスが決め手だろメーン」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「あー、私も苦手だぜw>吊り数」
サム(サム2)
「佐賀県民だってブラックバスとか釣りたいだろ!>ゼットン」
            おおさか たち人狼は 魅魔様 に狙いをつけました
            魅魔様 は無残な姿で発見されました
            (魅魔様 は狼の餌食になったようです)
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
魅魔様 さんの遺言
村人COだ

決定者が分からない以上、6人で南吊り、4人でおおさかさん吊っておくれよ
それで決定者で人外勝ちましたとか洒落にならん
メフィラス橙 さんの遺言
逆十字をまとった最凶の薔薇乙女COよぉ。

やる夫とそいとげるとき
めたのに、やる夫がきっ
と会いにくるとおもったのにね・・・

まぁ記念村だしねぇ。
文末縦読みということで。
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
柊つかさ
「なんかさー、ゴドーさんさー、自分以外の誰かが吊れればいいとか思ってない?
疑い候補を挙げるのはいいけど、村で見てるというところが全くないんだよね
これ、どういうことか説明してくれる?」
南鮮石
「かわいいかわいいウリが占いCOニダ
ゴドー検事○ニダ」
柊かがみ
「霊能COするわ! メフィラス橙は○よ!」
ゴドー
「おう、全く自信が無くなってきちまったよ・・・
しかし思考停止はノーだ・・・!」
ギャル夫
「おはようっす」
やる実
「ふぁあ、朝は眠いですよ、常識的に考えて。おはようございます。
とりあえず、真贋付かないでの噛み、ってのは確定でいいですよね。狼全露出ですもん。南鮮石さんは真か狂かは不明、ってことです。個人的には狂寄りで見てましたけどね。真紅さん投票ですし。」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「佐賀かよ>サム」
南鮮石
「理由
ぶっちゃけもうグレー2だしどっちも怪しいっちゃ怪しいニダ
発言はやる実さんのがちょっと怪しいかなとも思うニダ
ゴドーさんは発言多目でかなり前出てきてるから狐じゃない気がするニダよ」
魅魔様(越前海月◆.031Oix0L6)
「お疲れ様だ」
メフィラス橙(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「まーこれであとはおおさかさん吊ればおわりなんだけどね。
私の遺言見れば。」
蒼星石
「おはよう」
柊つかさ
「夜の予想大当たり。
LWCOしたんだから絶対協力する気ないでしょ」
やる実
「ん、そこ村でしたか。」
魅魔様(越前海月◆.031Oix0L6)
「やっぱ、霊夢真占いか読み自体はあってたな」
柊かがみ
「んでついでに狐CO出たわよ!
遺言で!」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「魅魔様、お疲れさんだ。ナイス遺言だメーン」
ゴドー
「自分以外の誰がか吊れれば良い?違ぇだろう
よーく発言を見るんだな 子猫ちゃんよ
メフィラスor蒼星石 ココを吊るしたい そう言ったハズだぜ?」
メフィラス橙(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「お疲れさまぁ」
サム(サム2)
「ぎゃああああああああ
遺言までしてwwwwwwwww」
おおさか
「あー、ちなみに霊夢さん狂ちゃう?」
南鮮石
「あ、本当だニダ、遺言気が付かなかったニダ」
ギャル夫
「やる実・つかさ・ゴドー・蒼星石から狐っぽいとこに・・・
ってえ、遺言でCO・・・?」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「おおさかは ぜつぼうに つつまれた」
やる実
「あ、そうですね。おおさかさん吊ります?」
柊つかさ
「ああ、メフィさん狐だったっぽいね
じゃあゴドーさん吊ろうか。まだ余裕あるよね」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「>サム
海がある県民にその資格はない!」
博麗霊夢(こいん◆oJ41J5BayM)
「ああ、魅魔様、お疲れ様だぜ。
神託を得るのも巫女の仕事なんだぜ?」
蒼星石
「遺言で狐でたならおおさか狐もないかな?」
柊かがみ
「はい、占いランで勝ちよ!
それで勝負つかなかったら私吊って」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「川がある県もな。ヘラブナ吊ろうぜ」
ゴドー
「待て、検事さん吊るすとか酷いじゃねぇか 金糸雀マジプリティー!」
ギャル夫
「土曜のこの時間!
負けたら俺がアホでしたでどんどん次村いこう!
おおさかさん吊りヒャッフー!」
柊かがみ
「って占いランじゃないわ、ローラーね」
サム(サム2)
「なるほど、
「ブラックバスがないなら、スズキを釣ればいいじゃない」か>ゼットン
お前頭いいな」
やる実
「一応可能性としては霊脳乗っ取りとか面白い結果もありえますけど、それならそれでおおさかさん吊りでいいですよね。
霊脳狐は内でしょうし」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「つかさ……? 何を言ってるんだ、お前は……?」
養殖ゼットン(S◆NWbgZ5eNks)
「我は養殖ゼットン。琵琶湖の特産品だ。」
ゴドー
「で、だ 占い師ランは確定だろう」
柊つかさ
「ん?昨日は私を疑いつつ、なおさらメフィラスさんと蒼ちゃんを疑ってたじゃんか>ゴドーさん
疑いを振りまいて、なおかつそれでおしまいにしてるのが怪しんだよ」
            やる実 は おおさか に処刑投票しました
            おおさか は ギャル夫 に処刑投票しました
魅魔様(越前海月◆.031Oix0L6)
「いやあ、初日噛まれるかとヒヤヒヤしたがな>霊夢
ちょっと揺らぎかけたが信じてたぞ
最初に噛まれなかったのは流石GM補正が強かったようだ」
ギャル夫
「おおさかさん吊って終わんなかったら南吊りで
残り頑張ってください」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「◆ギャル夫 「土曜のこの時間! 負けたら俺がアホでしたでどんどん次村いこう!
おおさかさん吊りヒャッフー!」


ヒャッハー!」
            蒼星石 は おおさか に処刑投票しました
おおさか
「投票ずみー」
            ギャル夫 は おおさか に処刑投票しました
サム(サム2)
「ゼットンは滋賀産なのか」
            柊かがみ は おおさか に処刑投票しました
柊つかさ
「ゴドーさん吊りたい コーヒー臭いもん」
ゴドー
「しかし・・・流石に喋る内容が少ねぇな・・・
決まっちまってるからよ」
            南鮮石 は やる実 に処刑投票しました
ギャル夫
「おおさかさん投票済みっす」
柊かがみ
「つかさぁぁ!
あんた何言ってるのよぉぉ!?」
できない夫(できない夫◆5DYYl3NWdY)
「琵琶湖産とかメチャ天然っぽい>ゼットン

というかお前、メイドイン地球かよ? 宇宙じゃなくて地球恐竜やん」
ゴドー
「俺が今飲んでるのは紅茶だ ミルクティーだ」
            柊つかさ は おおさか に処刑投票しました
            ゴドー は おおさか に処刑投票しました
6 日目 ( 1 回目)
南鮮石0 票投票先 1 票 → やる実
ギャル夫1 票投票先 1 票 → おおさか
柊つかさ0 票投票先 1 票 → おおさか
蒼星石0 票投票先 1 票 → おおさか
柊かがみ0 票投票先 1 票 → おおさか
やる実1 票投票先 1 票 → おおさか
ゴドー0 票投票先 2 票 → おおさか
おおさか7 票投票先 1 票 → ギャル夫
            おおさか は投票の結果処刑されました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
            ゲーム終了時間:2009年10月25日1時45分
ギャル夫
「お疲れ様でした!」
南鮮石
「狼すまないニダ・・・・」
できない夫
「地球恐竜ゼットン(滋賀産)」
柊かがみ
「お疲れ様、みんな!」
サム
「おおさかさん、すまない」
蒼星石
「おおさか狐か霊能乗っ取りかと思ったんだけどなぁ
霊夢噛みは」
養殖ゼットン
「琵琶湖には何だってある。アノマロカリスとか。」
柊つかさ
「お疲れさまでした」
やる実
「お疲れ様ですよ、常識的に考えて」
サム
「チョリーッスwwwwwwwwwwwww」
ゴドー
「            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
-------------    ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠-------
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
 ______________     ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、-------
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
------------    l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_-------
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
   ---------   l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
 -----------------  /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
----------,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴──────────────────────────‐
|お疲れさんだ!中々楽しかったぜ!

└─────────────────―──────────────」
魅魔様
「お疲れ様だ!!」
メフィラス橙
「お疲れ様ぁ。水銀橙ぱくったらこのザマよぉ。」
できない夫
「いい指定だったぜ、ギャル夫。ナイスだろメーン」
真紅
「お疲れ様
お仲間にはごめんなさい」
ギャル夫
「チョリーッスwwwwwww」
おおさか
「狐の遺言はない、うん」
養殖ゼットン
「ゼーットン!
流石訓練された村人は俺を疑う。それで良い。」
蒼星石
「お疲れー」
博麗霊夢
「                _             / ̄ ̄`ヽ
                  /:::::::::\         〈 ィ、     l
              /:::、:::::::::::::::\       ヽ{      l
                 /:::::::|:::::::::::_::::\      ヽ__ ノ、
              /::::::::::|:::/ : : : \:::\      ノ、__ ノヽヘ
           /:::::::::::::|〈: : : : : : : : \:::\    l         \!
              /::::::::::::::;:!:::\: : : : : :、: :\::::\ノ:l         ヽ
          /::::::::::::::/ |:::::::::〉: : : :_ 二ニf⌒iニl        l
            /::::::::::::::/ j::::::::」>''´:::::::::::::::::::: ̄:::ヽl           l
       /::::::::::::://-'''´::::::::::::::/`ヽ::::::::::::;:イヽ:::l         /、
      /:::::/ ̄ /::::::::::fヽー 、_/! ,、 |_//   |:::|        /:::::\
     /:::::::/   /::::::::::::::::| _\  |'  \、_/ヽ\ !イ!     /::::::::::::::\
  /::::::::/ /::::::ノ\ ̄`| //,イ\ノ  | ト、ヽ  \ j l      ,':::::::::::::::::::::::::>
 // ̄   /:::::::::::\ ,ゝ、_ソ/ |!|、 `ヽ l l/、 ヽ、_| l    /__;;; --'''´
      /:::::::::::( ̄`V/  l |ー|- 、`ヽ、}ノィ=ミヽ、 j      ,'`ー‐-、    神社の巫女が勝利CO!
   /:::::::::::::::::::::: ̄`イ i l l |r=ミ jノ    ノ )ノ|   i  l    ノ    さあ、みんな賽銭をよろしくだぜ!
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::_\ヽヾ ゝ   fニニヽ /イ′!  !l l ヽ〉_〈_
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `ヽノ イ    、  lVj/       l l\  ─-、 ̄`ヽ
                     / //i\ _ヽ_,ノf/    i │l   ̄_ ノ   ノ
                  〈 //ノ ノ、r=ニ三l|    l  |/ヽ二ミヽ/  /ノ
              / 三二-、‐イr'ミ(///  lヽ    l ノi|   ノl〈  / /ー-、
            //´ ///イ∠/ノ」/ / /イ! \   |/}`| /ニヾニ=、ヾ ̄ヾj
              l/  ´   〈////l / l l l{ヽ  `ヽj/ヾj/`ヽ〉ノノ、! lヽ\
                     /:::::":::::ヽ \l |│l\、  ノノ、 ヽ  〃  \ヽj∨
                  _/::::::::::::::::::::: ̄::\! | , イ〈(  ヾ三ヽ     ヽ〉
                / /::::::::::::/ ⌒ヽ:::::::::::V::レj !\`,, -─〉 〉-、
                ∨:::::::::::::ヽ  ノ::::::/ ̄  j /     /ノ  /
            , -─|:∧::::::::::::: ̄::::::::::\〈、_/        /
              ト<⌒|'  \::::::::::::::::::::::::::::`Y´           /」
サム
「だが待ってほしい
俺のアイコンは何一つ変わっちゃいない

俺はまだ負けていないぞ」
柊つかさ
「やっぱ中身不人気さんだったや
だからこそ喧嘩売ったのに、つまんないや」
ギャル夫
「やった・・・勝った・・・
ありがとう・・・ありがとう皆・・・」
やる実
「おおさかさん狐なら占い即噛みに行くでしょうしねー。霊脳乗っ取りは私も考えましたが>蒼星石さん」
メフィラス橙
「正直初日銃殺はあるよおもったのよねぇ。」
おおさか
「始まる前から死んどるがなw」
魅魔様
「霊夢は真で良かったみたいだな、
途中ぶれたが問題はなかった」
南鮮石
「真占い(笑)だったニダ・・・」
柊かがみ
「でもつかさが黒すぎだわ……
姉としてごめんなさい。」
できない夫
「しかしすまねぇな、俺にはサムと真紅を疑えなかった>ギャル夫
噛まれて正解だったろ。霊夢のおかげだな、占い軸は8割勝てるの法則だ」
サム
「ちゃうねん・・・サムアイコンは後回しやねん・・・>おおさかさん」
ギャル夫
「噛まれた後も霊夢疑っててサーセンwwwwwwww」
ゴドー
「おう、狐じゃ無ぇって確信持っちまったんだ
済まねぇな 殴り合いするつもりも無かった 最終日は>つかさ」
養殖ゼットン
「>サム
気づかなかったのか? 前日銃殺されていたんだ。サムは。」
できない夫
「つまり開始時点で2Wだったメーン>サム」
やる実
「なんというか、おおさかさんは流石だなと思いましたよ。発言が真にしか見えませんもん。何であんな真占いの発言なんですか。」
魅魔様
「後悔されなかった日記

悪霊魅魔様の狩人日記

一日目

パスだよパス

二日目
護:かがみん
吊:養殖ゼットン
犠:身代わり君

ん~、おおさかさんはメフィラス橙の反応で評価だうん。
初日に真贋ついてたら、占い抜かれたら真が抜かれるだろうな…
今日は真贋ついてないと見て、霊能いっとく。
真贋ついてなければ、やる夫か私が噛まれそうだがな…

三日目
護:博麗霊夢
吊:真紅
犠:やる夫

やる夫噛みは南鮮石狼で狐囲いを疑った上で推理の鋭い所を噛んだと見ている。
となると、おおさかさんか霊夢の2択だが、おおさかさんは偽目で見てる。
だから、今日は霊夢行こうかと思ってる。
真紅○っぽいなあ…

四日目
護:かがみん
吊:サム
犠:できない夫

ああああああ、2択とか勘弁してほしいね、
ただ、ここの●出しは信じれると思うんだ。
投票だけでみると霊夢は怪しいが…、ああ、もう分からん!!とりあえず、霊能護衛だ!!
裏の裏まで読むと、おおさかさんの身内切りか?そうなのか!?

