Frost Moon Project

MinGWで_tmain()を使用する方法 - Frost Moon Project アクセスランキング

Home > Tips > MinGWで_tmain()を使用する方法

MinGWで_tmain()を使用する方法

  1. 問題
  2. 解決方法

問題
現在、MinGWではワイド文字引数を扱うwmain()を使用することが出来ません。
これはtchar.hにもあるように、Unicode用のスタートアップモジュールが実装されていない為です。


以下は_tmain()に渡された引数argvを表示するだけのコードですが、
UNICODEビルドの為、エラーが出てしまいます。



C:\msys\home\Owner\works>g++ tmain.cpp -o tmain
c:/msys/mingw/bin/../lib/gcc/mingw32/4.6.1/../../../libmingw32.a(main.o): In function `main':
C:\MinGW\msys\1.0\src\mingwrt/../mingw/main.c:73: undefined reference to [email protected]'
collect2: ld returned 1 exit status


そこで、考えられるのはCommandLineToArgvW()GetCommandLine()の組み合わせで引数を取得する方法です。


しかし、この方法ではワイルドカードが展開されません。


ANSIビルドのmain()と同じように展開出来ないものでしょうか?
解決方法
MinGWで引数のワイルドカードが展開されてしまうのを防ぐ方法にも登場した__getmainargs()/__wgetmainargs()を使用します。
__getmainargs()/__wgetmainargs()は引数の_DoWildCardを1とすることで、ワイルドカードの展開を行うことが出来ます。
int __wgetmainargs(
int * _Argc,
wchar_t *** _Argv,
wchar_t *** _Env,
int _DoWildCard,
_startupinfo * _StartInfo);


今回は_UNICODEが定義されているかどうかで処理を分岐することでANSI/UNICODEビルドのどちらでも利用できるようになっています。


無事、ワイルドカードの展開を行う_tmain()を使用することが出来ました。


因みに、展開するかどうかMinGWに任せる場合は"extern int _CRT_glob;"を適当な行に追加し、
_DoWildCardの部分を_CRT_globとします。
関連Tips
MinGWで引数のワイルドカードが展開されてしまうのを防ぐ方法

Copyright(C)Frost Moon Project


Home > Tips > MinGWで_tmain()を使用する方法