五日目
護:ギャル夫
吊:メフィラス橙
犠:霊夢

霊夢が…噛まれた…か…
霊夢真よりでいいのかなー…
とりあえず、今日は共有護衛だ
ここでGJあったら、狐噛みか判断つきやすいし

柊つかさ
「私が黒いとか都市伝説だよ>おねーちゃん」
サム
「馬鹿な!ニフラムなんて600回記念村でしか喰らってないぞ>ゼットン」
メフィラス橙
「ていうかサムは入村の時点で吊られていたということよねぇ。」
おおさか
「まあ無理に霊チャレせーへんかったんは正解やねんけども・・・・
色々と無理wwwwwww」
できない夫
「ああ、しかし占いに狐混じりなら噛みが不自然だ
よって霊能真。レアケースを疑うのは構わないが、それに踊らされるのは勘弁メーン」
柊つかさ
「ああ、やっぱりあそこは霊能護衛だよね
霊夢さんにいける度胸ないや」
魅魔様
「とりあえずつかさが黒すぎて怪しく見えてた、すまん」
博麗霊夢
「対抗がおおさかさんなのがプレッシャー半端無かったぜ・・・」
ギャル夫
「なんか何もしてない共有でサーセンwwwwwww
このアイコンお祭り村で共有引きすぎwwwww困るwwwwww」
ゴドー
「全く的外れな疑い先だったな・・・
しかし問題無ぇだろう 他の村人が聡い
それと金糸雀が可愛い事は確定的に明らかだぜ」
サム
「いやー・・・おおさかさんには色々押しつけてすまなかった
代わりにと言ってはなんだが
何かモノマネしてやるよ」
できない夫
「占い先がメフィラスじゃなければ、まだ真だったけどな>おおさか
そこはやる実を占うべきだろ……アイコン的に考えて」
養殖ゼットン
「>サム
ニフラムは癖になるらしいぜ。脱臼のように。」
おおさか
「じゃあ、次一緒に狼なったら占い騙りよろしく!>サムさん」
やる実
「サムさんはなんか、スタンダートな白さがありましたね。普通に発言濃い。輝く白さじゃないからメタで人外かな、と思いましたけど。」
サム
「あれ?モノマネは!?>おおさかさん」
魅魔様
「メフィラスが人外に見えちゃったから、相対的に私は真切っちゃったな
>おおさかさん占い」
サム
「スタンダードに白いのになんで疑われなあかんねんwwwwwwwwwww」
ギャル夫
「ゴドー>どう考えても銀様至高。」
養殖ゼットン
「サムが占い師の物まねをすればいい。破ァって。」
サム
「イチローが4打数1安打で不調だなって言われる感じかwwwwwwwww」
ゴドー
「おおさかさん信じれば勝てる の発言が臭かったな
後は普通過ぎた 全く疑ってなかったけどよ」
やる実
「発言安定してるサムさんなんて人外でしょ、常識的に考えて」
メフィラス橙
「うーんやっぱり人外臭くみえちゃうわねぇ。
開き直って迷走した方が真ぽくみえるかともおもったんだけど>魅魔様」
サム
「占い師のモノマネってただの騙りじゃねーかwwwwwwwwww」
できない夫
「ギャル夫の判断は正しかっただろ。村の意見を聞きつつ、リードした
あとは占い次第で村の勝ちは濃厚なんだ、よくやってくれただろ
ありがとよ、ギャル夫」
柊つかさ
「あずまんがは神楽が最高だよ>おおさかさん
最初におおさかさんいたら神楽で入ろうとしたけどいなかったから私にしたよ」
ギャル夫
「霊能結果見るまで超サム村信じてたしwwwwwww
狩人GJGJ」
蒼星石
「最悪しか想定できないのってまずいよなぁ」
ゴドー
「    ィ  ,     / 、 、 rヘ_ -、゙r,。ミ}i}
   / | / ,  /    \\´:::_;ィ、__ンぐ
   ! レ′//_ --- ‐    \_ Lヽ   〉:)
   ! i! i   ,.-、 、     \`} レィ-/'´
   l 〃`=,  イ辷.ソ `    __ -ヽ 7У  ←どう見ても至高>ギャル夫
   ヽ! リ〃  ヾ- '     ィ升iy'/´
    ,〉-i!   ""     ,   ゙--"〈)
   ,/   ヾ--t‐'  ー -  ""/´゙ヽ
  ,'   ,-=V-、 ,.---, __,/`ヽ }
  ヽ、,ノム´ ,.イフ´ .‐夭´`_r、=、_ノ´」
おおさか
「つかささん>
ちなみにめっちゃ協力してたっちゅうのwww
狼視点明らかに占真贋ついてへんねんから」
柊つかさ
「まあ、私は何もしなかったけどね。
勝てたからそれでいいや 不人気さん吊れなかったけど」
できない夫
「迷走しすぎると吊られるか占われるだろ>メフィラス
そこは適度に抑えるのがベストだメーン」
メフィラス橙
「・・・カナリアンはいろいろなものを狂わせるわねぇ・・・」
サム
「おのれぇ・・・雨さえ降っていなければ」
サム
「あれ!?雨止んでる!!」
できない夫
「            / ̄ ̄\
          /   「   \
          |    ( ●)(●)
          |       | )   俺こそが究極メーン>ゴドー
             |     __´___ノ
             |     `ー'´}
             ヽ        }
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|


          できない夫
          
          口癖 メーン
          信条 不明
          好物 メーン
          備考 ナルシスト ホモ 」
やる夫
「おっと、すまねーお。電話が来てたからちっと出てたお」
柊つかさ
「完グレから噛まないあたり協力してとは思わなかったなぁ>おおさかさん
きっとチキンレースさせるつもりだとおもってたよ」
魅魔様
「うん、そうじゃなかったら、ちょっと怖かったな
どっちにしろGJ出てないけどな!!>メフィラス
上手くすり抜けられたって感じだ」
蒼星石
「霊能真なら絶対につくわけないよねw>おおさかさん」
ギャル夫
「ゴドー>AA・スレヒロインの数こそアリスへの近道
金糸雀はホームズにぐらついた以外は視界外ッスwwwwwww
銀様最高wwwwwwww
メフィラス?パチモンですwwwwwwww」
ゴドー
「                                    i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.                                    N .!' / , , -;=‐‐‐<
                                    !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー,.-
                                   ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
                                  _ i.i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
                             ,.-r‐r',ノ'っ ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
                             ,1,.!..iン' //.  'ーi'..__   ノ  '_ゝN`
  .                          / 7´  ノ       ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
                            ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、
                           io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
                           l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
                /}          l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
               _ !l ,.- 、       /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
              //|| ̄ `ヽ⌒',     !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
             / /  ヘ入ヽ  ∨    ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
            !|  //ー, \, }     i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
            l  .// ○  ○{     |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
             \(⌒リ"  △"ノ     ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
              {こ.フ>、ー,.イ      ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
             〈二}/  ∞Y_〉        !r',.  i,__.i            //
┌‐────┐    └ 〉  ハ〈┘        / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
│ ゴ ド ー |       /     ヘ         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│ゴドーは駄目だな、発言数が激減しちまう・・・
│勢いが出せねぇんだよな・・・気に入ってるのによ・・・
└─────────────────―───────────────―─」
博麗霊夢
「・・・そこの人形は誰だぜ?>ゴドー
とりあえず水銀燈最高、でも蒼星石はもっと最高だぜ。
レアな男の子というだけでトレジャーハンターの血が騒ぐぜ?」
メフィラス橙
「最近狼のSGで迷走しすぎて逆に占われないというケースが数回あったのよ。
今回のその線でいくなら南真でいききってSG主張もありかなーと思ったの>できない夫。」
やる夫

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>   このやる夫の活躍で村が守られたお!
     \ リ       l <    皆、やる夫を褒め称えるお!
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l     ア イ ド ル    /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"」
おおさか
「完グレ噛みは優しすぎるwww
一応ミマ様噛みは真贋ついてないんと、どっちにしろ残されるからどっかで噛まなあかんところやしね」
柊かがみ
「やっぱ霊能は占いあってこそねー
それ以外では迷走村人だったわ……」
ゴドー
「                              ,,/      i‐,   
            、_ノ(人从,.ィ          ..i`        ~フ
             )     (          |`ー―‐'''~\_,,‐、.`、_
            ). あ 異  (,         ..|゙ー三三',・`~| |..| 、‐'
            ) り .議 (.         .ヽ=====''´...ノ.ノ_ノ| ゝ
            )      (          .`!、三''´‐´~ ノ |..i、ヽ
             ⌒Y^W⌒`         ,..――‐ヽ、`ニ, ./  |、|
                          /´'  .`、.', `ー´ ̄|´~)___
                         ./     ヽ.',.',.',',\j`~'ヽ..ヽ`ヽ_
                        _,,j      .|',.',.',.',',ヽヽ.ヽ.ヽ.!.',.ヽ\
                      ,´~      | ..|..',',.',.',',..',.ヽ,| .',|..', ', |
                      (_       | .j',',.',',',.',',ヽ',ヽ! .|. .',',ヽ|
                    ./⌒.~`ヽ    / /,.',',.',',',.',',..',',.ヽ .|..j..  |
 _,‐―‐、__,,―‐,、   _____,,,.‐´~``  ..`i  .j'~、ー´.',.',',.'.,.',.'.,',',..',',.`、.|.,','.......|
.|     |`ー々 ヽ―´            |___/ ..ヽ',.',.','.,.',.',..',ヽ..i `'.|.|........|
.|     |三   ..|  ..`i         _ノ     ヽ',',.',.',.ヽヽ,',.',.', .|.|..........|
.|     |=   ..j__.ヽ____ノ~        .ヽ',',..',',,',.',.', ...',',..l.,........|
.|     |`ー――´    ̄                ヽ',',..',', ヽ.',.', ', ',.......| 
┌‐────┐                       ヽ',',.',.'.,..',..'ヽヽ,ヽ..|......|
│ ゴ ド ー |                        ヽ',',.',.',..!..!..!',.',.! ! ......|
├───‐─┴────────────────────―─‐
│ナルシストでホモ!その時点でもう「ヒロイン」じゃあ無ぇ!
│これは明らかに矛盾してるぜ!>できない夫
└─────────────────―──────────」
サム
「霊夢はマリサだしやる実はやらない子だし
ゼットンは養殖なのになぜ俺が占われるのだ!」
ギャル夫
「あ、初日噛まれさんチョリーッスwwwwwwwwwwwww」
できない夫
「>ゴドー
     / ̄ ̄\
   /    「  \
   |    ( ●)(●)
.   |       | |  ……なあ、ネガティブなのにナルシストとか、ありえるのか?
    |     __´_ノ   俺の特技は「自己嫌悪」なんだが
   .l^l^ln  `ー'´}    履歴書にも書いてあるし
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ」
メフィラス橙
「ギャル夫はなにをいってるのかしら?
私のカラーを見なさいな見事な黒と銀色でかたどられたボディーラインよぉ。」
サム
「水銀燈ディスってんな」
ゴドー
「蒼星石は変態が多いからよ>霊夢
銀ちゃんヒャッハーしてるゴドーも居る>ギャル夫」
柊つかさ
「や、ならさ、南偽で見てるとかいうのに霊夢の○から噛むのはどうかと思うんだ>おおさかさん」
やる実
「ネガティブな俺マジカッケー、とかじゃないですか?>できない夫さん」
やる夫

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |      初 日 噛 み        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ
博麗霊夢
「成仏させてやりたかったんだぜ、巫女的に。>サム」
養殖ゼットン
「きらきーこそ至高のドール。
これはやる夫村アンケートの結果からも確定的に明らか。」
サム
「魔法使いめ!魔女狩りじゃー!魔女狩りじゃー!」
やる実
「むしろ魅魔様は吊れないとこですし良い噛みだと思いますけどねー。それなりに狐っぽくも見えましたし。」
ギャル夫
「メフィラス>パチモンCO乙ッスwwwwww
水銀党員舐めちゃ駄目っすよwwwwww
残念なジャンクがほざいてるんじゃねぇッスwwwww
現在リアルにホットカルピス摂取してますからねwwwwwwww」
できない夫
「ああ、だが占いの信頼度、および吊り状況がそれを許さなかっただろ>メフィラス
村にはそれだけの余裕があったからな

狐ってのは、そういうもんだ
状況を利用しなきゃ勝てない。だが、もしもゴドーが狐なら勝ってただろ?
そういうことだメーン」
サム
「コロンビアGM・・・」
おおさか
「それは村の都合過ぎるw
狼視点では明らかに真贋ついてない状態から2W吊られてるしね、
最終的には狂霊私狐の形にせなあかんねんから」
ゴドー
「                                                。,r;'.:;:f''゙
                                               i'l゙t;::,:i'
                                                i゙ ヾ;`i
                                        。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                                        ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                                        tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                                        'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                                      _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、
                                     ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`
              /}                     /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
             _ !l ,.- 、                ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
            //|| ̄ `ヽ⌒',             r'"    i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
           / /  ヘ入ヽ  ∨            r┤     i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',..-‐ ヽ、
          !|  //ー, \, }           r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '      i
          l  .// ○  ○{          ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'
           \(⌒リ"  △"ノ       , 、 ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
            {こ.フ>、ー,.イ    ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
           〈二}/  ∞Y_〉 r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
┌‐────┐  └ 〉  ハ〈┘ r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
│ ゴ ド ー |     /     ヘ  ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ
├───‐─┴────────────────────―────────‐
│クッ・・・!それこそ・・・「矛盾」してるじゃねぇか・・・!
│とても悲しい・・・そう コーヒーとコーラを飲み間違えたような悲しさだ・・・>できない夫
└─────────────────―─────────────────」
メフィラス橙
「だってサムだってディスってるのが沢山いるじゃない。
アレと一緒よぉ。小隊みたいなものなら偽ではないわぁ。」
できない夫

     ./ ̄ ̄ ̄`ヽ、    ごめん、それ無理>やる実
     |         ヽ
     ヽ、___ノ/ /ヽ
       <二つ二二ノ  ヽ....
       / /  人  \  }
  .    ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ」
おおさか
「狂じゃない、共やー」
養殖ゼットン
「             _
            / ヽ       _
      _ __/ _ /       / '、
       `ー - '´ノ└ 、 , - r '" ∠゙、ヽ__
           ト、_ _,八/人し ィ´  `ー''"
              〉__ ィ 、 _ `7
          /r─‐:リn r ニ=、
          / ! ∩ 1i;;;;!/ ∩ 7
          ! ! V |i;;;;;;! V /
         i  ヽ イi;;;;;;ハ__/
       _ ノ  ミ Y イ !;;j l_
    , -‐< ヽ ( ー、ヽ _Y/  ヘ
   j>   ヽ ヽ   ヽYノ /  `ー、_
  イ  _    ノ_ ハ 、___/   ,- - ニ、r⌒ヽ- - - ───、
 ./;;ヽ  ` ー'´ `r::ヽ ヽ     r::::、イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー - - -、  r - -、 ヽ、
  !;;;;;;;ヽ      ):::ヽヽ. / /:::::::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄)--ヽノ
  ヽ;;;;;;;;;ヽ ( ̄て::::;;::ヽ V !::;;::::;;::ト- - - - - - '' "´ ̄ ̄
     i T`rニニニ):::::;;::::i ! i:::;;:::::;;::!
      ! i ! ::::;;;:::::::;;:::/ 人 、:;;::;;::ノ
     ', i ヽ.ヽ、;;;;;;// !ヽヽ;;;;;;ノ
      !冫 ヽ、_ _/ ヽノ`ヽ-イ
 / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
 | 答 |      初 日 吊 り        │|
 \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」
やる夫

        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\   しかし、何とも狼涙目の村だったお……
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    | これは間違いない! このやる夫が村を席巻するフラグにちげーねーお!
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \ やる夫村だけに!
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄」
ゴドー
「                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉            i、ノ,','ニ 'ア          ゝ 〈
 ト ノ           N .!' / , , -;=        iニ(()
 i  {             !.''´r''_,ニニ'' `,,j        |  ヽ
 i  i          ノ-====二====-ソ         i   }
 |   i        <-===三三三===->ミ     {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄ 二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |判決|     権        力       │|
     \_ 二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」
おおさか
「むしろあなたは流石GMではwwwwwwww」
サム
「俺はディスってなどいない
その証拠にカナーリンすら愛して見せる
だがイデオンは無理」
メフィラス橙
「・・・あなた円盤にさらって人類代表として「地球をあなたにあげます」というまで
故郷にかえれなくしてあげるわぁ。お馬鹿さぁん>ギャル夫」
ギャル夫
「それはないwwwww>やる夫

村をとりまくのは勿論銀様。
当然初日銃殺的な意味ッス。
鯖移転?問題ない、銀様ってだけで勝手に狐役職が来るに違いないっす」
ゴドー
「権力の無駄遣いだったけどよ まぁ気にしたら負けだろう・・・」
魅魔様
「 / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
 | 答 |      初 日 吊 り        │|
 \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」
魅魔様
「あ、みすった・・・」
やる夫

          ___
         /     \キリッ
       /   \ , , /\   流石GMとしては、
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  グレーにいるおおさかさんを吊り上げるのが目標だお!
     \      ` ⌒ ´  ,/ 
      ノ          \  
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /」
やる実
「前流石鯖終了記念→GMやる夫さん。初日噛まれ
真流石鯖開始記念→GMやる夫さん。二日目噛まれ
ですけどね。」
サム
「人気使用アイコン

2.でっていう 322回
3.やらない夫 296回
4.真紅 295回
5.やる夫 285回
6.水銀燈 263回
7.金糸雀 198回
8.チルノ 177回
9.できる夫 171回
10.翠星石 166回」
できない夫

                                       ,.へ
        ___                             ム  i
       「 ヒ_i〉             / ̄ ̄\         ゝ 〈
       ト ノ           / 「   へ \       iニ(()
       i  {            |  (●) (●) |       |  ヽ
       i  i           |    |    │      i   }
       |   i           |   __`__   |       {、  λ
       ト-┤.      .   |    `ー'´   |      ,ノ  ̄ ,!
       i   ゝ、_     .   ヽ        /    ,. '´ハ   ,!
.       ヽ、    `` 、,__    ヽ       / _" \  ヽ/
         \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7  ノ    /
             ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/  /   ,. "
              `ー 、    \ヽ::. ;:::|/    r'"
          / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
          | 答 |       サ ム は 村       │|
          \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ 」
柊つかさ
「ああ、おおさかさんは引き分けに持っていかないとだめだったのか
なるほどー。なら仕方ないか」
おおさか
「結構吊られるからwwww
主に狩人の時に・・・・」
メフィラス橙
「                  /:::'´: : : : : : : :.ヽ.
                     /,.:_:_ : : : : : : : : :_ラ__    ,
            ! ̄===-/::|`f-、`ヽ: : : : :r':.´/|─'´ア
            ヽミヽヽ._ノ:ト、ト、::\ヽ: : / イ::::j ノ--'/
             `ヽミ}::::::::|l\.\:::ヽ∨:/::::,.イ/ ̄{
             `ソヽ.::::::|ト、\.\:|::|::|/,.' /!:::/
               ミ ::::::ノ|,.ヽ:::\ |::|::/.,./.,j::::|
               |ノ::/ !:,:,:\::::`Y::::/,.,.lヾリ_ ヤクルトォ
               |、:::}彡!、.,.,:,:,:ヽ:::|::/:,:,:,:,/ヾ|リ
              ノ:::::::ヽ彡\,:,:,:,:,:∨:,:,:,/jヾ、.| |
              |_:::::::::::>、ノハ\:,:,:,:,:ィ´,.ヾ\ソ|
              ノ:::ヽ._::::::::`ヽ._ハ`ヽヾ\\ `ノ
             /´::::::::/ヾ:::::::::::::::\ソハヽヾ、r'`\
      _...   /`\::::::::/::::::::_=-'::::::\j\ リ::::::_ソ、
    /:::::::::::.} /:::::::::::::!:/::::__/:::::::::::::::::::::\ミ レ'´:::::∧
    /ト、:::::ノレ':::::ヽ_::::ノ::,./::::::::\-' ̄::::::::::::::::∨::::::::::/:::リ、
    {::::::::::´7´:::、_::::::/::/:::-=、::::::ノニ::ニ::二:::ニ::-、:::::::/:::::::::|
   |:::::::/::ヽ_:::::://::::ヽ__:::::∨::::::,ィ-、.::ヽ_::::`ー::::/::::::::::jl
   }::::/:::::::::::::::://::ヽ__:::::::::/::,.-::':::::::::ヽ:::::\::::::/ヽ::::::::ノ
   ソ:::::::::::::::::::/イ:::::::::::::ヽ/:::/、_:::::::::::::ノ:::::::::────────
   !:::::::::::::::::::レ'::::::::::::::::::/:::::/::::::::::ヽ_::::/::::::::::: 水 銀 橙
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::ノ:::::::::::::::::/´ ,r' ̄ヽニニ二ニソ::::::|
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::<_:/::::::::::::::::/::/:::::::::/ニニ二彡|::::::::!」
ギャル夫
「人類代表として銀様あがめたてまつる宗派こと水銀党を銀河系に広めろという使命っすね、分かります」
ゴドー
「真紅が大人気だと・・・!?一向に構わない>サム」
サム
「うむ、俺は村
そこんとこよろしくね」
やる夫

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\   つまり、後6回ぐらい鯖が移転すれば、不死身だお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |」
博麗霊夢

                _             / ̄ ̄`ヽ
                  /:::::::::\         〈 ィ、     l
              /:::、:::::::::::::::\       ヽ{      l
                 /:::::::|:::::::::::_::::\      ヽ__ ノ、
              /::::::::::|:::/ : : : \:::\      ノ、__ ノヽヘ
           /:::::::::::::|〈: : : : : : : : \:::\    l         \!
              /::::::::::::::;:!:::\: : : : : :、: :\::::\ノ:l         ヽ
          /::::::::::::::/ |:::::::::〉: : : :_ 二ニf⌒iニl        l
            /::::::::::::::/ j::::::::」>''´:::::::::::::::::::: ̄:::ヽl           l
       /::::::::::::://-'''´::::::::::::::/`ヽ::::::::::::;:イヽ:::l         /、
      /:::::/ ̄ /::::::::::fヽー 、_/! ,、 |_//   |:::|        /:::::\
     /:::::::/   /::::::::::::::::| _\  |'  \、_/ヽ\ !イ!     /::::::::::::::\
  /::::::::/ /::::::ノ\ ̄`| //,イ\ノ  | ト、ヽ  \ j l      ,':::::::::::::::::::::::::>
 // ̄   /:::::::::::\ ,ゝ、_ソ/ |!|、 `ヽ l l/、 ヽ、_| l    /__;;; --'''´
      /:::::::::::( ̄`V/  l |ー|- 、`ヽ、}ノィ=ミヽ、 j      ,'`ー‐-、    
   /:::::::::::::::::::::: ̄`イ i l l |r=ミ jノ    ノ )ノ|   i  l    ノ    
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::_\ヽヾ ゝ   fニニヽ /イ′!  !l l ヽ〉_〈_
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `ヽノ イ    、  lVj/       l l\  ─-、 ̄`ヽ
                     / //i\ _ヽ_,ノf/    i │l   ̄_ ノ   ノ
                  〈 //ノ ノ、r=ニ三l|    l  |/ヽ二ミヽ/  /ノ
              / 三二-、‐イr'ミ(///  lヽ    l ノi|   ノl〈  / /ー-、
            //´ ///イ∠/ノ」/ / /イ! \   |/}`| /ニヾニ=、ヾ ̄ヾj
              l/  ´   〈////l / l l l{ヽ  `ヽj/ヾj/`ヽ〉ノノ、! lヽ\
                     /:::::":::::ヽ \l |│l\、  ノノ、 ヽ  〃  \ヽj∨
                  _/::::::::::::::::::::: ̄::\! | , イ〈(  ヾ三ヽ     ヽ〉
                / /::::::::::::/ ⌒ヽ:::::::::::V::レj !\`,, -─〉 〉-、
                ∨:::::::::::::ヽ  ノ::::::/ ̄  j /     /ノ  /
            , -─|:∧::::::::::::: ̄::::::::::\〈、_/        /
              ト<⌒|'  \::::::::::::::::::::::::::::`Y´           /」
         / ̄ 二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
         |巫女|     占        い       │|
         \_ 二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」
魅魔様
「                  ___
              ,,..-‐''"´::::::::::::/
     ,r=====、   /::::::::::::::::::::::::::::l     ___
     //     ヽ/:::::::::::::::::/´ ̄ ̄;l,-‐''"´/ヽヽ
   //    ゝ`/::::::::::::::,ィ'.:ヽ  ,,..-、ト、 く´   ヽヽ
   l l   ,,.-‐メ‐‐‐-、/.:.:.:.:.:.:`"'‐、    ヽ   l l
   l l.  ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ_  イ   l l
   ト-、/.:.:.:.:/.:.:.:/ ` ヽ.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.l   ノ    l l
     ̄l.:.:.:.:.i.:.:.:/     ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:ヽ、ソ´    / /
     ',.:.:.:.:i.:.メ-、   ィ卞、ト、.:.:ヽ.:ト、.:.:.l ヽ--´/
      i.:.:.:.:i.:!{ !ソ    、_ じノ ,l.:.:.:i.:.:i.ヽ.:ヽ  ̄
      ヽ.:.:.i.:.:l  ,     ’ .i.:.:.:i.:.:i.:.:l.:.:l
       i.r、.:.:ヽ  -‐     ,/.:.:/ヽ.:ヽソ:リ
      ノイ i.:.:i.:.:ヽ _ ,イ i/.:.:i.:.:.:i.:.:i.:.:.:ヽ、
       ノ.:ヽi___くノ__//.:.:i.:.:.:.:iソ.:i.:.:.:.:.i
      //,ィ´ `ヽ、鬥,r----、`"'‐、.:.:.:i.:.:.:/
      i/::::::ヽ  --=し!ト┬- ノ:::::::::::::`'‐、.:.:`ヽ
     /::::::::::::::冫   i::::l   く::::::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.冫
   /::::::::::::::::/r、__/::::ヽ___l::::::::::::::::::::::::::冫.:iソ
  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::i!o::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/.:.:/
  ヽ::::::::::::::::::::::::/:::::::i!:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::iヽ.:i
    ヽ::::::::::::::::/:::::::::i!:o:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::/ iソ
    / `ヽ、:/::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::/  ヽ
    /    i:::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::`iー'    `ヽ
   i     ゝ、:::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::ノi       l
   i     /::::::`"'ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐'"´::::ヽ      l
   i     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     l
 / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
 | 答 |      狩人 は 狐っぽい     │|
 \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」
サム
「700回を、あと6回繰り返すだと・・・」
メフィラス橙
「こうみるとなんとなく銀様に見えるでしょぉ>水銀党員」
サム
「[凸]

 / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
 | 答 |      よくわからん     │|
 \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ」 」
養殖ゼットン
「【流石4000】」
できない夫
「つまりこの村は初日から残り2Wだったわけだな>サム
身代わりが狼でお前という毒を噛んだ、と」
サム
「うむ、ずれたな」
ギャル夫
「それはないwwwwwwwwwwほんとにないwwwwwwwwww>メフィラス
お前には燈の一文字すら勿体ないっすよwwwwwwww
サーセン素直でwwww」
やる実
「ないわ>メフィラスさん」
魅魔様
「流石にそれはないな>メフィラス」
南鮮石
「ログ見終わったし落ちますニダ
狼は全然役に立たない狂ですまなかったニダ」
おおさか
「4200回か・・・・長い道のりやなぁ」
できない夫
「>メフィラス

        r、     r、
         ヽヾ 三 |:l1 
          \>ヽ/ |` }
           ヘ lノ `'ソ
           /´  /
          / ̄ ̄\
        / 「   ヽ \
        |  (●)(●) |
        |    |  |
          |  _´___  |
           |   `ー'´  }
          ヽ      }
          ヽ、.,___ノ
   r、     r、/   r、     r、 
   ヽヾ 三 |:l1    ヽヾ 三 |:l1     
    \>ヽ/ |` }     \>ヽ/ |` }     
     ヘ lノ `'ソ      ヘ lノ `'ソ     
      /´  /       /´  /      」
ゴドー
「南鮮石はお疲れさんだ・・・」
サム
「違うんです
俺は村が良いっていったのに、おおさかさんが無理やり>できない夫
ゲーム中に無理やり唇奪われたあげく
「アナタノコトガチュキダカラー」とか言って来たんです」
魅魔様
「南はお疲れ様だ!!
ちゃんと体直せよ!!」
やる夫

                 r ┐ __
            t__)    Y  └' rっ
   r 、  /}     _,トー~-'^~┴-z (_)    じゃあ、これがきらきーになるのかお?
   | __⌒__ f    _ノ  `   u  J  '《_
   { tュ tュ }   _/  へ、  j}   ∠、,,. 〈   」\_  /|_
  ┴r ¨¨ ┴'^ア 〉u ャ‐tッ‐介 'vぐ_..ィ  Y  \ r┘ kュ rュ
   _(⌒'Y⌒)__」 〉  ` ー=」   {=ミ rー  |      └z゙ xァ
   └^^┘  j⊇    ¨≧z イf´   ノ   L._    {^' {j'^}
      _..、 ,.癶ヾ、 └{ (^''=…''"フ  ,ィ〃  \ r┴‐┴┴
     /  ( / \:::≧x、/  //ー=彡/ ゞ  }  ̄[iトフ ̄
   /     Y     V//リ    }斗ァ7// イ   _/   j厂
  /    ゞ彡  ‐ァセ^(ャ)、 /////// リ  __)  〃
  _∠/‐┘ )  ┌──────┐//厶シ'    } /
    /´⌒ヾ从_ッ│ ...きらきー ...│⌒      /{
  /    } j  └──────┘=二   r''」
おおさか
「おかしいちょっと待たんかwwwwwwwwww」
やる実
「南鮮石さんお疲れ様ですよ。」
柊つかさ
「落ちる方はお疲れ様ー」
ギャル夫
「落ちる人はお疲れ様っすよ」
おおさか
「南鮮石さんお疲れ様やでー」
できない夫
「シベリアンハスキーにレイプされたと思って諦めろ>サム」
サム
「1割ノンフィクションじゃねぇか!>おおさかさん」
博麗霊夢
「まあ・・・それはなんというか凶悪なカップル誕生だぜ>サム
あ、賽銭くれるなら神前式は任せて欲しいぜ。」
魅魔様
「1割ってどこがノンフィクションなのかが凄い気になるんだが…」
メフィラス橙
「・・・理不尽っ・・・!怪獣RPで・・・銀様っ!
やるならこれしかないはずっ・・・っ!

このRPなら水銀党員も納得のチョイス・・・っ!」
できない夫
「おい、誰か雪華綺省員呼んで来い
やる夫を消毒する必要がありそうだ」
やる実
「丁度ログで出てきて吹きましたw>アナタガー」
やる実
「呼びました?>できない夫さん」
養殖ゼットン
「>やる夫
どうやらきらきーに帰依しているゼットン陣営を怒らせたようだな。
琵琶湖特産の養殖恐竜の力を見せてやろうではないか。」
やる夫

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \ まー、ぶっちゃけた話鯖立てた時は、
    ヽ   L   |r┬-|    | 移転までするとは思ってもいなかったお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \ まさか鯖が複数立ったり、移転するとは夢にも思っていなかったお。
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
柊つかさ
「次村かぁ。どうしようかな
不人気さん行くならいこう。そして殴る」
ゴドー
「済まんな 薔薇水省は兼任してるんだが・・・>できない夫」
おおさか
「◆サム(人狼) 「あなたの事をあきらめない!」
って言われたからー」
サム
「結婚式にはみんなを呼ぶ>霊夢
だがお前は魔法使いだろ!」
ゴドー
「難しいな次村は・・・つーかGMでゆっくりしようと思ったんだがよ」
やる実
「ぶっちゃけきらきーは体が無いんで、気が狂いそうなくらい脳内変換すればまだ行けます……かね? うん、やっぱ無理でした」
サム
「む・・・そんなことを言っていたか俺は
じゃあ責任もって結婚しよう>おおさかさん」
ギャル夫
「やる夫さん>鯖ひとつ使いきるほどの人気GM流石っすwwwwwww
いつも本当にありがとうッスwwwwwww」
蒼星石
「サムは息をするように嘘を吐くからね」
メフィラス橙
「           _____________
   ___   /
 /´∀`;:::\<誰が殺した駒鳥さん
/    /::::::::::| |
| ./|  /:::::|::::::| \_____________
| ||/::::::::|::::::|
キラキーです。」
養殖ゼットン
「>ゴドー
不人気村伝説、再開だな。」
柊かがみ
「おい、誰か雪華綺省員呼んで来い
やる夫を消毒する必要がありそうだ

呼ばれて参上よ。覚悟はいいわね、やる夫?」
できない夫
「サム……貴様、いったい何人の嫁をかかえた!?」
柊つかさ
「ん、とりあえずパスしよう
一番槍貰っちゃったんだから次は譲ろうっと」
サム
「まさかここまで鯖増えるとは思わなかったよなぁw
わかめてからの移動とか今思えば割とドタバタしてたっけ」
やる夫

          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\   移転出来たのも、これまでいいプレイが出来たのも!
     /   ⌒(__人__)⌒ \  皆のおかげだお!
.    |      |r┬-|    |
    \     `ー'´    /  みんな、有難う!!
    ノ           \  これからもよろしくだお!
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\   というのは建前だお!!!!!
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ     後で皆が悶え苦しんでるログを見て、
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)   ゲラゲラ笑ってやるお!!!
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/     これからも流石鯖で悶え苦しむといいお!!
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン」
魅魔様
「おい!!サム!!とものことはもういいのか!?」
できない夫
「おい、ついでにそこの銀様も処分してくれ。明日は萌えないゴミの日だ」
サム
「2から先は数えてない>できない夫」
蒼星石
「そういえばわかめて100結局やってないよね」
柊つかさ
「不人気さんは村で殴るからこそ意味があるのになあ
GMで逃げないでよね」
ゴドー
「新鯖なら・・・新鯖ならきっと・・・!
きっと俺が望む「普通」の村になるはずなんだ・・・!」
博麗霊夢
「まあ、巫女も神仙術を扱えるしな。
魔法に見えるのはしょうがないぜ>サム」
柊つかさ
「それはない>不人気さん」
ギャル夫
「なんという外道>後で皆が悶え苦しんでるログ~
これは安心して自分が狼になったらGM即噛みできますね!」
メフィラス橙
「まったくもう、怪獣に萌えを感じないなんて人生損してるとしか
思えないわぁ。ジャンクねぇ。」
おおさか
「私には焼き鳥という旦那が・・・・帰りを待ち続けてる旦那が・・・・・・」
魅魔様
「おっと、次村が建ってるのかー」
やる実
「存分に悶え苦しませてもらいますよ、ええ。」
ゴドー
「殴り合いが苦手だからよ 一番無難な位置が好きなんだよ
つーわけでGMと霊能希望だ
中々通らねえけどな」
サム
「ともは喧嘩友達だ問題ない
おまけにあいつにはダンボールの俺よりイケメンの月がいる
まあ月も憎しみで殺すけどね」
できない夫
「翠や薔薇では100やったけどな。流石は700か

予言してやる
1001回目は1001村が建つな」
やる夫

◆メフィラス橙 「まったくもう、怪獣に萌えを感じないなんて人生損してるとしか
思えないわぁ。ジャンクねぇ。」

          ____
        / ―  -\
 ミ ミ ミ /   (●) (●)      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)      (__人__) \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /      ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /   ゝ  ::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)   (__人__)   \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
魅魔様
「怪獣に萌えを感じないと人生損しているのは同意だな
だが、メフィラス橙は認めん」
やる実
「全員1001さん……ですって……!?
なんですかその恐ろしい村。常識的じゃないにも程がありますよ」
サム
「じゃあ俺が草生やすwwwwwwwwwwwww
これで焼き鳥っぽいじゃんwwwwwwwwwww>おおさかさん」
やる夫

         ____
       /⌒  ⌒\
      / ( ●)  (●)\
    / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   不人気さん霊能で、1001さん狂人の霊能騙りで、
    |      |r┬-|    |   ガチンコ対決になりますように…と!
     \       `ー'´    /
     ノ           \
  /´              ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄」
おおさか
「そこまでして結婚したいんかwwwwwwwww」
ゴドー
「  ::| |   ',        / i;;;;;;;i  i
  ::| |   ',__      /  , '⌒ヽ  l
  ::|「::::::::::;:::::::i  ,r<  /      ヽ ヽ、_
  ::||:::::::::::;::::,::'.-..':::::::::`ー'、       `ー、ヽ、
  ::||:::::::::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:;、::::::::j          `ー'
  ::||::_::_:::_::::::、:::/: :';:::::;;;;/
  ::|「::r::‐:::i:::::::::j : : :';:::;`ー、_
  ::||:::l:::::l:::l:::::::;' : : : :i:::;:::::::::/`ヽ   べ、別にやる夫のことなんか好きじゃないんだからね!
  ::|、:::::v:::」///i : : : : ///////)/
  ::|;ヽ;::::::::::::::;:i : : : : :;:::;:::::i::i//
  ::|;;;';ヽ;:::::::;:::::i : : : :i;::::;::::j:/
  ::|;;';;;;;;;、::::::::::::', : : ;'::::_;;;r'
  ::|;';;;;;;;;;ヽ::::::::::::'、_ノ::::l
  ::|;ヽ、;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;ー、 」
蒼星石
「1001さん霊能は怖い・・・」
ギャル夫
「俺のwwwwwwwwwww
この村の存在意義がwwwwwwwwwwwwww
今wwwwwwwwwww失われようとwwwwwwwwwwww
しているwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
サムさんパネェwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
おおさか
「壮絶やったね、あの村は・・・・森崎が若林でミューラーやったんや」
ゴドー
「待て、検事さん3-1の霊能じゃないと弱い 例えるならスペランカー先生だ>やる夫」
サム
「そういうわれると、そうでもない>おおさかさん」
柊つかさ
「霊能はやだ。保身入ってるもん
やっぱり村と狐が好きだな」
ギャル夫
「1001さんの霊能騙りマジ怖い
あの村のログマジ怖い」
できない夫
「隣では、早くもでっていう村を築こうとしてるな
サム、潰してきてくれ……って、まさかお前?

草を生やしてでっていう化するつもりか?」
メフィラス橙
「だってメフィラスって今登録してる怪獣の中では一番銀様ぽいのよぉ。
あと考えられるのエンペラ橙からウルトラマンベリアル橙くらいだったしぃ>魅魔様 」
魅魔様
「あの時私が占いだった記憶があるなあ・・・」
サム
「ギャル夫はギャル夫だろwwwwwwwwwww
お前なりのリスペクトを探す旅に出ろwwwwwwwww」
博麗霊夢
「恋符「夢想封印」
             __
‐ ‐―       __ノ;;; y⌒ヽ   ‐ ‐―           ‐ ‐―          ‐ ‐―   ‐ ‐―
   ‐ ‐―   <;;;;;;;;;;;;   , ヽ_/l    ‐ ‐―               ‐ ‐―
            ̄|;;;;;;;lヽノ | / ,l             ‐ ‐―                    ...:::::::::::
 ‐ ‐―     __l三二|_ゝl=l∠_]__   ‐ ‐―                  ...::::::::::::::::::::::::: . ..:
      ‐ ‐<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____;;;;>               ...:::::::::::::::::::::::::  . ::  : . :
‐―          ) l (/ヒソ ,ヒi(     五月蠅いぜそこの妖怪      ..:::: :. ..  ..:..  ::..
      ‐ ‐―  (,(,( (_ーノヽ)        ‐ ‐―    ..::::            ....::::::::::::::::::::::::::::::
(( ⌒ )        _( >) ) l。| 人_      ‐ ‐―     .:::   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::  . ::  : . :  . ..:
  \l         ∧_ /ソ(__|。| ン__>、             |  ...:::::  :. ..  ..:..  ::..
 ____    // /  /ヽ );;;;; ;;| \ \ \ヽ       ヽ  ::::::  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 !≡≡=\    /  <;;)>O<〕;; ;;|   \ \ ,、      \    ...:::::::::: :. ..  ..:..  ::..  . ::  : . :  . ..:
 }三三=≫|i|三|i|(__r=/ ノ=====l.l^l^l^l=====   :::::
 i≡≡彡/ ヾ  ヽ  /<´  ̄ ̄( \   ̄ ̄      /     :::::::::... :. ..  ..:..  ::..  . ::  : . :  . ..:
  ̄ ̄ ̄      >、/;;;;|:::   ヽ   \ ( .⌒)        /   :::...  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 //、     / /;;;;;;;|::::::   \:::  \:: ) ) )⌒)     |   :::::.. :. ..  ..:..  ::..
(  ))     /::: /;;;;;;;;;|:::::::::::  :::\:::  \.:.⌒) )::.) )   :::.   ::::::::::::::::::::::::::::::::: . ::  : . :  . ..:」
ギャル夫
「あの村で一番迷走してたのは間違いなく俺ッスwwwwwwwwwwwwwww
2-2マジ怖いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
できない夫
「なぜ、そこで素直に水銀橙を選ぶという選択肢が無い?>メフィラス」
蒼星石
「あの人真霊能でも怖いぜぇ」
養殖ゼットン
「隣村は本家ゼットンが仕切るようだ。安心のゼットン村。」
やる夫

  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       / ⌒  ー、  :::::::::::U:\    >1001さんとガチンコ対決村
  | |       /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::|   やる夫の辛かった村の1つだお……
  | |      .|U⌒(__人__) ⌒   ::::::U::::|   あの人と弁論で戦うのは正直2度とゴメンだお
  | |       |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ  `⌒´.....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |             ::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::」
ゴドー
「狐は全く疲れる役職だな AA貼り放題 その特権がある程度だ

怪獣萌え?無ぇな 今自分でやって分かった」
ギャル夫
「メフィラスって今登録してる怪獣の中では一番銀様ぽい
>眼科へ行け。話はそれからッスwwwwwwwwwwwwwwwww」
柊かがみ
「さ、落ちるわ。
お疲れ様!」
メフィラス橙
「                 ,. -,,‐‐,-,,,,、
                  /,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;\
      r‐;ヽ、    ,. r'r- 、,;;;;;;;;;;;;;;:::. .::::;;>-、
      ト\\;`';"´ー-;;|`iー-、ヽ.;;;;;;;;;;/´,.、-t'7,,--,,─'"フ!
      ',ミミ\\,;;;;;;;;;;;;| !:°\ヽ;;;/ /°:.ノ/ヾ、;;;;;,,/' 〉
        ヾミミヽ、 i,;;;;;;;;i`l.ヽ、.:..:.ヽ Y ;.:.:./,';;;;;;;;;`/彡´
       `、ミミ∨,;;;;;;;;l |`ヽ、ヽ、.} !ノ‐'",r' j;;;;;;;;/彡ノ
        \ミヲ,;;;;;;;;;;j ト、 `ヽ、`l´/´ ノ!;;;;;;;{=/
         ∀,;;;;;;/{{xxxヽ、  i   /i〈;;;;;;;;}/ べ、別にやる夫のことは気にしてないんだからぁ
         /,;;;/彡l {.xxxxヽ  ! /xx;/ミ\;;;|! お馬鹿さぁん
         〉ヽ//,∧.xxxx ! !,.ノxx,ノ/ミミ.〉!!
         {;;;;;;レ'///{‐--‐'"`^‐-‐'〉ヾヽ`i;;;;〉
          ヾ;;}ノ///ヘ.:。゚.・o゚。・,rヘミ\`|ヲ
        /,;`'<、'/ノノ∧゚・。.o∧ヽ\` 、,}
       /,;;;;;;;;;;;;;;;;``ヽv/;ヘ∵゚/´、ヽ\>‐"ヽ
     /,;ヾ,;=;、;ヽ,;;;;;;;;;;\/ト、/ヘヾ、y'´,;;;;;;;;,/`ヽ、
  ,. r<、__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶;',!ヾヽ/_,;;-‐''",;;;;;;;;::;:;:.`ー-,、
 /,;;;;;;;;;;;;\,;;;;;;;;;;ヽ、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レト、∨',;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;:;::::::.::: .:...::;〉
/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、,;;;;_\,;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ!У_;. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;\」
魅魔様
「あ~でもエンペラ橙の方が銀ちゃんぽかったなあとか思ったり>メフィラス」
サム
「ちなみに、明日の初心者村は1001さん出陣だそうだ
かわいそうになwwwwwwwwwwwww」
ゴドー
「かがみもお疲れさんだ」
柊つかさ
「そういや私殴り合い結構希望してるのに殴り合うことあんまりないんだよなぁ
どうして?」
魅魔様
「かがみんお疲れ様」
柊つかさ
「おねーちゃんお疲れー」
蒼星石
「大丈夫でしょ 村なら噛まれるから」
やる実
「かがみさんお疲れ様。」
やる夫

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\   そこの異星人を殺す武器、なんかねーかお?
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |  今ならうまい棒10本まで出すお。
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   |
_l_____| /      |_|   |_
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´」
メフィラス橙
「それはない。素直にドールズをやるなど私のプライドが許さない。>水銀党院」
サム
「メフィラスは原作でも死ななかったらしいよ!」
おおさか
「おおさかエクスキューションって何wwwwwwwww
むしろそんな離れ業できるか!!滋賀から佐賀とか!!!!!!!」
できない夫
「意外と埋まらないもんだな……この時間帯なら即効かと思ったが
お疲れさんだ、ゆっくりログを読ませてもらうぜ

ギャル夫、ありがとな。またよろしく頼むわ」
ゴドー
「     ::|
     ::|
     ::|   /.,りi、       ,,,,,,,,,,,,、
     ::|  ,/,/  |     _,,/_,,-、丿
     ::|,/,ナi″.|\_.,/゙て゛ ,/'ヽ,,,{ ,i´
     ::|''"゙゛ ヽ"〃: ``\,べ'}  テ,゙l,
     ::|    ゝ: ー、.、、: く_   `''ト
     ::|    l゙┬ヘ,亅.| ヽ..,/ヶ
     ::|    l゙│: |,l゙ ‘i、: .,/丿    ちょっと水銀燈 やる夫から離れなさいよ
     ::|    ,}-、`|  │.,彡゙      や、やる夫の事が好きだから言ってるんじゃないのよ!?
     ::|  ___|: : : ''゙l、,l゙: i'_
     ::|,,/` : : ー、゙lく-': .,へ      男女の仲として不健全だわ!
     ::|‐i、、  ヽ     │: : `゙),,,,_」
蒼星石
「ゾフィーに山吹色の菓子を渡せば何とかしてくれると思うよ」
やる実
「初心者にトラウマ植え付けるんですか!? 初心者じゃ1001さんの強弁にいいようにされるに決まってるでしょ、常識的に考えて。ソースは私。」
メフィラス橙
「エンペラよくわかんないのよねぇ。それなら未知のベリアル橙にするわぁ>魅魔様 」
やる夫

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /   ...::::::::::.\     やる夫の記憶が正しけりゃ、
      | |   /     ...:::::::::::::.\   初代のメフィラスは死んでねーけど、
      | |   |      ...::::::::::::::::: |   それ以降のメフィラスは殺されたりしてなかったかお?
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶     とりあえずヒーロー戦記じゃ死んでるお。
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´」
ギャル夫
「お前は全国100万人以上の水銀党を敵に回した>メフィラス」
サム
「こないだやってたじゃん>おおさかさん
「おおさかぐわし!!おおさかぐわし!!」
の掛け声とともに」
ゴドー
「ゼットンのツインテール・・・かがみに似てるよな・・・」
魅魔様
「1001さんと流石GMの対決はこの村だね
http://www12.atpages.jp/yaruo/jinro/log/275.html」
柊つかさ
「1001さんはトラウマを植え付けるために初心者村に行くに違いない」
ギャル夫
「落ちる人はお疲れ様っす!
夜安心のリードをくれたやらない夫さんマジサンキューッス!」
サム
「隣は埋まらねーよーだな!
ちょっくらいってくっか!
GM村建てありがと!お疲れ!」
蒼星石
「エンペラ、レイブラッド、ジュダここらの辺のチート組でやってみてw」
やる実
「さて、私も隣村行きますかねー。お疲れ様です」
養殖ゼットン
「>ゴドー
かがみはツインテールに譲るべきだ。」
魅魔様
「ギャル夫、それは地味にひどい気がするw」
メフィラス橙
「.        ヾツ
         l|
        i ̄ ̄i
    />、ン_ _ ノ^ヽ、
   </  `ー      !、_ まちなさいよ!あんた私のやる夫になにちかづいてるの!
.  ,‐〉゙ __._  ゚w゚ /|l ̄l| あ、こ、これは私の友達という意味なんだからねっ!
  /   |l ̄l|    ", |l_l|┐けっしてこ、恋人とかじゃないだからねっ!
 「>" ,, |l_l|     / ̄/i\
. <-<  "´, ̄ `    、.\" 'ノ /
  \\ 、 __ 、ヾ  />´―'
    `ーソ__ノ_∧__X/」
博麗霊夢
「さて、私も落ちるぜ、お疲れ様だ。」
やる夫

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \      皆、行ってらっしゃいだお!!
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \」
ゴドー
「おう、そうだな ゼットンはゼットンが一番良いか>ゼットン」
メフィラス橙
「ふ・・・ほぼ全てのドールズとラキスタメンバーの怪獣RPしている私は
すでにほぼすべてのファンを敵にまわしている!>ぎゃる夫」
魅魔様
「みんな、お疲れ~」
おおさか
「1001さん、tuyさんを引き連れてゆっくりさんの出陣かー
というか選抜村ほんま狐よう勝つなwwww」
メフィラス橙
「おちる人お疲れ様よぉ」
養殖ゼットン
「落ちる人はお疲れ様だ。俺も落ちるか。
普段常用しているアイコンがなかったから養殖ゼットンになってみたぜ。
ゼーットン!」
おおさか
「私でぐわし流行らそうとすなwwww」
魅魔様
「さて、向こうも埋まったからな~
私はどうするかね・・・」
ギャル夫
「メフィラス>逆に尊敬しそうッスwwwwwww
マジパネェwwwwwwwwwwww」
柊つかさ
「落ちる方はお疲れ様ー」
ゴドー
「            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
-------------    ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠-------
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
 ______________     ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、-------
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
------------    l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_-------
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
   ---------   l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
 -----------------  /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
----------,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴──────────────────────────‐
|それじゃあ検事さんも、これで失礼するぜ お疲れさんだ!
│GMは新鯖ありがとうな!参加者の皆もまた何処かで会おうぜ!
└─────────────────―──────────────」
柊つかさ
「今自信喪失中で選抜村行ける気がしなかった
裏でGMしてたよ」
メフィラス橙
「あれ、ノーマルゼットン150で登録してるはずだけど>養殖」
博麗霊夢
「そうだ、七色の魔法使いRPなんてどうだ?
ついこの間、グラ何とかっていうばかでかいモン作ってたぜ?>メフィラス」
養殖ゼットン
「いや、俺は本家ゼットンではない。
本家は隣村だ。」
おおさか
「落ちた方、移動した方、お疲れ様やでー」
メフィラス橙
「じゃー私もおちるわぁ。
GMは新鯖おめでとうございます。
ではお疲れ様。」
ギャル夫
「家に帰ったら丁度記念村が立っていた
荷物置いてる間にはじまるかと思ったらフライングでgdったお陰で入れた
GMにもフライングした人にも悪いんスけど、正直めっちゃありがてぇ」
魅魔様
「メフィラス橙もお疲れ様」
魅魔様
「私はフライングしてる人を尻目にずーっと待機してたねえ…
まだかなーって状態だったよ」
養殖ゼットン
「お疲れ様だ。さらば。
初日吊りでも勝てて良かったぜ。ゼーットン!
【豆知識:ゼットンの養殖場は琵琶湖】」
やる夫

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) しかし、ちょっと質問してみていいかお?
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|  いや、個人的な質問なんだお。流石鯖には全然関係ないお話。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /」
魅魔様
「ん、なんでございましょう>流石GM」
おおさか
「ほいな?」
やる夫

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   やる夫スレ見る時、リアルタイムで追ってる人に質問だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  投下時間って1レスごとにどんくらい間空けた方が見やすいと思うかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
ギャル夫
「1分~2分ッスかねぇ
まぁ俺あんまりリアル追いはしないんすけど」
魅魔様
「ん~…私はリアルで追うときは20分くらい間あけながら追うからなー…
連続するなら1分から2分くらいかな、もうちょっと早くてもいいかもしれないけど…
>流石GM」
ギャル夫
「3分以上空くと不安になるッス」
魅魔様
「なんか、隣村にサムモコタンがいるな…」
やる夫

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  解答有難うだお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /」
おおさか
「リアルでも10分か15分くらい感覚で読むからなぁ」
ギャル夫
「きちんとリアル追いの人少ないんすねー
俺も最後に追ったスレとか既に完結してるんスけどねwww」
おおさか
「あ、逆にやる夫さんに聞きたいねん、
今回の噛み消極的過ぎるかなー?」
魅魔様
「私はまとめて読みたいタイプなんだよなw>ギャル夫
だから、大体読みたいのがあったら、まとめを見るか
好きなのは投下日に30分くらい時間おきながら見てる」
やる夫
「         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \ ま、まとめブログで読んだ方が明らかに読むのは楽だお……
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/ ただ、俺速さんが更新停止してるから、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  リプレイは追う必要があるお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
柊つかさ
「えーと、私はやる夫スレリア無タイムで見たことないからわからないや。ごめんね」
やる夫

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  今日の噛みかお……
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \」
おおさか
「リアルの時でも、基本何か→更新→何か→更新やからねー
あんまりリロードし過ぎてもあれやし、
慌てんでも逃げへん、の心境やね」
やる夫

     ____
   /      \    とりあえず、日付で追ってみるお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  2日目:やる夫(暫定○)
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   結果的には村噛みになっちまったけど、
(  \ / _ノ |  |    狐探し、狩人探しとしては文句のねー噛みだと思うお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 」
ギャル夫
「いや俺も別のことしながらチョイチョイ覗きたいんすけどねw
俺以外に見てる人はいるんだろうかこのスレってスレとか
静かに進行してる好きスレはつい合の手やら乙コメしたくなるッス」
おおさか
「うんうん」
やる夫

..      ____
     / ―  -\   次、できない夫(共有)
.  . /  (●)  (●)   強いて言うなら、ここが多少弱気の噛みかお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   | 1匹吊られた状態だと、結構余裕がねーお。
.  \           /  占いか霊を齧る、という選択肢は無かったかお?
.   ノ         \
 /´            ヽ」
おおさか
「占噛み、霊噛み、どっちもやねぇ
うん、確かにあそこのできない夫さん噛みは弱いかなー」
おおさか
「自分が潜伏役やったら霊噛みいったかも」
やる夫

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  まあ、狼一匹吊られたのを見せた方が狐探しに目向くんで、
 /    ─   ─ ヽ あそこは霊噛みはしなくてもいい所かもしれねーお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/  ……あるいは、魅魔噛み。 狼は真狂判断がついていないというのを見せて、
  /  (丶_//// \  狩人の護衛を動かす、という手があるかもしれねーお。」
おおさか
「あ、ミマ様噛みか、なるほど・・・・
その発想はなかった!」
柊つかさ
「なるほど。噛み先の話題は興味ありまくりですね」
魅魔様
「私はいつ噛まれるかビクビクしていたがね!!
狩人だと大体初日に○もらうのは何故だ…」
やる夫

     ____
   /      \   
  /  ─    ─\  んー、やる夫的に考えると
/    (ー)  (●) \ “潜伏が多弁なら”霊を噛んでおいた方がいいかもしれねーお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  / グレー噛みを減らす事によって、後々の
(  \ / _ノ |  |   “多弁なのに生きてる”疑惑を交わしやすくなるお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
柊つかさ
「仲間の狼からも判断・・・ということかー」
おおさか
「うん、それはわかるなー
多弁に限らず「そこが何で生きてる?」っていう視点からすると霊能邪魔やからねー」
やる夫

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \ 潜伏が中庸、ステルス系、あるいはフリーダム系の場合は、
|       (__人__)    | 占いを噛むと思うお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   噛まれずとも不自然じゃないけど、占いにとっ捕まるパターンが多いお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
おおさか
「まあ悪い癖やわなぁ、今回は
サムさんと立場が逆やったら、次点としてサムさんでも勝てる方策として霊噛みをいう、
自分が騙りやと、潜伏役で勝つ方策として占噛みを提示、やからねぇ
ネガティブというか弱気やなぁ」
ギャル夫
「ミマ様>狩人やって3日目に狂から●貰った俺と笑いあいませんか!」
おおさか
「霊夢さん抜ける気がせーへんかった予感は間違ってなかったんやが・・・
護衛引っ張れん占騙りは無力」
やる夫

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  共有噛むのもグレーは減らさないという意味でOKだお?
|       (__人__) l;;,´|   特にできない夫は司令塔だったから、
./      ∩ ノ)━・'/   村の混乱を齎す、という手段としては理想的なアクションだお。
(  \ / _ノ´.|  | 
.\  "  /__|  |    ただ、今回の狼が1匹やられてる、という状況においてはちと弱い噛みじゃないかお?
  \ /___ /    とやる夫は思うお。」
魅魔様
「そうなったりすると、噛まれたり吊られたりして、
どうしようもないよな!!>ギャル夫」
やる夫

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   で、次。  霊夢。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  ……これ、ちょっと分からんのだけど、なんで噛んだんだお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |      銃殺阻止、って事かお?|
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
ギャル夫
「あれ」
ギャル夫
「できない夫共有って噛まれる前からばれてましたっけ?」
やる夫

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  銃殺阻止、つまりこの時点で最終日の引き分け狙いに思考をシフトさせてたのであれば、
 /    ─   ─ ヽ 流石だ、としか言わざるをえねーお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/ 最終日引き分け狙うのであれば、これが最善だとやる夫も思うお。
  /  (丶_//// \」
やる夫

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   そうだ! できない夫はグレーだお!!!
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿」
おおさか
「状況的に霊チャレは無理っちゅう判断やね、
判断理由はだいたい霊界で言われてた通り、自分狩やったら絶対霊護衛やし、
狩候補もゼットンさん・やる夫さん・初日、初日はともかく2人とも狩っぽくなかったし
真占抜きで引き分け狙いやね」
やる夫

          ___ _
       . /  >‐-、\   ま、まあ!
     . /~ヾ, j|  。 } \ 狼視点確定○だから、そうはかわんねーお!!
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
おおさか
「うん、噛みの状況としては○2つもらい、っちゅうだけやね」
ギャル夫
「グレーつか○2なんで白濃厚ではありましたが」
柊つかさ
「んー、やっぱあそこで引き分け狙いに走れるのはすごいなぁ
わたしなら心が折れてる」
魅魔様
「凄いなあそこで引き分け狙いにいけるのかあ…」
やる夫
「     ____
   /      \
  /  ─    ─\   そこだお。
/    (●)  (●) \  多分やる夫でも心折れてるお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /  そこで引き分け狙いにシフト出来るという思考展開の早さと決断力。
(  \ / _ノ |  |    これがおおさかさんのこえー所だお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
柊つかさ
「おおこわいこわい
狼なら噛め、村なら吊れ、は至言ですね」
おおさか
「心は限りなく折れてたw
私に護衛きてないやろなー、という原因がメフィラスさんやったし、
そこ狼の囲いでも共有でもないんやもん、頼むからそれなら狩であってとw」
やる夫
「     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  それからの噛みはまー順当過ぎて何とも言えんお。
|       (__人__) l;;,´|   
./      ∩ ノ)━・'/   敗因は、シンプルだお。
(  \ / _ノ´.|  |    “初手で狐囲い”……これだお。
.\  "  /__|  | 
  \ /___ /」
ギャル夫
「おおさかさん・・・怖いから吊りたい
サムさん・・・なんか白さに目が眩むから吊りたい
そう教育されてるんすけどねwwww」
おおさか
「まあ、初手狐囲いはなー・・・サムさん捕まらへんかったら吊れるとこかなーとは思ったんやけど、
色々噛みあわへんかったという感じか・・・・」
柊つかさ
「初手の占いは半ば事故ですよねー
ここだけはどうしようもないかと」
おおさか
「(ちなみに、霊夢さん噛みを見届けてやる夫さんが作業へ行きはったから、
 結果的に霊噛まれへんかったとはいえ、消極的過ぎたんかなと・・・」
おおさか
「引き分け狙い=勝ちを捨ててる、っちゅうことやからね・・・」
ゴドー
「狼が騙る場合、全力で仲間を囲うというのも手
俺はそう教わったぜ・・・ 何せ狐を囲う確立が低くなるんだからよ」
柊つかさ
「あ、不人気さんもどってきた。吊ろう」
魅魔様
「個人的にはおおさかさん実は決定者じゃないかと思ってた
誰も決定者言ってないから人外が持っていったのかな~とか思った

でも、決定者は初日だった」
やる夫
「             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   仲間を囲えば、狐を囲わないお?
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   最近初手囲いも減ってるお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   チャンスだお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄」
ギャル夫
「ミマ様>あるある」
おおさか
「それも1つの考え方やねー
ただ潜伏役がランで捌いてくれるなら交換占いでもない限り、銃殺させへん位置でもあるねん」
ギャル夫
「それで若干吊り順に不安を覚えた>決定」
魅魔様
「だから、吊り順だけを遺言残したんだけどね>ギャル夫
村側としてできる最大限の狐ケアだし、吊れてたけど」
柊つかさ
「たしかにおおさかさんが決定者かと一抹の不安を覚えた
けど、決定なら騙らないだろ、とも思った
とはいっても不安ではあったけどねw」
おおさか
「早めにLWCOしたんはそれ恐れさせる為のブラフはあったww
共霊私狐にした上で決定者COして、狐指定さすという・・・・」
やる夫

       ____
     /ノ   ヽ、_\   これだからおおさかさんはこえーお
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /」
魅魔様
「真面目に決定者持ちかもと恐れてた>おおさかさん
あそこでLWCOしてきたってことは何か秘密兵器があるんじゃないかとw」
ゴドー
「GEDO戦記 おおさか」
柊つかさ
「なんでそこまで頭が回るかなーw」
ゴドー
「ま、見事に決定者は身代わり君だったワケだ
それに・・・その前に終わっちまった・・・」
おおさか
「残り5で決定者COして、
全力で狐探しはしたアピールしつつ、狐が吊れんかったら・・・・
無理かなぁ、というか無理やってんけどw」
ギャル夫
「おおさかさんの早期LWCOにはそんな意味が!こわい!
まぁLWCOは正直信じられなくてだまされてるんじゃと本気で考えたんすけどねwwww
できない夫と霊能真確認しあっておいて良かったッスwwwwwwありがとうwwww」
おおさか
「でもまぁ占い噛みはアリならよかった・・・・
護衛先が霊→占→霊やし歯車が噛み合えへんかったか」
やる夫
「狩人の護衛先とか読めねーお。普通。

神に祈りながら噛むしかねーお。噛みだけに。」
柊つかさ
「よし、私は落ちようかな
皆さんお疲れさまでした」
魅魔様
「うむ、初日で真贋ついてないなら、
やる夫か私が噛まれるだろうなとは予測していたからな、
それで私抜かれたらどうしようかと思った>おおさかさん

まあ、メフィラスが人外臭くなかったら、分からなかったかなー」
柊つかさ
「やる夫さんを処刑するにはどうしたらいいっけ?」
魅魔様
「つかさ、お疲れ様」
魅魔様
「なにやらいま温度が下がったようだが、誰か冷房でも入れたか?」
おおさか
「つかささん(仮想狐であって候補1)お疲れ様やでー」
ギャル夫
「つかささんお疲れ様っすよー」
ゴドー
「つかさお疲れさん やる夫は座布団ボッシュートだ」
おおさか
「いや、窓開けた人おるんちゃう?
冷房やとこの季節スイッチ入れても動けへんでー」
やる夫
「Noooooo!!」
魅魔様
「ああ、そっか
いやあ急に温度が下がったからびっくりしたよ>おおさかさん」
おおさか
「しかし久々に流石GMと同村できたと思ったが、
同一陣営にならんもんやな・・・・うーむ」
やる夫

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  そーいえば、おおさかさんと同一陣営になったのって、
|       (__人__)    |  滅多にねー気がするお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /」
やる夫

        ____
      /      \
     /  ─    ─\  探偵村で同村した時は、投票でぶっ殺した記憶もあるお…
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |ナムナム
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ」
魅魔様
「そういや、狼のメンツって良く見たら豪勢だなあ、
サムにバッタさんにおおさかさんだもんな」
ゴドー
「確かにな よくこの面子の狼に勝てたモンだ
狐は輝く黒さだったけどよ」
おおさか
「私がアル夫さん騙った時は狼で同一陣営やったか・・・・
あとGMがロシアで村やった時は私ベアで共有やったくらいかー」
おおさか
「その後やる夫さんがバルスやった村やねw
っていうかアル夫さんが探偵やった村やww」
ギャル夫
「おおさかさんーFOXさんの共有とか何それこわい」
おおさか
「その組み合わせは未だかつてないな・・・・
というかそれやとおんぶに抱っこでついていくと思うw」
ギャル夫
「ああGM村でおおさかさん共有片方って意味ッスかwww
早とちりすみませんwwwwそんな村の人外陣営になったら泣きますwwww」
やる夫

      ____
    /_ノ   ヽ_\    アル夫さんとおおさかさんは、面白いぐらいに縁がある2人だお。
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  逆にやる夫はあんまアル夫さんとプレイしてねーんだお。
 |        ̄      | 
 \               /」
やる夫

          ____
        /_ノ  ヽ\   おおさかさんと共有になったら、
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\ おおさかさんに推理任せて、やる夫はグレランで吊られてるお
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ」
おおさか
「権王の時は流石GM狼で私狐、GMの●で葬られたなwww」
ゴドー
「本屋さん狂人 できない夫 1001さん めるめるさん アル夫さん狐

こんなとこか」
魅魔様
「ガクガク(((((;゚Д゚)))))ブルブル」
ギャル夫
「こわい しかしログ読みたい」
ゴドー
「できない夫 1001さん めるめるさん は狼だな
共有はおおさかさん-Foxさん
これで完璧だろう」
おおさか
「その前は流石GMがアル夫CNで狐勝ち、
私は3日目で噛まれる共有・・・・なんぞこれはwww」
ギャル夫
「今回のサムさんおおさかさん2人の夜会話めっちゃ面白いッスwww
こういうログは読んでて面白いので嬉しいっす」
おおさか
「やっぱり負けてるよね、うん!!」
おおさか
「身内票投げるかどうかは死ぬ気で考えるねん、
でほとんどかみあってない2人の会話www」
やる夫
「サムさんの夜会話の面白さは異常だお」
魅魔様
「サムは夜の会話が逸脱しすぎて、最高だね
ここ村だと確信したら最後まで取っておきたいくらいだよ」
ギャル夫
「サム「サム、逝きまーーーーーーーーーーーーーーーーーーす」
→サムは人狼の襲撃にあいました
はリアルに吹きましたwwwwww
なんだもうwwwww」
ゴドー
「確かにな サムさんの夜の会話は凄ぇな・・・
正に独り言って感じだ」
おおさか
「その前でようやくJOJO村か・・・・この村くらいやん、私流石GMに勝ってるんw
っていうかこの村も別陣営やwww」
やる夫
「本当に、やる夫とおおさかさんが同陣営は数えられるくらいのレアケースだお。
ちなみに両方とも、生きてたためしがねーお。
大体死んでるお」
ゴドー
「おおさかさんとFoxさん 残せるか?俺ならノーと答えるぜ」
魅魔様
「おおさかさんも流石GMも残しておいたら怖いですもん」
おおさか
「見てたらまず同じ村率が低いwwwwなんでやー」
おおさか
「JOJO村以前やと、249で私暗殺者、GMが占い!」
やる夫
「うーん、本当に同村率が低いおw」
ギャル夫
「どっちも良く見かける印象なんすけどねぇwwww」
おおさか
「森崎村私おった!!!
観戦してた記憶あると思ったら私また共有wwwwwww」
ゴドー
「おおさかさんは見るけどよ、Foxさんはあまり見かけねぇな・・・」
おおさか
「しかもグレーから2日目夜に噛まれてるジャスティス!」
やる夫
「おおさかさんは本当に良く察知されて噛まれるお。


やる夫も、おおさかの名を名乗った瞬間噛まれたあの日のこと、
忘れねーお」
魅魔様
「流石GMが森崎の時は私へにゃぴん占いでよく勝てたと今でも思うw
間違えた占い先が●じゃなかったら本当に危なかったw」
おおさか
「暗殺できなかった暗殺権力・・・・」
ゴドー
「狼:おおさかさん吊られないかなー
村:おおさかさん噛まれないかなー
狐:おおさかさん霊界行かないかなー

だからな、生存率の低さはそういう事だろうぜ」
おおさか
「森崎村、めっちゃ観戦してた記憶あるのに参加してた意識が全くなかったのはこういうことやったんかw」
魅魔様
「狂狼狼-真狼狼の内訳の村ですね
あの村は忘れられない…流石GMのおおさかさんCNで即死」
やる夫
「おや、702村。LWCOしてるお。

最近、村が強くなったお」
ギャル夫
「霊能騙りが1001赤さんで真霊能が流石GMで森崎の村は俺めっちゃ迷走してたwwwww
なんかほんとすんませんwww勝てて良かったwww」
おおさか
「うん、村強いねー」
ゴドー
「さて・・・今度こそ落ちるか、皆お疲れさんだ」
ギャル夫
「ゴドーさんお疲れ様ッス」
おおさか
「その前が銀狐で流石GMが村、
その前は本屋GM占いにゼットンさんが悲劇やった村が私狼GM村の村勝ち」
やる夫
「お疲れ様ー」
おおさか
「ゴドーさんお疲れ様やでー」
魅魔様
「ゴドーお疲れ様だよ」
おおさか
「それ以前はetcetcか・・・・うん、十分流石GMにやられてる印象は間違いなかった!!」
やる夫
「やはり水銀燈狐で勝利されたのが恐ろしいお」
おおさか
「あれもめるめるさんがより完全な形で達成しはったからねー」
ギャル夫
「おおさかさんで銀様狐勝利村ってここですよね?>http://www12.atpages.jp/yaruo/jinro/log/244_r.html」
やる夫
「めるめるさんもとんでもねー人だお。

あの人が最強クラスの人間としてあがんねーのが違和感たっぷりだお」
おおさか
「どう見てもめるめるさんが最強です、ありがとうございました、
あと流石GM」
魅魔様
「2回目の銀ちゃん狐勝利、めるめるさんの狐の時は
私が共有だった・・・銀ちゃん狐で負けたというのがとても悔しい…」
おおさか
「私が色々目を引いてるが、
めるめるさんとか流石GMとかできない夫さんとかサムさんとかもうねwww」
おおさか
「ツバメさんもそうやし、7~9月に始めた人でもブリブリ上手くなってるし」
魅魔様
「めるめるさんとか見てていつも上手いなとは思ってるなあ
ツバメさんとかも、おおさかさんや流石GMも上手いと思ってます
というか、上手い人多すぎです」
やる夫
「おおさかさんはアル夫さんに愛されてるからだお」
ギャル夫
「俺おおさかさん水銀燈勝利ちょっと手助けしてるッス・・・
ベテランみんな畏怖敬慕。こええつええかっけえ」
おおさか
「狐村と外道村は話題にも上ってたけど、探偵村は予想外やってん
ほんまにありがとうございますとしか言いようがあらへん、
しかも本人比10倍界王拳でかっこええし」
おおさか
「ギャル夫さん、よかったら旧HNを・・・・」
ギャル夫
「ボクイイコ◆.c7ax57GNE>が旧ッス
なんかもう すんません」
おおさか
「最後に私に○くれた狂人さん!!!」
やる夫
「やる夫も随分格好よく取り扱ってもらっていたお!

リプレイをああやってAA化するのって、果てしなく大変だと思うんだけど、
それを面白くやる夫スレ化出来るのはやはりアル夫さんはすげー人だお!」
おおさか
「結構途中でHN変わった人で見失ってる人多いねん・・・ごめんなさい」
ギャル夫
「前モヒカン鯖の試験村で酉バレしちまったんで変えました
鯖によって酉つけたりつけなかったりをまた間違えそうなんで酉ごとやめましたね」
ギャル夫
「いやいやキチンとHN変更とかどこかで纏めてたりはしないと思われるんでw
リプレイはすみっこに出てるだけで嬉しい初心者ッス
お二人はマジカッケーっすね、本物もリプレイも」
おおさか
「流石GMもかっこよかったなぁ
というか夜からかっこよかったもん、私探偵村の夜ほとんど無言で泣き言ばっかりやったからw」
やる夫
「どれかネームを一貫しておくといーお。

時々やる夫はボケて名前間違えるお。
Faxになってるお。」
やる夫
「探偵村の狩人は結構気楽だお?

のほほんとしていられるお」
おおさか
「楽しんでくれるたり、きっかけになってくれたら一プレイヤーとしてこんな嬉しいことはないねんで」
魅魔様
「でも、リプレイにでるということは
それだけ魅せるプレイをしたってことだからねえ、
そういうプレイができるのはかっこいいよ」
おおさか
「ボケてなのか・・・・っていうかそれ旧HNでは??」
魅魔様
「わたしゃ越前海月で統一してるねえ
トリがあったりなかったりするのは、実は秘密があるんさね」
ギャル夫
「越前海月さんはシャロンか支配人の印象ッスねー
シャロンアイコン作ったの俺なんで使ってもらえてるの見ると嬉しいッス
てゆうか本当作ったアイコンが使われてると大歓喜」
やる夫
「アイコンを登録とかしてくれる人は本当に偉大だお。
やる夫も、感謝の気持ちを忘れないでいたいお」
おおさか
「私視点やと、それこそ流石GMが流石GMやったやる夫村ができた頃に
人狼の右も左もわからんまま飛び込んだ新参やったし、
夜に魅せる発言できるわけでもなく、色んな人に教えてもろたり、色んな人と考えたりしてきた結果やからねー
そういう意味で新しく始めた人でも、全然大丈夫やで!って見てもらえたら理想なんやけど、
どうも外道が外道で外道なだけにおかしな方向にwww」
おおさか
「サムさんとかtuyさんとかもそうやねん、
ましてやTRPGの下地もなかったし、せいぜいMTGちょっとやってた程度やから」
やる夫
「考えてみれば、おおさかさんってはじめ初心者だったかお……

おっそろしい人だお」
おおさか
「初日相方やって共有が言うてるのに霊COする狐とか明らかに初心者ですw」
魅魔様
「ああ、やっぱりあの頃の私を知ってる人はみんなそんな感じだねえ>ギャル夫
最近は魅魔ばっかりだけどw
アイコンは既存絵を加工するのはラクチンだけど、
実際書くと絵がつたなすぎてなける…」
おおさか
「アイコンはホトボリが醒めた頃に12球団は移植します(ぇ」
ギャル夫
「初めて入った村が占い無双気味な村で生存勝利出来たのが嬉しかったのと
2戦目が狂人で負け一直線なへたれプレイヤーだったのに狼が誰一人責めないでいてくれたのがありがたかったっすねー
この2村のおかげで続けてるのは間違いないっす
あと越前海月さんは初めて狼やったときに色々教えて貰って嬉しかったっす」
やる夫

まー、誰だってスタートは初心者だお。

それが外道と言われたり、輝く白さと言われたりするんだお。

皆、上手くなるお!
そして悶えるログをやる夫に見せるお!

ログを見るのがやる夫のひそかな楽しみだお!」
おおさか
「最初は村人で初日に吊られたなぁ・・・・
次くらいに占いで、サムさん狐にもっていかれた・・・というか吊られた気がする」
魅魔様
「ああ、私がシャロンで春奈のときだったかね…懐かしいねえ
あの時は勝てなくて申し訳なかったね…
といってもあの頃は私もまだ初心者の域だったがw>ギャル夫」
魅魔様
「私の初狼の時はQP村で共有だった流石GM吊った記憶がある」
やる夫
「アレは泣いた>共有吊り」
おおさか
「やる夫さん、座布団かえします!!
窓も閉めました!!!」
ギャル夫
「いやいやあの村は狼村霊の3人最終日初体験でもあって
3人最終日が好きすぎる原因の一つだと思うっすよ
4人最終日より余計に燃えるッスね」
魅魔様
「後にも先にも表に出てる共有吊ったのはあれだけですね>流石GM
そういった意味では目立たないけどある意味伝説かも…」
魅魔様
「すごいかんどうしました>流石GM」
魅魔様
「あの時は最終日村アピってどうすればいいのん?
みたいな状態だったからなあ、最近はいくらか村アピできるようになったけど」
やる夫
「それで感動されても嬉しくねーお!?>魅魔様

一体何があったお!?>おおさかさん」
ギャル夫
「今でも最終日の村アピは自信ないっすねー
自分が村側でも狼側でも
あんまり狼陣営得意じゃないんで騙りやらせて貰って
動き方とか噛み先の勉強中ッス」
魅魔様
「あ、凄い感動したのはこの台詞のレスポンスです>流石GM

まー、誰だってスタートは初心者だお。

それが外道と言われたり、輝く白さと言われたりするんだお。

皆、上手くなるお!
そして悶えるログをやる夫に見せるお!

ログを見るのがやる夫のひそかな楽しみだお!」」
おおさか
「いや、感動しました!!
凄いいいこと言った!!っちゅう意味やったんやけどもw」
おおさか
「私がいいこと言おうとしても、最早外道が外道で外道やから・・・・
って次村でもえらい言われてるwww」
魅魔様
「何か逃げてとか言われてるw」
ギャル夫
「うお!?いや・・・優しいっすよー
(※ただし試合後に限る」
やる夫
「な、なら安心だお」
ギャル夫
「そうっすよ村のグレランの最中は優しく吊りあげられるっすよー
優しいっすよー」
やる夫
「うーし書き溜めがほぼ終わりだお。

やる夫にはアル夫さんみてーに、1週間でリプレイクラスの量を仕上げんのはどー考えても無理っぽいお。

つーかなんなんだお、あの速度。」
おおさか
「共有吊り→感動しました!はいくらなんでも鬼畜過ぎるwww」
やる夫
「はじめそれかと思って、ハイパー鬼畜だと思ったお」
魅魔様
「流石にそれはないです、鬼畜じゃないですw>おおさかさん

ちゃんと、言葉を引用したほうが良かったですねw」
ギャル夫
「書きためw投下楽しみに待ってるっすよー
TRPG関連ッスか?」
魅魔様
「        ,.へ
       /::::::::::\
     ,.-ァ'、:::::::::l>;:\
   _r-ヘ!/⌒ヽ!,.-、i__ r>'/!_
  Σ\ヽ>ィ´::/:::::ハ/'ヽ!ィ/'7
   ,!>''"/:::/、//^^!::|::i>'
   /:::::,:イ:::/ノy    ,!::!::|
   /::::〈r::::/, '⌒  ヘ|:::|::|   勘違いさせて正直すいませんでした
  /:::::::::::Y/::i  、__ "iハ|/ o 
/::::::/::::::/:rへ  __,,.イ:::|   。
:::::://:::::!7 ̄`7ヽ7、::!::::|  ノ ノ
:::/:::::::;ィ´::::://´ム::ヽ!::::|
:ハr'/7:::::/:::/:::::::8ヽ:!;ハ!」
やる夫

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \ いや、TRPG系じゃねーお。
        |      (__人__)     | 今はフツーにオリジナルのやる夫スレ作ってるし、もう投下してるお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ  終わったら、TRPGやりたいと思ってるけど、
  \>ヽ/ |` }            | |  いつ終わるか全然わかんねーお。
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |」
魅魔様
「あっちの村のメンバーなかなかに豪勢だなー」
魅魔様
「スレ乗っ取ったんですっけ?>流石GM」
おおさか
「乗っ取りはったやつやねー」
ギャル夫
「うお、それは失礼wスレタイトル聞きたい気もするけど
あっちでこっちの話うっかりしそうな気もするんでw無事完結したら教えて下さいねwww

あっちの村は豪華過ぎて鼻血出そうなメンツっすねー
サムさんチョリーッスwwwwwww」
ギャル夫
「        NNNNNN\     
        \ゝゝゝゝゝゝ\        +
   +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +       
     +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +
   +    ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +
 チョリ━━〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、━━ッス!!
  + + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +
 +  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +
有名な話だった様子!すんません無知でwwwww」
魅魔様
「ブレカナでやる夫スレに書こうかと思ってプロット作ったら、
水銀橙が主人公でやる夫が出てこなかった、何故だか分からないけど
私でも何でこうなったか分からなかった」
ギャル夫
「   _  ∩
 ( ゚∀゚)彡 銀様!銀様!
  ⊂彡 」
やる夫

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \  本当は軽い練習だけさせて貰うつもりで書き込んでたんだけど、
      |    ` ⌒´      |
      \           /  あげられちまったし、なんか面白いって言って貰えたんで、
        /         \
       |   ・    ・     )  嬉しくなってちゃんと最後までやる事にしたお。
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |  スレ名は600回記念で負けたんで吐かされてるお。
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ」
おおさか
「サムさん自由やなwww」
やる夫

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  元々書き溜めてあったダブクロはもう先駆者がたくさんいるお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    新しくやるなら、初代ソードワールド辺りでやってみるかお……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /」
魅魔様
「そういえば、チョリーッスって挨拶でいいの?
挨拶っぽく使ってるから挨拶だろうなーと思ってるけど」
ギャル夫
「参加できなかった記念村は悔しくてきちんとログ読んでないのがバレたwww
寝てからログあさらせて貰うッスwwww」
ギャル夫
「チョリーッスwwwwwwwは挨拶っすね
木下優樹菜が使ってるからなんとなくギャル系の挨拶として把握してるッス」
おおさか
「そういえばようやく記念村入れたなぁ・・・
さりげに今までX00回記念村は漏れ続けていたという」
やる夫

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \  チョリッスは挨拶でいいはずだお。
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ」
魅魔様
「ふむふむ、なるほどなるほど…ありがとう>流石GM、ギャル夫」
ギャル夫
「翠鯖の初回村もうっかり参戦できたッス
ありがてえありがてえ」
魅魔様
「私も200回だったかな…そこを皮切りにほとんど記念村でれなかったからなあ、700回目とこの初村は参加できてうれしかったねえ」
おおさか
「ほんまビックリするくらい記念村に縁がなかってんなー
ただX00回村にはまだ参加できてない・・・今回も記念とはいえ701やしねw」
ギャル夫
「701で良かったっす、801とかだったらこう、藤吉RP経験者的には色々アレすぎるッス」
魅魔様
「私が始めてから半年弱くらい?で200から700だから、
1ヶ月で100村くらいはやってるのかな…?
そう考えると凄いペースだなあ」
やる夫
「801かあ。男縛り村とかになるんかお?」
魅魔様
「801村はヤオイ村ですね、分かります」
魅魔様
「ウホッな男たちと腐女子が集まる村ですね多分」
ギャル夫
「恐ろしい村ッスね・・・
RP楽しいんでJOJO村もっと参加したいんですけどいかんせん木曜日はなかなか入れないッス・・・
村全体でRP村はプチ祭り村気分で毎回楽しいッス」
おおさか
「1001さんのブロントっちゅうたら執念で真紅さんとの最終日やった村・・・ちゃうかったっけ?」
魅魔様
「1001さんのブロントって凄い殴り方が半端ない気がする…」
おおさか
「あ、やっぱりそうやった
1001さん言うてはるねー」
おおさか
「1001さんにもわかめて時代から色々教えてもろたなー

私はRP苦手というか限られてるから、慣れへんのやるといっつも四苦八苦してる」
魅魔様
「RPは私もいろいろ開発しなきゃねえ、
主に怪獣とか怪獣とか」
サム
「それじゃあ最後に
キーボードの き な て ち と に を押してくれ

んじゃ俺は朝ごはん行ってきます!お疲れ!」
おおさか
「サムさんそれ言いにわざわざwwwwwwww」
魅魔様
「それだけのためにわざわざw」
サム
「押せよ!!!」
サム
「飯食いにいけないだろ!!!」
ギャル夫
「NVVVVVVV\
\        \
<         `ヽ、
</ /"" \ .ノヽ. \
 //, '〆     )  \ ヽ   落ちてたwwww
〃 {_{    ノ    ─ │i|   いい加減寝ますわみなさんお疲れ様ッスwwww
レ!小§  (●)  (●) | イ━     あざっしたチョリーッスwwwwwww
 レ §   (__人__)  |ノ ┃┃
/   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃ 
(銀\  ∞   ∞  /_ノ  
.\ “  _∞∞_ノ∞/
  \。____  /」
サム
「このままではおにぎりがくさって途方に暮れているシレンのようになってしまう」
サム
「チョリーッスwwwwwwwwwwwww」
魅魔様
「このまま押さないとずっと、サムは飯を食べにいかないのだろうか
それがとても興味あります」
魅魔様
「ギャル夫お疲れ様だよ」
サム
「ええい!無視か!無視ですか!
そっちがその気ならこっちにも考えがあるぞ」
サム
「スレに書いてきてやる」
魅魔様
「スレに書くのかいw」
やる夫
「やあおはようサム」
サム
「おはようGM!
朝ごはん食べたいけど!
この人たちが俺の足止めをするんだ!」
やる夫
「逆に考えるんだお

御飯なんて食べなくていい そう考えるんだお」
魅魔様
「本当にスレに書いてるしw」
おおさか
「待ってwwwww
必死にログ探してたのよwwwwwwwwwぐわしwwwwwwwww」
やる夫
「後、おおさかさん。


エンターキー押せとも、発言しろ、とも書いてないから、
「やったよ」とだけいえばそれで終わるお?」
サム
「だが待ってほしいGM
その逆も・・・また考えられるんじゃないのか・・・?

「ご飯なんて食べなくていい、だからこそ俺はごはんを食べる」と」
サム
「しまった!ええい!法の抜け穴を探しやがって!>GM」
魅魔様
「ごめん、凄いツボに入ったwwww」
サム
「くそう、釈然としねーが今日はこれで引き下がってやる
だが俺は諦めない
おおさかさんがゲーム中ぐわしという日々まで
俺はバーゲン仮面と戦い続ける

では、さようなら」
おおさか
「http://jinrou.dip.jp/~jinrou/kako/55045.html
tuyさん狐で私が狩で1001さんが狼やった村やね」
魅魔様
「サムお疲れ様w」
おおさか
「サムさんお疲れ様やでwwww
しかもゲーム中・・・・指定吊りされた時くらいしか言われへんがなwww」
魅魔様
「私もそろそろ落ちるとするかねえ
最後に笑わせてもらったよ、それじゃあお疲れ様だよ!!」
魅魔様
「        ,.へ
       /::::::::::\
     ,.-ァ'、:::::::::l>;:\
   _r-ヘ!/⌒ヽ!,.-、i__ r>'/!_
  Σ\ヽ>ィ´::/:::::ハ/'ヽ!ィ/'7
   ,!>''"/:::/、//^^!::|::i>'
   /:::::,:イ:::rr-!、   _,!::!::|   もっと、ミスリーはしないようにがんばる
   /::::〈r::::/,,ゞ'   rト!::|::|  
  /:::::::::::Y/:i  ー `iハ|/
/::::::/::::::/:rへ  __,,.イ:::|
:::::://:::::!7 ̄`7ヽ7、::!::::|
:::/:::::::;ィ´::::://´ム::ヽ!::::|
:ハr'/7:::::/:::/:::::::8ヽ:!;ハ!」
魅魔様
「では、お疲れ様だ!!」
おおさか
「当該ログ・・・私は●もらいやなかったが、
共有指定されて凄い勢いで狩人COしてて吹いたwwww
って記憶が甦るいやあああああああああああああああああああああああ」
おおさか
「魅魔様お疲れ様やでー
私もお暇させてもらいます、やる夫さん、ギャル夫さんお疲れ様!!
村建てありがとうございましたー
あと次村の方々もお疲れ様でしたー」
やる夫
「いかん、意識がぶっ飛んでたお。

寝るお!!  お休みだおー!!」